内科医が知っておきたい アレルギー性鼻炎診療

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-04-05
分野: 臨床医学:内科  >  内科学一般
ISBN: 9784830620386
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,104 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,104 円(税込)

一般内科へ受診してくることが多いアレルギー性鼻炎患者について,診療のコツから知っておくと役に立つ情報まで,第一線の専門家がわかりやすく解説した.本書冒頭の症例では,実際に「ありそう」な患者をとりあげており,日常診療に直結して非常に役立つ.治療の項目では「鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版」に基づいた最新の情報を豊富に盛り込んでいる.Common diseaseであるアレルギー性鼻炎診療に自信をもって臨むための,一般内科医必携の1冊.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • 口絵カラー
  • 第1章 症例
  • こんな症例に出遭ったら……
  • CASE1 毎年春先に鼻炎と結膜炎の症状があり, 一度検査を受けておきたいと希望
  • CASE2 春先だけでなく5~6月にもアレルギー性鼻炎が生じるようになった
  • CASE3 周囲の人々と似た鼻症状がこの春に出現. 今後, 毎年症状が起きるのか心配
  • CASE4 喘息は治療で落ち着いているが, 最近は鼻炎症状が強まっている
  • CASE5 春先の鼻炎の症状は我慢できるが, 咳の方がつらいといって来院
  • CASE6 大学受験を1年後に控えて, 花粉症の治療薬で集中力が落ちないか心配
  • CASE7 車の運転をするので, 眠気が生じない治療を希望
  • CASE8 今使用している鼻炎の治療薬は, 妊娠したら止めるべきか知りたい
  • CASE9 職場に行くと鼻炎や喘息の症状が生じる
  • CASE10 喘息とアレルギー性鼻炎がもともとあるが, 最近嗅覚が低下している
  • CASE11 モモやビワを食べると喉がかゆくなる. 花粉症と関連があると耳にしたのだが
  • 第2章 診療の流れ
  • [1] 問診のコツ
  • [2] 診察・検査のコツ
  • 1) まず行う診察と検査 ( 皮膚テスト, 血液検査 )
  • 2) 耳鼻科において行われる検査
  • [3] 治療
  • 1) 抗ヒスタミン薬
  • [COLUMN] ジェネリック医薬品や市販薬の効果は先発医薬品と同じくらい ?
  • [COLUMN] 来年はいつ頃受診するように伝えればいい ?
  • 2) 鼻噴霧用ステロイド薬
  • 3) 抗ロイコトリエン薬
  • [COLUMN] 鼻づまりの特効薬は ?
  • 4) 点眼薬処方における注意点
  • [COLUMN] コンタクトレンズ使用中は点眼薬は避けるべき ?
  • 5) アレルギー性鼻炎に対する手術治療の実際
  • [4] 耳鼻科医への紹介が望ましい場面
  • [COLUMN] アレルギー性鼻炎治療薬は妊娠中は止めるべき ?
  • [COLUMN] 1回の注射だけでシーズン中は快適, と同僚は言うのだが
  • 第3章 これも知っておくと役に立つ
  • [1] 花粉飛散量の多い天気
  • [2] 花粉症に伴う咳の鑑別
  • [3] 口腔アレルギー症候群と花粉
  • [4] 職業性の喘息やアレルギー性鼻炎
  • [5] 睡眠にも関係がある
  • [COLUMN] 大気汚染はアレルギー性鼻炎と関係あり ?
  • 第4章 参考情報
  • [1] 鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版
  • [2] アレルゲン免疫療法施行の手引き
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...