医学と薬学 73/3 2016年3月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2016-02-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: 内科医も知っておきたい子どもの感染症(II)―たかが風邪、されど風邪
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,160 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,512 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【特集 内科医も知っておきたい子どもの感染症 ( II ) - たかが風邪, されど風邪】
  • 油断できない合併症
  • インフルエンザ脳症
  • エンテロウイルス性心筋炎
  • ロタウイルス感染による中枢神経合併症
  • 油断できない子どもたち
  • RSウイルス感染症
  • 乳児期早期の発熱
  • 【臨床報告】
  • 難治性の疼痛に対する抑肝散加陳皮半夏の有用性の検討
  • 【Diagnosis】
  • 全自動化学発光免疫測定装置 ARCHITECT アナライザー用測定試薬 PIVKA - II の基礎的検討
  • ヒトメタニューモウイルス ( hMPV ) 抗原迅速診断キット "イムノエース ( R ) hMPV" の有用性に関する検討
  • EIA法による血漿レニン活性測定キットであるレニン活性キット「ヤマサ」の開発とその基礎的検討
  • 電気化学発光免疫測定法 ( ECLIA 法 ) を用いたプロゲステロン測定キット「エクルーシス試薬プロゲステロン III」の基本性能評価および基準範囲の検討
  • ラテックス免疫比濁法を用いた新しい血清 Helicobacter pylori 抗体検出キットの診断精度
  • 【巻末付録】
  • 特集予定
  • バックナンバー
  • 学会・研究会開催予定 ( 2016年3月~5月 )
  • 編集顧問
  • 人名索引
  • キーワード索引
  • ご投稿案内
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 内科医も知っておきたい子どもの感染症 ( II ) - たかが風邪, されど風邪】

P.255 掲載の参考文献
1) 河島尚志, 柏木保代, 芹沢博美他 : インフルエンザ流行中の急死例における肝病理所見. 小児感染免疫 12 : 185-190, 2000.
2) 森島恒雄, 富樫武弘, 横田俊平他 : インフルエンザに合併する脳炎・脳症に関する全国調査. 日本医事新報 3953 : 26-28, 2001.
3) 吉村元, 今井幸弘, 別府美奈子他 : 高齢者インフルエンザ脳症の1剖検例. 臨床神経 48 : 713-720, 2008.
6) 森島恒雄 : 小児の急性脳炎・脳症の現状. ウイルス 59 : 59-66, 2000.
8) 森島恒雄 : インフルエンザの臨床経過中に発生する脳炎・脳症の疫学及び病態に関する研究 (H12-新興-11), 平成12年研究成果報告書, pp. 1-135, 2001.
10) 塩見正司 : インフルエンザ脳症の臨床スペクトラム. 小児内科 35 : 1676-1681, 2003.
11) 塩見正司 : インフルエンザ脳症. 小児科臨床 53 : 1739-1746, 2000.
13) 森島恒雄 : インフルエンザの臨床経過中に発生する脳炎・脳症の疫学及び病態に関する研究 (H12-新興-11), 平成13年研究成果報告書, pp. 1-84, 2002.
14) 富樫武弘, 松薗嘉裕, 板倉治他 : インフルエンザ流行中にみられる小児期脳炎・脳症患者の脳脊髄液中IL-6, TNF-α. 日小児会誌 103 : 16-19, 1999.
16) 布井博幸, 水上智之, レジナ・マルカド他 : インフルエンザ感染症における重症度判定のためのマーカーの検討. 小児感染免疫 13 : 225-232, 2001.
23) 眞木崇州, 猪原匡史 : Neurovascular unitの概念から導きだされる中枢新駅疾患の治療戦略. 実験医学 31 (4) : 2230-2235, 2013.
25) 山口清次 : インフルエンザ脳症の発症因子の解明と治療及び予防方法の確立に関する研究, 平成15年度厚生科学研究費補助金研究報告書, pp. 76-77, 2004.
29) 厚生労働省インフルエンザ脳症研究班 : インフルエンザ脳症ガイドライン (改訂版), pp. 1-55, 2005.
P.262 掲載の参考文献
8) Hilinski JA : Myocarsitis. Principles and Practice of Pediatric Infectious Disease, 3rd ed (ed. by Long SS, Pickering LK, Prober CG), Chapter 40, pp. 278-280, Churchill Livingstone, Philadelphia, 2008.
23) Frisancho-Kiss S, Davis SE, Nyland JF et al : Cutting edge : cross-regulation by TLR4 and T cell Ig mucin-3 determines sex differences in inflammatory heart disease. J Immunol 178 : 6710-6714, 2007.
31) Antone SM, Adderson EE, Mertens NM et al : Molecular analysis of V gene sequences encoding cytotoxic anti-streptococcal/anti-myosin monoclonal antibody 36. 2. 2 that recognizes the heart cell surface protein laminin. J Immunol 159 : 5422-5430, 1997.
38) 佐地勉, 瀬川昌已, 蜂谷正彦他 : FISH法により弁組織にエンテロウイルスgenomeを証明えた腱索断裂による僧帽弁閉鎖不全を伴う急性心筋炎の1例. 呼吸と循環 43 : 87-91, 1995.
40) 佐地勉 : 心筋炎の劇症化因子に関するコメント. 心臓 35 : 629-631, 2003.
42) 佐地勉, 松尾準雄 : ウイルス性心筋炎の臨床. 小児科 30 : 1031-1043, 1989.
43) Remington JS, Klein JO, eds : Infectious disease of the fetus and new born infant, 2nd ed, pp. 290-334, WB Saunders, Philadelphia, 1983.
46) 佐地勉 : 心筋炎. 高尾篤良, 門間和夫, 中澤誠他編, 臨床発達心臓病学, 初版, pp. 608-619, 中外医学社, 東京, 1989.
47) EisenhutM, Algawi B, Wreghitt T et al : Fatal Coxsackie A9 virus infection during a outbreak in a neonatal unit. J Infection 40 : 297-298, 2000.
48) 佐地勉, 中澤誠, 原田研介 他 : 新生児期急性心筋炎の診断と治療-全国調査成績-. 日小循会誌 20 : 12-15, 2004.
50) Friedich MG, Sechterm U, Schulz-Menger J et al : Cardiovascular magnetic resonance in myocarditis : A JACC white paper. J Amer Coll Cardiol 53 : 1475-1478, 2009.
51) 佐地勉 : 心筋炎. 高尾篤良, 門間和夫, 中澤誠他編 : 臨床発達心臓病学, 第3版, pp. 684-699, 中外医学社, 東京, 2001.
52) 和泉徹, 磯部光章, 河合祥雄他 : 急性および慢性心筋炎の診断・治療に関するガイドライン, 2009年改訂版. 日本循環器学会ガイドライン, http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_izumi_h.pdf
P.268 掲載の参考文献
3) 津川毅, 堤裕幸 : ロタウイルス感染症の現状と課題. 小児内科 45 : 638-641, 2013.
7) Keidan I, Shif I, Keren G et al : Rotavirus encephalopathy : evidence of central nervous system involvement during rotavirus infection. Pediatr Infect Dis J 11 (9) : 773-775, 1992.
8) Yoshida A, Kawamitu T, Tanaka R et al : Rotavirus encephalitis : detection of the virus genomic RNA in the cerebrospinal fluid of a child. Pediatr Infect Dis J 14 (10) : 914-916, 1995.
11) Grech V, Calvagna V, Falzon A et al : Fatal, rotavirus-associated myocarditis and pneumonitis in a 2-year-old boy. Ann Trop Paediatr 21 (2) : 147-148, 2001.
14) Yolken R, Murphy M : Sudden infant death syndrome associated with rotavirus infection. J Med Virol 10 (4) : 291-296, 1982.
28) Holmberg L : Haemorrhagic shock and encephalopathy syndrome. Acta Paediatr 85 (5) : 535-536, 1996.
35) Yoshida A, Kawamitu T, Tanaka R et al : Rotavirus encephalitis : detection of the virus genomic RNA in the cerebrospinal fluid of a child. Pediatr Infect Dis J 14 (10) : 914-916, 1995.
38) Keidan I, Shif I, Keren G et al : Rotavirus encephalopathy : evidence of central nervous system involvement during rotavirus infection. Pediatr Infect Dis J 11 (9) : 773-775, 1992.
40) Kensei G, Naoko N, Shinji K et al : Pathophysiological analysis of five severe cases with rotavirus infection. JMM Case Reports, in press, 2015.
57) Verboon-Maciolek MA, Utrecht FG, Cowan F et al : White matter damage in neonatal enterovirus meningoencephalitis. Neurology 66 (8) : 1267-1269, 2006.
P.276 掲載の参考文献
1) Meissner HC and Hall CB : Chapter 181 Respiratory Syncytial Virus. Feigin and Cherry's Textbook of PEDIATRIC INFECTIOUS DDISEASE Seventh Edition, pp. 2407-2434, ELESEVIER SAUNDERS, Philadelphia, 2014.
2) Schuster JE and Williams JV : Chapter 182 Human Metapneumovirus. Feigin and Cherry's Textbook of PEDIATRIC INFECTIOUS DDISEASE Seventh Edition, pp. 2407-2434, ELESEVIER SAUNDERS, Philadelphia, 2014.
8) 青木知信 : 1. パリビズマブの基本データ, II. パリビズマブを知る. 楠田聡監, RSV感染症×パリビズマブDATA BOOK, pp. 24-31, メディカルビュー社, 東京, 2014.
10) American Academy of Pediatrics Committee on Infectious Diseases, and American Academy of Pediatrics Bronchiolitis Guidelines Committee : Updated guidance for palivizumab prophylaxis among infants and young children at increased risk of hospitalization for respiratory syncytial virus infection. Pediatrics 134 : 415-420. 2014.
P.282 掲載の参考文献
2) Jaskiewicz JA, McCarthy CA, Richardson AC et al : Febrile infants at low risk for serious bacterial infection--an appraisal of the Rochester criteria and implications for management. Febrile Infant Collaborative Study Group. Pediatrics 94 (3) : 390-396, 1994.
5) 糸永知代, 奥井秀由起, 國崎純他 :日本小児感染症学会若手会員研修会第4回安曇野セミナー, 乳児期早期発熱にどう対処するか? -安曇野クライテリアの提案-. 小児感染免疫 24 : 499-505, 2012.
6) McCarthy PL, Lembo RM, Baron MA et al : Observation scales to identify serious illness in febrile children. Pediatrics 70 (5) : 802-809, 1982.
8) 横田俊平, 譲原佐栄子, 田中文子他 : 新生児期に高熱を生じる新興感染症ヒト・パレコウイルスの病態 横浜市でみられた小流行からの考察. 日小児会誌 116 : 679-686, 2012.
10) 長村敏生, 市川光太郎 : 公費助成によるインフルエンザ菌b型, 肺炎球菌ワクチン接種が小児細菌性髄膜炎および菌血症の発生に及ぼす影響. 日本臨床救急医学会雑誌 17 (4) : 551-557, 2014.

【臨床報告】

P.291 掲載の参考文献
1) 矢吹省司, 牛田享弘, 竹下克志他 :日本における慢性疼痛保有者の実態調査. 臨床整形外科 47 (2) : 127-134, 2012.
2) 山下哲, 成田年 : 慢性痛と睡眠障害. Anesthesia 21 Century 15 (2) : 67-71, 2013.
3) 仙波恵美子 : ストレスにより痛みが増強する脳メカニズム. 日本緩和医療薬学雑誌 3 : 73-84, 2010.
4) 寺澤捷年 : 症例から学ぶ. 和漢診療学, pp. 32, 40, 医学書院, 東京, 1990.
5) 光畑裕正 : 神経障害性疼痛に対する漢方治療. ペインクリニック 32 (12) : 1825-1834, 2011.
6) 光畑裕正 : 外傷性神経障害性疼痛に抑肝散の効果が認められた症例. 漢方と診療 6 (2) : 137-137, 2015.
7) 五十嵐康 : 抑肝散の作用メカニズムの解明. Geriatric Medicine 46 (3) 255-261, 2008.
8) 大塚敬節, 矢数道明, 清水藤太郎 : 漢方診療医典 pp. 425-426, 南山堂, 東京, 1979.

【Diagnosis】

P.299 掲載の参考文献
1) Widdershoven J, van Munster P, De Abreu R et al : Four methods compared for measuring des carboxy-prothrombin (PIVKA-II). Clin Chem 33 (11) : 2074-2078, 1987.
2) Wang C-S, Lin C-L, Lee H-C et al : Usefulness of serum des-γ-carboxy prothrombin in detection of hepatocellular carcinoma. World J Gastroenterol 11 (39) : 6115-6119, 2005.
5) Volk ML, Hernandez JC, Su GL et al : Risk factors for hepatocellular carcinoma may impair the performance of biomarkers : A comparison of AFP, DCP, and AFP-L3. Cancer Biomarkers 3 (2) : 79-87, 2007.
6) Block TM, Marrero J, Gish RG et al : The degree of readiness of selected biomarkers for the early detection of hepatocellular carcinoma : Notes from a recent workshop. Cancer Biomarkers 4 (1) : 19-33, 2008.
8) 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2013年度版. pp. 41-45, 金原出版, 東京, 2013.
P.309 掲載の参考文献
2) 菊田英明 : ヒト・メタニューモウイルス. ウイルス 56 (2) : 171-182, 2006.
6) Ulloa-Gutierrez R, Skippen P, Synnes A et al : Life-threatening human metapneumovirus pneumonia requiring extracorporeal membrane oxygenation in a preterm infant. Pediatrics 114 (4) : e517-e519, 2004.
10) 白石博昭, 豊村研吾, 平泰子他 : 高齢者福祉施設におけるヒトメタニューモウイルス集団感染事例-福岡県. IASR 27 : 178-179, 2006.
11) 横井一, 水村綾乃, 小林圭子他 : 福祉施設におけるヒトメタニューモウイルス集団感染事例-千葉市. IASR 34 : 234-235, 2013.
14) Montes M, Vicente D, Esnal O, Cilla G, Pe E, Donostia H : A PCR-restriction fragment length polymorphism assay to genotype human metapneumovirus. Eur Soc Clin Microbiol Infect Dis 14 (1) : 82-96, 2007.
16) 菊田英明 : 迅速ヒトメタニューモウイルス診断キット-保険適用されたイムノクロマト法によるhMPV抗原定性-. モダンメディア 60 (5) : 169-173, 2014.
18) 高尾信一, 原三千丸, 島津幸枝他 : 小児の急性呼吸器感染症に関与するヒト・メタニューモウイルスの実態について. 広島県獣医学会雑誌 24 : 87-92, 2009.
20) 吉岡政純, 石川和弘, 池田雄史他 : 小児における呼吸器感染症から検出されたヒトメタニューモウイルスに関する分子疫学および臨床医学的検討. 感染症学雑誌 86 (6) : 755-762, 2012.
21) 高尾信一, 下薗広行, 柏弘他 : 本邦において初めて流行が確認された小児のhuman metapneumovirus感染症の臨床的, 疫学的解析. 感染症学雑誌 78 (2) : 129-137, 2004.
P.320 掲載の参考文献
P.333 掲載の参考文献
1) 岩原由樹, 久保田俊郎 : エストロゲン (エストラジオール, 尿中エストリオール) プロゲステロン. medica 52 (増刊号) : 38-383, 2015.
2) 東口篤司 : ARTにおける黄体補充療法. 産科と婦人科 7 (49) : 459-764, 2015.
3) 北脇城 : 黄体ホルモン製剤の種類と特性. 産科と婦人科 7 (49) : 733-738, 2015.
5) 松崎利也, 木内理世, 仁木博文他 : 血中性腺系ホルモン測定値の互換性に関する検討. ホルモンと臨床 60 (10) : 849-859, 2012.
6) 坂倉啓一, 高加国夫, 渡辺正一他 : 全自動電気化学発光免疫測定装置「モジュラーアナリティクス <EE>」を用いた性腺ホルモンの基礎的検討ならびに下垂体, 性腺ホルモンの基準範囲の検討. ホルモンと臨床 52 (9) : 929-943, 2004.
7) 坂倉啓一, 高加国夫 : 全自動電気化学発光免疫測定装置「モジュラーアナリティクス <EE>」を用いた閉経女性の下垂体, 性腺ホルモンの基準範囲の検討-第二法-. ホルモンと臨床 53 (5) : 123-129, 2005.
8) 日本産婦人科学会,日本産婦人科医会 : 産婦人科診療ガイドライン-産科編 2014, p. XI.
10) 杉岡美智代, 吉岡尚美, 疇津美佳他 : 生殖補助医療における「全自動化学発光 免疫測定装置エクルーシス 2010」を用いた血清ホルモン値の基準値検討. 医学と薬学 56 (3) : 419-429, 2006.
11) 藤本晃久, 藤原敏博, 矢野哲他 : IVFにおける標準的排卵誘発. 産婦人科の実際 55 (6) : 897-900, 2006.
12) Smitz J, Erard P, Camus M et al : Pituitary gonadotrophin secretory capacity during the luteal phase in superovulation using GnRH-agonists and HMG in a desensitization or flare-up protocol. Human Reprod 7 (9) : 1225-1229, 1997.
14) Macklon NS, Fauser BC : Impact of ovarian hyperstimulatrion on the luteal phase. J Reprod Fertil Suppl 55 : 101-108, 2000.
P.338 掲載の参考文献
1) 乾正幸, 乾純和, 大和田進他 : H. pylori (HP) IgG抗体測定キットの特性. 胃がんリスク検診 (ABC検診) マニュアル, 改訂2版, 認定NPO法人日本胃がん予知・診断・治療研究機構編, pp. 39-42, 南山堂, 東京, 2014.
2) 三木一正 : ABC分類による胃がんリスクの層別化. 胃がんリスク検診 (ABC検診) マニュアル, 訂2版, 認定NPO法人日本胃がん予知・診断・治療研究機構編, pp. 18-20, 南山堂, 東京, 2014.
3) 春間賢監 : 胃炎の京都分類. 日本メディカルセンター, 東京, 2014.
4) 菊地正悟 : 「血清抗H. pylori IgG抗体検査」の陽性・陰性判定に関する日本ヘリコバクター学会からの注意喚起 (平成26年12月25日) に至った背景と経過. 日本ヘリコバクター学会誌 17 : 21-24, 2015.
5) 乾正幸, 大和田進, 乾純和他 : 血清ABC分類における血清A群のピロリ菌感染状態の解析と診断精度向上にむけて. 日本ヘリコバクター学会誌 17 (2) : 67-73, 2016.

最近チェックした商品履歴

Loading...