更年期の不安とうつ

出版社: フジメディカル出版
著者:
発行日: 2003-01-10
分野: 臨床医学:外科  >  産婦人科学
ISBN: 4939048209
電子書籍版: 2003-01-10 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,240 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,620 円(税込)

商品紹介

産婦人科医と精神科医が共同で企画しました。本書が更年期医療に携わる人々やメンタルヘルスに興味を持つ人々の座右の書となり、更年期における不安や抑うつの理解と適切な治療の普及に貢献できれば望外の喜びである。更年期女性の「不安」と「うつ」の合併が増加しつつある現在、本書が産婦人科医、プライマリケア医、精神科医および関連分野で活躍される方々により理解を深めていただく一助になれば幸いである。

目次

  • 表紙
  • 巻頭言
  • 序文
  • 執筆者一覧
  • 目次
  • 総論 1. 更年期の概論
  • 2. うつ病と不安障害
  • 3. 更年期における内分泌的背景
  • 4. 不安とうつのメカニズム
  • (1) 生物学的観点からみた不安とうつのメカニスム
  • (2) 心理社会的観点からみた不安とうつのメカニズム
  • 各論 1. 更年期障害の不安とうつ病の共通点と相違点
  • 2. 不安とうつの症候と診断
  • 3. 婦人科から精神科へ -いつ、どのタイミンクで-
  • 4. 更年期障害の薬物治療
  • (1) ホルモン補充療法 (HRT)
  • (2) 漢方療法
  • 5. 不安とうつの治療法
  • (1) 更年期の不安と抑うつの薬物療法
  • (2) 精神療法
  • 6. 更年期障害の生活指導
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

総論 1. 更年期の概論

P.25 掲載の参考文献
1) 産科婦人科用語解説集 日本産婦人科学会編:26-27, 金原出版 東京 1988
3) McKinlay S. M:Climacteric syndrome, In Consensus on menopause researched by Van Keep P. A:Greenblatt and Alpeaux M:1-2MTP, Lancaster 1976
4) Von Prill H. J:Menopause und klimakterische Symptome. Munchener medizinische Wochenschrift. 106:2246-2251, 1964
5) Jaszman L:Wert der verschiedenen Parameter bei der Beulteilung der extra-genitallen Beschwerdenin Klimakterium, Geburtshilfe und Frauenheilkunde 32:519-524, 1972
6) 高松潔, 太田博明他. 当科中高年健康維持外来受診者の血圧に関する検討. 日更医誌 4:233-239, 1996
7) Kroger W, Freed S. C:The menopause:Psychosomatic Obstetrics and Gynecology. W. B. Sunders:370-380, Philadelphia 1951
8) 筒井末春. 本邦での更年期障害(閉経症候群) の考え方. 心身医学的にみた更年期の臨床-閉経期症候群-:49-52, 新興医学出版社 東京 1989
9) 筒井末春. 更年期婦人に見られやすい心身の障害(閉経期症候群) の分類. 心身医学的にみた更年期の臨床-閉経期症候群-:50, 新興医学出版社 東京 1989
10) 筒井末春. 不定愁訴の分類. 心身医学的にみた更年期の臨床-閉経期症候群-:18, 新興医学出版社 東京 1989
11) Utian W. H:The true clinical features of postmenopause and oophorectomy and their response to estrogen therapy, South African Medical Journal, 46:732-737 1972
13) Ballinger C. B:Psychiatric morbidity and the menopause:screening of general population sample. British Medical Journal. 3:344-346, 1976
16) World Health Organization:Research on the menopause, Report of a WHO Scientific Group. Technical Report Series. 670. WHO Geneve 1981
17) Wood C:Menopausal myths. Medical Journal of Australia. 1:496-499, 1979
P.36 掲載の参考文献
1) American Psychiatric Association:Diagnostic and Statistical Mannual of Mental Disorders (4th edition text revised):American Psychiatric Association. Washington, DC 1994 (高橋二郎, 大野裕, 染矢俊幸訳. DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル. 医学書院 1996)
2) 大野裕. 「うつ」を治す. PHP新書 (近刊)
P.45 掲載の参考文献
1) BarbaraKW, Carnes M:Menopause and the aging female reproductive system. Endocrinol Metab Clin 24:273-295, 1995
2) 倉知博久, 山口正明, 三宅 侃, 村田雄二. 閉経とホルモン. 産婦治療 76:653-658, 1998
3) 木下由之, 山本 宝. [閉経シリーズ] 閉経と卵巣の老化. 日産婦誌 52(10):345-348, 2000
5) 生殖・内分泌委員会報告 [日本人用更年期・老年期スコアの確立とHRT副作用 調査小委員会-日本人女性の更年期障害評価表の作成-(平成11年度~平成13年度検討結果報告) 委員長:本庄英雄, 小委員長:大濱紘三]. 日産婦誌 53:883-888, 2001
6) 杉野正一. ホルモン補充療法(HRT) と性差 副腎性男性ホルモン. 性差医学 4:83-87, 1998
8) 大澤仲昭. 成人病の性差に関する諸問題. 性差医学 4:8-22, 1998
P.52 掲載の参考文献
23) Fludder JM, Tonge SR:Proceedings:Variations in the concentrations of monamines and their metabolites in eight regions of rat brain during the oestrous cycle:a basis for interactions between hormones and psychotropic drugs. J Pharm Pharmacol. 27 Suppl-2:39P, 1975
28) Kendall DA, Stancel GM, Enna SJ:The influence of sex hormones on antidepressant-induced alterations in neurotransmitter receptor binding. JNeurosci. 2 (3):354-60, 1982
30) Nibuya M, Nestler EJ, Duman RS:Chronic antidepressant administrationincreases the expression of cAMP response element binding protein (CREB) in rat hippocampus. J Neurosci. 1; 16 (7):2365-72, 1996
31) Mamounas LA, Blue ME, Siuciak JA. et al:Brain-derived neurotrophic factor promotes the survival and sprouting of serotonergic axons in rat brain. J Neurosci. 15 (12):7929-39, 1995
36) Coope J:Is oestrogen therapy effective in the treatment of menopausaldepression?JRColl Gen Pract. 31(224):134-40, 1981
37) Thomson J:Double blind study on the effect of estrogen on sleep, anxiety and depression in perimenopausal women:preliminary results. Proc R Soc Med. 69(11):829-30, 1976
39) Ditkoff EC, Crary WG, Cristo M. et al:Estrogen improves psychological function in asymptomatic postmenopausal women. Obstet Gynecol. 78 (6):991-5, 1991
43) Palinkas LA, Barrett-Connor E:Estrogen use and depressive symptoms in postmenopausal women. Obstet Gynecol. 80 (1):30-6, 1992
P.66 掲載の参考文献
1) Utian W H:the true clinical feature of postmenopause and oophorectomized females. South African Medical Journal. 46:1079-1082, 1972
2) Paykel E S:Depression in women. British Journal of Psychiatry. 158:(supplement 10) 22-29, 1991
8) Uhlenbuth E H, Paykel E S:Symptoms intensity and life events. 28:473-477, 1973
14) Goldberg D:A dimentional model for common mental disorders. British Journal of Psychiatry. 168(supplement 30):44-49, 1996
16) Brown GW, Harris TO, Eales MJ:Social factors and comorbidity of depression and anxiety disorders. British Journal of Psychiatry. 168 (supplement 30):50-57, 1996
17) Homes T H, Lahe R H:The social readjustment rating scale. Journal of Psychosomatic Research. 11:213-218, 1967
21) Biflco A, Brown Gw, Adler Z:Early sexual abuse and clinical depressionin adult life. British Journal of Psychiatry. 159:115-122, 1991

各論 1. 更年期障害の不安とうつ病の共通点と相違点

P.78 掲載の参考文献
1) Kornstein SG:The evaluation and management of depression in women across the life span. J Clin Psychiatry. 62(S24):11-17, 2001
2) Sagsoz N. et al:Anxiety and depression before and after menopause. Arch Gynecol Obstet. 264(4):199-202, 2001
7) Ushiroyama T et al:Does the estrogen receptor gene polymorphism relate to undefined menopausal symptoms? Res Comm Mol Pathol Pharmacol. 109:3-14, 2001
8) Klerman GL. et al:Interpersonal Psychotherapy of Depression. Basic Books. New York 1984(水島広子, 嶋田誠, 大野裕. うつ病の対人関係療法. 岩崎学術出版社 1997)
10) Nijs P:Counseling of the climacteric woman. Diagnostic difficulties and therapeutic possibilities:Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 81(2):273-6, 1998
11) Khan SA. et al:Climacteric symptoms in healthy middle-aged women. Br J Clin Pract. 48:240-242, 1994
17) American Psychiatric Association:Diagnostic and Statistical Mannual of Mental Disorders (4th edition revised). American Psychiatric Association, Washington, DC 1994(高橋三郎, 大野裕, 染矢俊幸訳. 精神疾患の分類と統計の手引 第4版 DSM-IV. 医学書院 1996)
18) 後山尚久. 更年期・老年期女性の身体機能の特性とその障害:精神. 心理. 新女性医学大系:37-36, 中山書店 2001
19) 赤松達也他. 更年期障害と更年期精神疾患. 精神科治療学 10(11):1265-1272, 1995
20) The expert consensus guideline series:Treatment of depression in women 2001. Postgrad Med. 2001
P.92 掲載の参考文献
1) 田代信雄, 越野好文(責任編集). 臨床精神医学講座5巻 神経症性障害. 中山書店 東京 1997
2) 高橋 徹編. パニック・ディスオーダー. 精神医学 3. 1992
3) 坂野雄二. 人はなぜ人を恐れるか. 不安・抑うつ臨床研究会編. 日本評論社 東京 2002
4) APA(高橋三郎, 大野 裕, 染矢俊幸訳). DSM-IV 精神疾患の分類と診断の手引き. 医学書院 東京 1995
5) WHO(融道男, 中根允文, 小見山実監訳). ICD-10 選択的および行動の障害- 臨床記述と診断 ガイドライン. 医学書院 東京 1993
6) APA(武市昌士, 佐藤 武訳). DSM-IV(プライマリ・ケアのための精神疾患の診断・統計マニュアル. 医学書院 東京 1998
7) 広瀬徹也, 樋口輝彦(責任編集). 臨床精神医学講座4巻 気分障害. 中山書店 東京 1998
8) Sheehan DV, Lecrubier Y(大坪天平, 宮岡等, 上島国利訳). M.I.N.I. 診断基準. 精神疾患簡易構造化面接法. 星和書店 2000
P.103 掲載の参考文献
1) 玉田太朗. 更年期-定義と範囲. 産婦人科の世界 39:851-855, 1987
2) Yonkers K, Steiner M:Depression in Women (2nd edition):56-67, Martin Dunitz. London 1999
3) 後山尚久, 杉本修. 更年期不定愁訴症候群. 日本臨床 52:217-221, 1993
4) Goldberg D, Huxley P:Common Mental Disorders. 1992(中根允文訳. 一般診療科における不安と抑うつ. 創造出版 東京 2000)
5) Nakane Y, Michitsuji S:Results from Nagasaki center. Mental Illness in General Health Care. Ustun TB, Sartorius N.:pp193-209, John Wiley & Sons. Chichester 1995
6) Sagsoz N, Oguzturk O, Bayram M, Kamaci M:Anxiety and depression before and after the menopause. Arch Gynecol Obstet. 264:199-202, 2001
7) World Health Organization:A WHO Educational Package:Mental Disorders in Primary Care. WHO. Geneva 1998 (長崎大学医学部精神神経科学教室社会精神医学研究班訳. プライマリ・ケアにおける精神障害. ライフサイエンス出版 東京 2000)
8) 坂本薫, 福永貴子. 臨床疾患の臨床評価. 気分障害. 臨床精神医学 増刊号:118-127, 1999
9) 中根秀之, 中根允文. 精神症状の評価法. 臨床精神医学講座 別巻1. 精神科データブック:138-172, 中山書店 東京 2001
11) 福田一彦, 小林重雄. 自己記入式抑うつ性尺度の研究. 精神神経誌 75:673-679, 1973
12) 水沼英樹. 更年期障害 症状とその診断・検査の進め方. 新女性医学大系21 更年期・老年期医学:19-36, 中山書店 東京 2001
13) 室岡守, 早川達郎他. 婦人科と精神科の連携による更年期障害の臨床的研究. 精神科治療学 14:877-881, 1999
14) 高橋祥友. 自殺の危険の臨床的評価. Psychiatry Today. 19:2-4, 1997
15) 中根允文, 吉武和康, 園田裕香. ICD-10 プライマリーケアにおける精神疾患の診断と診療指針. ライフサイエンス出版 東京 1998
P.118 掲載の参考文献
1) 太田博明, 牧田和也, 高松 潔, 堀口 文, 野澤志朗. 症状のとらえ方. 産婦人科外来シリーズ3-更年期外来(矢内原巧, 麻生武志編):16-23, メジカルビュー社 東京 1996
2) Hagen C, Christiansen MS, Christiansen C, Stocklund KE, Transbφl I:Effects of two years' estrogen-gestagen replacement on climacteric symptoms and gonadotropins in the early postmenopausal period. Acta Obstetrica et Gynecologia Scandinavia. 61:237-241, 1982
4) 高松 潔, 太田博明, 牧田和也, 堀口 文, 野澤志朗. 更年期女性の心理特性からみたカウンセリングの工夫. 日更年医誌 9:151-157, 2001
5) 岡本祐子. 中年期の自我同一性に関する研究. 教育心理学研究 33:295-306, 1985
7) 厚生省・長寿科学総合研究「高齢女性の健康増進のためのホルモン補充療法に関する総合的研究」班:ホルモン補充療法治療指針2001年版. 大内尉義編 高齢女性の健康増進のためのホルモン補充療法ガイドライン. メディカルレビュー社 15-85, 東京 2001
11) 高松 潔, 太田博明. 更年期医療における漢方療法の位置づけ. 産婦人科の実際 50:797-804, 2001
13) 高松 潔. 更年期障害の各症状に対する治療法の選択. 日更年医誌 7:165-170, 1999
14) Lauritzen C:HRT prescribing guidelines. dream or reality? Int J Gynaecol Obstet. 52:S3-S9, 1996
15) 高松 潔, 太田博明. 乳癌, 子宮体癌, 卵巣癌以外の悪性腫瘍に対するHRTのリスク. 日更年医誌 10:87-96, 2002
16) 苛原 稔:HRT の適応と禁忌. 臨床医のための女性ホルモン補充療法マニュアル第2版(青野敏博編):150-158, 医学書院 東京 1999
17) Easterbrook CC:Organo-therapeutics in mental diseases. BMJ 2:813-823, 1900
18) Van Keep:The menopause. Part B. Psychosomatic aspects of the men opause. In:Dennerstein L, Burrouws G, eds Handbook of Psychosomatic Obstetrics and Gynecology.:483-490, Elsevier-North Holland, New York 1983
20) Soares CN, Almeida OP, Joffe H, Cohen LS:Efficacy of estradiol for the treatment of depressive disorders in perimenopausal women:a double-blind, randomized, placebo-controlled trial. Arch Gen Psychiatry. 155:529-534, 2001
21) 矢野 哲, 武谷雄二. ホルモン補充療法の臨床的作用 1)更年期障害. 高齢女性の健康増進のためのホルモン補充療法ガイドライン(大内尉義編):113-115, メディカルレビュー社 東京 2001
22) 日本産科婦人科学会生殖・内分泌委員会. 本邦におけるHRTの現状と副作用発現検討小委員会報告. 日産婦誌 52:N-194-198, 2000
23) Writing Group for the Women's Health Initiative Investigators:Risks and benefits of estrogen plus progestin in healthy postmenopausal women. Principal results from the Women's Health Initiative randomized controlled trial. JAMA. 288:321-333, 2002
24) 高松 潔, 太田博明. ホルモン補充療法の実際 適応と禁忌. Pharma Medica. 19:57-66, 2001
P.125 掲載の参考文献
1) 日本医薬品集 2002(第25版)
2) 日経メディカル 25(7):106, 1996
3) 漢方治療のABC. 日本医師会編. 医学書院 東京 1992
P.137 掲載の参考文献
2) 渡辺昌祐. 抗不安薬の選び方と用い方(改訂第3版) 金原出版 東京 1997
3) 上島国利. 実地医家が知っておきたい抗うつ薬の知識と使い方(改訂2版)
4) Soares CN, Almeida OP, Joffe H. et al:Efficacy of estradiol for the treatment of depressive disorders in perimenopausal women, a double-blind, randomized, plecebo-controlled trial. Arch Gen Psychiatry. 58:529-534, 2001
9) Steiner M, Wheadon DE, Kreider MS. et al:Antidepressant response to paroxetine by gender. APA Annual Meeting Abstract RR. 462:176, 1993
11) Hamilton JA. et al:Sex, Gender and Hormones Psychopharmacology and women:Sex, Gender and Hormones (Jensvold MF et al ed) . APA. Washington DC 1996
12) Stahl SM(仙波純一・訳. 精神薬理エッセンシャルズ-神経科学的基礎と応用 メディカルサイエンスインターナショナル. 東京 1999)
13) 空岡守, 早川達郎, 富山三雄他. 婦人科と精神科の連携による更年期障害の臨床的研究-ホルモン補充療法の効果からの検討-. 精神科治療学 14:877-881, 1999
P.148 掲載の参考文献
1) American Psychiatric Association:Practice guideline for the treatment of patients with major depressive disorder (revision) . Am J Psychiatry. 157 (4, Supple), 2000
2) Klerman GL. et al:Interpersonal Psychotherapy of Depression. Basic Books. New York 1984 (水島広子他訳. うつ病の対人関係療法. 岩崎学術出版社 東京 1997)
3) Wilfley DE. et al:Interpersonal Psychotherapy for Group. Basic Books. New York 2000
P.156 掲載の参考文献
1) 牧田和也, 太田博明. 更年期障害はこんな症状である-その症候と診断-. 更年期女性のヘルスケア. 太田博明編:75-84, 医薬ジャーナル社 大阪 1994
2) 産科婦人科用語解説集. 日本産科婦人科学会編:39-40, 金原出版 東京 1997
3) 佐藤康弘, 吉田勝美. 更年期障害の疫学と予防. 産科と婦人科 66:123-130, 1998
4) 望月真人, 荒木勤, 岩崎寛和他. 教育・用語委員会報告(「本邦婦人の閉経年齢について」に関する委員会提案理由). 日産婦誌 47:449-451, 1998
6) 牧野田 知, 小葉松洋子, 藤本征一郎. 中高年女性の身体機能の特徴. 中高年女性の健康管理. 麻生武志, 水口弘司, 八神喜昭編:18-43, メディカルビュー社 東京 1994
7) 牧田和也, 太田博明. ホルモン補充療法の臨床的作用. 7) 皮膚障害. 高齢女性の健康増進のためのホルモン補充療法ガイドライン. 大内尉義編:155-162, メディカルレビュー社 東京 2001
9) 冬城高久, 太田博明, 牧田和也他. 更年期障害とHRT. 産婦治療 76:770-777, 1998
10) Deutsch H:The psychology of women:In The climacterium, 2. Grune & Staratton. NY 1945
11) 相良洋子, 中高年女性の精神・心理 中高年女性の健康管理. 麻生武志, 水口弘司, 八神喜昭編:44-55, メディカルビュー社 東京 1994
12) 牧田和也, 太田博明, 冬城高久他. 婦人科薬物療法. 更年期障害 産婦の実際. 48:1751-1757, 1999

最近チェックした商品履歴

Loading...