これからの乳癌診療 2016-2017

出版社: 金原出版
著者:
発行日: 2016-06-20
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784307203555
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

6,600 円(税込)

商品紹介

いま知っておくべき新知見を集約した“乳癌診療アニュアルレポート”最新刊。2年毎に改訂される日本乳癌学会編「乳癌診療ガイドライン」と編集形態を共にし、各々「薬物療法」「外科療法」「放射線療法」「疫学・予防」「検診・診断」のアップデートに一役買う。さらに「トピックス」「チーム医療に必要な最新の知識」の章ではいっそうの最新情報と、医師をはじめとする多くのメディカルスタッフの連携に役立つ内容を盛り込んだ。

目次

  • これからの乳癌診療 2016-2017

    ―目次―

    第1章 検診・診断
     1.乳がん検診の現状と超音波検診の将来性
       ―Dense Breastにどう向き合うか
     2.乳がん検診における利益・不利益
     3.乳癌診療ガイドライン2015「検診・画像診断」改訂の要点
     4.乳癌診療ガイドライン2015「病理診断」改訂の要点

    第2章 外科療法
     1.センチネルリンパ節生検後の局所・領域再発
       ―実態と治療方針
     2.乳房再建後の局所再発―その原因と対処法
     3.乳癌診療ガイドライン2015「外科療法」改訂の要点

    第3章 薬物療法
     1.HER2陽性転移乳癌に対する治療
     2.ホルモン依存性乳癌に対する新しい分子標的治療薬
       ―mTOR阻害薬、Palbociclibを中心として
     3.ER陽性乳癌における内分泌療法から化学療法への移行の
       タイミング
     4.妊孕性保持と卵巣保護―LHRH analogue併用化学療法を含めて
     5.乳癌診療ガイドライン2015「薬物療法」改訂の要点

    第4章 放射線療法
     1.乳癌所属リンパ節に対する術後放射線療法の諸問題
     2.乳癌診療における粒子線治療の役割
     3.乳癌診療ガイドライン2015「放射線療法」改訂の要点

    第5章 疫学・予防
     1.被ばくと乳癌発生リスク
     2.がん登録―乳癌を中心に
     3.乳癌診療ガイドライン2015「疫学・予防」改訂の要点

    第6章 トピックス
     1.ASCO2015、ABC3のポイント
     2.乳癌の薬物療法における免疫バイオマーカー
     3.ペグG-CSFの出現による抗癌薬治療の変化
     4.次世代シークエンサーを導入した乳癌の診療
     5.BRAVAと脂肪移植による乳房再建術

    第7章 チーム医療に必要な最新の知識
     1.薬物療法と間質性肺炎―治療と対策
     2.電子カルテを共有した病診連携システム
     3.乳癌における高額医療制度の考え方
     4.乳癌治療における医科歯科連携

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...