トライアングルモデルで身につける 感染症診療の考え「型」

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2016-04-15
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784758117890
電子書籍版: 2016-04-15 (第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,104 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,104 円(税込)

「トライアングルモデル」を使えば感染症診療の基本となる考え方が身につく!患者背景からPitfall,治療後のマネジメントまでを見やすく,丸ごと解説.この1冊で,見逃しのない感染症診療ができる!

目次

  • 表紙
  • Contents
  • 序章 「感染症トライアングルモデル」の使用マニュアル
  • 第1章 感染症トライアングルモデル
  • 1 「肺炎」のトライアングルモデル
  • + α Lecture 日本で高齢者に対して使用可能な肺炎球菌ワクチンのpros / cons : 何を予防し, 何を予防しないのか ?
  • 2 「尿路感染症」のトライアングルモデル
  • + α Lecture 腎盂腎炎の適正治療期間とは ?
  • 3 「皮膚軟部組織感染症」のトライアングルモデル
  • 4 「髄膜炎」のトライアングルモデル~腰椎穿刺をためらうな !
  • 5 「膿瘍」のトライアングルモデル
  • + α Lecture 膿瘍穿刺後にガタガタブルブル…穿刺後の菌血症について
  • 6 「胆嚢炎・胆管炎」のトライアングルモデル
  • + α Lecture 「虫垂炎のトライアングルモデル」はどうなる ?
  • 7 「急性下痢症」のトライアングルモデル
  • + α Lecture 旅行者下痢症について
  • 8 「上気道感染症・深頸部感染症」のトライアングルモデル
  • + α Lecture 伝染性単核球症と伝染性単核球症様疾患について
  • 9 「化膿性関節炎・脊椎炎」のトライアングルモデル
  • + α Lecture 化膿性脊椎炎の治療期間の検討
  • 10 「手術部位感染症」のトライアングルモデル
  • + α Lecture SSIのリスクファクター, 予防に必要なこと
  • 11 「カテーテル関連血流感染症」のトライアングルモデル
  • + α Lecture CRBSIの診断に必要なこと
  • 12 「性感染症」のトライアングルモデル
  • + α Lecture 性感染症の病歴聴取における5つの「P」
  • 13 「感染性心内膜炎」のトライアングルモデル
  • + α Lecture blood culture - negative infective endocarditis ( BCNIE )
  • 第2章 Dr. 佐田と実践 ! 感染症トライアングルモデル ! !
  • 1 60歳代男性. 主訴 : 悪寒戦慄, 右下肢発赤・疼痛
  • + α Lecture V. vulnificusとは
  • 2 60歳代男性. 主訴 : 発熱, 咳, 右上腹部痛
  • + α Lecture 結核性胸膜炎の概論 : 主に診断について
  • 3 70歳代男性. 主訴 : 発熱, 咳・痰, 意識障害
  • + α Lecture 誤嚥性肺炎の予防策
  • 4 70歳代女性. 主訴 : 発熱, 右背部痛
  • + α Lecture 化膿性肝膿瘍のリスク因子
  • 5 50歳代女性. 主訴 : 発熱, 腰背部痛, 背部の隆起
  • + α Lecture 感染性心内膜炎のperipheral signとは ?
  • 6 40歳代女性. 主訴 : 発熱, 下痢
  • + α Lecture toxic shock syndrome ( TSS ) とは
  • 微生物索引
  • 用語索引
  • 執筆者一覧
  • 奥付
  • 本電子書籍に関するご注意

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

P.4 掲載の参考文献
1) The 2009 H1N1 Pandemic : Summary Highlights, April 2009-April 2010. (http://www.cdc.gov/h1n1flu/cdcresponse.htm)
3) 東京都感染症情報センター : 梅毒の流行状況 (東京都2016年). (http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/syphilis/syphilis/)
4) 国立感染症研究所 : 風疹とは. (http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/430-rubella-intro.html)
5) 国立感染症研究所 : 伝染性紅斑 (ヒトパルボウイルスB19感染症). (http://www.nih.go.jp/niid/ja/id/642-disease-based/ta/5th-disease/idsc/iasr-topic/6213-tpc431-j.html)
6) 厚生労働省 : 平成26年人口動態統計月報年計 (概数) の概況. (http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai14/index.html)
7) 堀田饒, 他 : アンケート調査による日本人糖尿病の死因 : 1991-2000年の10年間, 18,385名での検討. 糖尿病, 50 : 47-61, 2007
8) 日本透析医学会ホームページ : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 (http://docs.jsdt.or.jp/overview/pdf2015/p021.pdf)

序章 「感染症トライアングルモデル」の使用マニュアル

P.14 掲載の参考文献
1) 「レジデントのための感染症診療マニュアル 第3版」 (青木眞/著), 医学書院, 2015
2) 「感染症診療のロジック-患者さんのモンダイを解決するキホンとアプローチ法」 (大曲貴夫/著), 南山堂, 2010
3) 「抗菌薬の考え方, 使い方 Ver.3」 (岩田健太郎, 宮入烈/著), 中外医学社, 2012
4) 「感染症レジデントマニュアル 第2版」 (藤本卓司/著), 医学書院, 2013
8) Sanford guide. (http://www.sanfordguide.com/)
9) Johns Hopkins ABX Guide. (http://www.hopkinsguides.com/hopkins/ub)

第1章 感染症トライアングルモデル

P.24 掲載の参考文献
1) 平成23年人口動態統計月報年計 (概数) の概況 (http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai11/kekka03.html)
2) 一般社団法人日本感染症学会, 公益社団法人日本化学療法学会, JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会, 呼吸器感染症WG : JAID/JSC感染症治療ガイドライン-呼吸器感染症-. 日本化学療法学会雑誌, 62 : 1-109, 2014 (http://www.chemotherapy.or.jp/guideline/jaidjsc-kansenshochiryo_kokyuki.pdf)
3) 「成人市中肺炎診療ガイドライン」 (日本呼吸器学会市中肺炎診療ガイドライン作成委員会/編), 日本呼吸器学会, 2007
4) 平成26 年結核登録者情報調査年報集計結果 (概況) (http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou03/14.html)
7) 「医療・介護関連肺炎診療ガイドライン」〔医療・介護関連肺炎 (NHCAP) 診療ガイドライン作成委員会/編〕, 日本呼吸器学会, 2011 (http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/NHCAP/CPGs2011_NHCAP.pdf)
8) 福山一, 他 : 在宅介護寝たきり肺炎の臨床的検討. 日本呼吸器学会雑誌, 48 : 906-911, 2010
14) ニューモバックス(R) NP添付文書 (MSD)
15) 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 : プレベナー13 水性懸濁注審査報告書, 2014
17) 予防接種部会 ワクチン評価に関する小委員会 肺炎球菌ワクチン作業チーム : 肺炎球菌ポリサッカライドワクチン (成人用) 作業チーム報告書 (http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000014wdd-att/2r98520000016rq9.pdf)
19) Tomczyk S, et al : Use of 13-Valent Pneumococcal Conjugate Vaccine and 23-Valent Pneumococcal Polysaccharide Vaccine Among Adults Aged > 65 Years : Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR, 63 : 822-825, 2014
20) 臨床倫理の4割法 (http://square.umin.ac.jp/masashi/4box.html)
P.34 掲載の参考文献
2) 「抗菌薬マスター戦略 非問題解決型アプローチ 第2版」 (岩田健太郎/監訳), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2014
3) 「The Rational Clinical Examination : Evidence-Based Clinical Diagnosis」 (Simel DL, et al, eds), McGraw-Hill Professional, 2008
5) 「サンフォード感染症治療ガイド2015 (第45版) 」 (菊池賢, 橋本正良/監), ライフサイエンス出版, 2015
13) 「JAID/JSC感染症治療ガイド2014」 (JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会/編), ライフサイエンス出版, 2014
P.44 掲載の参考文献
4) Roujeau JC, et al : Chronic dermatomycoses of the foot as risk factors for acute bacterial cellulitis of the leg : a case-control study. Dermatology, 209 : 301-307, 2004
5) Talan DA, et al : Bacteriologic analysis of infected dog and cat bites. Emergency Medicine Animal Bite Infection Study Group. N Engl J Med, 340 : 85-92, 1999
6) 「Mandell, Douglas, and Bennett's Principles and Practice of Infectious Diseases 8th Edition」 (Bennett JE, et al, eds), Saunders, 2014
P.60 掲載の参考文献
6) 後藤道彦 : 第2章 3. 無菌性髄膜炎をみてしまったとき, 「レジデントノート増刊 疾患の全体像「ゲシュタルト」をとらえる感染症の診断術」 (西垂水和隆, 成田 雅/編), p196, 2014
9) 「結核診療ガイドライン 改訂第3版」 (日本結核病学会/編), 南江堂, 2015
10) Perfect JR, et al : Clinical practice guidelines for the management of cryptococcal disease : 2010 update by the infectious diseases society of america. Clin Infect Dis, 50 : 291-322, 2010
14) Adderson EE, Flynn PM : Cerebrospinal shunt infections.「Clinical infectious disease 2nd Edition」 (Schlossberg D, ed), Cambridge University Press, pp536-540, 2015
15) 「Mandell, Douglas, and Bennett's Principles and Practice of Infectious Diseases 8th Edition」 (Bennett JE, et al, eds), Saunders, 2014
16) 矢野晴美 : 脳外科術後の発熱へのアプローチ. 「病院内/免疫不全関連感染症診療の考え方と進め方」 (IDATENセミナーテキスト編集委員会/編), pp104-115, 医学書院, 2011
17) 笹原鉄平 : 細菌性髄膜炎のマネジメント. 「市中感染症診療の考え方と進め方」 (IDATENセミナーテキスト編集委員会/編), pp28-36, 医学書院, 2009
18) 大場雄一郎 : 免疫不全患者の中枢神経感染症へのアプローチ. 「病院内/ 免疫不全関連感染症診療の考え方と進め方」 (IDATENセミナーテキスト編集委員会/編), pp202-215, 医学書院, 2011
P.66 掲載の参考文献
3) Solomkin JS, et al : Diagnosis and management of complicated intra-abdominal infection in adults and children : guidelines by the Surgical Infection Society and the Infectious Diseases Society of America. Clin Infect Dis, 50 : 133-164, 2010
6) Kraoul L, et al : Evaluation of a rapid enzyme immunoassay for diagnosis of hepatic amoebiasis. J Clin Microbiol, 35 : 1530-1532, 1997
7) Chan KS, et al : Pyogenic liver abscess : a retrospective analysis of 107 patients during a 3-year period. Jpn J Infect Dis, 58 : 366-368, 2005
8) 「Mandell, Douglas, and Bennett's Principles and Practice of Infectious Diseases 8th Edition」 (Bennett JE, et al, eds), Saunders, 2014
P.76 掲載の参考文献
4) Solomkin JS, et al : Diagnosis and management of complicated intra-abdominal infection in adults and children : guidelines by the Surgical Infection Society and the Infectious Diseases Society of America. Clin Infect Dis, 50 : 133-164, 2010
6) 「急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン2013」 (急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン改訂出版委員会/編), 医学図書出版, 2013
7) 「ジェネラリストのための内科診断リファレンス」 (酒見英太/監, 上田剛士/著), 医学書院, 2014
P.87 掲載の参考文献
2) 佐田竜一 : 感染性胃腸炎=「"除外×2", のち "落とし穴×3", ところにより一時 市中腸炎」. JIM, 24 : 724-728, 2014
3) 「Principles of Clinical Gastroenterology」 (Yamada T, et al, eds), Wiley-Blackwell, 2011
4) 厚生労働省 : 「医師・医療機関向け情報」 (http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/iryou/index.html)
6) 成田雅 : 便グラム染色. 「感度と特異度からひもとく感染症診療のDecision Making」 (細川直登/編), pp81-84, 文光堂, 2012
11) 「サンフォード感染症治療ガイド2015 (第45版) 」 (菊池賢, 橋本正良/監), ライフサイエンス出版, 2015
12) 「Johns Hopkins ABX Guide」 (Bartlett JG, et al, eds), Jones&Bartlett Pub, 2011
13) 「レジデントのための感染症診療マニュアル (第3版) 」 (青木眞/著), 医学書院, 2015
21) Cohen SH, et al : Clinical practice guidelines for Clostridium difficile infection in adults : 2010 update by the society for healthcare epidemiology of America (SHEA) and the infectious diseases society of America (IDSA). Infect Control Hosp Epidemiol, 31 : 431-455, 2010
22) 「キーストンのトラベル・メディシン」 (岩田健太郎/監訳), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2014
23) 「症例から学ぶ 輸入感染症 AtoZ」 (忽那賢志/著), 中外医学社, 2015
P.98 掲載の参考文献
5) Shulman ST, et al : Clinical practice guideline for the diagnosis and management of group A streptococcal pharyngitis : 2012 update by the Infectious Diseases Society of America. Clin Infect Dis, 55 : 1279-1282, 2012
P.107 掲載の参考文献
13) Bilsky MH, et al : The diagnosis and treatment of metastatic spinal tumor. Oncologist, 4 : 459-469, 1999
P.122 掲載の参考文献
6) Nottingham University Hospitals Antibiotic Guidelines Committee : Guideline for the intravenous to oral switch of antibiotic therapy. (http://www.pharmyaring.com/pic/p_100119223056.pdf)
7) Berrios-Torres SI, et al : Draft Guideline for the Prevention of Surgical Site Infection. (http://www.jscva.org/files/CDC-SSI_Guideline_Draft2014.pdf)
9) 大滝雅博, 二瓶幸栄 : Interval appendectomy-本邦での現状と問題点について-. 日本外科感染症学会雑誌, 12 : 39-44, 2015
10) Dauleh MI, et al : Open versus laparoscopic cholecystectomy : a comparison of postoperative temperature. J R Coll Surg Edinb, 40 : 116-118, 1995
11) Postoperative fever, up to date.
12) Solomkin JS, et al : Diagnosis and management of complicated intra-abdominal infection in adults and children : guidelines by the Surgical Infection Society and the Infectious Diseases Society of America. Clin Infect Dis, 50 : 133-164, 2010
P.130 掲載の参考文献
P.138 掲載の参考文献
P.149 掲載の参考文献
2) Cahill TJ & Prendergast BD : Infective endocarditis. Lancet, 2015 (in press)
3) 佐田竜一, 他 : 手と手を尽くして探しても見えない. JIM, 19 : 644-648, 2009
6) Nakatani S, et al : Current characteristics of infective endocarditis in Japan : an analysis of 848 cases in 2000 and 2001. Circ J, 67 : 901-905, 2003
11) Palraj R, et.al : Prosthetic Valve Endocarditis.「Mandell, Douglas, and Bennett's Principles and Practice of Infectious Diseases 8th edition」 (Bennett JE, et al, eds), pp1029-1040, Saunders, 2014

第2章 Dr. 佐田と実践 ! 感染症トライアングルモデル ! !

P.157 掲載の参考文献
P.164 掲載の参考文献
1) 伊藤仁, 他 : 【胸水・腹水の病理】 セルブロック作製法と特殊染色 (胸腹水). 病理と臨床, 28 : 1136-1140, 2010
P.170 掲載の参考文献
2) Mandell LA, et al : Infectious Diseases Society of America/American Thoracic Society consensus guidelines on the management of community-acquired pneumonia in adults. Clin Infect Dis, 44 Suppl 2 : S27-S72, 2007
3) 小口和代, 他 : 機能的嚥下障害スクリーニングテスト「反復唾液嚥下テスト」 (the Repetitive Saliva Swallowing Test : RSST) の検討 (2) 妥当性の検討. リハビリテーション医学, 37 : 383-388, 2000
P.176 掲載の参考文献
P.184 掲載の参考文献
P.191 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...