医師のための介護・福祉のイロハ

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2016-05-01
分野: 臨床医学:一般  >  臨床医学一般
ISBN: 9784758117906
電子書籍版: 2016-05-01 (第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,888 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,888 円(税込)

商品紹介

医師が今さら聞けない&意外と知らない介護・福祉の超基本から,日常診療ですぐに役立つ具体的なコツまで解説した,ありそうでなかった内容!「Gノート」誌の大人気連載に新規項目を多数加えて単行本化した必読書!

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 執筆者一覧
  • 基礎編
  • 1 介護認定審査の裏側 これを知れば, あなたの書く主治医意見書が変わります
  • 2 訪問看護ってどんなことをしているの ? 介護保険の訪問看護 ? 医療保険の訪問看護 ? 病院とは違う看護師さんのお仕事
  • 3 訪問看護師さんの1日をのぞいてみよう ! 在宅医療のパートナー ! 訪問看護の実際とは ?
  • 4 施設入所っていうけれど, あなたの患者さんに最適な介護施設とは ? 老健・特養・有料老人ホーム・サ高住… きちんと理解していますか ?
  • 5 通所サービスのあれこれ デイサービスとデイケアの違いは ? 半日デイって ?
  • 6 ケアマネさんのお仕事・地域包括支援センターって ? 介護・福祉の相談窓口,でも意外と知らないその業務内容とは ?
  • 7 訪問歯科でできること 知っているようで知らない訪問歯科の診療内容とは ?
  • 8 ヘルパーさんにどこまで頼めるの ? ヘルパーさん ( 訪問介護員 ) は介護のプロ ! 患者さんの自立をサポートします
  • 9 在宅リハって何をしているの ? 在宅でもリハはできる ! ゴール設定は ? 指示の出し方は ? リハスタッフと仲良くしよう !
  • 10 福祉用具 & 住宅改修のあれこれ 「ベッドを借りたい」「手すりをつけたい」そんな思いに応えます
  • 11 在宅診療にかかわる保険点数の超基本 在宅診療は高点数, 患者さんの自己負担は ? これだけは押さえておきましょう
  • 12 在宅診療にかかわる公費負担医療制度とは ? 私たちから患者さんに負担軽減を提案しましょう
  • Column もっと知りたい ! 移送サービス
  • 実践編
  • 1 やっていますか ? 退院時カンファレンス 一度はじめたらやめられない, そのメリットとは ?
  • 2 サービス担当者会議, 略して「サ担会」 ! 参加していますか ? その前に聞いたことがありますか ?
  • 3 多職種連携 ( IPW ) とは やっているけれど, 何かしっくりこないあなたのために
  • 4 こうすれば多職種で患者が見えてくる ! 見える事例検討会 ( R ) の実際
  • 5 薬剤師さんともっと連携しよう 薬剤師さんは訪問診療における大切なパートナーです
  • 6 多職種連携で必要なコミュニケーションスキル 介護者にちゃんと伝わっていますか ? トラブルを未然に防ぐには ?
  • 7 こんなに使える ! ICTツール [ 前編 ] 患者さんの思いや情報をリアルタイムで共有しよう
  • 8 こんなに使える ! ICTツール [ 後編 ] 多職種連携ツールを選ぼう !
  • 9 さまざまなトラブルを多職種で解決 ! 得意分野で助け合える最強チームをつくろう !
  • Column もっと知りたい ! 往診カバンの中身 [ 基本セット編 ]
  • Column もっと知りたい ! 往診カバンの中身 [ オプション編 ]
  • 資料編
  • 1 主治医意見書作成のためのチェックリスト
  • 2 在宅医療導入時チェックシート
  • 3 ポリファーマシー防止のためのチェックリスト
  • 4 使える文献 & ツール集
  • 索引
  • 奥付
  • 本電子書籍に関するご注意

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

基礎編

P.18 掲載の参考文献
1) 「最新介護保険の基本と仕組みがよ~くわかる本 第4版」 (高室成幸/監), 秀和システム, 2012
P.28 掲載の参考文献
1) 木下由美子 : 総論 訪問看護って素晴らしい. ナーシング・トゥデイ, 25 : 18-19, 2010
2) 中川陽子, 笠置恵子 : 在宅ケアシステムの中での訪問看護師の役割. 医学と生物学, 157 : 1191-1196, 2013
3) 厚生労働省. 平成24年介護サービス施設・事業所調査の概況 : http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/service12/dl/gaikyo.pdf
4) 小田美紀子 : 訪問看護師における職務ストレスの現状と課題 A県の訪問看護師を対象としたアンケート調査を通して. 日本看護学会論文集 : 看護管理, 41 : 83-86, 2011
5) 和田博隆 : 医師以外の専門職 在宅医療における訪問看護師の役割. 治療, 95 : 233-237, 2013
P.41 掲載の参考文献
1) 「訪問看護ステーション開設・運営・評価マニュアル 第2版」 (公益財団法人日本訪問看護財団/監), 日本看護協会出版会, 2012
P.54 掲載の参考文献
1) 厚生労働省ホームページ : http://www.mhlw.go.jp/
2) 「保健医療サービス第2版」 (岩田正美, 他/監, 小山秀夫, 他/編著), ミネルヴァ書房, 2013
3) 「新 医療ソーシャルワーク実習」 (日本医療社会事業協会/監, 福山和女, 他/編), 川島書店, 2008
P.63 掲載の参考文献
1) 厚生労働省ホームページ「介護事業所・生活関連情報検索」 : http://www.kaigokensaku.jp/publish/
2) 日本デイケア学会ホームページ : http://www.daycare.gr.jp/
3) 一般社団法人全国デイ・ケア協会ホームページ : http://www.day-care.jp/index.htm
4) 全国通所介護事業者連合会ホームページ : http://www.zentsuren.or.jp/info/
P.74 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 地域包括ケアシステム : http : //www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiikihoukatsu/
2) 三菱総合研究所 : 平成26年老人保健事業推進費等補助金 老人保健健康増進等事業 地域包括支援センターにおける業務実態に関する調査研究事業 報告書, 平成27年3月 http : //www.mri.co.jp/project_related/roujinhoken/uploadfiles/h26/h26_03.pdf
3) ケアマネジメントについて〔社保審-介護給付費分科会 第79回 (H23.9.5) 資料 2-3〕 : http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001nv62-att/2r9852000001nvak.pdf#search
P.88 掲載の参考文献
P.97 掲載の参考文献
1) 厚生労働省ウェブサイト : 介護保険に関する解説が載っている各種ページ
2) 厚生労働省 : 医政発第0726005号 (平成17年7月26日)
3) 厚生労働省 : 老振発第0508001号, 老老発第0508001号 (平成15年5月8日)
4) 厚生労働省老健局振興課 : 事務連絡 (平成22年4月28日)
5) 厚生省老人保健福祉局企画課長 : 老企第36号 (平成12年3月1日)
6) 「訪問介護の報酬算定グレーゾーン解決法 Q&A159-できる? できない? 」 (本間清文/著), 日総研出版, 2014
P.110 掲載の参考文献
1) 診療報酬点数表Web 2014 : http://2014.mfeesw.net/t/ika/11-2/48-2/614-2
2) 医療法人社団 順心会ホームページ : http://www.junshin.or.jp/pdf/service_2015.pdf
3) 公益社団法人日本理学療法士協会 : 訪問リハビリテーションと, 訪問看護ステーションからの理学療法士等による訪問の提供実態に関する調査研究事業調査報告書, 2014
4) 岡崎哲也ほか : 廃用性筋萎縮の病態と臨床.「特集 廃用性筋萎縮を解明する」, 総合リハビリテーション, 30 : 107-112, 2002
5) 青田安史 : 生活不活発病の正しい理解と予防・改善 生活不活発病による運動器障害の予防ケアのポイント. 臨床老年看護, 13 (5) : 4-11, 2006
6) 「現代リハビリテーション医学 改訂第2版」 (千野直一/編), 金原出版, 2004
7) Mulleb EA : Training Muscle strength. Ergonomics, 2 : 216-222, 1959
8) 「看護のための最新医学講座 第27巻 リハビリテーション・運動療法」 (岡島康友/編), 中山書店, 2002
9) 国立社会保障・人口問題研究所ホームページ : http://www.ipss.go.jp/ssj-db/327.xls
11) 日本言語聴覚士協会ホームページ : https://www.jaslht.or.jp/whatst_n.html
12) 厚生労働省ホームページ : http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/kyufu/14/dl/02.pdf
13) 「どうする? 家庭医のための "在宅リハ"」 (佐藤健一/著), 医学書院, 2012
14) 佐藤健一 : 介護にかかわる問題. 「今日の治療指針」 (山口徹, 他/編), p.1368, 医学書院, 2013
15) 「リハビリテーション医療における安全管理・推進のためのガイドライン」 (日本リハビリテーション医学会/編), 医歯薬出版, 2006
P.119 掲載の参考文献
1) 厚生労働省ホームページ 介護事業所・生活関連情報検索 介護サービス公表システム 公表されている介護サービスについて「福祉用具を使う」 : http://www.kaigokensaku.jp/publish/
2) 厚生労働省パンフレット「介護保険と福祉用具」 : http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/dl/yougu.pdf
3) 一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会ホームページ : http://www.zfssk.com
P.126 掲載の参考文献
1) 「たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル 改訂版」 (永井康徳/著, 日経ヘルスケア/編), 日経BP社, 2014
2) 「訪問診療・訪問看護のための在宅診療報酬Q&A 2014-2015年版」 (栗林令子/監修), 医学通信社, 2014
3) 厚生労働省「別紙1 診療報酬の算定方法 1 医科診療報酬点数表」 : http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku- Iryouka/0000112223.pdf
4) 厚生労働省「個別改定項目について I-4 質の高い在宅医療・訪問看護の確保について」 : http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000112306.pdf
P.133 掲載の参考文献
1) 「たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル 第3版 2015年度介護報酬改定 2014年度診療報酬改定 完全対応」 (永井康徳/著), 日経BP社, 2015
2) 「公費負担医療の実際知識 2015年版」 (安藤秀雄, 栗林令子/著), 医学通信社, 2015
P.136 掲載の参考文献
1) 国土交通省自動車交通局旅客課 : 福祉有償運送ガイドブック. 2008
2) 国土交通省 : 地域における福祉タクシー等を活用した福祉輸送のあり方調査 報告書. 2009

実践編

P.148 掲載の参考文献
1) 望月諭 : 退院前カンファレンス参加のコツ. G ノート, 1 : 692-698, 2014
P.157 掲載の参考文献
1) 「サービス担当者会議マニュアル-準備から終了後まで」 (担当者会議向上委員会/著), 中央法規, 2012
2) 月刊ケアマネジャー編集部 : サービス担当者会議に強くなる! (1) なくてはならないもの. ケアマネジャー, 16 : 12-13, 2014
3) 「平成26年度老人保健事業推進費等補助金老人保健健康増進等事業 生活期リハビリテーションにおける多職種協働・連携の実態に関する調査研究事業報告書」. 株式会社NTTデータ経営研究所, 2015
4) 「ケアプランのつくり方・サービス担当者会議の開き方・モニタリングの方法-平成27年改正版-」 (土屋典子, 他/著), 瀬谷出版, 2015
P.165 掲載の参考文献
1) 「IPWを学ぶ-利用者中心の保健医療福祉連携」 (埼玉県立大学/編), 中央法規出版, 2009
2) 「チームステップス [日本版] 医療安全-チームで取り組むヒューマンエラー対策」 (東京慈恵会医科大学附属病院医療安全管理部/編), メジカルビュー社, 2012
3) A National Interprofessional Competency Framework, Canadian Interprofessional Health Collaborative (CIHC), 2010 http://www.cihc.ca/files/CIHC_IPCompetencies_Feb1210.pdf
P.178 掲載の参考文献
1) 「見える事例検討会(R) ファシリテーター養成講座テキスト (改訂版)」 (八森淳, 大友路子/著), エイチ・ツー・オー綜合研究所, 2014
2) 「多職種による見える事例検討会(R) ファシリテーター・マニュアル (改訂版)」 (八森淳, 大友路子/著, エイチ・ツー・オー綜合研究所, 2012
3) 「みんなでつくる地域包括ケア 見える事例検討会(R)」 (八森淳, 大友路子/著), メディア・ケアプラス, 2015
P.191 掲載の参考文献
1) 日本薬剤師会 地域・在宅医療委員会 : 在宅服薬支援マニュアル その4・訪問 処方~報告まで (最終更新 : 2014年6月) www.nichiyaku.or.jp (会員のみ閲覧可)
2) 「在宅医療Q&A 平成27年版 服薬支援と多職種協働・連携のポイント」 (日本薬剤師会/監, じほう/編), じほう, 2015
3) 特集 ポリファーマシー 何が問題なのか? どうすればよいのか? . 治療, 96 : 1676-1683, 2014
4) 川崎市健康福祉局地域包括ケア推進室 : 医療機関からの在宅復帰パターンを例とした地域における連携 川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョン (概要版). 2015.04.16 http://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000058/58754/_gaiyou.pdf
5) 恩田光子, 他 : 薬剤師による在宅患者訪問に係る業務量と薬物治療アウトカムの関連. 薬学雑誌, 135 : 519-527, 2015
P.203 掲載の参考文献
1) 岡本真一郎 : ミス・コミュニケーションはどのように発生するか-誤解の経験に関する調査-. 愛知学院大学心身科学部紀要, 7 : 9-12, 2011
2) 「シンプルに考える医療人としてのコミュニケーション」 (佐藤美智子/著), 労災保険情報センター, 2009
3) 「脳と言葉を上手に使うNLPの教科書」 (前田忠志/著), 実務教育出版, 2012
P.228 掲載の参考文献
1) 吉村学 : 「ごちゃまぜ」で医療・介護に顔の見える関係をつくろう. 週刊医学界新聞, 第3006号, 医学書院, 2012 http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03006_02
2) 厚生労働省ホームページ 地域包括ケアシステム : http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiikihoukatsu/
3) 光城元博, 他 : 特集「在宅ケアの質を高めるICT」. 訪問看護と介護, 19 (4), 2014
4) 厚生労働省ホームページ 在宅医療の推進について : http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000061944.html
5) 国立大学法人東京大学高齢社会総合研究機構 : 在宅医療と介護の連携のための情報システムの共通基盤のあり方に関する調査研究報告書. 2015 http://www.iog.u-tokyo.ac.jp/?page_id=278
6) 「地域包括ケアのすすめ : 在宅医療推進のための多職種連携の試み」 (東京大学高齢社会総合研究機構/編), 東京大学出版会, 2014
7) 株式会社シード・プランニング「在宅看護・介護分野におけるIT利活用研究会」報告書. 2014 http://www.seedplanning.co.jp/media/houkokusyo/20140520kenkyukai.pdf
8) 大石佳能子 : 地域包括ケアシステムの実現を目指して (国際モダンホスピタルショウ 2015 カンファレンス講演資料), 株式会社メディヴァ, 2015
9) 厚生労働省ホームページ 在宅医療介護連携を進めるための情報共有とICT活用 : http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000073807.pdf
10) アピタル, 武藤真祐 : 医療の実践型リーダーシップ・海外の視点「ITで変わる医療のあり方」, 朝日新聞デジタル, 2016 http://www.asahi.com/articles/SDI201603221894.html?iref=com_api_col_innovatortop
P.238 掲載の参考文献
1) 「医療職が部下を持ったら読む本」 (裴英洙/著, 日経ヘルスケア編), 日経BP社, 2014
P.241 掲載の参考文献
1) 鶴岡優子 : 往診時の持ち物. 日本医師会雑誌, 139 : 54-57, 2010
2) 鶴岡優子 : 往診鞄に見る在宅医療のカタチ (前編) 往診鞄の実際. 熟練医の経験と工夫に学ぶ. 日経メディカル, 6月号 : 91-94, 2009
3) 鶴岡優子 : 往診鞄に見る在宅医療のカタチ (後編) 効率的な往診鞄. 標準化や軽量化など, 工夫様々. 日経メディカル10月号 : 119-122, 2009

資料編

P.256 掲載の参考文献
1) 宮田靖志 : ポリファーマシー : 何が問題なのか? どうすればよいのか? . 「特集 ポリファーマシー」, 治療, 96 : 1676-1683, 2014
3) The American Geriatrics Society 2015 Beers Criteria Update Expert Panel American Geriatrics Society 2015 Updated Beers Criteria for Potentially Inappropriate Medication Use in Older Adults. J Am Geriatr Soc. 63 : 2227-2246, 2015
4) 「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン 2015」 (日本老年医学会, 他/編), メジカルビュー社, 2015
5) Duerden M, et al : Polypharmacy and medicines optimisation : Making it safe and sound. The King's Fund, London, 2013
P.257 掲載の参考文献
(1) 「たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル 第3版」 (永井康徳/著), 日経BP社, 2015
(1) 「厚生労働省」 http://www.mhlw.go.jp/
(2) 「在宅医療物語 1,2巻」(永井康徳/原作・解説), たんぽぽ企画, 2014, 2015
(2) 「HOME'S介護」 http://kaigo.homes.co.jp/manual/
(3) 「公益社団法人 日本看護協会」
(3) 「これならわかる <スッキリ図解> 介護保険 第2版」(高野龍昭/著), 翔泳社, 2015
(4) 「これならわかる <スッキリ図解> 障害者総合支援法」(遠山真世, 他/著), 翔泳社, 2014
(4) 「公益財団法人 日本訪問看護振興財団」 http://www.jvnf.or.jp/
(5) 「知りたい! ソーシャルワーカーの仕事」(木下大生, 藤田孝典/著), 岩波書店, 2015
(5) 「 一般社団法人 全国訪問看護事業協会」 http://www.zenhokan.or.jp/nursing/
(6) 「ソーシャルワーカーという仕事」(宮本節子/著), 筑摩書房, 2013
(6) 「公益社団法人 日本介護福祉士養成施設協会」 http://kaiyokyo.net/index.php
(7) 「Career Garden」 http://careergarden.jp/
(7) 「患者さんにそのまま見せる! 診療科別医療福祉相談の本 第6版」(向山憲男/監, 黒木信之/編著), 日総研, 2014
(8) 「医療福祉総合ガイドブック 2015年度版」(NPO法人日本医療ソーシャルワーク研究会/編), 医学書院, 2015
(9) 「だから訪問看護はやめられない-訪問看護の魅力, ぜんぶ教えちゃいます!」(宮崎和加子/編著), メディカ出版, 2010
(10) 「実践で困らない! 駆け出しケアマネジャーのためのお仕事マニュアル」 (後藤佳苗/著), 秀和システム, 2012

最近チェックした商品履歴

Loading...