身体機能・歩行動作からみたフットケア

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-05-20
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784830645396
電子書籍版: 2016-05-20 (第1版第2刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

3,850 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,850 円(税込)

商品紹介

下肢切断に至る前段階のケアとして,”フットケア”の重要性が認知され,臨床現場では外科/内科的な医学的処置および看護対応が行われている.一方,糖尿病足病変の発症に影響を及ぼす足部にかかるメカニカルストレスは,関節機能や筋機能,歩行動態などのバイオメカニクス的な問題により引き起こされる.本書では,バイオメカニクス的な視点からの新しいフットケアの基礎と実際について,理学療法士以外の職種にも理解できるよう豊富な図表を用い平易な表現で解説.

目次

  • 身体機能・歩行動作からみたフットケア

    ―目次―

    I 糖尿病足病変とフットケア
     1 下肢切断原因の変遷
     2 糖尿病足病変とは
     3 糖尿病足病変の発症にかかる要因
     4 糖尿病足病変のリスクアセスメント
     5 身体機能・歩行動作からみたフットケアの重要性

    II 歩行のメカニズム
     1 足関節・足部の解剖学と運動学
     2 正常歩行とは
     3 歩行時の足部への負担

    III 身体機能・歩行動作からみた糖尿病足病変
     1 足病変の発症(初発)と再発
     2 創傷治療期
     3 身体機能,生活機能の障害

    IV 身体機能・歩行動作からみた介入
     1 フットウェア選択の考え方と実際
     2 運動機能への介入
     3 歩行障害への介入

    V  リハビリテーション対象患者に対するフットケアの実際
     1 フットケアにおけるコメディカルの役割
     2 下肢慢性創傷
     3 その他の疾患

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I 糖尿病足病変とフットケア

P.21 掲載の参考文献
1) 磯崎弘司ほか : 切断原因と年齢, 義足作成期間の変化. 東京保健科学会誌 3 : 163-165, 2000
2) 林義孝ほか : 下肢切断者に関する疫学的研究. 日義肢装具会誌 15 : 163-170, 1999
3) 陳隆明 : 高齢下肢切断者のリハビリテーションの実際と近年の傾向について. リハ医 45 : 331-334, 2008
4) 日本フットケア学会 : http://www.jsfootcare.org/ja/ (2015年11月8日閲覧)
5) 日本下肢救済・足病学会 : http://www.jlspm.com/ (2015年11月8日閲覧)
6) 日本メドトロニック : http://www.medtronic.com/ (2015年11月8日閲覧)
7) Act Against Amputation : http://www.dm-net.co.jp/footcare/aaa/ (2015年11月8日閲覧)
8) 厚生労働省 : 平成25年国民健康・栄養調査の結果. http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000067890.html (2015年11月8日閲覧)
9) 総務省統計局 : 高齢者の人口. http://www.stat.go.jp/data/topics/topi721.htm (2015年11月8日閲覧)
10) 日本糖尿病学会 (編) : 科学的根拠に基づいた糖尿病診療ガイドライン 2013, 南江堂, 東京, 2013
13) 寺師浩人ほか : 糖尿病性足潰瘍の病態別分類-神戸分類の提唱. 医学のあゆみ 240 : 881-887, 2012
14) 野村卓生 : 糖尿病患者の運動障害に対する臨床研究と理学療法介入. 理学療法学 40 : 696-702, 2013
15) 日本臨床内科医会調査研究グループ : 糖尿病神経障害に関する調査研究 糖尿病神経障害. 日臨内科医会誌 16 : 353-381, 2001
16) 佐藤譲ほか : 糖尿病神経障害の発症頻度と臨床診断におけるアキレス腱反射の意義 : 東北地方15000人の実態調査. 糖尿病 50 : 799-806, 2007
19) 野村卓生ほか : 2型糖尿病患者における片脚立位バランスと膝伸展筋力の関係. 糖尿病 49 : 227-231, 2006
20) 野村卓生ほか : 2型糖尿病患者の下肢筋力と下肢筋肉量に関する調査 多発神経障害合併の有無別および健常者との比較. 糖尿病 56 : S281, 2013
22) 島田裕之 (編) : サルコペニアと運動 エビデンスと実践, 医歯薬出版, 東京, 2014
23) 日本糖尿病学会 (編・著) : 糖尿病治療ガイド 2014-2015, 文光堂, 東京, 2014
24) 日本血管外科学会 : 末梢動脈疾患とは. http://www.jsvs.org/common/masyo/index.html (2015年11月8日閲覧)
26) 湯口聡ほか : PADの血行再建術前後における最大歩行距離と下肢血行動態および身体機能との関連. 心臓リハ 19 : 57-60, 2014
30) 野村卓生 : 糖尿病治療における理学療法 戦略と実践, 文光堂, 東京, 2015
31) 河辺信秀ほか : 2型糖尿病患者における関節可動域制限が足底圧異常に与える影響. プラクティス 22 : 569-574, 2005
32) 河辺信秀ほか : 健常者における足関節背屈制限が歩行時足底圧へ与える影響 糖尿病足病変の危険因子に関する検討. 糖尿病 51 : 879-886, 2008
33) 糖尿病足病変に関する国際ワーキンググループ (編) : インターナショナル・コンセンサス糖尿病足病変, 医歯薬出版, 東京, 2000
34) 糖尿病性神経障害を考える会 : 糖尿病性多発神経障害の診断基準と病期分類. 末梢神経 23 : 109-111, 2012
35) 豊田隆謙 (監) : 診療に役立つ糖尿病神経障害の新知識, 東京医学社, 東京, 2008
36) 浦澤一史 : 糖尿病足病変と末梢動脈疾患. 糖尿病診療マスター 13 : 31-34, 2015
37) 野村卓生ほか : 末梢動脈疾患に対する保存的治療と理学療法. 理学療法 31 : 990-997, 2014
39) 奈良勲ほか (編) : 理学療法 検査・測定ガイド, 第2版, 文光堂, 東京, 2009
40) 新城孝道 : 糖尿病フットケアガイド 診断・治療・ケアの指針, 医歯薬出版, 東京, 2004
41) 日本フットケア学会 (編) : フットケア 基礎的知識から専門的技術まで, 第2版, 医学書院, 東京, 2012
42) 日本フットケア学会 (編) : はじめようフットケア, 第3版, 日本看護協会出版会, 東京, 2013
43) 日本フットケア協会 : ピクチャーブック 爪のケア・手足のケア技術, 看護の科学社, 東京, 2009
47) International Diabetes Federation : IDF diabetes atlas, 7th ed. http://www.diabetesatlas.org/ (2015年11月8日閲覧)
48) 岡島康友 (編) : わかりやすいリハビリテーション, 中山書店, 東京, 2013
49) 豊永敏宏ほか : 下肢切断のクリニカルパス. 総合リハ 33 : 223-229, 2005
50) 厚生労働省 : 平成23年 (2011) 患者調査の概況. http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/11/index.html (2015年11月8日閲覧)
51) 日本脳卒中学会 : 脳梗塞・TIA. http://www.jsts.gr.jp/guideline/046_047.pdf (2015年11月8日閲覧)
52) 上月正博 : 脳卒中とリハビリテーション. J Clin Rehabil 18 : 970-979, 2009
54) 日本透析医学会 : わが国の慢性透析療法の現況. http://docs.jsdt.or.jp/overview/ (2015年11月8日閲覧)
55) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 透析医誌 44 : 337-425, 2011
56) 上月正博 (編) : 腎臓リハビリテーション, 医歯薬出版, 東京, 2012
57) 厚生労働省 : 身体障害児・者等実態調査. http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/108-1.html (2015年11月8日閲覧)
58) 山崎裕司ほか (編) : 内部障害理学療法学テキスト, 改訂第2版, 南江堂, 東京, 2012

II 歩行のメカニズム

P.41 掲載の参考文献
1) 入谷誠 : 足の機能解剖. 入谷式足底版-基礎編-, 運動と医学の出版社, 神奈川, 16-17, 2011
2) 日本リハビリテーション医学会 : 関節可動域表示ならびに測定法 (平成7年4月改定). リハ医 32 : 207-217, 1995
4) 中村隆一ほか : 下肢帯と下肢の運動. 基礎運動学, 医歯薬出版, 東京, 250-261, 2013
5) 石井直方 (監) : カラー図解 筋肉のしくみ, 西東社, 東京, 105-119, 2009
6) 入谷誠 : 足部・足関節の運動障害, 階段昇降. 病態運動学, 星文彦ほか (編), 医学書院, 東京, 267-274, 2014
7) 福井勉 : 下肢の運動. 運動学, 伊東元ほか (編), 医学書院, 東京, 121-154, 2012
8) 日高正巳ほか : リンク機構からみた膝関節・足関節の構造と機能. 膝・足関節障害, 嶋田智明ほか (編), 文光堂, 東京, 2-14, 2010
9) 山口貴嗣 : 足の解剖生理学. はじめようフットケア, 第2版, 日本フットケア学会 (編), 日本看護協会出版会, 東京, 30-35, 2009
10) 甲田宗嗣 : 歩行と歩行関連動作, 階段昇降. 病態運動学, 星 文彦ほか (編), 医学書院, 東京, 170-179, 2014
12) 入谷誠 : 歩行の概要. 入谷式足底版-基礎編-, 運動と医学の出版社, 神奈川, 78, 2011

III 身体機能・歩行動作からみた糖尿病足病変

P.74 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会 (編) : 糖尿病足病変. 科学的根拠に基づいた糖尿病診療ガイドライン 2013, 南江堂, 東京, 129-140, 2013
2) Perry J et al : ペリー歩行分析-正常歩行と異常歩行-, 原著第2版, 医歯薬出版, 東京, 2-30, 2012
3) 糖尿病足病変に関する国際ワーキンググループ : インターナショナル・コンセンサス糖尿病足病変, 医歯薬出版, 東京, 10-87, 2000
10) 佐々木陽平ほか : 裸足歩行時に糖尿病患者の足底に作用する力学的負荷量の検討-内外側成分・前後成分に着目して-. 日本下肢救済・足病学会誌 6 : 66-70, 2014
11) Tortora GJ et al : トートラ人体解剖生理学, 原書7版, 丸善, 東京, 101-109, 2009
12) 金森晃ほか : 糖尿病性神経障害患者における足底胼胝部圧測定と過剰圧軽減の試み. 糖尿病 42 : 201-207, 1999
19) 河辺信秀ほか : 2型糖尿病患者における関節可動域制限が足底圧異常に与える影響. プラクティス 22 : 569-574, 2005
20) Carine HM et al : Foot pressures, peripheral neuropathy, and joint mobility in Asian and Europid patients with diabetes. FRCP Wounds 23 : 216-227, 2011
24) 河辺信秀ほか : 健常者における足関節背屈制限が歩行時足底圧へ与える影響-糖尿病足病変の危険因子に関する検討-. 糖尿病 51 : 879-886, 2008
25) 河辺信秀ほか : 糖尿病足病変における関節可動域制限およびclaw toeが歩行時足底圧へおよぼす影響. 日本下肢救済・足病学会誌 7 : 59-64, 2015
34) 辻依子ほか : 重症下肢虚血患者における下肢切断レベルによる歩行機能への影響. 日形会誌 30 : 670-677, 2010
41) 中村隆一ほか : 歩行と走行. 基礎運動学, 第6版, 医歯薬出版, 東京, 361-395, 2003
43) Zhu HS et al : Foot pressure distribution during walking and shuffling. Arch Phys Med Rehabil 72 : 390-397, 1991
48) 林久恵ほか. 治療用サンダルの靴底形状加工が歩行時の第1中足骨頭領域にかかる剪断力に及ぼす影響について. 日本下肢救済・足病学会誌 7 : 9, 2015
49) 日本足の外科学会 : https://www.jssf.jp/pdf/term_proposal.pdf (2015年12月2日閲覧)
50) 日本理学療法士協会 : http://www.japanpt.or.jp/upload/jspt/obj/files/publiccomment/3_rom_20140612.pdf (2015年12月2日閲覧)
52) Armstrong DG et al : Peak foot pressures influence the healing time of diabetic foot ulcers treated with total contact casts. J Rehabil Res Dev 35 : 1-5, 1998
54) Orr L et al : Off loading of diabetic foot ulcers : the role of the physiotherapist as part of a multidisciplinary team. Diabetic Foot Canada 3 : 18-22, 2015
61) 野村卓生ほか : 2型糖尿病患者の下肢筋力と下肢筋肉量に関する調査 多発神経障害合併の有無別および健常者との比較. 糖尿病 56 : S281, 2013

IV 身体機能・歩行動作からみた介入

P.90 掲載の参考文献
1) 桜井寿美 : 靴の身体への影響とフットウェア. はじめよう! フットケア, 第3版, 日本フットケア学会 (編), 日本看護協会出版, 東京, 192-198, 2013
5) 河辺信秀ほか : 健常者における足関節背屈制限が歩行時足底圧へ与える影響-糖尿病足病変の危険因子に関する検討-. 糖尿病 51 : 879-886, 2008
8) 大塚未来子ほか : 小切断患者の歩行特性とリスクについて. 日本下肢救済・足病学会誌 6 : 167-171, 2014
15) 佐々木陽平ほか : 裸足歩行時に糖尿病患者の足底に作用する力学的負荷量の検討-内外側成分・前後成分に着目して-. 日本下肢救済・足病学会誌 6 : 66-70, 2014
21) 佐々木綾菜ほか : 下肢の小切断術後における同側下肢喪失の危険因子の検討. 日本下肢救済・足病学会誌 7 : 168-172, 2015
24) 松本健吾ほか : Total Contact Castを応用した術後早期リハビリの取り組み. 日本下肢救済・足病学会誌 6 : 56-65, 2014
27) 林久恵 : 足病変の病期に応じたリハビリテーション-装具の選択と理学療法実施上の注意点-. 日本下肢救済・足病学会誌 5 : 163-170, 2013
P.106 掲載の参考文献
61) American College of Sports Medicine : American College of Sports Medicine position stand : exercise and physical activity for older adults. Med Sci Sports Exerc 41 : 1510-1530, 2009
P.127 掲載の参考文献
1) 土屋和雄ほか : 第2巻 身体適応 歩行運動の神経機構とシステムモデル, 第1版, オーム社, 東京, 26, 2010
2) 中村隆一ほか : 基礎運動学, 第6版, 医師薬出版, 東京, 361, 2007
5) Yavuzer G et al : Gait deviations of patients with diabetes mellitus : looking beyond peripheral neuropathy. Eura Medicophys 42 : 127-133, 2006
7) 宮崎憲一郎ほか : 平地歩行時にかかる衝撃の下肢荷重関節部での緩衝について. 日本臨床バイオメカにクス学会誌 16 : 447-450, 1995
15) Francia P et al : Diabetic foot prevention : the role of exercise therapy in the treatment of limited joint mobility, mujscle weakness and reduced gait speed. Italian J Anatomy and Embryology 1 : 21-32, 2015
16) 辻野綾乃ほか : 足指圧迫力と前方リーチ動作時の足圧中心位置の関係. 理学療法科学 22 : 245-248, 2007
19) Brach JS et al : Physical Therapy, 2008

V リハビリテーション対象患者に対するフットケアの実際

P.133 掲載の参考文献
1) 日本下肢救済・足病学会 : 本学会の目的と事業. http://www.jlspm.com/tokucho.html (2015年11月20日閲覧)
2) 河辺信秀 : 糖尿病足病変の臨床研究と理学療法介入. 理学療法学 40 : 688-695, 2013
3) 日本理学療法士協会 : 理学療法診療ガイドライン, 第1版 (2011), 日本理学療法士協会, 2011
4) 日本糖尿病療養指導士認定機構 (編) : 糖尿病療養指導ガイドブック 2015, メディカルレビュー社, 東京, 2015
5) 日本透析医学会 : わが国の慢性透析療法の現況. http://docs.jsdt.or.jp/overview/ (2015年11月20日閲覧)
6) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 透析会誌 44 : 337-425, 2011
7) 徳弘昭博 : 切断の疫学-身体障害者手帳診断書に基づく調査から見た切断の発生と対応-. 総合リハ 21 : 749-753, 1993
8) 日本糖尿病学会 (編) : 科学的根拠に基づいた糖尿病診療ガイドライン 2013, 南江堂, 東京, 2013
P.154 掲載の参考文献
2) 林久恵ほか : 虚血肢に対する高濃度人工炭酸泉足浴時の経皮的酸素分圧の変化に関する研究. 脈管学 46 : 411-416, 2006
3) 林久恵ほか : 疾患別リハビリテーションとフットケア 末梢動脈疾患. はじめよう! フットケア, 第3版, 西田壽代 (監), 日本看護出版協会, 東京, 220-224, 2013
5) 近藤恵理子ほか : 足部潰瘍に対する除圧サンダル作製後1年間の経過調査および潰瘍治癒症例と未治癒症例のサンダル作製時の特徴比較. 日フットケア会誌 11 : 160-164, 2013
P.163 掲載の参考文献
2) 河辺信秀 : 糖尿病足病変に対する理学療法. 糖尿病の理学療法, 清野裕ほか (編), メジカルビュー社, 東京, 146-165, 2015
3) 森沢知之ほか. 末梢動脈疾患患者に対するレジスタンストレーニング. 理学療法 32 : 511-518, 2015
4) 大平雅美ほか : 糖尿病 理学療法診療ガイドライン. 理学療法診療ガイドライン, 第1版, ガイドライン特別委員会理学療法診療ガイドライン部会, 日本理学療法士協会, 731-856, 2011
5) 辻依子ほか : 下肢潰瘍における基礎病態の管理 糖尿病足病変の発生機序 神経障害・末梢血管障害・感染防御能の低下. 下肢救済のための創傷治療とケア, 大浦紀彦 (編), 照林社, 東京, 69-79, 2011
6) 河辺信秀 : 糖尿病神経障害に対する理学療法. 糖尿病の理学療法, 清野裕ほか (編), メジカルビュー社, 東京, 132-145, 2015
7) 石井慎一郎 : 多関節運動連鎖からみた変形性膝関節症の保存的治療戦略 理学療法士の立場から. 多関節運動連鎖からみた変形性関節症の保存療法-刷新的理学療法-, 井原秀俊ほか (編), 全日本病院出版会, 東京, 149-159, 2008
8) 小西聡宏ほか : 変形性膝関節症に対する的確・迅速な臨床推論のポイント. 理学療法 28 : 196-201, 2011
10) 日本糖尿病学会 (編) : 糖尿病足病変. 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2013, 南江堂, 東京, 129-140, 2013
P.176 掲載の参考文献
1) 松本健吾ほか : Total Contact Castを応用した術後早期リハビリの取り組み. 日本下肢救済・足病学会誌 6 : 56-65, 2014
2) 大塚未来子ほか : 小切断患者の歩行特性とリスクについて. 日本下肢救済・足病学会誌 6 : 167-171, 2014
P.190 掲載の参考文献
1) 下腿用クッションライナー. オットーボック・ジャパン, http://www.ottobock.co.jp/media/ottobock-japan/prosthetics/6y70-6y75/files/cat-6y70-6y75-jp.pdf (2015年12月1日閲覧)
2) 関根典子 : ナースステーションから 患者・家族・看護師も活用できる「糖尿病フットケアノート」の紹介. プラクティス 29 : 462-466, 2012
3) 木村浩彰ほか : 下肢血行障害に対する新しい包括的下腿切断方法 SMARTTM Program. 日本リハ医会誌 44 : 499, 2007
4) 佐鹿博信ほか : 下肢切断の断端管理法の適応. リハ医 22 : 87-93, 1985
5) 陳隆明ほか : 下腿切断者に対するシリコンライナーを用いた創治癒後断端マネジメントの経験 本法による病院間連携の提案. J Clin Rehabilitation 17 : 405-409, 2008
6) 畠中泰司ほか : 義足装着訓練. 理学療法ジャーナル 29 : 873-879, 1995
7) 長倉裕二 : 糖尿病による下肢切断のリハビリテーションとマネージメント 糖尿病切断の理学療法. Med Rehabilitation 133 : 27-32, 2011
8) 反重力トレッドミルAlterG. 日本シグマックス, http://www.alter-g.jp/about/ (2015年12月1日閲覧)
9) 福原幸樹ほか : 糖尿病性壊疽による下腿切断術後の義足リハビリテーションに反重力トレッドミルを使用した1症例. 理学療法の臨床と研究 24 : 57-59, 2015
10) 有賀玲子ほか : HbA1cと動脈の硬さの関連に関する研究 岩木健康増進プロジェクトでの横断研究と追跡研究. 体力・栄養・免疫学誌 24 : 35-43, 2014
12) 成田寛志ほか : 高齢者における血管原性下肢切断の検討. リハ医 40 : 17-21, 2003
13) 津下一代 : 糖尿病の運動療法 メディカルチェックとリスク管理. 臨スポーツ医 27 : 499-506, 2010
14) Bill R : Develops 10 Ways to Evade Amputation in the Diabetic Sufferer, Releford Foot and Ankle Institute, 2013
P.201 掲載の参考文献
1) 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2012年度合同研究班報告). 心房細動治療 (薬物) ガイドライン, 2013年改訂版, 2013
3) 坂口顕 (編) : 理学療法士のための足と靴のみかた, 文光堂, 東京, 73-80, 2013
4) 久保博ほか : 心臓リハビリテーションのACバイパスグラフト開存への効果. 診断と新薬 29 : 131-136, 1992
6) Hirsch AT et al : ACC/AHA 2005 guidlines. J Am Coll Cardiol 47 : 1239-1312, 2006
P.211 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン 末梢動脈疾患. 透析会誌 44 : 412-418, 2011

付録

P.222 掲載の参考文献
1) 飛松好子 : 装具学, 第4版, 医歯薬出版, 東京, 2013
P.223 掲載の参考文献
1) 野村卓生 : 糖尿病治療における理学療法 戦略と実践, 文光堂, 東京, 2015
P.224 掲載の参考文献
2) 野村卓生 : 糖尿病治療における理学療法 戦略と実践, 文光堂, 東京, 2015
3) 日本老年医学会 : フレイルに関する日本老年医学会からのステートメント. http://www.jpn-geriat-soc.or.jp/info/topics/pdf/20140513_01_01.pdf (2014年5月閲覧)
4) 日本整形外科学会 : ロコモティブシンドローム. http://www.jcoa.gr.jp/locomo/teigi.html (2010年3月閲覧)
P.225 掲載の参考文献
1) Neumann DA : 筋骨格系のキネシオロジー, 医歯薬出版, 東京, 2012
1) 澤村誠志 : 切断と義肢, 第2版, 医歯薬出版, 東京, 2016
P.227 掲載の参考文献
1) 中村隆一ほか : 基礎運動学, 第6版補訂, 医歯薬出版, 東京, 2012
1) 市橋則明 (編) : 運動療法学 障害別アプローチの理論と実際, 文光堂, 東京, 2014
P.228 掲載の参考文献
1) 中村隆一ほか : 基礎運動学, 第6版補訂, 医歯薬出版, 東京, 2012
P.229 掲載の参考文献
1) 中村隆一ほか : 基礎運動学 第6版補訂, 医歯薬出版, 東京, 2012
1) 石川朗 : 運動器障害理学療法学 I, 中山書店, 東京, 2011
P.230 掲載の参考文献
1) 糖尿病足病変に関する国際ワーキンググループ : インターナショナルコンセンサス 糖尿病足病変, 医歯薬出版, 東京, 2000

最近チェックした商品履歴

Loading...