医師のためのノンテク仕事術

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2016-06-25
分野: 臨床医学:一般  >  臨床医学一般
ISBN: 9784758117920
電子書籍版: 2016-06-25 (第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

3,850 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,850 円(税込)

商品紹介

今,求められる技術が身につく!人材育成,業務改善,マネジメント,問題解決の原理原則など高いパフォーマンスを発揮する組織をつくるためのスキルを実践例を交えて解説!さまざまな悩みが劇的に解消される!

目次

  • 医師のためのノンテク仕事術

    ―目次―

    序〜ノンテクニカルスキルとは〜

    知識編
     第1章 自分を知り,他人を理解する
     第2章 人に教え,人と接する
     第3章 チームを形成し,前に進む
     第4章 効率的に仕事を進める

    実践編
     1 仕事を教える 医療人1年生にはこうやって教えよう
     2 業務を改善する 実行する際のヒント,コツ
     3 システム思考を使った問題解決
     4 会議を進める こんなふうに変わりました,
       タ○クツだった指導医養成講習会
     5 実践!ノンテク仕事術で変わった

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

序~ノンテクニカルスキルとは~

P.4 掲載の参考文献
1) 「現場安全の技術 ノンテクニカルスキル・ガイドブック」 (ローナ・フィリン, 他/著, 小松原明哲, 他/訳), 海文堂, 2012

知識編

P.26 掲載の参考文献
1) 「日本版MBTIマニュアル」 (園田由紀/著), JPP株式会社, 2010
2) 「MBTI(R) タイプ入門 タイプダイナミクスとタイプ発達編」 (Myers KD & Kirby L/著, 園田由紀/訳), JPP株式会社, 2010
3) 「MBTI(R) へのいざない ユングの『タイプ論』の日常への応用」 (Pearman RR & Albritton SC/著, 園田由紀/訳), JPP株式会社, 2012
4) 「エッセンシャルMBTI(R)」 (Quenk N/著, 園田由紀/訳), JPP株式会社, 2014
5) 「医療マネジメントのエッセンス」 (米国医師エグゼクティブ学会/編, 青木則明, 他/監訳), Chord-J, 2007
6) 「Health Care Communication Using Personality Type」 (Judy A & Susan AB/著), Routledge, 2000
7) 「Psychological Type」 (CG Jung), Princeton University Press, 1962
8) 「Joining the Entrepreneurial Elite : Four Styles to Business Success」 (Isachsen O), Davies-Black Publishing, 1996
9) 「Working Together : A Personality Centered Approach To Management」 (Isachsen O & Berens LY), Davies-Black Publishing, 1996
10) 「MBTI(R) タイプ入門 コミュニケーション編」 (Dunning D/著, 園田由紀/訳), JPP株式会社, 2010
11) 「MBTI(R) タイプ入門 チーム編」 (Hirsh E, 他/著, 園田由紀/訳), JPP株式会社, 2013
P.33 掲載の参考文献
1) 「TWI実践ワークブック」 (パトリック・グラウプ, 他/著, 成沢俊子/訳), 日刊工業新聞社, 2013
P.53 掲載の参考文献
1) Framework for Action on Interprofessional Education & Collaborative Practice. World Health Organization, 2010 : http://www.who.int/hrh/resources/framework_action/en/ (2016年5月閲覧)
2) 多職種連携コンピテンシー開発チーム. 医療保健福祉分野の多職種連携コンピテンシー 第1版, 2016 : http://www.hosp.tsukuba.ac.jp/mirai_iryo/pdf/Interprofessional_Competency_in_Japan_ver15.pdf (2016年5月閲覧)
3) 「TWI活用の手引き 人の扱い方監督者訓練技法の自習と活用のために」 (厚生労働省職業能力開発局/監), 雇用問題研究会, 2012
4) 前野哲博, 稲葉めぐみ : 特集 医療現場の人材養成 多職種チームで活躍できる人材養成を目指して-筑波大学附属病院の取り組み-. 産業訓練, 14 : 5-14, 2013
P.63 掲載の参考文献
1) グロービス経営大学院 : 人・組織-個人と集団の行動. 「グロービスMBAマネジメント・ブック【改訂3版】」 : 194-203, ダイヤモンド社, 2008
2) 高橋正泰 : 組織コンフリクトの源泉と発言過程-コンフリクト・マネジメント論形成のために- , 明治大学大学院紀要 経営学篇 第19集 : 73-85,1982
3) Kenneth W. Thomas : Making Conflict Management a Strategic Advantage, CPP WHITE PAPER, 2009 (https://www.cpp.com/pdfs/conflict_whitepaper.pdf, 2016年5月閲覧)
5) Kenneth W. Thomas and Ralph H. Kilmann : An Overview of the Thomas-Kilmann Conflict Mode Instrument (TKI), Kilmann Diagnostics Website, 2009 (http://www.kilmanndiagnostics.com/overview-thomas-kilmann-conflict-mode-instrument-tki, 2016年5月閲覧)
6) 「コンフリクトマネジメント入門*TKIを用いたパフォーマンス向上ガイダンス」 (ケネス W. トーマス/著, 園田由紀/訳), JPP株式会社, 2015
7) 「ザ・プロフェッショナル」 (大前研一/著), ダイヤモンド社, 2009
8) 『ハーバード流交渉術 必ず「望む結果」を引き出せる! 』 (ロジャー・フィッシャー, ウィリアム・ユーリー/著, 岩瀬大輔/訳), 三笠書房, 2011
9) 「ハーバード×MIT流 世界最強の交渉術-信頼関係を壊さずに最大の成果を得る6原則」 (ローレンス・サスキンド/著, 有賀裕子/訳), ダイヤモンド社, 2015
P.78 掲載の参考文献
1) WHO The World health report 2000-Health systems : improving performance : http://www.who.int/whr/2000/en/ (2016年5月閲覧)
2) 「TWI実践ワークブック」 (パトリック・クラウブ, 他/著, 成沢俊子/訳), 日刊工業新聞社, 2013
3) 「TWI活用の手引き 改善の仕方」 (厚生労働省/監), 雇用問題研究会, 1992
P.84 掲載の参考文献
1) 鷹野和美 : 患者主体に視座を置く真の「チーム医療論」の展開. 広島県立保健福祉大学誌 人間と科学, 3 (1), 2003
2) 「ドラッカー名著集 14 マネジメント [中] -課題, 責任, 実践」 (P. F.ドラッカー/著, 上田惇生/訳), ダイヤモンド社, 2008
3) 『いかに「高業績チーム」をつくるか (Harvard business review anthology) 』 (DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部/編), ダイヤモンド社, 2005
4) 「経営者の役割-その職能と組織」 (C. I. バーナード/著, 山本安次郎, 田杉競, 飯野春樹/翻訳), ダイヤモンド社, 1956
5) 「図説ケアチーム」 (野中猛/著), 中央法規出版, 2007
P.94 掲載の参考文献
1) 「ドラッカー名著集 14 マネジメント [中] -課題, 責任, 実践」 (P. F.ドラッカー/著, 上田惇生/訳), ダイヤモンド社, 2008
2) 「いかに「高業績チーム」をつくるか (Harvard business review anthology) 」 (DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部), ダイヤモンド社, 2005
3) 「経営者の役割 (経営名著シリーズ 2) 」 (C. I. バーナード/著 , 山本安次郎/訳), ダイヤモンド社, 1968
P.103 掲載の参考文献
1) 「ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころ」 (中野民夫, 他/著), 岩波書店, 2009
2) 「ファシリテーター行動指南書-意味ある場づくりのために」 (中野民夫/監 , 三田地真実/著), ナカニシヤ出版, 2013
3) 「ビジュアル・ミーティング」 (デビッド・シベット/著, 堀公俊/監, 株式会社トライローグ/訳), 朝日新聞出版, 2013
4) 「プロファシリテーターのどんな話もまとまる技術」 (田村洋一/著), クロスメディア・パブリッシング, 2011
P.120 掲載の参考文献
1) 「問題を整理し, 分析する技術 [新版] 」 (日本能率協会コンサルティング/著), 日本能率協会マネジメントセンター, 2012
2) 「人と組織の問題を劇的に解決するU理論入門」 (中土井僚/著), PHP研究所, 2014
3) 「学習する組織-システム思考で未来を創造する」 (ピーター・M・センゲ/著, 枝廣淳子他/訳), 英治出版, 2011
4) 「改訂 専門的な思考を鍛える看護のためのフレームワーク」 (武藤教志/著), 精神看護出版, 2016
5) 「世界はシステムで動く-いま起きていることの本質をつかむ考え方」 (ドネラ・H・メドウズ/著, 小田理一郎/解説, 枝廣淳子/翻訳), 英治出版, 2015
6) 『もっと使いこなす! 「システム思考」教本』 (枝廣淳子, 小田理一郎/著), 東洋経済新報社, 2010
7) 「システム思考-複雑な問題の解決技法」 (ジョン・D・スターマン/著, 小田理一郎他/訳), 東洋経済新報社, 2009
8) 「入門! システム思考」 (枝廣淳子, 内藤耕/著), 講談社, 2007
9) マーケティング. 「 [新版] MBAマネジメント・ブック」 (グロービス・マネジメント・インスティテュート/著), p75, ダイヤモンド社, 2002
10) 「リーダーシップとは何か」 (ロナルド・A・ハイフェッツ/著, 幸田シャーミン/訳) 産能大学出版部, 1996
11) 「問題解決あらゆる課題を突破する-ビジネスパーソン必須の仕事術」 (高田貴久, 岩澤智之/著), 英治出版, 2014
12) 「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか? -小さな力で大きく動かす! システム思考の上手な使い方」 (枝廣淳子, 小田理一郎/著), 東洋経済新報社, 2007
13) 「割れ窓理論による犯罪防止-コミュニティの安全をどう確保するか」 (G・Lケリング, C・M・コールズ/著, 小宮信夫/著), 文化書房博文社, 2004
14) 「システム・シンキングトレーニングブック-持続的成長を可能にする組織変革のための8つの問題解決思考法」 (ダニエル・キム, バージニア・アンダーソン/著, 宮川雅明他/訳), 日本能率協会マネジメントセンター, 2002
P.128 掲載の参考文献
1) 朝倉健太郎 : タイムマネジメントの問題. 「臨床研修指導の問題解決 Before & After 2013」 (畑尾正彦/編), p134-147, 羊土社, 2013
2) 『LIVE HACKS! 今を大切にして成果を5倍にする「時間畑」の法則』 (大橋悦夫/著), ゴマブックス, 2008
3) 『TIME HACKS! 劇的に生産性を上げる「時間管理」のコツと週間』 (小山龍介/著), 東洋経済新報社, 2006
P.136 掲載の参考文献
1) 「Getting Things Done : The Art of stress-free productivity A brand new edition for 2015」 (David Allen), Penguin Books, 2015
2) David Allen Company : GTD (R) Mastering Workflow Series : Level One Fundamentals. Course Workbook, 2012
3) 「全面改訂版 はじめてのGTDストレスフリーの整理術」 (デビッド・アレン/著, 田口元/監訳, 近藤克明/編集協力), 二見書房, 2015

実践編

P.148 掲載の参考文献
1) 多職種 22【人材養成プログラム : TEAMS-BI「仕事の教え方」】BI作業分解シート : http://www.hosp.tsukuba.ac.jp/team_iryo/e-team/cms/wp-content/uploads/2015/02/badc2066f55b227cd13dde738a44067d.pdf (2016年5月閲覧)
2) 「Training Within Industry : The Foundation of Lean」 (Donald AD), CRC,2005
3) 「Getting to Standard Work in Health Care : Using TWI to Create a Foundation for Quality Care」 (Graupp P), CRC, 2013
4) 「トヨタ経営大全 1 人材開発 上」 (ジェフリー・K・ライカー, デビッド・P・マイヤー/著, 稲垣公夫/訳), 日経BP社, 2008
5) 「改善が生きる, 明るく楽しい職場を築く TWI実践ワークブック」 (パトリック・グラウプ, ロバート・ロナ/著, 成沢俊子/訳), 日刊工業新聞社, 2013
6) 「TWI活用の手引 (改訂増補版) 仕事の教え方監督者訓練技法の自習と活用のために」 (小川達夫, 加藤貞雄, 他, 厚生労働省職業能力開発局/監), 雇用問題研究会, 1993
7) 「新人看護職員研修の手引き ガイドラインを活用した研修の実際」 (坂本すが/編), 日本看護協会出版会, 2011
8) 「看護職としての社会人基礎力の育て方 専門性の発揮を支える3つの能力・12の能力要素」 (箕浦とき子, 高橋恵/編), 日本看護協会出版会, 2012
P.164 掲載の参考文献
1) 「経済危機は世界に何をもたらしたか-2010年代政策転換の行方」 (伊藤元重/著), 東洋経済新報社, 2009
2) 「学習する組織-システム思考で未来を創造する」 (ピーター・M・センゲ/著, 枝廣淳子他/訳), 英治出版, 2011
3) 「入門! システム思考」 (枝廣淳子, 内藤耕/著), 講談社, 2007
4) 「システム思考-複雑な問題の解決技法」 (ジョン・D・スターマン/著, 小田理一郎他/訳), 東洋経済新報社, 2009
5) 「なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?-小さな力で大きく動かす! システム思考の上手な使い方」 (枝廣淳子, 小田理一郎/著), 東洋経済新報社, 2007
6) 『もっと使いこなす!「システム思考」教本』 (枝廣淳子, 小田理一郎/著), 東洋経済新報社, 2010
7) 「システム・シンキングトレーニングブック-持続的成長を可能にする組織変革のための8つの問題解決思考法」 (ダニエル・キム, バージニア・アンダーソン/著, 宮川雅明他/ 訳), 日本能率協会マネジメントセンター, 2002
P.172 掲載の参考文献
1) 「ファシリテーション 実践から学ぶスキルとこころ」 (中野民夫,ほか/著), 岩波書店, 2009
2) 「ファシリテーター行動指南書 意味ある場づくりのために」 (三田地真実/著, 中尾民夫/監), ナカニシア出版, 2013
P.177 掲載の参考文献
1) 『9つの性格-エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係』 (鈴木秀子/著), PHP研究所, 1997

最近チェックした商品履歴

Loading...