姿勢制御と理学療法の実際

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-04-21
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784830645358
電子書籍版: 2016-04-21 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

9,460 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

9,460 円(税込)

商品紹介

姿勢制御機能の評価法,疾患に特有な姿勢とその改善のための理学療法,アスリートに求められる姿勢制御能力とその再獲得のための理学療法について,実例を挙げながら解説した.さらに各ライフステージにおけるヒトの姿勢制御の特徴や,生物の進化を通してヒトの姿勢制御を考えるべく動物の姿勢制御についても概説する.

目次

  • 姿勢制御と理学療法の実際

    ―目次―

    1章 姿勢制御の評価
    2章 疾患と姿勢制御
    3章 アスリートの姿勢制御
    4章 生涯期の姿勢制御
    5章 生物の進化と姿勢制御

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I章 姿勢制御の評価

P.10 掲載の参考文献
1) Kisner C, et al : Therapeutic Exercises, 5th ed, F. A. Davis Company, Philadelphia, 2007
2) 藤原勝夫編著 : 姿勢制御の神経生理機構, 杏林書院, 東京, 2011
3) 西野仁雄ほか編 : 運動の神経科学-基礎から応用まで, ナップ, 東京, 2000
4) 山本哲也ほか : 若年男性の明暗順応が立位平衡機能に与える影響. 岐阜医療大紀 6 : 63-66, 2012
8) 中村隆一ほか : 基礎運動学, 第6版, 医歯薬出版, 東京, 2003
9) 御手洗玄洋ほか監訳 : ガイトン生理学, 第11版, エルゼビア・ジャパン, 東京, 2010
10) 笠原美千代ほか : 高齢患者における片脚立位時間と膝伸展筋力の関係. 体力科学 50 : 369-374, 2001
13) 内山靖編 : 標準理学療法学専門分野 理学療法評価学, 第2版, 医学書院, 東京, 2004
15) 中山明峰 : めまいの解剖学的・生理学的理解. 理学療法 28 : 537-542, 2011
16) 奈良 勲ほか編 : 図解理学療法検査・測定ガイド, 第2版, 文光堂, 東京, 2009
17) 太田富雄ほか : 意識障害の新しい分類法試案-数量的表現 (III群 3段階方式) の可能性について. 脳神経外科 2 : 623-627, 1974
18) Teasdale G, et al : Assessment of coma and impaired consciousness. A practical scale. Lancet 2 : 81-84, 1974
19) 日本自律神経学会編 : 自律神経機能検査, 第2版, 文光堂, 東京, 1995
21) 博野信次 : 認知症診断で用いられる認知機能検査. 治療 89 : 2937-2942, 2007
23) 上田敏ほか : 片麻痺機能テストの標準化-12段階「片麻痺回復グレード法」. 総合リハ 5 : 749-766, 1977
24) 村岡香織ほか : リハビリテーションにおけるアウトカム評価尺度-SIAS, Fugl-Meyer. 臨床リハ 14 : 570-575, 2005
25) 内山靖ほか : 運動失調症の躯幹協調能と歩行・移動能力. 総合リハ 18 : 715-721, 1990
26) 松沢正 : 理学療法評価学, 第3版, 金原出版, 東京, 2011
27) 徳久謙太朗ほか : ハンドヘルドダイナモメーターを用いた新しい膝伸展筋力測定方法の臨床的有用性-虚弱高齢者を対象とした検者間再現性, 妥当性, 簡便性の検討. 理学療法学 34 : 267-272, 2007
28) 高柳清美ほか : 筋力の測定方法. 理学療法 22 : 73-79, 2005
29) 片山訓博ほか : 筋持久力の測定方法. 理学療法 22 : 87-92, 2005
30) 塩澤伸一郎ほか : 反応時間の測定方法. 理学療法 22 : 57-65, 2005
31) 東京都立大学体力標準値研究会編 : 新・日本人の体力標準値. 不昧堂出版, 東京, 2000
32) 文部科学省 : 新体力テスト実施要項. http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/stamina/03040901.html
34) 松嶋美正ほか : 高齢者におけるBerg Balance Scaleの項目妥当性に関する検討. 理学療法学 37 : 403-409, 2010
37) 藤原勝夫ほか : 立位姿勢の安定性と下肢筋の相対的筋負担度との関係. 筑波大体育紀 8 : 165-171, 1985
41) 藤原求美ほか : Four Square Step Testの信頼性と妥当性について-脳卒中患者, 骨関節疾患患者, 健常者における検討-. 理学療法学 33 : 330-333, 2006
42) 藤田俊文ほか : 脳卒中片麻痺患者の歩行自立度と脚伸展筋力, 起立・歩行能力の関係. 東北理療 21 : 42-48, 2009
P.19 掲載の参考文献
1) 中村隆一ほか : 姿勢. 基礎運動学, 第6版, 医歯薬出版, 東京, 331-360, 2003
3) 田口喜一郎 : 身体動揺記録とその臨床的適用. 信州医誌 26 : 402-411, 1978
4) 臼井永男ほか : 小児の足の機能的左右差に関する発育発達的一考察. 放送大学研究年報 7 : 143-154, 1989
5) 張元 : 感覚入力の違いが健康成人の安静立位姿勢保持に及ぼす影響- 頭頂部動揺とCOP動揺の比較に着目して-. 広島大学大学院教育学研究科紀要 53 : 335-341, 2004
6) 一般社団法人日本めまい平衡医学会診断基準化委員会 : 重心動揺計の機器精度に関する注意事項. http://www.memai.jp/images/kikichui.html
7) 藤原勝夫ほか : 立位姿勢における足圧中心位置及びその規定要因に関する一考察. 姿勢研 4 : 9-16, 1984
9) 藤原勝夫ほか : 足圧中心位置と立位姿勢の安定性について. 体育研 26 : 137-147, 1981
10) 今岡薫ほか : 重心動揺検査における健常者データの集計. Equilibrium Res Supple 12 : 1-84, 1997
P.30 掲載の参考文献
1) 臨床歩行分析研究会編 : 関節モーメントによる歩行分析, 医歯薬出版, 東京, 52, 1997
2) 池上康男 : 写真撮影による運動の三次元的解析法. Jpn J Sports Sci 2-3 : 163-170, 1983
8) 臨床歩行分析研究会 : 基本的精度・処理時間検定結果. http://gait-analysis.jp/comparison2002/Result/basic/basic.html
9) 江原義弘 : 動作解析の現状と課題. 総合リハ 40 : 953-958, 2012
10) Andriacchi TP, et al : A point cluster method for in vivo motion analysis : applied to a study of knee kinematics. J Biomech Eng 120 : 743-749, 1998
11) 石井慎一郎ほか : 実験用模型を使用したPoint Cluster法による膝関節運動の計測精度. 理学療法 24 : 1361-1369, 2007

II章 疾患と姿勢制御

P.41 掲載の参考文献
1) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会/変形性股関節症ガイドライン策定委員会 (編) : 日本整形外科学会診療ガイドライン 変形性股関節症診療ガイドライン, 南江堂, 東京, 2008
9) 神戸晃男 : 関節機能の改善のための戦略, 実践MOOK・理学療法プラクティス 変形性関節症-何を考え, どう対処するか, 文光堂, 東京, 107-115, 2008
11) 神戸晃男 : 人工股関節全置換術後の理学療法. 理療 41 : 53-61, 2011
P.50 掲載の参考文献
2) Aoda H, et al : Independent predictors of knee osteoarthritis in an elderly Japanese population : a multivariate analysis. Acta Med Biol 54 : 33-41, 2006
3) 嶋田誠一郎 : 膝関節の病態運動学と理学療法 I-変形性膝関節症. 理学療法 24 : 841-847, 2007
4) 嶋田誠一郎 : 理学療法的視点からみた変形性膝関節症の病態. 臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス 極める変形性膝関節症の理学療法- 保存的および術後理学療法の評価とそのアプローチ, 文光堂, 東京, 2-13, 2014
12) Simic M, et al : Gait modification strategies for altering medial knee joint load : a systematic review. Arthritis Care Res 63 : 405-426, 2011
16) 鯉江祐介ほか : 歩行のためのエクササイズ. 臨スポーツ医 31 (臨時増刊) : 226-230, 2014
P.64 掲載の参考文献
5) Magee DJ : 頸椎. 運動器リハビリテーションの機能評価 I, 原著第4版, エルゼビア・ジャパン, 東京, 121, 2006
8) 服部奨ほか : 頚椎症の臨床診断, 整形外科の立場から. 整形外科MOOK No. 6 頚椎症の臨床, 金原出版, 東京, 13-40, 1979
15) 河田光博ほか : 運動系- 姿勢制御, 眼球運動の中枢は脳幹にある. カラー図解 人体の正常構造と機能 VIII 神経系 (1), 日本医事新報社, 東京, 56-57, 2004
16) Revel M, et al : Cervicocephalic kinesthetic sensibility in patients with cervical pain. Arch Phys Med Rehabil 72 : 288-291, 1991
P.77 掲載の参考文献
1) Neumann DA : 筋骨格系のキネシオロジー, 第2版, 医歯薬出版, 東京, 341-418, 2012
2) Kendall P, et al : Muscles : testing & function, with posture and pain, 5th ed, Lippincott Williams & Wilkins, Baltimore, 64, 2005
4) 山口光圀ほか : 結果の出せる理学療法- 運動連鎖から全身をみる, メジカルビュー社, 東京, 76-176, 2009
5) 伊藤俊一ほか : 腰椎・腰部のバイオメカニクス的特性. 理学療法 28 : 680-687, 2011
6) 伊藤俊一ほか : 体幹筋力測定の実際. 日腰痛会誌 7 : 31-34, 2001
7) 遠藤達矢ほか : 脊柱後弯症を呈する高齢者を対象としたハンドヘルドダイナモメーターを用いた体幹伸展筋力測定法の信頼性. 東北理学療法学 26 : 172-176, 2014
8) Bogduk N ほか : 腰椎の機能解剖, 医学書院, 東京, 10-84, 1989
10) Richardson C, et al : Therapeutic Exercise for Lumbopelvic Stabilization : A Motor Control Approach for the Treatment and Prevention of Low Back Pain, 2nd ed, Churchill Livingstone, London, 158-221, 2004
11) 伊藤俊一ほか : 腰痛体操再考. 理学療法 19 : 1273-1278, 2002
13) Chou R, et al : Diagnosis and treatment of low back pain : a joint clinical practice guideline from the American College of Physicians and the American Pain Society. Ann Intern Med 147 : 478-491, 2007
18) 藤原淳ほか : Oswestry Disability Index-日本語版について-. 日腰痛会誌 15 : 11-16, 2009
19) 鈴鴨よしみ : Roland-Morris Disability Questionnaire (RDQ) によるアウトカム評価. 日腰痛会誌 15 : 17-22, 2009
20) Sinaki M, et al : Postmenopausal spinal osteoporosis : flexion versus extension exercises. Arch Phys Med Rehabil 65 : 593-596, 1984
21) 小川峻一ほか : 脊柱後弯姿勢に対する体幹伸展筋力強化トレーニングの検討. 北海道理療 32 : 68-73, 2015
P.87 掲載の参考文献
1) 日本義肢装具学会監 : 義肢学, 第3版, 医歯薬出版, 東京, 2016
2) Steinberg FU, et al : Prosthetic rehabilitation of geriatric amputee patients : a follow-up study. Arch Phys Med Rehabil 66 : 742-745, 1985
11) BRITISH ASSOCIATION OF CHARTERED PHYSIOTHERAPISTS IN AMPUTEE REHABILITATION : BACPAR TOOLBOX OF OUTCOME MEASURES Version 2. http://bacpar.csp.org.uk/publications/bacpar-outcome-measure-toolbox-version-2 (accessed 2015.12.11)
19) 道免和久編 : リハビリテーション評価データブック, 医学書院, 東京, 2010
20) 望月 久ほか監訳 : リハビリテーション評価ガイドブック- 帰結評価の考え方と進め方, ナップ, 東京, 2004, 60-62
28) 飛松好子ほか : 下肢切断者QOL尺度, PEQ (義足評価質問票) 日本版 (PEQJ) の信頼性と妥当性. 総合リハ 32 : 77-82, 2004
29) 岩谷力ほか編 : 障害と活動の測定・評価ハンドブック-機能からQOLまで, 南江堂, 東京, 2005, 150-156
30) Prosthetics Research Study : Guide for the use of the prosthesis evaluation questionnaire. http://www.prs-reseach.org/Texts/PEQ_Evaluation_Guide.pdf (accessed 2015.12.11)
35) Department of Veterans Affairs : VA/DoD CLINICAL PRACTICE GUIDELINE FOR REHABILITATION OF LOWER LIMB AMPUTATION. http://www.healthquality.va.gov/guidelines/Rehab/amp/amp_v652.pdf (accessed 2015.12.11)
36) Seymour R, et al : Prosthetics and Orthotics : lower limb and spinal, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 2002
37) Geurts AC, et al : Dual-task assessment of reorganization of postural control in persons with lower limb amputation. Arch Phys Med Rehabil 72 : 1059-1064, 1991
P.103 掲載の参考文献
1) 奈良勲ほか編 : 理学療法から診る廃用症候群-基礎・予防・介入, 文光堂, 東京, 172-185, 2014
2) 加倉井周一ほか編 : 神経・筋疾患のマネージメント-難病患者のリハビリテーション, 医学書院, 東京, 195, 1997
3) 新田收ほか編 : 知りたかった! PT・OTのための発達障害ガイド, 金原出版, 東京, 216, 2012
4) 里宇明元 : デュシェンヌ型進行性筋ジストロフィー症における代償運動. 臨床リハ 8 : 536-544, 1999
5) 細田多穂監 : シンプル理学療法学シリーズ 小児理学療法学テキスト, 改訂第2版, 南江堂, 東京, 198, 2014
6) 田村拓久 : 二次性心筋疾患の心不全の管理- 病態にもとづいた診断法と治療法 筋ジストロフィー. 心臓 38 : 1010-1014, 2006
7) 新田收ほか編 : 小児・発達期の包括的アプローチ-PT・OTのための実践的リハビリテーション, 文光堂, 東京, 222-235, 2013
8) 齊藤利雄ほか : 国内筋ジストロフィー専門入院施設におけるDuchenne型筋ジストロフィーの病状と死因の経年変化 (1999年-2012年). 臨神経 54 : 783-790, 2014
9) 浅野賢ほか : ステージ分類の判定 (最終報告). 平成7年度厚生省神経疾患研究委託費筋ジストロフィーの療養と看護に関する臨床的. 社会学的研究成果報告書. 285-286, 1996
10) 大竹進監 : 筋ジストロフィーのリハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 105-111, 2002
11) 植田能茂ほか : DMD患者の寝返り動作について. 昭和62年度厚生省神経疾患研究委託費「筋ジストロフィー症の療養と看護に関する臨床的・心理学的研究」研究成果報告書, 340-343, 1988
12) 野々垣嘉男 : 進行性筋ジストロフィー症 (ドゥシャンヌ型) 2 寝返り (臥位) 動作と介助・1. 看護誌 41 : 629-632, 1977
13) 野々垣嘉男 : 進行性筋ジストロフィー症 (ドゥシャンヌ型) 10 移動動作と介助・3. 看護誌 42 : 205-208, 1978
14) 野々垣嘉男 : 進行性筋ジストロフィー症 (ドゥシャンヌ型) 6 立ち上がり動作と介助 (stage I-III). 看護誌 41 : 1065-1068, 1977
15) 野々垣嘉男 : 進行性筋ジストロフィー症 (ドゥシャンヌ型) 8 移動動作と介助・1. 看護誌 41 : 1218-1284, 1977
16) 日本神経学会, 日本小児神経学会, 国立精神・神経医療研究センター監 : デュシェンヌ型筋ジストロフィー診療ガイドライン 2014, 南江堂, 東京, 2014
17) CEBM : OCEBM Levels of Evidence. http://www.cebm.net/ocebm-levels-of-evidence/ (accessed 2015. 10. 21)
18) Fowler WM Jr, et al : Rehabilitation management of muscular dystrophy and related disorders : I. The role of exercise. Arch Phys Med Rehabil 63 : 319-321, 1982
20) 堂前裕二ほか : 長期入院療養 Duchenne型筋ジストロフィー患者の運動・日常生活機能に与える帰宅外泊の影響. J Clin Rehabil 5 : 696-700, 1996
21) 五十嵐勝郎ほか : DMDにおける訓練時の呼吸代謝 (その2). 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 筋ジストロフィーの療養と看護に関する臨床的, 社会的研究-平成6年度, 135, 1995
22) 山本洋史ほか : 歩行期のDuchenne型筋ジストロフィー患者への理学療法の効果 : 5年間の追跡研究. 理学療法学 36 : 127-134, 2009
28) 竹光正和ほか : Duchenne 型筋ジストロフィーにおける車椅子用電動補助ユニットの使用経験. リハ医 35 : 178-181, 1998
29) Mannlein J, et al : Wheelchair seating for children with Duchenne Muscular Dystrophy. J Pediatr Rehabil Med 1 : 225-235, 2008
31) Siegel IM : Spinal stabilization in Duchenne muscular dystrophy : rationale and method. Muscle Nerve 5 : 417-418, 1982
P.114 掲載の参考文献
1) 高草木薫 : 大脳基底核による運動の制御. 臨床神経学 49 : 325-334, 2009
6) 永井将太ほか : 脳卒中片麻痺患者の坐位バランス定量的分類と歩行能力の関係. 理学療法学 25 : 329-335, 1998
10) 丸岡弘ほか : 脳卒中片麻ひ患者の座位バランスの分析. 理療のための運動生理 5 : 197-202, 1990
13) 久保田京子ほか : 脳血管障害例の坐位平衡機能測定における下肢の支持の影響. 理学療法学 22 : 14-17, 1995
P.122 掲載の参考文献
1) Bobath B : 脳性麻痺の異常姿勢反射, 梶浦一郎ほか訳, 医歯薬出版, 東京, 1973
7) Brunnstrom S : 片麻痺の運動療法, 佐久間穣爾ほか訳, 医歯薬出版, 東京, 7-16, 2005
14) Shumway-Cook A, et al : Postural sway biofeedback : its effect on reestablishing stance stability in hemiplegic patients. Arch Phys Med Rehabil 69 : 395-400, 1988
22) Aruin AS, et al : Compelled weightbearing in persons with hemiparesis following stroke : the effect of a lift insert and goal-directed balance exercise. J Rehabil Res Dev 37 : 65-72, 2000
24) 川平和美 : 片麻痺回復のための運動療法- 促通反復療法「川平法」の理論と実際, 第2版, 医学書院, 東京, 2010
P.135 掲載の参考文献
7) 高草木薫 : 大脳基底核による運動の制御. 臨床神経学 49 : 325-334, 2009
27) Shumway-Cook A, et al : Motor control : theory and practical applications, 2nd ed, Lippincott Williams and Wilkins, Philadelphia, 2000
33) 日本神経学会監, 「パーキンソン病治療ガイドライン」作成委員会編 : パーキンソン病治療ガイドライン 2011, 医学書院, 東京, 2011
42) 鎌田理之 : 転倒と認知機能. パーキンソン病の理学療法, 医歯薬出版, 東京, 165-174, 2011
44) Ashburn A, et al : The circumstances of falls among people with Parkinson's disease and the use of Falls Diaries to facilitate reporting. Disabil Rehabil 30 : 1205-1212, 2008
P.147 掲載の参考文献
1) 平沢興ほか : 分担解剖学 第2巻, 第11版, 金原出版, 東京, 226-238, 1982
2) 望月久 : 小脳疾患. 神経障害系理学療法学, 医歯薬出版, 東京, 93-109, 2006
3) 南角学ほか : 運動失調の病態. 神経障害理学療法学 II, 中山書店, 東京, 61-70, 2012
4) 森岡周 : 運動失調とは. 中枢神経障害理学療法学テキスト, 南光堂, 東京, 297-308, 2010
5) 那杰ほか : 小脳の機能. Clin Neurosci 23 : 1361-1364, 2005
6) 森岡周 : 運動失調. 神経理学療法学, 医学書院, 東京, 110-123, 2013
7) 内山靖 : 小脳性運動失調症の運動療法. 運動療法学各論, 第2版, 医学書院, 東京, 154-169, 2006
8) 米田稔彦ほか : 運動失調症. 図解理学療法技術ガイド-理学療法臨床の場で必ず役立つ実践のすべて, 第3版, 文光堂, 東京, 756-762, 2007
9) 田崎義昭ほか : ベッドサイドの神経の診かた, 改訂17版, 南山堂, 東京, 143-158, 2010
10) 半田肇監訳 : 神経局在診断-その解剖, 生理, 臨床-, 第3版, 文光堂, 東京, 199-216, 1988
11) 桜井正樹 : 小脳症候とその理解. Brain Med 19 : 63-71, 2007
12) 望月久 : パーキンソン病・運動失調患者の四肢協調性-タッピング課題による検討-. 脳科とリハ 4 : 15-17, 2004
15) 望月久 : 協調性運動障害に対する運動療法. 運動療法学, 文光堂, 東京, 276-287, 2008
16) 藤沢宏幸 : バランス障害に対する運動療法. 運動療法学, 文光堂, 東京, 259-275, 2008
17) 吉尾雅春 : 協調運動. 運動療法学総論, 第3版, 医学書院, 東京, 254-262, 2010
P.161 掲載の参考文献
2) 太田清人 : 嚥下障害の理学療法のための検査・測定. 理学療法 21 : 308-312, 2004
3) 田上裕記ほか : 姿勢の変化が嚥下機能に及ぼす影響-頚部・体幹・下肢の姿勢設定における嚥下機能の変化-. 日摂食嚥下リハ会誌 12 : 207-213, 2008
4) 石井美和子 : 体幹の機能障害-体幹の機能障害がもたらす姿勢・運動への影響-. 理学療法 23 : 1394-1400, 2006
5) 日本摂食嚥下リハビリテーション学会医療検討委員会 : 訓練法のまとめ (2014版). 日摂食嚥下リハ会誌 18 : 55-89, 2014
7) 福岡達之ほか : 呼気抵抗負荷トレーニングによる舌骨上筋群の筋力強化に関する検討. 日摂食嚥下リハ会誌 15 : 174-182, 2011
9) 岩田義弘ほか : 高齢者に対する頚部等尺性収縮手技 (chin push-pull maneuver) による嚥下訓練-自己実施訓練の効果-. 耳鼻 56 : S195-S201, 2010
10) 杉浦淳子ほか : 頭頚部腫瘍術後の喉頭挙上不良を伴う嚥下障害例に対する徒手的頚部筋力増強訓練の効果. 日摂食嚥下リハ会誌 12 : 69-74, 2008
11) 藤島一郎 : 知っておきたい嚥下訓練-頭部挙上訓練. 嚥下医学 1 : 322-324, 2012
13) 秋吉史博ほか : 呼気筋強化が呼吸筋力に及ぼす影響. 理学療法学 28 (2) : 47-52, 2001
14) 日本嚥下障害臨床研究会編 : 嚥下障害の臨床-リハビリテーションの考え方と臨床-, 第2版, 医歯薬出版, 東京, 125-126, 2008
P.171 掲載の参考文献
1) 日本めまい平衡医学会編 : 「イラスト」めまいの検査, 改訂第2版, 診断と治療社, 東京, 2009
2) 浅井正嗣 : 一側末梢前庭障害の日常生活への影響. めまい診療のコツと落とし穴, 中山書店, 東京, 180-181, 2005
3) 時田喬ほか : 重心動揺検査法. JOHNS 11 : 809-816, 1995
4) 山本昌彦 : 重心動揺. Equilibrium Res 68 : 162-168, 2009
5) 浅井正嗣ほか : 一側前庭機能障害の重心動揺検査-左右方向の特徴の再検討-. 耳鼻咽喉科臨床 134 (補冊) : 18-27, 2012
7) Brandt T, 國弘幸伸ほか監訳 : めまい患者の管理. めまい, 改訂第2版, 診断と治療社, 東京, 45-60, 2003
16) 時田喬ほか : 「平衡訓練の基準」掲載にあたって/平衡訓練の基準. Equilibrium Res 49 : 159-169, 1990
17) 徳増厚二 : めまい・平衡障害のリハビリテーション. Equilibrium Res 51 : 443-448, 1992
18) 日本めまい平衡医学会診断基準化委員会 : 良性発作性頭位めまい症診療ガイドライン (医師用). Equilibrium Res 68 : 218-225, 2009
19) 浅井正嗣 : 前庭機能異常後遺症のカクテル療法. ENTONI (120) : 101-106, 2010
P.182 掲載の参考文献
2) Skjarven LH : Basic Body Awareness Therapy. Exercises, verbal guidance, observation and assessment of Quality of Movement. A first introduction, Bergen University College, Bergen, 9-11, 2002
6) 公衆衛生審議会 : 生活習慣に着目した疾病対策の基本的方向性について (意見具申), 1996
7) 正田純一ほか : 肥満・生活習慣病と肝胆道疾患, 運動療法による予防と治療. 体力科学 63 : 158, 2014
8) 鈴木隆雄 : 生活習慣病の予防と運動. 理療ジャーナル 47 : 281-287, 2013
16) World Confederation for Physical Therapy : What is physical therapy, http://www.wcpt.org/what-isphysical-therapy
19) 浅井智久 : 自己主体感における自己行為の予測と結果の関係-行為主判別に対する学習課題を用いた検討. パーソナリティ研 16 : 56-65, 2007
20) 細美直彦ほか : 統合失調症 (精神分裂病) 患者における空間認知と生活行動特性との関連. 精神医 45 : 637-644, 2003
23) 范永輝ほか : 健康法としての太極拳における身体軸制御方略の研究- 弓歩と独立歩における熟練者と初心者の比較. 四国大学紀要 A39 : 27-38, 2013
24) Desjarlais R : World Mental Health. Problems and Priorities in Low-income Countries, Oxford University Press, Oxford, 8-13, 1995
P.194 掲載の参考文献
1) 上杉雅之監 : イラストでわかる小児理学療法, 医歯薬出版, 東京, 91-93, 2013
2) 河村光俊 : PTマニュアル 小児の理学療法, 医歯薬出版, 東京, 91-93, 2002
3) 井上保ほか編 : 理学療法MOOK 15 子どもの理学療法-脳性麻痺の早期アプローチから地域理学療法まで, 三輪書店, 東京, 2008
4) 穐山富太郎ほか編 : 脳性麻痺ハンドブック- 療育にたずさわる人のために, 第2版, 医歯薬出版, 東京, 91-96, 2015
5) 小神博ほか : 脳性麻痺児の動作分析の実際. 理学療法 19 : 934-938, 2002
6) 中村隆一ほか : 臨床運動学, 第3版, 医歯薬出版, 東京, 464-465, 2002
7) 大畑光司 : 脳性麻痺に関する臨床研究の成果と今後の課題. 理学療法 27 : 852-858, 2010
9) 藪中良彦 : 中枢性疾患の理学療法におけるリラクセーションの活用. 理学療法 28 : 1006-1014, 2011
11) 上杉雅之監 : イラストでわかる小児理学療法, 医歯薬出版, 東京, 56, 2013
12) 斉藤秀之ほか編 : 臨床思考を踏まえる理学療法プラクティス 筋緊張に挑む- 筋緊張を深く理解し, 治療技術をアップする!, 文光堂, 東京, 2015
13) Anne Shumway-Cook ほか : モーターコントロール-研究室から臨床実践へ, 原著第4版, 医歯薬出版, 東京, 254-255, 2013
17) 大畑光司 : 子供の筋骨格系の評価. 理学療法 30 : 1093-1098, 2013
18) 日本リハビリテーション医学会監 : 脳性麻痺リハビリテーションガイドライン, 第2版, 金原出版, 東京, 2014
19) Munoz Lasa S, et al : Animal-assisted interventions in internal and rehabilitation medicine : a review of the recent literature. Panminerva Med 53 : 129-136, 2011
23) 松波智郁ほか : 極低出生体重児に対するポジショニングの影響. 理療ジャーナル 31 : 444-447, 1997
28) 高橋俊章ほか : 小児神経疾患におけるポジショニング. 理学療法 29 : 264-275, 2012
29) 日本リハビリテーション工学協会 SIG 姿勢保持編 : 小児から高齢者までの姿勢保持-工学的視点を臨床に活かす, 第2版, 医学書院, 東京, 2012
P.206 掲載の参考文献
1) 上杉雅之監 : イラストでわかる小児理学療法, 医歯薬出版, 東京, 41-75, 2013
2) 辻清張 : 痙直型両麻痺児の理学療法評価と治療アプローチ. 子どもの理学療法-脳性麻痺の早期アプローチから地域理学療法まで-, 三輪書店, 東京, 48-60, 2008
3) 河村光俊 : PTマニュアル-小児の理学療法-, 医歯薬出版, 東京, 93-107, 143-146, 2002
4) 小神博ほか : 脳性麻痺児の動作分析の実際. 理学療法 19 : 934-938, 2002
5) Shumway-Cook A, et al : Motor control : translating research into clinical practice, 3rd ed, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 233-256, 2006
9) 大畑光司ほか : リーチ課題の反復による姿勢制御の変化. 理学療法学 30 : 1-7, 2003
11) 森悦子ほか : 痙直型両麻痺者における自動的姿勢応答の調節能. 臨バイオメカニクス 34 : 245-252, 2013
12) 朝貝芳美 : 脳性麻痺の訓練治療のあり方-ガイドライン委員会の報告を踏まえて-脳性まひ訓練のEBM と現状. Jpn J Rehabil Med 45 : 571-575, 2008
13) 岡川敏郎 : 脳性麻痺の訓練治療のあり方- ガイドライン委員会の報告を踏まえて-ガイドライン委員会からの報告・提言. Jpn J Rehabil Med 45 : 575-581, 2008
14) 河村光俊ほか : シリーズ「小児リハビリテーション」連載第1回小児リハビリテーションの現状と課題. 理学療法学 39 : 435-439, 2012
P.216 掲載の参考文献
1) 河村光俊 : PTマニュアル 小児の理学療法, 医歯薬出版, 東京, 2002
2) 理学療法診療ガイドライン部会編 : 理学療法診療ガイドライン, 第1版, 社団法人日本理学療法士協会, 2011
3) 北原佶 : 脳性麻痺の不随意運動. 総合リハ 25 : 221-228, 1997
4) 社団法人日本リハビリテーション医学会監, 日本リハビリテーション医学会診療ガイドライン委員会脳性麻痺リハビリテーションガイドライン策定委員会編 : 脳性麻痺リハビリテーションガイドライン, 医学書院, 東京, 2009
5) 田中繁ほか監訳 : モーターコントロール 研究室の理論から臨床実践へ, 原著第4版, 医歯薬出版, 東京, 2013
6) 高松鶴吉 : 療育と教育の接点を考える. リハ研 55 : 18-22, 1987
7) 上杉雅之ほか監訳 : 脳性麻痺のクリニカルリーズニングアプローチ, 医歯薬出版, 東京, 2011
8) 上杉雅之監訳 : 脳性まひ児の家庭療育, 原著第4版, 医歯薬出版, 東京, 2014
9) 上杉雅之監 : イラストでわかる小児理学療法, 医歯薬出版, 東京, 2013
10) 細田多穂監 : 小児理学療法学テキスト, 改定第2版, 南江堂, 東京, 2014
11) 高田昌彦 : 大脳基底核-分子基盤から臨床まで 概論. Brain Nerve 61 : 338-339, 2009
12) 藤山文乃 : 大脳基底核の構造-細胞構築と神経回路. Brain Nerve 61 : 341-349, 2009
13) 宮地重弘 : 大脳皮質-大脳基底回路の構造-平行ループ回路と収束・発散回路. Brain Nerve 61 : 351-359, 2009
14) 南部篤 : 直接路・間接路・ハイパー直接路の機能. Brain Nerve 61 : 360-372, 2009
15) 平井孝明 : 脳性麻痺児に対する理学療法のコツ- 筋緊張緩和のコツ. 理療ジャーナル 46 : 356-358, 2012
P.226 掲載の参考文献
1) 日本呼吸器学会COPDガイドライン第4版作成委員会編 : COPD (慢性閉塞性肺疾患) 診断と治療のためのガイドライン, 第4版, メディカルレビュー社, 大阪, 2013
4) Wilson DO, et al : Nutrition and chronic lung disease. Am Rev Respir Dis 132 : 1347-1365, 1985
21) Orr R : Contribution of muscle weakness to postural instability in the elderly. A systematic review. Eur J Phys Rehabil Med 46 : 183-220, 2010
25) 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会呼吸リハビリテーション委員会ワーキンググループほか : 呼吸リハビリテーションマニュアル-運動療法-, 第2版. 照林社, 東京, 2012
P.233 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会 : 急性心不全治療ガイドライン (2011年改訂版). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_izumi_h.pdf
2) 日本循環器学会 : 慢性心不全治療ガイドライン (2010年改訂版). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_matsuzaki_h.pdf
21) Alosco ML, et al : Reduced Gray Matter Volume Is Associated With Poorer Instrumental Activities of Daily Living Performance in Heart Failure. J Cardiovasc Nurs 2014 Nov 21 [Epub ahead of print]
33) Yamashita F, et al : Chair rising exercise is more effective than one-leg standing exercise in improving dynamic body balance : a randomized controlled trial. J Musculoskelet Neuronal Interact 12 : 74-79, 2012
34) 日本循環器学会 : 心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン (2012年改訂版). http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2012_nohara_h.pdf (2015年8月閲覧)

III章 アスリートの姿勢制御

P.248 掲載の参考文献
1) 公益財団法人日本体育協会. http://www.japan-sports.or.jp/test/tabid/567/Default.aspx
2) 山口香監 : 柔道-伝統的武道の心と技を学ぼう!, ベースボールマガジン社, 東京, 10-28, 2009
3) 伊藤四男 : 柔道教書, 精文館書店, 東京, 27-28, 1967
4) 内田良 : 柔道事故. 河出書房新社, 東京, 31-43, 2013
6) 財団法人全日本柔道連盟 : 怪我や事故が起きたときの対応. 柔道の安全指導, 第3版, 財団法人全日本柔道連盟, 東京, 33-48, 2011
7) 生塩之敬ほか編 : 頭部外傷. ニュースタンダード脳神経外科学, 第3版, 三輪書店, 東京, 307-308, 2013
8) 松永大吾ほか : 柔道技「体落とし」のフォームが不適切で, 膝の靱帯損傷をきたしたと考えられる柔道選手の3例. 臨スポーツ医 31 : 793-798, 2014
9) 佐々木英嗣ほか : 中学柔道選手の筋タイトネスの特徴. 日臨スポーツ医会誌 21 : 632-638, 2013
10) Panjabi MM : The stabilizing system of the spine. Part I. Function, dysfunction, adaptation, and enhancement. J Spinal Disord 5 : 383-389, 1992
11) 石井孝法 : 一流柔道競技者の背負投における体さばき. Strength & conditioning journal 20 : 18-20, 2013
16) 中村千秋編 : ファンクショナルトレーニング- 機能向上と障害予防のためのパフォーマンストレーニング, 文光堂, 東京, 2010
18) 重森裕ほか : 学生柔道における重症頭頚部外傷の特徴と予防対策の検討. 神経外傷 35 : 106-111, 2012
P.259 掲載の参考文献
1) 板倉尚子ほか : バレーボール. スポーツ理学療法学-競技動作と治療アプローチ, メジカルビュー社, 東京, 104-119, 2014
2) 長見豊ほか : スパイクジャンプの踏切時における荷重移動が制動動作に及ぼす影響について. 日臨バイオメカ会誌 25 : 413-417, 2004
3) 板倉尚子 : 競技特性に応じたコンディショニング-バレーボール. 臨スポーツ医 28 : 412-417, 2011
5) 佐藤謙次ほか : バレーボール選手の体力特性. 理学療法 22 : 286-292, 2005
6) 古川裕之ほか : スポーツの違いによる傷害発生部位の特徴-スポーツクリニックによる外来調査-. 神戸学院総合リハ研 4 : 31-39, 2009
7) 岡崎壮之 : 中高生のバレーボールにおける上肢障害. J Clin Rehabil 15 : 458-461, 2006
8) 宗廣鉄平ほか : 膝蓋腱炎-発症メカニズムとその予防・再発予防. 臨スポーツ医 25 : 246-251, 2008
9) Sharma P, et al : Biology of tendon injury : healing, modeling and remodeling. J Musculoskelet Neuronal Interact 6 : 181-190, 2006
10) 西野衆文ほか : バレーボール. J Clin Rehabil 21 : 380-387, 2012
15) 岡崎壮之 : バレーボールとスポーツ障害・外傷. 治療 88 : 1698-1702, 2006
16) 猪飼道夫 : 運動生理学入門, 第12版, 杏林書院, 東京, 144, 1969
18) 宮下智 : 動きの質を高めるスリー・ステップ・コンディショニング- 最高のパフォーマンスを引き出すために, 三輪書店, 東京, 96-144, 2014
20) 川野哲英 : ファンクショナルエクササイズ-安全で効果的な運動・動作づくりの入門書, ブックハウス・エイチディ, 2004
21) Wilk KE : Restoration of functional motor patterns and functional testing in the throwing athlete. Proprioception and neuromuscular control in joint stability, Human Kinetics, Champaign, 415-438, 2000
23) 大築立志 : スポーツにおける巧みさと脳の働き. 臨スポーツ医 25 : 12-18, 2008
P.274 掲載の参考文献
1) 高村隆ほか : 投球障害に対する医療施設でのリハビリテーションとリコンディショニングの実際. 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング-リスクマネジメントに基づいたアプローチ-, 文光堂, 東京, 156-186, 2010
2) 高村隆ほか : 野球. スポーツ理学療法学-競技動作と治療アプローチ, メジカルビュー社, 東京, 160-181, 2014
4) 宮下浩二ほか : 投球動作の肩最大外旋角度に対する肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節および胸椎の貢献度. 体力科學 58 : 379-386, 2009
7) 橘内基純ほか : 投球動作における肩甲骨周囲筋群の筋活動特性. スポーツ科学研究 8 : 166-175, 2011
13) 古旗了伍ほか : 投球動作時における下肢筋の筋活動- 筋電図解析-. 臨バイオメカニクス 32 : 509-514, 2011
14) 松岡俊哉ほか : 投球動作の分析-高校野球選手の投球分析-. 臨スポーツ医 8 : 1410-1414, 1991
15) 松岡俊哉ほか : 投球動作におけるcocking phaseからacceleration phaseへの以降期について. 臨スポーツ医 11 : 601-606, 1994
16) 鈴木智ほか : 投球障害肩・肘に対する機能改善アプローチ. 臨スポーツ医 30 : 847-857, 2013
17) 菅谷啓之ほか : 医学的診断・治療に有用なコンディショニング関連情報-上肢-. 臨スポーツ医 28 (臨時増刊) : 21-27, 2011
21) 筒井廣明ほか : 腱板機能不全の分析. 肩関節 18 : 88-94, 1994
23) 岩堀裕介ほか : リトルリーガーズショルダー. 整形外科 58 : 881-892, 2007
24) 飯田博巳ほか : 肩関節のリハビリテーション-投球障害肩-. MB Med Reha (96) : 1-11, 2008
25) 橋口宏ほか : スポーツによる上腕骨近位骨端線離開の治療成績. 肩関節 27 : 395-398, 2003
26) 宮下浩二 : 投球障害に対する競技現場でのリハビリテーションとリコンディショニングの実際. 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング-リスクマネジメントに基づいたアプローチ-, 文光堂, 東京, 187-202, 2010
27) 岩堀裕介 : 成長期における上肢スポーツ障害の特徴と治療. 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング-リスクマネジメントに基づいたアプローチ-, 文光堂, 東京, 91-117, 2010
P.289 掲載の参考文献
1) Bangsbo J : The physiology of soccer-with special reference to intense intermittent exercise. Acta Physiol Scand Suppl 619 : 1-155, 1994
2) Donald TK : Physiology of Soccer. Exercise and Sport Science, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 875-884, 2000
3) Ellicott BC, et al : Development of the punt kick : a cinematographical analysis. J Hum Mov Stud 6 : 142-150, 1980
4) Lohnes JH, et al : Soccer. Sports injuries : mechanisms, prevention, treatment, 2nd ed, Williams & Wilkins, Baltimore, 603-624, 1994
5) Asai T, et al : Biomechanical analysis of instep kick in soccer (Abstract). Proceedings of Japanese Physical Education, 139, 1980
6) Isokawa M, et al : A biomechanical analysis of the instep kick motion in soccer. Science and football, E & FN Spon, New York, 449-455, 1988
8) Plagenhoff S : Patterns of human motion : a cinematographic analysis. Eaglewood Cliffs, Prentice-Hall, New Jersey, 1971
10) Hay JG : The biomechanics of sports techniques, 4th ed, Beujamin Cummings, San Francisco, 1993
11) Dos Anjos LA, et al : Ground reaction forces during soccer kicks performed by skilled and unskilled subjects (Abstract). Rev Bras Cienias Esporto 8 : 129-133, 1986
12) Rodano R, et al : Three-dimensional analysis of instep kick in professional soccer players. Science and football II. E & FN Spon, New York, 357-361, 1993
13) Barfield WR : Effects of selected kinematic and kinetic variables on instep kicking with dominant and nondominant limbs. J Hum Mov Stud 29 : 251-272, 1995
14) Robertson DGE, et al : Work and power of the leg muscles in soccer kicking. Biomechanics IX-B, Human Kinetics, Champaign, 533-538, 1985
18) Asami T, et al : Analysis of powerful ball kicking. Biomechanics VIII-B, Human Kinetics, Champaign, 695-700, 1983
20) Agel J, et al : Descriptive epidemiology of collegiate men's soccer injuries : National Collegiate Athletic Association Injury Surveillance System, 1988-1989 through 2002-2003. J Athl Train 42 : 270-277, 2007
22) 関純ほか : 外傷傷害の発生頻度- トップレベル (J). 選手と指導者のためのサッカー医学, 金原出版, 東京, 109-119, 2005
27) Askling C, et al : Hamstring injury occurrence in elite soccer players after preseason strength training with eccentric overload. Scand J Med Sci Sports 13 : 244-250, 2003
32) 瀧口耕平ほか : 高校男子サッカーにおける足関節捻挫の受傷状況と受傷動作の特徴. J Athlet Rehabil 11 : 21-25, 2014
33) 松田直樹ほか : サッカー. スポーツ理学療法学-競技動作と治療アプローチ, メジカルビュー社, 東京, 140-158, 2014
34) Janda V : Muscles as a pathogenic factor in back pain. In : Proceedings of I.F.O.M.T. conference, New Zealand, 1980
35) Janda V, et al : Muscles and motor control in low back pain : assessment and management. Physical therapy of the low back. Churchill Livingstone, New York, 253-278, 1987
P.306 掲載の参考文献
1) Hay JG : Chapter 15. The biomechanics of sports techniques, 4th ed, Benjamin Cummings, San Francisco, 1993
7) Elliott BC, et al : A biomechanical evaluation of the role of fatigue in middle-distance running. Can J Appl Sports Sci 5 : 203-207, 1980
15) Ballas MT, et al : Common overuse running injuries : diagnosis and management. Am Fam Physician 55 : 2473-2484, 1997
16) Bennell KL, et al : Musculoskeletal injuries in track and field : incidence, distribution and risk factors. Aust J Sci Med Sport 28 : 69-75, 1996
24) Giladi M, et al : The low arch, a protective factor in stress fractures : a prospective study of 295 military recruits. Orthop Rev 14 : 709-712, 1985
28) Kendall FP, et al : Muscles : testing and function, 4th ed, Williams and Wilkins, Baltimore, 1993
30) Janda V : Muscles as a pathogenic factor in back pain. In : Proceedings. I.F.O.M.T. Conference, New Zealand, 1980
31) Jull GA, et al : Muscles and motor control in low back pain : assessment and management. Physical therapy of the low back, 2nd ed, Churchill Livingstone, London, 253-278, 1987

IV章 生涯期の姿勢制御

P.316 掲載の参考文献
1) Iannirubertu A, et al : Ultrasonographic study of fetal morements. Semin perinatol 5 : 175-181, 1981
2) 河村光俊 : PTマニュアル-小児の理学療法, 奈良勲監, 医歯薬出版, 東京, 2002
P.327 掲載の参考文献
1) 中村隆一ほか : 基礎運動学, 第6版補訂, 医歯薬出版, 東京, 348-349, 448-455, 2003
2) 奈良勲ほか監 : 標準理学療法学・作業療法学専門基礎分野-人間発達学, 医学書院, 東京, 23-46, 2010
3) 河村光俊 : PTマニュアル-小児の理学療法, 医歯薬出版, 東京, 40-41, 2002
4) 田中繁ほか監訳 : モーターコントロール-運動制御の理論から臨床実践へ, 原著第3版, 医歯薬出版, 東京, 183-208, 2009
5) 北城圭一 : 乳幼児の立位姿勢制御. バイオメカニズム会誌 26 : 11-15, 2002
7) 山本暁生ほか : 姿勢制御と発育・発達. バイオメカニクス研 18 : 23-30, 2014
10) 原田碩三 : 幼児の土踏まずと運動能力. 保健の科学 24 : 654-659, 1982
11) 新宅幸憲 : 幼児期の立位姿勢における静的平衡性について-重心動揺・運動発達・足底面の関連性. 彦根論叢 391 : 18-49, 2012
12) 岩見文博ほか : 幼児における重心動揺量に関する基礎的検討. 杏林医会誌 40 : 16-23, 2009
13) 崎田正博ほか : 児童の性差と年齢における静的立位足圧中心動揺変数の発達的変化. ヘルスプロモーション理療研 1 : 39-50, 2012
P.335 掲載の参考文献
3) 中村隆一ほか : 基礎運動学, 第6版, 医歯薬出版, 東京, 347-377, 2012
4) Shumway-Cook A ほか, 田中繁ほか監訳 : モーターコントロール-研究室から臨床実践へ, 原著第4版, 医歯薬出版, 東京, 163-198, 2013
5) 上住聡芳ほか : 老化や疾患における骨格筋の萎縮と治療への応用. 基礎老化研 34 : 5-11, 2010
12) 羽崎完 : 高齢者の姿勢アライメント障害に対する運動介入. 運動療法学各論- 高齢者の機能障害に対する運動療法, 文光堂, 東京, 123-140, 2010
13) 政二慶 : 立位姿勢の制御機構. 姿勢の脳・神経科学-その基礎から臨床まで, 市村出版, 東京, 51-69, 2011
16) 長谷公隆 : 立位姿勢の制御. リハ医 43 : 542-553, 2006
18) Belen'kii VE, et al : Control elements of voluntary movements. Biofizika 12 : 135-141, 1967
P.350 掲載の参考文献
1) 熊倉功夫 : 文化としてのマナー, 岩波書店, 東京, 1999
2) 梅原清子 : 「暮らしの手帳」にみる高度経済成長期の住生活. 和歌山大学教育学部紀 53 : 113-124, 2001
3) 岡 浩一朗ほか : 座位行動の科学-行動疫学の枠組みの応用-. 日健教誌 21 : 142-153, 2013
4) Bauman AE, et al : The descriptive epidemiology of sitting. A 20-country comparison using the international physical activity questionnaire (IPAQ). Am J Prev Med 41 : 228-235, 2011
6) Shumway-Cook A, et al : Assessing the influence of sensory interaction on balance. Suggestion from the field. Phys Ther 66 : 1548-1550, 1986
7) 長谷川真紀子 : ヒト腸腰筋 (大腰筋, 腸骨筋) の筋線維構成について. 昭和医会誌 47 : 833-842, 1987
8) Kapandji IA : カパンディ関節の生理学 III 体幹・脊柱, 荻島秀男監訳, 医歯薬出版, 東京, 94-103, 1997
9) 平井敏幸ほか : 「二重課題法」による各動作の精神的負荷に関する研究. 日体大紀 22 : 25-30, 1992
10) 中村隆一ほか : 基礎運動学, 第3版, 医歯薬出版, 東京, 301-302, 2002
11) 真辺春蔵ほか : 人間工学概論, 朝倉書店, 東京, 174-180, 1986
12) Neuman DA, : 筋骨格系のキネシオロジー, 嶋田智明ほか監訳, 医歯薬出版, 東京, 309-327, 2005
13) Klein-Vogelbach S, et al : クラインフォーゲルバッハのリハビリテーション-機能的運動療法, 野澤絵奈訳, 丸善出版, 東京, 4-23, 2012
14) 石川岳 : コンピュータ動作解析装置を用いたゴルフスイング動作解析. 昭和医会誌 60 : 104-119, 2000
15) 平井陽子ほか : バランスボールトレーニングが平衡機能に与える影響. 臨スポーツ医 21 : 677-683, 2004
16) 今井覚志ほか : 研究と報告 座位リーチ動作の運動学的解析- 片麻痺患者と健常者の比較. 総合リハ 30 : 161-166, 2002
17) 渡邊裕文ほか : 座位での側方への体重移動における腹斜筋群の筋活動の特徴. 理療科 29 : 561-564, 2014
19) 塩谷真美ほか : 食事動作を考える-食事を楽しむために, 考える作業療法- 活動能力障害に対して. 文光堂, 東京, 97-98, 2008
20) 広野弘美 : 能力に応じた更衣活動の提案-早期からできることをみつけよう!, 考える作業療法-活動能力障害に対して. 文光堂, 東京, 81-96, 2008
21) 大森圭貢ほか : 靴下着脱および足の爪切り遂行能力と股関節可動域の関連-保存的治療中の変形性股関節症患者における検討-. 高知リハ学院紀 13 : 1-7, 2012
22) 西村誠次ほか : 座位足組み姿勢のバランス-垂直荷重力の中心位置と中心移動面積による検討, 金沢大保健紀 20 : 9-13, 1996
23) 柴田克之ほか : 人間工学的視点からみた作業療法環境の評価. 作療ジャーナル 36 : 333-338, 2002
24) Tilley AR, et al : Seating. The measure of man and woman : human factors in design, John Wiley & Sons, New York, 44-50, 2002
P.364 掲載の参考文献
1) 日本神経学会用語委員会編 : 凡例 V. 神経学用語集, 改訂第3版, 文光堂, 東京, 19, 2008
2) 田崎京二ほか編 : 序論. 新生理科学体系 9 感覚の生理学, 医学書院, 東京, 19, 1989
3) Zimmerman M : The Somato visceral Sensory System. Human Physiology, 2nd ed, Springer-Verlag, Berlin, 1989
5) 藤原勝夫ほか : 立位姿勢の安定性と下肢筋の相対的筋負担度との関係. 筑波大体育紀 8 : 165-171, 1985
8) 淺井仁ほか : 後傾に伴う踵圧中心の大きな変化の知覚. Health Behav Sci 2 : 19-25, 2003
P.371 掲載の参考文献
3) Cruz-Jentoft AJ, et al : Sarcopenia : European consensus on definition and diagnosis : Report of the European Working Group on Sarcopenia in Older People. Age Ageing 39 : 412-423, 2010
22) Porter R, et al : Corticospinal function and voluntary movement, Oxford : Clarendon Press, New York, 1993
P.381 掲載の参考文献
2) 渡辺伸一ほか : 症例報告 姿勢アライメントへの介入により, 嚥下障害の改善が認められた関節リウマチ症例. 愛知理療会誌 25 : 24-29, 2013
3) 西田和正 : 座位能力が改善したことによって食事動作が向上した症例. 理療臨研教 21 : 69-72, 2014
6) Sinaki M, et al : Effect of gender, age, and anthropometry on axial and appendicular muscle strength. Am J Phys Med Rehabil 80 : 330-338, 2001
8) Philippot R, et al : Pelvic balance in sagittal and Lewinnek reference planes in the standing, supine and sitting positions. Orthop Traumatol Surg Res 95 : 70-76, 2009
9) 中村利孝 : 高齢者の脊椎変形と骨粗鬆症. 日職災医誌 51 : 172-176, 2003
10) Kado DM, et al : Vertebral fractures and mortality in older women : a prospective study. Study of Osteoporotic Fractures Research Group. Arch Intern Med 159 : 1215-1220, 1999
11) Lee ES, et al : The effect of age on sagittal plane profile of the lumbar spine according to standing, spine, and various sitting positions. J Orthop Surg Res 9 : 11, 2014
12) 宮川成門ほか : 骨盤および腰部角度調整椅子の開発. 平成23年度岐阜県生活技術研究所研究報告 14 : 40-43, 2011
13) Kuo YL, et al : Video analysis of sagittal spinal posture in healthy young and older adults. J Manipulative Physiol Ther 32 : 210-215, 2009
14) Fotoohabadi MR, et al : Kinematics of rising from a chair : image-based analysis of the sagittal hip-spine movement pattern in elderly people who are healthy. Phys Ther 90 : 561-571, 2010
15) Tully EA, et al : Sagital spine and lower limb movement during sit-to-stand in healthy young subjects. Gait Posture 22 : 338-345, 2005
16) Sihvonen T : Flexion relaxation of the hamstring muscles during lumbar-pelvic rhythm. Arch Phys Med Rehabil 78 : 486-490, 1997
17) Nelson JM, et al : Relative lumbar and pelvic motion during loaded spinal flexion/extension. Spine 20 : 199-204, 1995

V章 生物の進化と姿勢制御

P.394 掲載の参考文献
3) Kuhn A : Die reflektorische Erhaltung des Gleichgewichtes bei Krebsen. Verh Dtsch Zool Ges 24 : 262-277, 1914
5) Panning A : Die Statocyste von Astacus fluviatilis (Potamobius astacus Leach) und ihre Beziehungen zu dem sie umgebenden Gewebe. Z Wiss Zool 123 : 305-358, 1924
P.412 掲載の参考文献
1) Liem K, et al : Functional Anatomy of the Vertebrates : An Evolutionary Perspective, 3rd ed, Cengage Leaming, Stanford, 2001
2) Brodal P : The central nervous system : structure and function, 3rd ed, Oxford University Press, New York, 2004
3) 伊藤文雄 : 筋感覚-骨格筋からのメッセージ, 名古屋大学出版会, 愛知, 1994
4) Gray J : Animal Locomotion, William Clowes & Sons, London, 1968
5) Clack AJ : Gaining Ground : the origin and evolution of tetrapods, Indiana University Press, Bloomington, 2002
6) Gambaryan PP : How Mammals Run : Anatomical Adaptations, John Wiley & Sons, Hoboken, 1974
7) Biewener AA : Animal Locomotion, Oxford University Press, New York, 2003
13) 森茂美 : 運動の構え : 姿勢と運動と平衡. Jpn J Sports Sci 13 : 767-775, 1994
15) Hildebrand M : Analysis of Vertebrate Structure, John Wiley & Sons, Hoboken, 1974
16) Muybridge E : Muybridge's Complete human and animal locomotion, Dover Publications, New York, 1979
17) Stanford C : Upright : The evolutionary keys to becoming human, Houghton Mifflin company, Boston, 2003
18) Romer AS, et al : The vertebrate body, 5th, W.B. Sauders Company, Philadelphia, 1977
19) 森茂美 : 立って歩く動作と脳のはたらき. 総研大ジャーナル 2 : 26-31, 2002
P.419 掲載の参考文献
1) 岡健司ほか : レッドコードサイエンスと霊長類のぶら下がり. レッドコード・サイエンス 2 : 4-11, 2014
4) Swindler DR, et al : An Atlas of Primate Gross Anatomy : Baboon, Chimpanzee, and Man. University of Washington Press, Seatle, 1973
5) 熊倉博雄 : 樹上運動様式と固有背筋形態. 霊長類研究 12 : 89-112, 1996
7) Donisch E : A comparative study of the back muscles of gibbon and man, Gibbon and Siamang, vol.2, Karger Publishers, Basel, 96-120, 1973
8) Waters RL, et al : Electrical activity of the trunk during walking. J Anat 111 : 191-199, 1972
9) 熊倉博雄 : 体幹運動の機能形態学. 生産と技術 65 : 87-90, 2013

最近チェックした商品履歴

Loading...