さすらいの循環器病学 この治療を行う本当の理由II

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-03-01
分野: 臨床医学:内科  >  循環器一般
ISBN: 9784830619304
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,024 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,024 円(税込)

村川流の語り口でわかりやすく,「循環器疾患の治療の話」をまとめた第2巻.好評連載「さすらいの循環器病学」(13〜24回/月刊メディカル朝日)を単行本化したもの.

目次

  • 表紙
  • はじめに
  • 目次
  • 巻頭Museum
  • 第1話 テンション低い朝 - 低血圧の話
  • 第2話 宝くじで10万円当たるくらいの頻度です - 薬剤性QT延長症候群
  • 第3話 ワルファリンがついに「新発売」 !
  • 第4話 「ごあいさつを」で胸がバクバクしませんか ? - インデラル
  • 第5話 「夜明け前」 - 異型狭心症のあれこれ
  • 第6話 大動脈はただのトンネルか ?
  • 第7話 とりあえずBNPでいいか?
  • 第8話 1枚の絵から心房細動を眺めたら
  • 第9話 うっかり八兵衛の甲状腺
  • 第10話 右室は要らないのか ?
  • 第11話 なぜ「痛いの痛いのトンデイケ」と言うのか ?
  • 第12話 眠くなくてもあくびは出る
  • 著者略歴
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...