整形外科医の関節リウマチ診療ABC

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-04-09
分野: 臨床医学:内科  >  膠原病/リウマチ
ISBN: 9784830627354
電子書籍版: 2016-04-09 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

8,800 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

8,800 円(税込)

商品紹介

リウマチの薬物治療が大きく進歩したことによって,リウマチ診療における外科的治療の適応と役割も変化している.本書は整形外科医が是非とも知っておかなくてはいけないリウマチの薬物治療について,まずわかりやすくまとめた.内科治療を十分理解した上で、整形外科医はいかなる外科的治療をすべきか,どのようにリハビリに回すかを解説した.リウマチはすべての整形外科医が日常診療で必ず遭遇する疾患であり,今日整形外科医に望まれる治療を行うために,本書は必須の書である.

目次

  • 整形外科医の関節リウマチ診療ABC

    ―目次―

    第1章 知っておくべき診断と評価のエッセンス
     1. 病因・病態のup-to-date
     2. 診断・鑑別診断
     3. 診察方法
     4. 検査値の読み方・考え方
     5. 画像診断の見方とピットフォール
     6. 疾患活動性の評価(DAS,SDAI,CDAI,ACR,VAS)
     7. 治療方針決定までのプロセス

    第2章 知っておくべき薬物治療のエッセンス
     1. チャートで見る薬物療法
     2. 骨粗鬆症管理の要点
     3. リウマチ患者の痛みの管理

    第3章 知っておくべき外科的治療・リハビリテーションの
    エッセンス
     1. 最新の外科的治療
     2. リハビリテーション

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 知っておくべき診断と評価のエッセンス

P.4 掲載の参考文献
P.7 掲載の参考文献
1) O'Dell JR : Treating rheumatoid arthritis early : a window of opportunity? Arthritis Rheum 46 : 283-285, 2002
2) van der Helm-van Mil, et al : Validation of a prediction rule for disease outcome in patients with recentonset undifferentiated arthritis : moving toward individualized treatment decision-making. Arthritis Rheum 58 : 2241-2247, 2008
3) van der Heijde DM, et al : Radiographic progression on radiographs of hands and feet during the first 3 years of rheumatoid arthritis measured according to Sharp's method (van der Heijde modification). J Rheu matol 22 : 1792-1796, 1995
P.13 掲載の参考文献
1) Fuchs HA, et al : Evidence of significant radiographic damage in rheumatoid arthritis within the first 2 years of disease. J Rheumatol 16 : 585-591, 1989
3) O'Dell JR : Treating rheumatoid arthritis early : a window of opportunity? Arthritis Rheum 46 : 283-285, 2002
4) Arnett FC, et al : The American Rheumatism Association 1987 revised criteria for the classification of rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 31 : 315-324, 1988
5) 山本純己ほか : 日本リウマチ学会による早期慢性関節リウマチの診断基準-2. 診断基準の作成. リウマチ 34 : 1013-1018, 1994
6) Aletaha D, et al : 2010 Rheumatoid arthritis classification criteria : an American College of Rheumatology/European League Against Rheumatism collaborative initiative. Arthritis Rheum 62 : 2569-2581, 2010/Ann Rheum Dis 69 : 1580-1588, 2010
7) 竹内勤 : 関節リウマチ. 日内会誌 99 : 2392-2400, 2010
8) 近藤啓文ほか : 日本リウマチ学会による早期慢性関節リウマチの診断基準-3. 診断基準の検証. リウマチ 40 : 54, 2000
9) 日本リウマチ学会ホームページ http://www.ryumachijp.com/info/120115_table1.pdf
13) 玉井慎美ほか : 長崎大学早期関節炎コホートにおける検証. 分子リウマチ治療 4 : 179-181, 2011
15) 日本リウマチ学会 : ACR/EULAR新分類基準の検証結果について新基準検証委員会報告書. 日本リウマチ学会ホームページ http://www.ryumachi-jp.com/info/news110913.pdf
P.19 掲載の参考文献
P.23 掲載の参考文献
1) 上野征夫 : 関節リウマチ・膠原病を疑うときのアプローチ 関節炎からのリウマチ病の診断. Medicina 51 : 2016-2019, 2014
2) 袴田康弘 : 関節リウマチの検査・診断 臨床症状からの診断 病歴聴取, 身体診察. 日本臨牀 72 (増刊号) : 190-195, 2014
3) 日本リウマチ学会 : ACR/EULAR新分類基準の検証結果について, 2012
4) 山下裕之ほか : 関節リウマチの検査・診断 臨床症状からの診断 関節外症状. 日本臨牀 72 (増刊号) : 200-203, 2014
5) 狩野俊和ほか : 関節炎をいかに鑑別するか 関節リウマチ以外の関節炎の特徴. 分子リウマチ治療 5 : 76-80, 2012
P.25 掲載の参考文献
P.26 掲載の参考文献
P.33 掲載の参考文献
1) Petty RE, et al : International League of Associations for Rheumatology classification of juvenile idiopathic arthritis : second revision, Edmonton, 2001. J Rheumatol 31 : 390-392, 2004
3) 上松一永 : リウマチ病学テキスト, 診断と治療社, 東京, 443, 2010
P.36 掲載の参考文献
1) 山田恵美ほか : 関節リウマチ (RA) 患者における病態の受容と自己評価感について. 日心療内誌 8 : 23-27, 2004
2) 村澤章 : 関節リウマチ治療中の患者に対する医療福祉制度. 日本臨牀 71 : 1287-1290, 2013
P.43 掲載の参考文献
1) Reider B : The Orthopaedic Physical Exam, 2nd ed, Elsevier, Philadelphia, 17-66, 2005
2) 原田遼三ほか : リリウマチ医が知るべき「肘関節」の知識. Keynote RA 2 : 154-161, 2014
3) 国分正一ほか : 標準整形外科学, 第10版, 中村利孝ほか編, 医学書院, 東京, 415-417, 2008
4) 石川肇 : リウマチ手の診察方法. Orthopaedics 24 : 7-15, 2011
5) 濱口儒人 : 基本的診療技能 (第3回) 膠原病における特徴的な皮疹の見方. 分子リウマチ治療 3 : 152-156, 2010
6) NalebuffEA et al : Surgical treatment of the boutonniere deformity in rheumatoid arthritis. Orthop Clin North Am 6 : 753-763, 1975
7) Green D et al : Green's Operative Hand Surgery, 5th ed, Elsevier, Philadelphia, 2125-2129, 2005
P.48 掲載の参考文献
1) 苅田達郎ほか : 鑑別診断. 変形性股関節症, 南江堂, 東京 91-107, 2010
2) 神野哲也ほか : 病歴と身体所見. 股関節学, 久保俊一編著, 金芳堂, 京都, 160-170, 2014
P.54 掲載の参考文献
P.58 掲載の参考文献
P.61 掲載の参考文献
1) 竹内勤編 : 関節リウマチ治療実践バイブル, 南江堂, 東京, 2013
2) 鎌谷直之編 : 膠原病・リウマ診療, メジカルビュー, 東京, 2007
P.66 掲載の参考文献
P.70 掲載の参考文献
P.75 掲載の参考文献
P.78 掲載の参考文献
P.81 掲載の参考文献
P.89 掲載の参考文献
P.93 掲載の参考文献
2) 清水哲郎 : 医療現場における意思決定のプロセス-生死に関わる方針選択をめぐって. 思想 976 : 4-22, 2005
4) 日本肝臓学会 : 免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドライン https://www.jsh.or.jp/medical/guidelines/ (2015年5月 第2・1版)

第2章 知っておくべき薬物治療のエッセンス

P.98 掲載の参考文献
P.101 掲載の参考文献
1) Smolen JS, et al : The assessment of disease activity in rheumatoid arthritis. Clin Exp Rheumatol 28 : 18-27, 2010
P.107 掲載の参考文献
P.115 掲載の参考文献
1) 日本リウマチ学会編 : 関節リウマチ診療ガイドライン 2014, メディカルレビュー社, 東京, 2014
2) Pincus T, et al : Long-term drug therapy for rheumatoid arthritis in seven rheumatology private practices : II. Second line drugs and prednisolone. J Rheumatol 19 : 1885-1894, 1992
P.117 掲載の参考文献
4) 日本リウマチ学会 : 全例市販後調査のためのトファシチニブ使用ガイドライン. http://www.ryumachi-jp.com/info/guideline_tofacitinib_130524.pdf#search='トファシチニブ使用ガイドライン (2013年6・3版)
5) Singh JA, et al : 2015 American College of Rheumatology Guideline for the Treatment of Rheumatoid Arthritis. Arthritis Care Res 68 : 1-25, 2016
P.118 掲載の参考文献
1) 医療事故情報収集等事業 第41回報告書, 「抗リウマチ剤 (メトトレキサート) の過剰投与に伴う骨髄抑制」について. 医療安全情報 No. 2, 45 : 160-170, 2015
P.124 掲載の参考文献
P.130 掲載の参考文献
1) 日本肝臓学会 : B型肝炎治療ガイドライン. https://www.jsh.or.jp/medical/guidelines/jsh_guidlines/hepatitis_b
3) 堀尾勝 : 腎機能の評価法. 日内会誌 101 : 1259-1265, 2012
4) 岸本暢将ほか : 関節リウマチの診かた, 考えかた ver. 2, 中外医学社, 東京, 299, 2015
P.131 掲載の参考文献
P.135 掲載の参考文献
1) 江木盛時 : 糖尿病患者の周術期管理. 日臨麻会誌 32 : 842-850, 2012
2) Musculoskeletal Infection Society. International Consensus on Periprosthetic Joint Infection. Available at : www.msis-na.org/international-consensus
P.144 掲載の参考文献
3) ステロイド性骨粗鬆症の管理と治療ガイドライン : 2014年改訂版. 日本骨代謝学会. J Bone Miner Metab 32 : 337-350, 2014
4) 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会 (日本骨粗鬆症学会, 日本骨代謝学会, 骨粗鬆症財団) 編, 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年度版, ライフサイエンス出版, 2015
P.152 掲載の参考文献
P.157 掲載の参考文献
1) Kujubu DA, et al : TIS10, a phorbol ester tumor promoter-inducible mRNA from Swiss 3T3 cells, encodes a novel prostaglandin synthase/cyclooxygenase homologue. J Biol Chem 266 : 12866-12872, 1991
2) Gluszko P, et al : Non-steroidal anti-inflammatory drugs and the risk of cardiovascular diseases : are we going to see the revival of cyclooxygenase-2 selective inhibitors? Pol Arch Med Wewn 119 : 231-235, 2009
7) Lanza FL, et al : Guidelines for prevention of NSAIDrelated ulcer complications. Am J Gastroenterol 104 : 728-738, 2009

第3章 知っておくべき外科的治療・リハビリテーションのエッセンス

P.164 掲載の参考文献
1) 越智隆弘ほか編 : 関節リウマチの診療マニュアル (改訂版) 診断のマニュアルとEBM に基づく治療ガイドライン, 日本リウマチ財団, 東京, 107-114, 2004
2) 日本リウマチ学会編 : 関節リウマチ診療ガイドライン 2014, メディカルレビュー社, 東京, 75-77, 2014
3) 柴田陽三 : 鏡視下デブリドマンの適応と手術手技のコツ. 肩関節鏡下手術, 米田 稔編, 文光堂, 東京, 86-90, 2010
P.170 掲載の参考文献
1) Simmen BR, et al : The wrist in rheumatoid arthritis. Rheumatology, 17, Karger, Switzerland, 13-25, 1992
2) Hamalainen M : Current Trends in Diagnostics, Conservative Treatment and Surgical Reconstruction, Georg Thieme Verlag, Stuttgart, 58-61, 1995
6) 三浪明男ほか : 新規人工手関節の開発研究と臨床応用. 関節外科 32 : 446-451, 2013
P.175 掲載の参考文献
2) Nalebuff EA, et al : Surgical treatment of the Boutonniere deformity in rheumatoid arthritis. Orthop Clinic North Am 6 : 753-763, 1975
3) Nalebuff EA, et al : Surgical treatment of the swanneck deformity in rheumatoid arthritis. Orthop Clinic North Am 6 : 733-752, 1975
5) Feanley, GR : Ulnar deviation of the fingers. Ann Rheum Dis 11 : 219-221, 1952
6) Tupper JW : Resection arthroplasty of the metacarpophalangeal joint a.m. Tupper using interposition of the volar plate. J Hand Surg Am 14 : 371-375, 1989
P.180 掲載の参考文献
P.186 掲載の参考文献
P.191 掲載の参考文献
P.196 掲載の参考文献
P.204 掲載の参考文献
1) 千野直一編 : 現代リハビリテーション医学, 金原出版, 東京, 408-420, 2009
2) 日本リウマチ学会・日本リウマチ財団編 : リウマチ病学テキスト, 診断と治療社, 東京, 458-465, 2010
3) 日本リウマチ学会編 : 関節リウマチ診療ガイドライン 2014, メディカルレビュー社, 東京, 90-93, 2014
P.210 掲載の参考文献
1) 久保俊一ほか編 : イラストと写真でわかる実践装具療法-装具の選択と疾患別使用例-, 金芳堂, 京都, 2015
2) 伊藤利之ほか編 : 義肢装具のチェックポイント, 第8版, 日本整形外科学会/日本リハビリテーション医学会監修, 医学書院, 東京, 2014
P.219 掲載の参考文献
1) 千野直一編 : 現代リハビリテーション医学, 金原出版, 東京, 609-618, 2009
2) 千田益生 : 下肢筋力の経年変化-用手力量計による測定-. リハ医学 24 : 85-91, 1987
3) 福原俊一ほか : 健康プロファイル型尺度 (SF-36を中心に). 臨床のためのQOL評価ハンドブック, 池上直己ほか編, 医学書院, 東京, 2001
4) 日本語版EuroQol開発委員会 : 日本語版EuroQolの開発. 医療と社会 8 : 109-123, 1998
8) Hudak PL, et al : Development of an upper extremity outcome measure : the DASH (disabilities of the arm, shoulder and hand. The Upper Extremity Collaborative Group (UECG). Am J Ind Med 29 : 602-608, 1996

最近チェックした商品履歴

Loading...