医学と薬学 73/4 2016年4月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2016-03-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: 婦人科悪性腫瘍の診断と治療
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,160 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,512 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【特集 婦人科悪性腫瘍の診断と治療】
  • 乳癌
  • 子宮頸癌
  • 子宮体癌
  • 卵巣癌
  • その他の女性生殖器癌
  • 【研究】
  • 不眠症に対する抑肝散加陳皮半夏の効果
  • Improved palatability of orally disintegrating tablets of mitiglinide calcium hydrate ( GLUFAST ( R ) OD ) by combined masking of organoleptic taste and physical taste, and assessment of clinical pharmaceutics
  • 【薬理・薬剤】
  • 光に対して不安定な薬剤を経管投与する際の有用な投与法の開発
  • 【Diagnosis】
  • 超急性期 ACSにおける心筋マーカーおよびBNP / hsTnI比の診断性能評価
  • 汎用自動分析装置向け Helicobacter pylori 抗体検出試薬の評価
  • プロカルシトニン測定試薬「ルミパルスプレスト ブラームス PCT」の基礎的検討
  • 全自動免疫測定装置 HISCL 専用試薬「HISCL ( R ) PIVKA - II試薬」の基礎的検討
  • 【Health care】
  • 黒酵母β - 1, 3 - 1, 6グルカンの長期摂取における臨床検査データの推移
  • 【巻末付録】
  • 特集予定
  • バックナンバー
  • 学会・研究会開催予定 ( 2016年4月~6月 )
  • 編集顧問
  • 人名索引
  • キーワード索引
  • ご投稿案内
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 婦人科悪性腫瘍の診断と治療】

P.377 掲載の参考文献
P.383 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会, 日本産婦人科医会 編 : 産婦人科診療ガイドライン?婦人科外来編 2014, 2014.
3) 婦人科腫瘍委員会 : 第55回治療年報. 日本産科婦人科学会雑誌 67 (6) : 1512-1516, 2015.
4) 日本産科婦人科学会・日本病理学会・日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会 : 子宮頸癌取り扱い規約第3版, 2012.
5) 日本婦人科腫瘍学会 編 : 子宮頸癌治療ガイドライン2011版, 2011.
10) Whitney CW, Sause W, Bundy BN et al : Randomized comparison of fluorouracil plus cisplatin versus hydroxyuria as an adjuvant to radiation therapy in stage IIB-IVA carcinoma of the cervix with negative para-aortic lymph nodes : A Gynecologic Oncology Group and Southwest Oncology Group study. J Clin Oncol 17 (5) : 1339-1348, 1999.
14) Katsumata N, Yoshikawa H and Hirakawa T et al : Phase III randomized trial of neoadjuvant chemotherapy (NAC) followed by radical hysterectomy (RH) versus RH for bulky stage I /II cervical cancer (JCOG 0102). Journal of Clinical Oncology, 2006 ASCO Annual Meeting Proceedings (Post-Meeting Edition) 24 (Suppl 18) : 5013, 2006
17) Bonomi P, Blessing JA, Stehman FB et al : Randomized trial of three cisplatin dose schedules in squamous-cell carcinoma of the cervix : a Gynecologic Oncology Group study. J Clin Oncol 3 (8) : 1079-1085, 1985.
18) Omura GA, Blessing JA, Vaccarello L et al : Randomized trial of cisplatin versus cisplatin plus mitolactol versus cisplatin plus ifosfamide in advanced squamous carcinoma of the cervix : a Gynecologic Oncology Group study. J Clin Oncol 15 (1) : 165-171, 1997.
P.392 掲載の参考文献
1) 国立がん研究センターがん対策情報センター : http://ganjoho.jp/professional/index.html
2) 日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会報告 : http://www.jsog.or.jp/activity/report.html
6) Mendivil A, Schuler KM, Gehrig PA : Non-endometrioid adenocarcinoma of the uterine corpus : a review of selected histological subtypes. Cancer Control 16 : 46-52, 2009.
21) Touboul C, Piel B, Koskas M et al : Factors predictive of endometrial carcinoma in patients with atypical endometrial hyperplasia on preoperative histology. Anticancer Res 34 : 5671-5676, 2014.
25) Union internationale contre le cancer (UICC). TNM : Classification des tumeurs malignes, 7th edn. Wiley-Blackwell, New Jersey, 2009.
26) 日本婦人科腫瘍学会編 : 子宮体がん治療ガイドライン2013年版, 金原出版, 2013.
73) Thigpen JT, Brady MF, Alvarez RD et al : Oral medroxyprogesterone acetate in the treatment of advanced or recurrent endometrial carcinoma : a dose-response study by the Gynecologic Oncology Group. J Clin Oncol 17 : 1736-1744, 1999.
89) Vergote I, Teneriello M, Powell MA et al : A phase II trial of lenvatinib in patients with advanced or recurrent endometrial cancer : Angiopoietin-2 as a predictive marker for clinical outcomes. J Clin Oncol 31 (suppl) : 5520 (abstr), 2013.
P.406 掲載の参考文献
2) 日本産科婦人科学会, 婦人科腫瘍委員会 : http://plaza.umin.ac.jp/~jsog-go/
5) Jacobs IJ, Menon U, Ryan A et al : Ovarian cancer screening and mortality in the UK Collaborative Trial of Ovarian Cancer Screening (UKCTOCS) : a randomised controlled trial. Lancet, pii : S0140-6736 (15) 01224-6, 2015.
6) 日本婦人科腫瘍学会 編 : 卵巣癌治療ガイドライン 2015年版, 金原出版, 東京, 2015.
9) McGuire WP, Hoskins WJ, Brady MF et al : Comparison of combination therapy with paclitaxel and cisplatin versus cyclophosphamide and cisplatin in patients with suboptimal stage III and stage IV ovarian cancer : a Gynecologic Oncology Group study. SeminOncol 24 (1 Suppl 2) : S2-13-S2-16, 1997.
19) NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology (NCCN GuidelinesR) Ovarian Cancer Including Fallopian Tube Cancer and Primary Peritoneal Cancer Version 2.2015, http://www.tri-kobe.org/nccn/guideline/gynecological/english/ovarian.pdf
23) HBOCコンソーシアム : http://hboc.jp/
24) NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology (NCCN GuidelinesR) Genetic/Familial High-Risk Assessment : Breast and Ovarian Version 2.2015, http://www.tri-kobe.org/nccn/guideline/gynecological/english/genetic_familial.pdf
P.413 掲載の参考文献
1) 日本婦人科腫瘍学会編 : 外陰がん・腟がん治療ガイドライン2015年版. 金原出版, 東京, 2015.
2) Vulvar cancer (Version 1. 2016) NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology http://www.nccn.org/professionals/physicians_gls/f_guidelines.asp
3) 日本産科婦人科学会・日本病理学会編 : 絨毛性疾患取扱い規約第3版. 金原出版, 東京, 2011.
4) 日本婦人科腫瘍学会編 : 子宮体がん治療ガイドライン2013年版. 金原出版, 東京, 2013.
6) Sideri M, Jones RW,Wilkinson EJ et al : Squamous vulvar intraepithelial neoplasia : 2004 modified terminology, ISSVD Vulvar Oncology Subcommittee. J Reprod Med 50 : 807-810, 2005.
7) Crum CP, McCluggage WG, Herrington CS et al : Epithelial tumours. Chapter 9 Tumours of the Vulva. World Health Organization classification Tumours of Female Reproductive Organs 4th. (ed. By Kurman RJ, Carcangiu ML, Herrington CS, Young RH), pp.230-253, IARC Press, Lyon, 2014.
12) Bower M, Newlands ES, Holden L et al : EMA/CO for high-risk gestational trophoblastic tumors : results from a cohort of 272 patients. J Clin Oncol 15 : 2636-2643, 1997.
13) Lurain JR, Singh DK, Schink JC : Management of metastatic high-risk gestational trophoblastic neoplasia : FIGO stages II-IV : risk factor score > or=7. J Reprod Med 55 : 199-207, 2010.

【研究】

P.421 掲載の参考文献
1) 厚生労働省健康局 : 健康づくりのための睡眠指針. 2014.
2) 内山真 : 睡眠と健康. 太陽ASGエグゼクティブ・ニュース 2011年7月第101 号 : 2-9, 2011.
3) 大川匡子 : アジアにおける睡眠医療の現状と展望. 保健医療科学 61 (1) : 29-34, 2012.
4) 大川匡子, 内山真, 亀井雄一他 : 睡眠薬をめぐる諸問題. 臨床精神薬理 1 : 907-11, 1998.
5) 大谷道輝 : ベンゾジアゼピン系睡眠薬と非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の有用性. Prog med 30 : 853-860, 2010.
7) 村松陸 : 老年期不眠・抑うつ状態に対する抑肝散加陳皮半夏の有効例について. 現代漢方症例選集 第3集 : 162-164.
8) 中村裕一 : 脳卒中回復期の睡眠障害に対する抑肝散加陳皮半夏の効果. Science of Kampo Medicine 39 (1) : 38-42, 2015.
9) 土井由利子 : ピッツバーグ睡眠質問票日本語版の作成. 精神科治療学 13 (6) : 755-763, 1998.
10) 稲垣中, 稲田俊也 : 第24回 : 抗不安薬・睡眠薬の等価換算 (その3) : Eszopiclone. 臨床精神薬理 15 : 1403-1406, 2012.
11) 福田一彦, 小林重雄 : 日本版自己評価式抑うつ性尺度使用手引き増補版 (原作W.W.K.Zung). 三京房, 京都, 2011.
12) 肥田野直, 福原眞知子, 岩脇三良他 : Spilberger CD : 新版STAIマニュアル第1版. p.4-16, 実務教育出版, 東京, 2000.
13) 岡田真明 他 : 回復期リハ病棟入院脳卒中患者におけるSDS測定結果-4年間の測定を通して. JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 24 (3) : 315-318, 2015.
14) 関口直樹 他 : 睡眠薬適性使用のあり方. 睡眠薬の適切な中止方法. ねむりとマネージメント 1 (1) : 28-32, 2014.
15) 睡眠薬の適性使用と休薬のための診療ガイドライン. 2013.
16) 井上雄一 : 治療薬を使いこなす非BZ系, BZ系睡眠薬-休薬法を学ぶ. 月刊薬事 56 (4) : 41-45, 2014.
17) 中田輝夫 : 漢方製剤による軽うつ病の代替治療の可能性. 精神科 13 (1) : 83-88, 2008.
18) 田中美香他 : 地域高齢者の睡眠と抑うつとの関連における性差. 日本公衛誌 59 (4) : 239-249, 2012.
19) 岡島義他 : 慢性不眠症患者と残遺不眠を伴ううつ病患者の心理学的, 身体的特徴の比較. ASR, JSSR, JSC Joint Congress 2009.
20) 川嶋浩一郎 : 小児の精神発達障害, 心身症における抑肝散と抑肝散加陳皮半夏の使用経験. 日東医誌 62 (3) : 483-490, 2011.
22) Derry C, Benjamin C, Bladin P et al : Increased serotonin receptor availability in human sleep : evidence from an〔18F〕MPPF PET study in narcolepsy. neuroimage 30 (2) : 341-348, 2006.
26) 小曽根基裕 : 不眠症の漢方治療 : 最新のエビデンス. 別冊 医学のあゆみ 漢方医学の進歩と最新エビデンス, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2013.
30) 井澤志名野 : 不眠症の原因と薬物療法. 治療学 35 (3) : 259-264, 2001.
P.431 掲載の参考文献
4) Brown D : Orally disintegrating tablets -taste over speed. Drug Deliv Technol 3 : 58-61, 2003.
16) Koseki T, Onishi H, Takahashi Y, Uchida M, Machida Y : Development of novel fast-disintegrating tablets by direct compression using sucrose stearic acid ester as a disintegration-accelerating agent. Chem Pharm Bull 56 : 1384-1388.
18) Food and Drug Administration, Center for Drug Evaluation and Research (CDER). Guidance for Industry Orally Disintegrating Tablets. U.S. Department of Health and Human Services (U.S.A.), (2008 Dec).

【薬理・薬剤】

P.438 掲載の参考文献
1) 緒方映子, 山田安彦, 伊賀立二 : 製剤の粉砕, 脱カプセルの問題点と対策. 薬局 51 : 1342-1349, 2000.
2) 宮本昌二, 幸田幸直, 鈴木 勝 他 : 調剤工程および包装材料への付着による薬剤損失. 病院薬学 20 : 315-320, 1994.
3) 平川雅章, 吉川学, 大坪健司他 : 混合散剤中の塩酸トルペリゾンとダントロレンナトリウムの配合変化. 病院薬学 22 (5) : 521-526, 1996.
4) ALLEN H J : Causes of non-medication-induced nasogastric tube occlusion. Am J Hosp Pharm 49 : 603, 1992.
6) 倉田なおみ : 内服薬経管投与ハンドブック第2版. 藤島一郎監, じほう, 東京, 2006.
7) 倉田なおみ, 小松千絵, 平藤彰他 : 経管投与可能な固形製剤の検討と一覧表の作成. 医療薬学 27 : 461-472, 2001.
8) 天野学, 町田仁 : NSTとの連携による簡易懸濁法システム導入. 薬事 48 : 255-261, 2006.
9) 天野学, 駒田富佐夫, 井上聖子他 : アンケート調査による簡易懸濁法でのチューブ詰まりの原因解析. 医療薬学 38 : 137-145, 2012.
10) 座間味義人, 小山敏広, 合葉哲也 : 粉砕法による経管投与における薬剤量損失に対する簡易懸濁法の有用性についての検討. 静脈経腸栄養 29 : 71-77, 2014
11) 西園憲郎, 稲瀬實 : 簡易懸濁法の導入実態. 月刊薬事 49 : 81-87, 2007.

【Diagnosis】

P.448 掲載の参考文献
1) Kimura T, Isshiki T, Ohno T et al : Guidelines for the management of patients with ST-elevation acute myocardial infarction. JCS Guideline 2013.
2) Amsterdam EA, Wenger NK, Brandis RG et al : 2014 AHA/ACC Guideline for the Management of Patients With Non-ST-Elevation Acute Coronary Syndromes.
6) アーキテクト(R) ・high sensitive トロポニンI ST, 添付文書, 製造販売認証番号225AIAMX00001000, 2014年12月改訂 (第4版).
7) アーキテクト(R) ・BNP-JP, 添付文書, 製造販売認証番号220AIAMX00002000, 2014年6月改訂 (第5版).
8) 吉原健一 : Excelによるブートストラップ法を用いたデータ解析. 培風館, 東京, 2009.
P.456 掲載の参考文献
1) 乾正幸, 乾純和, 大和田進他 : H. pylori (HP) IgG 抗体測定キットの特性. 胃がんリスク検診 (ABC検診) マニュアル 改訂2版 (認定NPO法人日本胃がん予知・診断・治療研究機構編), pp.39-42, 南山堂, 東京, 2014.
2) 菊地正吾 : Helicobacter pylori感染診断における直接法ELISAキット「Eプレート '栄研' H. ピロリ抗体」の有用性の検討. 医学と薬学 43 (3) : 581-586, 2000.
3) 藤岡利生 : Helicobacter pylori除菌判定における国内株を用いた血清抗体価測定キットの評価. 医学と薬学 43 (3) : 573-579, 2000.
4) 唐澤博之, 杉山敦, 武田正他 : 新しい血清Helicobacter pylori抗体測定試薬を用いたABC分類についての検討 : 既存の抗体法との比較. 日本消化器がん検診学会雑誌 54 (1) : 18-29, 2016.
5) 兒玉雅明, 沖本忠義, 小川竜他 : Helicobacter pylori IgG型抗体検出EIAキットの有用性の検討. 医学と薬学 72 (4) : 753-759, 2015.
6) 福本圭志, 中島慈美 : 血清Helicobacter pylori抗体価 (E プレート '栄研' H pylori抗体) のカットオフ値は下げるべきである. 第17回日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム抄録集 : 93, 2011.
7) 齋藤昌宏 : 当院における胃がんリスク検診「偽A群」の検討. 第20回日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム抄録集 : 74, 2014.
8) 寺尾秀一, 當銘正友, 久禮泉他 : D群のほとんどは, 「高度の萎縮とI. M. のためにH. pyloriが駆逐された」群ではない. 日本ヘリコバクター学会誌 14 (2) : 5-14, 2013.
9) 古田隆久, 佐原秀, 市川仁美 他 : 新しい抗体検査. 日本ヘリコバクター学会誌 17 (2) : 50-53, 2016.
11) Manojlovic N, Nikolic L, Pilcevic D et al : Systemic humoral anti-Helicobacter pylori immune response in patients with gastric malignancies and benign gastroduodenal disease. Hepatogastroenterology 51 (55) : 282-284, 2004.
12) Manojlovic N, Babic D, Filipovic-Ljeshovic I et al : Anti Helicobacter pylori IgG and IgA response in patients with gastric cancer and chronic gastritis. Hepatogastroenterology 55 (82-83) : 807-813, 2008.
14) 古田隆久, 杉本光繁 : Helicobacter pylori IgG型抗体検出EIAキットの評価. 医学と薬学 72 (2) : 325-330, 2015.
P.466 掲載の参考文献
1) 松本哲哉 : プロカルシトニン, Medical Technology 27 : 325-326, 1999.
5) 齋藤大輔, 青池幸子, 大塚喜人他 : エクルーシス試薬ブラームスPCTによる基礎的検討. 医学と薬学 62 (2) : 323-329, 2009.
6) 村上直樹, 廣瀬春香, 米澤広美他 : ケミルミADVIA Centaur XPを用いたPCT 測定試薬の基礎的検討. 医学と薬学 68 (3) : 511-517, 2012.
7) 石田秀和, 中山純里, 宮崎崇他 : プロカルシトニン測定試薬「ミュータスワコー ブラームスPCT」およびPCT半定量試薬「ブラームスPCT-Q」の評価. 日本臨床検査自動化学会会誌 38 (3) : 304-311, 2013.
8) 奥田優子, 大須賀裕至, 氏家真二他 : 自動蛍光免疫測定装置「ミニバイダス」によるプロカルシトニン測定の性能評価. 日本臨床検査自動化学会会誌 37 (1) : 94-98, 2012.
11) 伊藤英史, 中村清忠, 酒井昭嘉他 : 敗血症におけるプロカルシトニンの基礎的検討. 医学検査 57 (3) : 260-265, 2008.
P.476 掲載の参考文献
1) Liebman HA, Furie BC, Tong MJ et al : Des-γ-carboxy (abnormal) prothrombin as a serum marker of primary hepatocellular carcinoma. N Engl J Med 310 (22) : 1427-1431, 1984.
2) Naraki T, Kohno N, Saito H et al : γ-Carboxyglutamic acid content of hepatocellular Carcinoma-associated des-γ-carboxy prothrombin. Biochimica et Biophysica Acta 1586 : 287-298, 2002.
3) Fujiyama S, Morishita T, Hashiguchi O et al : Plasma abnormal prothrombin (des-γ-carboxy Prothrombin) as a marker of hepatocellular carcinoma. Cancer 61 : 1621-1628, 1988.
4) 林貞夫, 末久悦次, 浅利誠志他 : 臨床検査における残余検体の 教育・研究および精度管理への利用についてのインフォームドコンセント. 臨床病理 49 : 273-277, 2001.
5) 日本肝癌研究会, 肝癌追跡調査委員会 : 第19回全国原発性肝癌追跡調査報告, メディア・プランニング, 京都, 2014.
6) Mita Y Aoyagi Y, Yanagi M et al : The usefulness of determining des-γ-carboxy prothrombin by sensitive enzyme immunoassay in the early diagnosis of patients with hepatocellular carcinoma. Cancer 82 : 1643-1648, 1998.
7) 日本肝臓学会 : 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン 2013年度版, 41-45, 金原出版, 東京, 2013.

【Health care】

P.487 掲載の参考文献
1) 東京都消費生活総合センター : 平成25年度消費生活相談概要. http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2014/07/60o79100.htm
2) 健康食品データベース : Pharmacist's Letter/Prescriber's Letter. エディターズ編, (独) 国立健康・栄養研究所 監訳, 第一出版, 東京.
4) 大星航, 天川雅夫, 加藤亮二 : 腸管免疫に対するβグルカン及び乳酸菌の効果. 医学検査 : 63 (6) : 673-679, 2014.
5) Goodbridge HS, Reyes CN, Becker CA, Katsumoto TR, et al : Activation of the immune receptor Dection-1 upon formation of a "phagocytic synapse". Nature 472 (7344) : 471-475, 2011.
6) Goodbridge HS, Wolf AJ, Underhill DM : β-glucan recognition by the innate immune system. Immunol Rev 230 : 38-50, 2009.
7) Chan GCF, Chan WK, Sze DMY : The effects of β-glucan on human immune and cancer cells. J Hematol Oncol 2 : 25, 2009.
8) Karumuthil-Melethil S, Perez N, Li R, Vasu C : Induction of innate immune response through TLR2 and Dection 1 prevents type 1 diabetes. J Immunol 181 : 8323-8334, 2008.
9) 水野卓, 加藤尚美, 戸塚篤史, 竹中一秀, 新海健吉, 清水雅子 : マンネンタケ (霊芝) の水溶性多糖類の分画, 構造, 抗腫瘍活性について. 日本農芸化学会誌 58 (9) : 871-880, 1984.
11) Tao J, Feng KY : Experimental and clinical studies on inhibitory effect of ganoderma lucidum on platelet aggregation. J Tongji Med Univ 10 (4) : 240-243, 1990.
13) Graham H, Fadel JG, Newman CW, Newman RK : Effect of pelleting and β-glucanase supplementation on the ileal and fecal digestibility of a barley-based diet in the pig. J Anim Sci 67 : 1293-1298, 1989.

最近チェックした商品履歴

Loading...