市中急性気道感染症 耐性菌の現況を考える 座談会

出版社: 国際医学出版
著者:
発行日: 2016-03-12
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784861022555
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,240 円(税込)

商品紹介

診療の第一線で小児の市中肺炎や急性中耳炎に接している小児科や耳鼻咽喉科の医師らが、これらの耐性菌による感染症に対する治療法やその考え方について語った座談会の記録。

目次

  • 市中急性気道感染症 耐性菌の現況を考える 座談会

    ―目次―

    ◆はじめに
    ◆耐性菌に対応する抗菌薬の動向
    ◆感染症に関わるガイドラインの現状と問題点
    ◆わが国における気道感染症関連細菌の耐性化
      1.肺炎球菌について
      2.マクロライド系薬の耐性状況及び使用状況
      3.インフルエンザ菌について
    ◆テビペネム(TBPM-PI)について
    ◆抗菌薬におけるスイッチ療法について
    ◆成人慢性呼吸器疾患における急性憎悪と病原微生物
    ◆迅速診断とPCR法との関連について
    ◆抗菌薬の適正投与期間について
    ◆抗菌薬と鼻咽頭細菌叢の変動
    ◆キノロン系薬とMutant selection window
    ◆ワクチンについて
    ◆まとめ
    ◆参考文献

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...