コンディショニング・ケアのための物理療法実践マニュアル

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-05-20
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784830645402
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,700 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,700 円(税込)

物理療法は,多くの効果が期待できる治療手技である.本書ではまず「実践編」において,物理療法が持つ本来の効果を最大限引き出し,心強い「武器」として使うために,効果のある物理療法別の治療テクニックを,実践に適したマニュアル形式で解説する.また,後半の「基礎編」では,物理療法を駆使するための必須基礎知識として,物理療法の作用機序,適応の詳細などを分かりやすく解説する.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • 巻頭カラー
  • 序論
  • 臨床現場で物理療法を活用するには…
  • A 物理療法は補助的手段 ?
  • B 物理療法を用いることができる病態
  • C 物理療法は武器になる
  • 実践編
  • [1] 急性外傷に対する物理療法
  • 1) 急性外傷後の対処法1 - RICE処置
  • A RICE処置を用いるのは ?
  • B RICE処置の実際
  • 2) 急性外傷後の対処法2 - 微弱電流刺激療法
  • A 微弱電流刺激療法を用いるのは ?
  • B 微弱電流刺激療法の実際
  • 3) 急性期を脱したら ? - 超音波療法
  • A 超音波療法を用いるのは?
  • B 超音波療法の実際
  • [2] 筋緊張亢進状態に対する物理療法
  • 1) 高電圧パルス電流刺激1 - 軽い筋収縮を用いるもの
  • A 高電圧パルス電流刺激で軽い筋収縮を用いるのは ?
  • B 軽い筋収縮を用いた高電圧パルス電流刺激の実際
  • 2) 高電圧パルス電流刺激2 - 強縮に近い筋収縮を用いるもの
  • A 高電圧パルス電流刺激で強縮に近い筋収縮を用いるのは ?
  • B 強縮に近い筋収縮を用いた高電圧パルス電流刺激の実際
  • 3) 超音波療法 - 回転法
  • A 超音波療法を用いるのは ?
  • B 超音波療法の実際
  • 4) 超音波 + 高電圧パルス電流刺激 - コンビネーション治療
  • A コンビネーション治療を用いるのは ?
  • B コンビネーション治療の実際
  • 5) クラスターレーザー
  • A クラスターレーザーを用いるのは ?
  • B クラスターレーザーの実際
  • [3] 関節拘縮, 癒着などに対する物理療法
  • 1) 温熱療法
  • A 温熱療法を用いるのは ?
  • B 温熱療法 ( 湿性ホットパック ) の実際
  • 2) 関節包の短縮・癒着 - 超音波療法
  • A 超音波療法を用いるのは ?
  • B 超音波療法の実際
  • 3) 術創部の癒着 - 超音波療法
  • A 超音波療法を用いるのは ?
  • B 超音波療法の実際
  • 4) 腱の滑りの悪さ - 超音波療法
  • A 超音波療法を用いるのは ?
  • B 超音波療法の実際
  • 5) 足底腱膜炎 - 超音波療法
  • A 超音波療法を用いるのは ?
  • B 超音波療法の実際
  • [4] 全身の疲労回復
  • 1) 交代浴
  • A 交代浴を用いるのは ?
  • B 交代浴の実際
  • 2) 極低温浴
  • A 極低温浴を用いるのは ?
  • B 極低温浴の実際
  • [5] 物理療法でこんなこともできる - 応用編
  • 1) 月経痛に対する物理療法
  • A 月経痛の分類
  • B 月経痛をどう治療するか
  • C 月経痛に対する物理療法
  • D 経皮的神経電気刺激の実際
  • 2) 筋・筋膜性疼痛に対する物理療法 - 超音波療法 ( 固定法 )
  • A 超音波療法 ( 固定法 ) を用いるのは ?
  • B 超音波療法 ( 固定法 ) の実際
  • 3) 急性腰痛に対する物理療法 - 神経筋電気刺激 + 運動療法
  • A 神経筋電気刺激 + 運動療法を用いるのは ?
  • B 神経筋電気刺激 + 運動療法の実際
  • 基礎編
  • [1] 温熱療法
  • A 温熱療法とは
  • B 熱移動方式
  • C 温熱が生体に及ぼす影響
  • D 禁忌と注意事項
  • [2] 寒冷療法
  • A 寒冷療法とは
  • B 寒冷療法が生体に及ぼす影響
  • C 急性損傷 ( 炎症期 ) の適応の根拠
  • D 禁忌と注意事項
  • [3] 超音波療法
  • A 超音波療法とは
  • B 超音波の特性
  • C 一般的な超音波療法の使用方法
  • D 生理的作用
  • E 禁忌と注意事項
  • [4] 電気刺激療法 : 総論
  • A 電気刺激療法とは
  • B 電気刺激療法の基礎
  • C 電気刺激療法が生体に及ぼす影響
  • D 電気刺激療法の種類
  • E 禁忌と注意事項
  • [5] 疼痛に対する電気刺激療法 : TENS・IFC
  • A TENSとは
  • B 疼痛とは
  • C 電気刺激による疼痛軽減作用機序
  • D IFC
  • [6] 筋機能改善のための電気刺激療法 : NMES・HVPC
  • A NMESとは
  • B 電気刺激による筋力増強
  • C HVPC
  • D ロシアンカレント
  • [7] 治療促進のための電気刺激療法 : MES
  • A MESとは
  • B MESの作用機序
  • C MESの実際
  • [8] 光線療法
  • A 光線療法とは
  • B 光線の特性
  • C 光線療法の種類
  • D 光線療法が生体に及ぼす影響
  • E 禁忌と注意事項
  • [9] 交代浴
  • A 交代浴とは
  • B 生理的機序と生体に与える影響
  • C 交代浴の実際
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...