慢性痛の心理療法ABC

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-03-18
分野: 臨床医学:外科  >  麻酔科学/ペイン
ISBN: 9784830628412
電子書籍版: 2016-03-18 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

7,020 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

7,020 円(税込)

痛みの認知には民族性・文化が関与しているため,翻訳書や海外文献に記された治療法は日本人の治療に合わない点が多くある.また難解な心理療法の専門用語が並び,初学者にはハードルが高いものであった.本書は痛みの心理療法の基礎的知識から臨床への応用までをわかりやすく解説した,日本人による日本人の痛みの心理療法の入門書である.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 序文
  • 目次
  • 総説
  • 1. 慢性痛とは
  • I. 慢性痛の種類
  • 1 精神疾患に伴う痛み
  • 2 学習型痛み
  • 3 社会的痛み
  • II. 評価法
  • 1 心身症としての捉え方
  • 2 心理アセスメント
  • 1) 質問紙法
  • 2) 投影法
  • 3) 描画法
  • 4) サークルドローイング
  • III. 治療
  • 1 リエゾン
  • 2 集学的治療
  • 3 心理療法
  • IV. 心理療法
  • 1 痛みのカウンセリング
  • 2 自律訓練法・自律性中和法
  • 3 バイオフィードバック・リラクセーション・漸進的筋弛緩法
  • 4 臨床動作法
  • 5 ヨガ
  • 6 痛みへのこだわりと動機づけ面接
  • 7 認知行動療法
  • 1) 行動療法からみた痛みの訴え
  • 2) 認知療法と認知行動療法
  • 3) 線維筋痛症患者へのCBT介入
  • 8 新世代の認知行動療法
  • 1) マインドフルネスの基礎
  • 2) マインドフルネスの臨床
  • 3) ACTの基礎
  • 4) ACTの臨床
  • 9 アサーショントレーニング
  • 10 家族療法 - システムズアプローチ -
  • 11 交流分析, 再決断療法・セルフリペアレンティング
  • 12 催眠療法
  • 13 森田療法
  • V. 代表疾患
  • 1 斜頚・緊張性頭痛
  • 2 非心臓性胸痛
  • 3 機能性ディスペプシア・過敏性腸症候群
  • 4 線維筋痛症
  • 5 筋筋膜性疼痛症候群
  • 6 顎関節症
  • 7 慢性疲労症候群と痛み
  • 8 交通事故後の痛み
  • 9 総合診療科でみる慢性痛
  • 10 歯科における慢性痛
  • 11 肛門痛・会陰部痛
  • 12 小児の "困った痛み"
  • VI. TOPICS
  • 1 怒りと痛み
  • 2 睡眠と痛み
  • 3 治療の枠組み
  • 4 転移感情と逆転移感情
  • 5 アレキシサイミア
  • 6 失体感症
  • 7 過活動
  • 8 養育の問題
  • 1) 自己肯定感
  • 2) 愛着スタイル
  • 3) 親子葛藤・同胞葛藤
  • 9 医療行政上の問題 - ( 後遺 ) 障害認定 -
  • One Point Advice
  • 1 日常臨床で役立つ心理アプローチ
  • 2 心理療法の効果を期待しにくい患者
  • 用語解説
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

総説

P.4 掲載の参考文献
1) Flor H, et al : Chronic Pain : An Integrated Biobehavioral Approach, IASP Press, Seattle, 2011

I. 慢性痛の種類

P.8 掲載の参考文献
1) 宮岡等 : こころを診る技術, 医学書院, 東京, 97, 2014
2) 宮岡等 : こころを診る技術, 医学書院, 東京, 154-155, 2014
P.12 掲載の参考文献
1) Fordyce WE : Learned Pain, Pain as Behavior. Bonica's management of Pain, 3rd ed, Loeser JD, et al eds, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 2001
2) Loeser JD : Concepts of pain. Chronic Low Back Pain, Stanton-Hicks M, et al eds, Raven Press, San Diego, 145-148, 1982
3) 北原雅樹 : 痛みのメカニズムに基づいた診断と治療-難治性慢性疼痛を中心として-. 臨麻 28 : 413-422, 2004
P.16 掲載の参考文献

II. 評価法

P.21 掲載の参考文献
1) 細井昌子ほか : 特集/慢性疼痛の心身医学. 心身医 50 : 1122-1170, 2010
2) IASP Subcommitee on Taxonomy : Classification of chronic pain. Pain (suppl 3) : s217, 1986
3) Bonica JJ : General considerations of chronic pain. The Management of Pain, Bonica JJ ed, Lea & Febiger, Philadelphia, 180-196, 1991
5) 社団法人日本心身医学会用語委員会 : 心身医学用語事典, 医学書院, 東京, 113-116, 1999
6) 日本心身医学会教育研修委員会編 : 心身医学の新しい治療指針. 心身医 31 : 540-542, 1991
7) 小牧元ほか編 : 心身症診断・治療ガイドライン 2006 : 慢性疼痛, 協和企画, 東京, 178-203, 2006
8) 有村達之ほか : 疼痛生活障害評価尺度の開発. 行動療研 23 : 7-15, 1997
9) Lissen AC, et al : Multimodal treatment programmes for chronic pain. J Psychosom Res 36 : 275-286, 1992
10) 永田勝太郎 : 疼痛医療における医師-患者関係-関係性の積極的診断-. 慢性疼痛 33 : 9-17, 2014
P.29 掲載の参考文献
1) Jensen MP, et al : Self-report scales and procedures for assessing pain in adults. Handbook of Pain Assessment, 3rd ed, Turk DC, et al eds, Guilford, New York, 19-44, 2011
2) 長谷川守ほか : 日本語版McGill Pain Questionnaireの信頼性と妥当性の検討. 日ペインクリニック会誌 3 : 85-91, 1996
4) 圓尾知之ほか : 痛みの評価尺度・日本語版Short-Form McGill Pain Questionnaire 2 (SFMPQ-2) の作成とその信頼性と妥当性の検討. 日疼痛会誌 28 : 43-53, 2013
8) 有村達之ほか : 疼痛生活障害評価尺度の開発. 行動療研 23 : 7-15, 1997
9) 松岡紘史ほか : 痛みの認知面の評価 Pain Catastrophizing Scale 日本語版の作成と信頼性および妥当性の検討. 心身医 47 : 95-102, 2007
P.34 掲載の参考文献
1) 池田豊應 : 臨床投映法入門, 池田豊應編, ナカニシヤ出版, 京都, 1995
2) 黒田浩司 : SCT (文章完成法). 心理査定実践ハンドブック, 氏原寛編, 創元社, 大阪, 2006
3) 佐野勝男ほか : 精研式 文章完成法テスト解説-成人用-, 新訂版, 金子書房, 東京, 1960
4) 片口安史ほか : 構成的文章完成法 (K-SCT) 解説, 千葉テストセンター, 1989
5) 林勝造 : P-Fスタディ解説, 2006年度版, 三京房, 京都, 2006
P.41 掲載の参考文献
1) Kalff D : Sandspiel-Seine therapeutische Wirkung auf die Psyche, Rascher Verlag, 1966 (D. カルフ : カルフ箱庭療法, 河合隼雄監修, 大原貢ほか訳, 誠信書房, 東京, 1972)
2) 高橋雅春ほか : 樹木画テスト, 文教書院, 東京, 1986
3) Koch C : バウム・テスト-樹木画による人格診断法-, 林勝造ほか訳, 日本文化科学社, 東京, 1970
4) 高橋雅春 : 描画テスト入門-HTP テスト, 文教書院, 東京, 1974
5) 中井久夫 : 精神分裂病者の精神療法における描画の使用. 芸術療法 2 : 77-90, 1970
6) 皆藤章 : 風景構成法-その基礎と実践, 誠信書房, 東京, 1994
7) 山中康裕 : 風景構成法 (LMT). 心理査定実践ハンドブック, 氏原寛ほか編, 創元社, 大阪, 312-325, 2006
8) 中村勝治 : 第5章 描画投映法とコラージュ法. 臨床投映法入門, 池田豊應編, ナカニシヤ出版, 京都, 90-104, 1995
P.45 掲載の参考文献
1) Buchi S, et al : Graphic representation of illness : A novel method of measuring patients' perception of the impact of illness. Psychother Psychosom 67 : 222-225, 1998
2) Buchi S, et al : PRISM : Pictorial Representation of Illness and Self Measure. A brief nonverbal measure of illness impact and therapeutic aid in psychosomatic medicine. Psychosomatics 40 : 314-320, 1999
3) 荒木登茂子ほか : 医師と病気に関する患者のイメージを可視化する「サークルドローイング」の開発と実践. 医療福経営マーケティング研 4 : 23-32, 2009

III. 治療

P.60 掲載の参考文献
3) 新井健一 : 集学的痛みセンターにおける診療の課題と展望. ペインクリニック 34 : 753-759, 2013
4) 赤穂理絵 : 精神科リエゾンチーム-多職種協働チーム医療を考える-. 臨精医 43 : 905-911, 2014
6) 西原真理 : 精神医学からみた慢性の痛み. Brain Nerve 64 : 1323-1329, 2012
P.66 掲載の参考文献

IV. 心理療法

P.77 掲載の参考文献
1) International Association for the Study of Pain (IASP) 用語委員会, 1979
2) 田代雅文ほか : 心療内科へ紹介するタイミング. 痛みのScience & Practice 4 腰痛のサイエンス, 文光堂, 東京, 216-220, 2014
3) 熊倉伸宏 : 面接法. 新興医学出版社, 東京, 2002
4) 東山紘久 : プロカウンセラーの聞く技術, 創元社, 大阪, 2000
5) Loeser JD : Concepts of pain. Chronic Low Back Pain, Stanton-Hicks M ed, Raven Press, New York, 145-148, 1982
6) 松岡紘史ほか : 痛みの認知面の評価 : Pain Catastrophizing Scale 日本語版の作成と信頼性および妥当性の検討. 心身医 47 : 95-102, 2007
P.84 掲載の参考文献
1) 池見酉次郎ほか : 自律訓練法と心身症, 医歯薬出版, 東京, 1976
2) W. ルーテ編 : 自律訓練法第V巻 自律中和のダイナミックス, 池見酉次郎監修, 平井富雄ほか共訳, 誠信書房, 東京, 1973
3) 松岡洋一ほか : 自律訓練法, 日本評論社, 東京, 1999
P.88 掲載の参考文献
1) Brown BB : 心と身体の対話 (上・下), 石川中監訳, 紀伊國屋書店, 東京, 1979
2) Schwartz MS, et al : Biofeedback : A Practitioner's Guide, 3rd ed, The Guilford Press, New York, 2003
3) 廣田昭久 : バイオフィードバック療法の原理と適用. 心身医 52 : 113-117, 2012
P.94 掲載の参考文献
1) 成瀬悟策 : 動作のこころ, 誠信書房, 東京, 2007
2) 山中寛 : ストレスマネジメントと臨床心理学-心的構えと体験に基づくアプローチ-, 金剛書房, 東京, 2013
3) 成瀬悟策 : 動作療法の展開. こころとからだの調和と活かし方, 誠信書房, 東京, 2014
4) 上原美穂ほか : 慢性疲労症候群と診断された成人男性への臨床動作法の適用. 臨床動作学研究 16 : 27-37, 2012
P.98 掲載の参考文献
P.104 掲載の参考文献
1) 原井宏明 : 方法としての動機づけ面接, 岩崎学術出版社, 東京, 2012
2) Miller WR, et al : Motivational Interviewing : Helping People Change, 3rd ed, Guilford Press, New York, 2013
3) Rosengren D : Building Motivational Interviewing Skills : A Practitioner Workbook, Guilford Press, New York, 2009 (原井宏明監訳 : 動機づけ面接を身につける 一人でもできるエクササイズ集, 星和書店, 東京, 2013)
4) 吉田精次ほか : アルコール・薬物・ギャンブルで悩む家族のための7つの対処法-CRAFT (クラフト), アスクヒューマンケア, 東京, 2014
P.110 掲載の参考文献
1) 山上敏子 : 方法としての行動療法, 金剛出版, 東京, 70-202, 2007
2) 杉山尚子ほか : 行動分析学入門, 産業図書, 東京, 19, 1998
3) 奥田健次 : メリットの法則-行動分析学・実践編, 集英社, 東京, 32, 2012
4) 松原秀樹 : リラクセーションの基礎と実際-自律訓練法と筋弛緩法-, 適性科学研究センター, 岡山, 1983
5) 吉川吉美 : 臨床動作法. 心理臨床を見直す "介在" 療法, 衣斐哲臣編, 明石書店, 東京, 55-69, 2012
P.117 掲載の参考文献
2) 有村達之 : 新世代認知行動療法のエビデンス. 認知療法研究 6 : 2-8, 2013
3) Beck AT, et al : Cognitive Therapy of Depression, Guilford, New York,1979
6) Otis JD : Managing Chronic Pain, Oxford University Press, Oxford, 2007
7) Keefe FJ, et al : Group therapy for patients with chronic pain. Psychologica Approaches to Pain Management : A Practitioner's Handbook, 2nd ed, Turk DC, et al eds, Guilford, New York, 2002
8) Thorn BE : Cognitive Therapy for Chronic Pain, Guilford, New York, 2004
P.124 掲載の参考文献
1) 村上正人ほか : 線維筋痛症の痛みをどうとらえるか-慢性疼痛のモデル的疾患として-. 心身医 49 : 893-902, 2009
3) 村上正人ほか : 線維筋痛症と精神疾患のcomorbidityについて. 心身医 54 : 1010-1019, 2014
4) 村上正人ほか : 慢性疼痛の心身医学 線維筋痛症と否定的感情. 心身医 50 : 1157-1163, 2010
5) Nielson WR, et al : Cognitive behavioral treatment of fibromyalgia syndrome : preliminary findings. J Rheumatol 19 : 98-103, 1992
7) 金外淑 : 糖尿病患者のセルフケアに「認知的再体制化」をどのように生かすか. 糖尿診療マスター 7 : 429-435, 2009
8) 金外淑 : リウマチ患者の心理的支援 ; 心理的支援につなげる心理アセスメントシートを用いて. 臨看 39 : 1974-1978, 2013
9) 金外淑ほか : 大人の "困った痛み" の心理学的検討. 心身医 54 : 407-413, 2014
P.130 掲載の参考文献
1) Kabat-Zinn J : Wherever You Go, There You Are : Mindfulness Meditation in Everyday Life, Hyperion, New York, 4, 1994
2) Kabat-Zinn J : An out-patient program in behavioral medicine for chronic pain patients based on the practice of mindfulness meditation : Theoretical considerations preliminary results. Gen Hosp Psychiatry 4 : 33-47, 1982
5) シーガルほか : マインドフルネス認知療法, 越川房子監訳, 北大路書房, 京都, 2007
8) Melzack R : Pain and the neuromatrix in the brain. J Dent Educ 65 : 1378-1382, 2001
P.136 掲載の参考文献
1) Kabat-Zinn J, et al : The clinical use of mindfulness meditation for the self-regulation of chronic pain. J Behav Med 8 : 163-190, 1985
2) Segal ZV, et al : マインドフルネス認知療法-うつを予防する新しいアプローチ, 越川房子訳, 北大路書房, 京都, 2007
4) Schutze R, et al : Low mindfulness predicts pain catastrophizing in a fear-avoidance model of chronic pain. Pain 148 : 120-127, 2010
5) Kabat-Zinn J, et al : マインドフルネスストレス低減法, 春木豊訳, 北大路書房, 京都, 2007
P.142 掲載の参考文献
1) Division 12 of the American Psychological Association : Website on research-supported psychological treatments http://www.psychologicaltreatments.org/ (2015年3月31日現在)
2) 伊藤義徳 : 慢性疼痛ケアへの展望 : 痛みのある自分らしい生き方を探して. こころの臨床a・la・carte 28 : 169-174, 2009
3) Hayes SC, et al : Acceptance and Commitment Therapy Second Edition : The Process and Practice of Mindful Change, The Gilford Press, New York, 2012 (武藤崇ほか訳 : アクセプタンス&コミットメント・セラピー (ACT) 第2版-マインドフルな変化のためのプロセスと実践, 星和書店, 東京, 2014)
4) Hayes SC, et al : A Practical Guide to Acceptance and Commitment Therapy, Kluwer Academic/Plenum Publishers, Netherlands, 2004 (谷晋二監訳 : アクセプタンス&コミットメント・セラピー : 実践ガイド, 明石書店, 東京, 2014)
5) Kszantzis N, et al : Cognitive and Behavioral Theories in Clinical Practice, The Gilford Press, New York, 2010 (小堀修ほか監訳 : 臨床実践を導く認知行動療法の10の理論-「ベックの認知療法」から「ACT」・「マインドフルネス」まで, 星和書店, 東京, 2012)
6) ACTツールの紹介 : The Japanese Association for Contextual Behavioral Science http://www.act-japan-acbs.jp/index.html (2015年3月31日現在)
7) 三田村仰 : アクセプタンス&コミットメント・セラピー (ACT) -システムを揺さぶるテクノロジー. 精神科治療 30 : 123-127, 2015
P.149 掲載の参考文献
1) Association for Contextual Behavioral Science : ACT randomized controlled trials since 1986. http://contextualscience.org/ACT_Randomized_Controlled_Trials (2015年11月1日閲覧)
2) Division 12 of the American Psychological Association : Website on research-supported psychological. http://www.div12.org/psychological-treatments/disorders/chronic-orpersistent-pain/acceptance-and-commitment-therapy-for-chronic-pain/ (2015年11月1日閲覧)
3) 武藤崇ほか : 慢性痛へのアクセプタンス&コミットメント・セラピー (ACT). 保健の科学 56 : 92-95, 2014
4) Alonso MA, et al : Acceptance and commitment therapy and selective optimization with compensation for older people with chronic pain : A pilot study. Behavioral Psychology/Psicologia Conductual 21 : 59-79, 2013
7) Mo'tamedi H, et al : The effectiveness of a group-based acceptance and commitment additive therapy on rehabilitation of female outpatients with chronic headache : Preliminary findings reducing 3 dimensions of headache impact. Headache 52 : 1106-1119, 2012
8) Dahl J, et al : Acceptance and Commitment Therapy for Chronic Pain, Context Press, Reno, NV, 2005
9) Dahl J, et al : Living Beyond Your Pain, New Harbinger, Oakland, 2006
10) Hayes SC, et al : Get Out of Your Mind and Into Your Life : The New Acceptance and Commitment Therapy, New Harbinger, Oakland, 2005 (武藤崇ほか訳 : ACT (アクセプタンス&コミットメント・セラピー) をはじめる-セルフヘルプのためのワークブック, 星和書店, 東京, 2010)
P.154 掲載の参考文献
1) 平木典子 : アサーション・トレーニング─さわやかな <自己表現> のために, 日本・精神技術研究所, 東京, 2009
2) Siegel DJ : Mindsight : The New Science of Personal Transformation, Mind Your Brain Inc, New York, 2010 (山藤奈穂ほか訳 : 脳をみる心, 心をみる脳 : マインドサイトによる新しいサイコセラピー, 星和書店, 東京, 2013)
3) 田代雅文ほか : アサーショントレーニングが有効だった慢性疼痛の1症例. 日ペインクリニック会誌 19 : 119, 2012
4) 斎藤清二 : 慢性疼痛 : 痛みは語りうるのか? 臨心理 5 : 456-464, 2005
P.160 掲載の参考文献
1) 町田英世ほか : 慢性疼痛の治療-心理療法. 精神科治療 15 : 281-287, 2000
2) 中井吉英 : 心療内科初診の心得-症例からのメッセージ, 三輪書店, 東京, 131-151, 2005
P.171 掲載の参考文献
1) Stewart I, et al : TA TODAY-最新・交流分析入門-, 深沢道子訳, 実務教育出版, 東京, 1991
2) MacLean PD : The Triune Brain in Evolution-Role in Paleocerebral Functions-, Plenum Press, New York, 1990
3) Goulding MM, et al : 自己実現への再決断, 深沢道子訳, 星和書店, 東京, 1980
4) MacLean PD : 三つの脳の進化-反射脳・情動脳・理性脳と「人生らしさの起源」-, 法橋登訳, 工作舎, 東京, 1994
P.177 掲載の参考文献
1) エレンベルガー H : 無意識の発見, 弘文堂, 東京, 1980
2) ヒルガード ERほか : 痛みの心理学, 黎明書房, 愛知, 1978
3) オハンロン WHほか : ミルトン・エリクソンの催眠療法入門, 金剛出版, 東京, 2000
4) ヘイリー J : アンコモンセラピー, 二瓶社, 東京, 367-375, 2001
9) Crawford HJ : Cognitive and psychophysiological correlates of hypnotic responsiveness and hypnosis. Creative Mastery in Hypnosis and Hypnoanalysis : A Festschrift for Erika Fromm, Fass ML, et al eds, Erlbaum, New Jersey, 47-54, 1990
15) Hammond DC : Handbook of Hypnotic Suggestions and Metaphors, W. W. Norton & Company, New York, 1990
16) オハンロンWH : アンコモン・ケースブック, 亀田ブックサービス, 新潟, 86, 2001
P.185 掲載の参考文献
1) 矢吹省司ほか : 日本における慢性疼痛保有者の実態調査. 臨床整形外科 47 : 127-134, 2012
2) 中村敬 : 外来治療における方法・技術-外来森田療法のガイドラインから-. 臨精医 38 : 283-288, 2009
3) http://www.jps-morita.jp (2016年1月閲覧)
4) 北西憲二 : 実践 森田療法 (健康ライブラリー), 講談社, 東京, 1998
7) 平林万紀彦 : 疼痛性障害に対する森田療法. 心身医 54 : 339-345, 2014

V. 代表疾患

P.197 掲載の参考文献
4) 土田治 : 食道機能異常の診断法について. 日本医事新報 4453 : 59-64, 2009
5) 土田治 : 胸が痛い…原因は食道だった, 悠飛社, 東京, 2011
7) Jeffrey LC, et al : evaluation of esophageal motor function with high-resolution manometry. J Neurogastroenterol Motil 19 : 281-294, 2013
P.201 掲載の参考文献
P.208 掲載の参考文献
1) 日本線維筋痛症学会編 : 線維筋痛症診療ガイドライン 2013, 日本医事新報社, 東京, 2013
P.214 掲載の参考文献
1) Simons DG : Muscular pain syndromes. Advances in Pain Research and Therapy 17 : 1-41, Raven Press, New York, 1990
2) Skootsky SA, et al : Prevalence of myofascial pain in general internal medicine practice. West J Med 151 : 157-160, 1989
4) Couppe C, et al : Spontaneous needle electromyographic activity in myofascial trigger points in the infraspinatus muscle : a blinded assessment. J Musculoskelet Pain 9 : 7-16, 2001
6) McNulty WH, et al : Needle electromyographic evaluation of trigger point response to a psychological stressor. Psychophysiol 31 : 313-316, 1944
7) Gerwin RD : A review of myofascial pain and fibromyalgia─factors that promote their persistence. Acupunct Med 23 : 121-134, 2005
10) 北原雅樹 : 筋筋膜痛の治療. ハリ治療の西洋学的手法, 克誠堂出版, 東京, 1995
P.221 掲載の参考文献
1) 和嶋浩一 : 顎関節症. 痛みのScience & Practice 5. 痛み診療キーポイント, 川真田樹人編, 文光堂, 東京, 128-129, 2014
P.228 掲載の参考文献
P.235 掲載の参考文献
1) Partheni M, et al : A prospective cohort study of the outcome of acute whiplash injury in Greece. Clon Exp Rheumatol 18 : 67-70, 2000
3) 伊藤友一ほか : 問題点の検討 交通事故に伴う外傷性頚部症候群の中長期予後調査. 整形外科 53 : 591-596, 2002
P.242 掲載の参考文献
1) ロバート C スミス : 症状を明確に訊き出す エビデンスに基づいた患者中心の医療面接, 山本和利監訳, 診断と治療社, 東京, 2003
2) Cole SA, et al : 文化的, 言語的障壁の克服. メディカルインタビュー 三つの機能モデルによるアプローチ, 第2版, 飯島克巳ほか訳, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2003
3) 向原圭 : 面接の準備をする. 医療面接 根拠に基づいたアプローチ, 伴信太郎監修, 文光堂, 東京, 2006
4) 日本プライマリ・ケア連合学会編 : 生物心理社会モデル. 日本プライマリ・ケア連合学会 基本研修ハンドブック, 南山堂, 東京, 2012
5) 日本プライマリ・ケア連合学会編 : 患者中心の医療. 日本プライマリ・ケア連合学会 基本研修ハンドブック, 南山堂, 東京, 2012
6) Rathmell JP, et al : 疼痛 : 病態生理および管理. ハリソン内科学, 第4版, 谷口純一訳, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2013
7) Rosenquist EWK : Evaluation of Chronic Pain in Adults, UpToDate, Wolters Kluwer, Amsterdam, 2015
P.248 掲載の参考文献
1) 日本口腔顔面痛学会診断治療ガイドライン作成委員会編 : 非歯原性歯痛診断治療ガイドライン. 日口腔顔面痛会誌 4 (2) : 1-88, 2012
2) 口腔顔面痛の診断と治療ガイドブック, 日本口腔顔面痛学会編, 医歯薬出版, 東京, 1-240, 2013
3) Simons DG, et al : Travell & Simons' Myofascial Pain and Dysfunction : Upper half of body. 2nd ed, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 1999
4) 日本ペインクリニック学会治療指針検討委員会編 : ペインクリニック治療指針, 改訂第4版, 真興交易医書出版部, 東京, 1-204, 2013
5) 国際頭痛分類, 第3版beta版, 日本頭痛学会・国際頭痛分類委員会訳, 医学書院, 東京, 1-256, 2014
P.254 掲載の参考文献
4) 高野正博ほか : 神経因性骨盤臓器症候群537例の分析. 日本大腸肛門病会誌 63 : 134-146, 2010
5) Burnet C, et al : Psychological distress and impaired quality of life in patients with anorectal disorders. Gastroenterology 114 : A729, 1998
P.261 掲載の参考文献
1) 川原律子 : 小児の "困った痛み" の心理学的検討. 心身医 54 : 414-421, 2014
1) 日本小児心身医学会編 : くり返す子どもの痛みの理解と対応ガイドライン, 小児心身医学会ガイドライン集, 南江堂, 東京, 121-173, 2009
2) 石崎優子 : 心の問題を訴える子どもを前にして我々はどうあるべきか. 日本小児心身医学会 19 : 1-2, 2010
2) 小児心身症対策の推進に関する研究班編 : 子どもの心の健康問題 ハンドブック, 2002
3) 社団法人日本心身医学会用語委員会 : 心身医学用語事典, 第2版, 三輪書店, 東京, 2009
3) 小柳憲司 : 子どもの心療内科, 新興医学出版社, 東京, 75, 2007
4) 川原律子ほか : 心身症 第5章 心身症の治療 カウンセリング (小児のカウンセリング). 最新医学・別冊 新しい診断と治療のABC 78 : 154-157, 2013

VI. TOPICS

P.267 掲載の参考文献
1) 河田浩ほか : 慢性疼痛とこころのケア, social painの観点から. Bone Joint Nerve 2 : 309-315, 2014
2) 細井昌子 : ペインクリニック医師による心身医学的アプローチ : 生きる痛みを癒すために. ペインクリニック 35 (Spring Suppl) : 257-264, 2014
3) 荒木登茂子ほか : 身体症状からの心理アセスメント : 身体から心へのメッセージを引き出すワーク. 慢性疼痛 33 : 53-59, 2014
4) 細井昌子 : 慢性疼痛の心身医療におけるNarrative Based Medicine-実存的苦悩に焦点を当てた積極的傾聴. ペインクリニック 31 : 289-298, 2010
5) 川久保宏美ほか : 慢性疼痛治療例に対する入院看護マネジメント-心身医学的観点からの工夫-. 慢性疼痛 33 : 187-194, 2014
6) 柴田舞欧ほか : 慢性疼痛を持つ患者に対する認知行動へのアプローチ. Anet 18 : 23-27, 2014
P.271 掲載の参考文献
P.275 掲載の参考文献
2) Ivey AE : マイクロカウンセリング- "学ぶ-使う-教える" 技法の統合 : その理論と実際, 川島書店, 東京, 1985
3) 馬場禮子 : 精神分析的心理療法の実践-クライエントに出会う前に, 岩崎学術出版社, 東京, 1999
P.279 掲載の参考文献
1) 松木邦裕 : 私説 対象関係論的心理療法入門-精神分析的アプローチのすすめ, 金剛出版, 東京, 2005
2) 馬場禮子 : 精神分析的心理療法の実践-クライエントに出会う前に, 岩崎学術出版社, 東京, 1999
3) G. O. ギャバード : 精神力動的精神医学-その臨床実践 [DSM-IV版] (1) 理論編, 権成鉉訳, 岩崎学術出版社, 東京, 1998
P.282 掲載の参考文献
2) 小牧元ほか : 日本語版The 20-item Toronto Alexithymia Scale (TAS-20) の信頼性, 因子的妥当性の検討. 心身医 43 : 839-846, 2003
3) de la Fuente Arias M, et al : Efectos de un programa de meditacion (mindfulness) en la medida de la alexitimia y las habilidades sociales. Psicothema 22 : 369-375, 2010
4) 大林正博ほか : アレキシシミアを伴う書痙に対するフォーカシングの試み. 心身医 37 : 591-598, 1997
5) Gabriele H, et al : Alexithymia and outcome in psychotherapy. Psychother Psychosom 77 : 189-194, 2008
P.285 掲載の参考文献
1) 岡孝和ほか : 「失体感症」概念のなりたちと, その特徴に関する考察. 心身医 51 : 978-985, 2011
2) 有村達之ほか : 失体感症尺度 (体感への気づきチェックリスト) の開発-大学生を対象とした基礎研究-. 心身医 52 : 745-754, 2012
P.289 掲載の参考文献
2) 細井昌子ほか : 慢性痛の心身医学的メカニズムの解明とそのアプローチ-過活動のスクリーンセイバー仮説を一助として-. ペインクリニック 33 : 1691-1701, 2012
P.294 掲載の参考文献
1) 高垣忠一郎 : 生きることと自己肯定感, 新日本出版, 東京, 2004
2) 明橋大二 : 子育てハッピーアドバイス, 1万年堂出版, 東京, 2005
3) 明橋大二 : Dr. 明橋の生きるのが楽になるたったひとつの言葉, 主婦と生活社, 東京, 2013
4) 厚生労働省研究班 : 線維筋痛症診療ガイドライン 2009, 日本リウマチ財団, 東京, 38, 2010
5) 北見公一 : 脳の痛み 心の痛み 慢性痛からの解放をめざして, 三輪書店, 東京, 108, 1998
P.298 掲載の参考文献
1) Bowlby J : ボウルビィ母と子のアタッチメント心の安全基地, 仁木武監訳, 医歯薬出版, 東京, 1-121, 1993
2) 岡田尊司 : 愛着障害子ども時代を引きずる人々, 光文社新書, 東京, 1-313, 2012
P.302 掲載の参考文献
2) 安野広三ほか : 家族機能は慢性疼痛患者の生活機能障害に関連する. 心身医 54 : 570, 2014
3) 遊佐安一郎 : 家族療法入門システムズ・アプローチの理論と実際, 星和書店, 東京, 69-90, 1984
4) Bowlby J : ボウルビィ 母と子のアタッチメント心の安全基地, 仁木武監訳, 医歯薬出版, 東京, 1-121, 1993
5) アルフレッド・アドラー : 子供の教育, 岸見一郎翻訳, 一光社, 東京, 110-135, 1998

One Point Advice

P.314 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...