医学と薬学 73/8 2016年8月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2016-07-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: アルコールと臓器障害
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,160 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,728 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【特集 アルコールと臓器障害】
  • 巻頭言
  • アルコール性臓器障害
  • アルコールと循環器疾患
  • アルコールと消化管
  • アルコールと肝臓
  • アルコールと膵炎
  • アルコールと神経・精神障害
  • アルコール健康障害対策基本法
  • 【研究】
  • タゾピペ ( R ) 配合静注用「日医工」のin vitroにおける各種病原細菌に対する抗菌作用
  • 【前臨床試験】
  • ラットの空間認知記憶に及ぼすコリン塩化物長期摂取の影響
  • アダパレンによる副作用症状に対する十味敗毒湯の改善効果
  • 【症例報告】
  • 大量腹水・腎不全を併発した生体肝移植後サイトメガロウイルス感染に対し投与したガンシクロビルの血中・腹水中濃度測定を行った小児の1例
  • 【Diagnosis】
  • 新規開発品「ルミパルスプレストHTLV - I / II」の性能評価
  • 新規試薬Elecsys Anti - HBs IIの基礎的検討と他試薬との相関
  • 【Health Care】
  • 高吸収化クルクミン製剤の肝機能への作用
  • ブタ肝臓分解物のヒト認知機能改善効果
  • 【Cosmetic】
  • マッサージを併用した美顔器・化粧品によるリフトアップ・肌改善効果
  • アミノ酸を配合した保湿ジェルによる肌改善効果
  • 【巻末付録】
  • 特集予定
  • バックナンバー
  • 学会・研究会開催予定 ( 2016年8月~10月 )
  • 編集顧問
  • 人名索引
  • キーワード索引
  • ご投稿案内
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 アルコールと臓器障害】

P.950 掲載の参考文献
1) 横山顕 : アルコールと癌, アルコール医学・医療の最前線2015 Update. 医学のあゆみ 254 : 924-928, 2015.
3) アルコール医学生物学研究会編 : アルコール性肝障害診断基準2011年版, 響文社, 札幌, 2012.
4) 竹井謙之 : アルコール性肝障害の病態概念の変遷. 竹井謙之編, NASH・アルコール性肝障害の診療を極める, Hepatology Practice Vol. 2, pp. 214-220, 文光堂, 東京, 2013
5) 藤田尚己, 岩佐元雄, 竹井謙之他 : アルコール性肝障害における肝機能等身体に及ぼす飲酒量低減の効果. 日本アルコール・薬物医学会雑誌 48 : 32-38, 2013.
7) 樋口進 : 離脱症状からの回復後長期間を経たアルコール依存症に対する治療薬アカンプロサートの有効性. Frontiers in Alcoholism 3 (1) : 56-58, 2015.
8) 高瀬幸次郎, 猪野亜朗, 片岡千都子編 : アルコール救急多機関連携マニュアル, 四日市アルコールと健康を考えるネットワーク.
9) 内閣府HP : アルコール健康障害対策, http://www8.cao.go.jp/alcohol/
10) 竹井謙之企画 : 特集アルコール医学・医療の最前線2015 Update. 医学のあゆみ 254 (10), 2015.
P.960 掲載の参考文献
2) Holmes MV, Dale CE, Zuccolo L et al : Association between alcohol and cardiovascular disease : Mendelian randomisation analysis based on individual participant data. BMJ 349 : g4164, 2014. 3) Fernandez-Sola J : Cardiovascular risks and benefits of moderate and heavy alcohol consumption. Nat Rev Cardiol 12 : 576-587, 2015.
5) Lazarevic AM, Nakatani S, Neskovic AN et al : Early changes in left ventricular function in chronic asymptomatic alcoholics : relation to the duration of heavy drinking. J Am Coll Cardiol 35 : 1599-1606, 2000.
6) Urbano-Marquez A, Estruch R, Navarro-Lopez F et al : The effect of alcoholism on skeletal and cardiac muscle. N Engl J Med 320 : 409-415, 1989.
9) Urbano-Marquez A, Estruch R, Fernandez-Sola J et al : The greater risk of alcoholic cardiomyopathy and myopathy in women compared to men. JAMA 274 : 149-154, 1995.
17) Meehan J, Piano MR, Solaro RJ et al : Heavy longterm ethanol consumption induces an α-to β-myosin heavy chain isoforms transition in rat. Basic Res Cardiol 94 : 481-488, 1999.
19) Guppy LJ Littleton JM : Binding characteristics of the calcium channel antagonist [3H] -nitrendipine in tissues from ethanol dependent rat. Alcohol Alcoholism 29 : 283-293, 1994.
21) 竹端均, 和泉徹 : アルコール性心疾患. 日本臨牀 58 : 151-156, 2000.
27) 坂本央, 長谷部直幸 : アルコール性心筋障害. 最新医学別冊, アルコール性肝障害 : 175-182, 2009.
36) Vazquez-Agell M, Sacanella E, Tobias E et al : Inflammatory markers of atherosclerosis are decreased after moderate consumption of cava (sparkling wine) in men with low cardiovascular risk. J Nutr 137 : 2279-2284, 2007.
P.966 掲載の参考文献
1) IARC : IARC Monographs on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans. Vol. 96. IARC, Lyon, 2010.
2) 渡辺寛 : 食道・頭頸部重複癌の現状と対策. 日本気管食道科学会会報 49 : 151-155, 1998.
4) Ozasa K : Japan Collaborative Cohort Study for Evaluation of Cancer. Alcohol use and mortality in the Japan Collaborative Cohort Study for Evaluation of Cancer (JACC). Asian Pac J Cancer Prev 8 Suppl : 81-88, 2007.
23) Liu SY, Han XC, Sun J et al : Alcohol intake and helicobacter pylori infection : A dose-response meta-analysis of observational studies. Infect Dis (Lond) : 1-7. [Epub ahead of print], 2015.
P.975 掲載の参考文献
1) 堀江義則 : 第1章 アルコール性肝障害の概論・疫学, 疫学動向. 高後裕編, 新しい診断と治療のABC, アルコール性肝障害, pp. 16-24, 最新医学社, 大阪, 2009.
2) 厚生労働省e-ヘルスネット : http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/
3) 樋口進 : 成人の飲酒と生活習慣に関する実態調査研究. 平成20年度厚生労働科学研究補助金研究課報告書 : わが国における飲酒の実態ならびに飲酒に関連する生活習慣病. 公衆衛生上の諸問題とその対策に関する総合的研究, pp. 12-50, 2010.
4) 堀江義則, 海老沼浩利, 菊池真大他 : 本邦におけるアルコール性肝硬変の実態. 肝臓 56 : 366-368, 2015.
5) 鈴木康秋, 大竹孝明, 青柳豊他 : 我が国における非B非C肝硬変の実態. 高後裕編, 我が国における非B非C肝硬変の実態調査2011, pp. 6-16 響文社, 札幌, 2012.
6) 真栄里仁, 松下幸生 : 女性・高齢者の飲酒. Progress in Medicine 33 : 899-903, 2013.
9) 藤田尚巳, 竹井謙之 : アルコール性肝障害. 臨床と研究 90 (2) : 176-182, 2013.
12) Rotily M, Durbec JP, Sarles H et al : Diet and alcohol in liver cirrhosis : a case-control study. Eur J Clin Nutr 44 : 595, 1990.
14) アルコール医学生物学研究会編 : アルコール性肝障害診断基準2011年版, 響文社, 札幌, 2012.
15) O'Shea RS, Dasarathy S, McCullough AJ : Alcoholic liver disease. Am J Gastroenterol 105 (1) : 14-32, 2010.
17) Mason BJ : Treatment of alcohol-dependent outpatients with acamprosate : a clinical review. J Clin Psychiatry 62 : 42-48, 2001.
18) 堀江義則, 山岸由幸, 海老沼浩利他 : 本邦におけるアルコール性肝炎の重症度判定のための新しいスコア. 肝臓 53 : 429-431, 2012.
20) 黒松亮子, 佐田通夫 : アルコール性肝障害に合併した肝細胞癌の特徴. アルコールと医生物 30 : 46-50, 2011.
P.981 掲載の参考文献
1) Friedrich N : Diseases of the Pancreas. Cyclopoedia of the Practice of Medicine (ed. by Ziemssen H), pp. 549-630, William Wood, New York, 1878.
3) Comfort MW, Gambill EE, Baggenstoss AH : Chronic relapsing pancreatitis ; a study of twenty-nine cases without associated disease of the biliary or gastro-intestinal tract. Gastroenterology 6 : 239-285, 1946.
4) 日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン改訂委員会 : 科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン2013年版. 金原出版, 東京, 2013.
5) 正宗淳, 下瀬川徹 : アルコールと膵炎-酒を飲みすぎると膵炎になるか? 医学のあゆみ 222 : 661-666, 2007.
6) 正宗淳, 下瀬川徹 : アルコールと膵炎. 日本消化器病学会雑誌 109 : 1526-1534, 2012.
9) 玉腰暁子, 林櫻松, 小川道雄他 : 急性膵炎の発生要因に関する症例対照研究. 厚生労働省特定疾患対策研究事業難治性膵疾患に関する調査研究班平成13年度研究報告書, pp. 47-59, 2002.
28) Haber P, Wilson J, Apte M et al : Individual susceptibility to alcoholic pancreatitis : still an enigma. J Lab Clin Med 125 : 205-312, 1995.
P.991 掲載の参考文献
1) Sico JJ, Amin H, Sorokin A et al : Neurologic disorders related to alcohol and other drug use. The ASAM principles of Addiction Medicine 5th. (ed. by Ries RK, Fiellin DA, Miller SC et al), pp. 1178-1194, Wolters Kluwer , Philadelphia, 2014.
9) 高橋三郎, 大野裕監訳 : DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル, 医学書院, 東京, 2014.
11) Yokoyama A, Matsushita S, Ishii H et al : The impact of diabetes mellitus on the prognosis of alcoholics. Alcohol Alcohol 29 : 181-186, 1994.
12) 松下幸生 : アルコール使用障害の診断・治療の進歩と今後の展望「薬物治療」. Progress in Medicine 33 : 87-91, 2013.
P.999 掲載の参考文献
1) 国税庁課税部酒税課 : 酒のしおり (平成27年3月), p. 28, 2015. https://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/shiori-gaikyo/shiori/2015/pdf/005.pdf#page=1
2) 堀江義則, 海老沼浩利, 金井隆典 : アルコール性肝障害を再考する, 本邦におけるアルコール性肝障害の実態. 日本消化器病学会雑誌 112 : 1630-1640, 2015.
4) アルコール健康障害対策基本法 : http://www8.cao.go.jp/alcohol/pdf/kihonhou/hou.pdf
5) アルコール健康障害対策推進基本計画 : http://www8.cao.go.jp/alcohol/kihon_keikaku/pdf/kihon_keikaku.pdf
6) Anderson P, Gual A, Colom J : 2005 Alcohol and Primary Health Care : Clinical Guidelines on identification and Brief interventions, p. 6, Department of Health of the Government of Catalonia, Barcelona, 2005.

【研究】

P.1008 掲載の参考文献
1) Clinical and Laboratory Standards Institute : Methods for dilution antimicrobial susceptibility tests for bacteria that grow aerobically ; Approved standard-tenth edition. M07-A10. Wayne, PA. 2015.
2) Clinical and Laboratory Standards Institute : Methods for antimicrobial dilution and disk susceptibility testing of infrequently isolated or fastidious bacteria ; Approved guideline-second edition. M45-A2. Wayne, PA. 2010.
3) Clinical and Laboratory Standards Institute : Methods for antimicrobial susceptibility testing of anaerobic bacteria ; Approved standard-eighth edition. M11-A8. Wayne, PA. 2012.
4) Clinical and Laboratory Standards Institute : Performance standards for antimicrobial susceptibility testing ; twenty-fifth informational supplement. M100-S25. Wayne, PA. 2015.
7) 厚生労働省院内感染対策サーベイランス事業. 2014年年報. http://www.nih-janis.jp/report/open_report/2014/3/1/ken_Open_Report_201400(clsi2012).pdf

【前臨床試験】

P.1016 掲載の参考文献
1) "Annual Report on the Aging Society : 2014 (Summary) -Cabinet Office Home Page". http://www8.cao.go.jp/kourei/english/annualreport/2015/2015pdf_e.html
P.1023 掲載の参考文献
2) 林伸和, 赤松浩彦, 岩月啓氏 他 : 尋常性ざ瘡治療ガイドライン2016. 日皮会誌126 (6) : 1045-1086, 2016.
4) 宮井恵里子, 杉野公基 : 新規外用尋常性ざ瘡治療薬 アダパレンゲル (ディフェリンゲル0.1%) の薬理学的特性と臨床使用成績. 日本薬理学雑誌 134 (1) : 37-45, 2009.
5) Weiss JS, Thiboutot DM, Hwa J et al : Long-term safety and efficacy study of adapalene 0.3% gel. J Drugs Dermatol 7 (6) : s24-28, 2008.
6) 宮地良樹 : 本邦ざ瘡患者のアドヒアランス. 臨床皮膚科 67 (5) : 152-154.
7) Yamada M, Iihara H, Fujii H et al : Prophylactic Effect of Oral Minocycline in Combination with Topical Steroid and Skin Care Against Panitumumabinduced Acneiform Rash in Metastatic Colorectal Cancer Patients. Anticancer Res 35 (11) : 6175-6181, 2015.
8) 竹村司, 遠野弘美, 与茂田敏他 : 尋常性ざ瘡患者に対する十味敗毒湯 (桜皮配合) の臨床効果と作用機序. 西日本皮膚科 76 (2) : 140-146, 2014.
9) 桜井みち代, 石川由香子, 大塚吉則他 : 漢方薬が奏効した脂漏性皮膚炎の5症例. 60 (2) : 155-159, 2009.
10) 羽白誠, 松本千穂, 滝尻珍重他 : アトピー性皮膚炎患者の皮膚症状に対する十味敗毒湯の効果-皮疹要素別の検討-. 皮膚の科学 10 (1) : 34-40, 2011.
11) 乃木田俊辰 : 炎症性皮疹を伴う尋常性ざ瘡に対する十味敗毒湯 内服とアダパレンゲル0.1%外用の併用療法の検討. 医学と薬学 67 (2) : 251-256, 2012.
12) 瀬川郁雄 : 十味敗毒湯によるざ瘡治療のアドヒアランス向上の試み. Phil 漢方 57 : 26-28, 2015.
13) Maurice E, Richerd D : アダパレンゲルの製造方法. 日本国特許公開広報2011-504912 (2011. 02. 17).
15) Babina M, Guhl S, Motakis E et al : The rhino mouse model : the effects of topically applied all-trans retinoic acid and CD271 on the fine structure of the epidermis and utricle wall of pseudocomedones. Mol Cell Endocrinol 406 (5) : 49-59, 2015.
17) Watanabe K, Karuppagounder V, Arumugam S et al : Pruni cortex ameliorates skin inflammation possibly through HMGB1-NFκB pathway in house dust mite induced atopic dermatitis NC/Nga transgenic mice. J Clin Biochem Nutr 56 (3) : 186-194, 2015.
19) Hwang YP, Kim HG, Choi JH et al : Saponins from the roots of Platycodon grandiflorum suppress ultraviolet A-induced matrix metalloproteinase-1 expression via MAPKs and NF-κB/AP-1-dependent signaling in HaCaT cells. Food Chem Toxicol 49 (12) : 3374-3382, 2011.
20) 有地滋 : 柴胡およびサイコサポニンの研究 : (2) サイコサポニンの抗炎症作用の機序について. 近畿大学医学雑誌 4 (1) : 73-78, 1979.

【症例報告】

P.1030 掲載の参考文献

【Diagnosis】

P.1035 掲載の参考文献
P.1045 掲載の参考文献
1) 門脇孝, 永井良三他 : 肝・胆・膵疾疾患, 内科学, pp. 917-927, 西村書店, 東京, 2012.
2) Recommendations of the Immunization Practices Advisory Committee Update on Hepatitis B Prevention. CDC MMWR 36 (23) : 353-366, 1987.
3) HISCL HBsAb 試薬 添付文書 2014年2月改訂 (第9版).
4) 上杉里枝, 河口勝憲, 小野公美他 : 化学発光酵素免疫測定法 (CLEIA) を用いた改良試薬「ルミパルスプレストHBsAb-N」の試薬性能評価. 医学と薬学 68 (1) : 169-176, 2012.
5) 藤原拓樹 : 全自動化学発光免疫測定装置ARCHITECTによるHBs 抗体測定の基礎的検討. 医学と薬学 42 (2) : 623-627, 1999.
8) 大根久美子他 : HBs 抗体価の測定方法間差 : HBワクチン接種者由来モノクローナルHBs抗体を用いた検証. 臨床病理 63 (8) : 907-912, 2015.
9) 小方則夫 : 国際基準共有に向けたB型肝炎ウイルス感染防御HBs抗体評価標準化の必要性-本邦で汎用されるHBs抗体測定法の特性乖離-. 臨床病理 54 : 960-965, 2006.
10) 小方則夫, 船田久, 青柳豊 : B型肝炎ワクチン (HBワクチン) と抗HB人免疫グロブリン (HBIG) の適応と効果 : 我が国におけるB型肝炎ウイルス (HBV) 感染予防対策の現状と課題. 日本臨牀 69 (増刊号4) : 408-416, 2011.

【Health Care】

P.1054 掲載の参考文献
7) Wang L, Lv Y, Yao H et al : Curcumin prevents the non-alcoholic fatty hepatitis via mitochondria protection and apoptosis reduction. Int J Clin Exp Pathol 8 (9) : 11503-11509, 2015.
9) Tonnesen HH : Solubility, chemical and photochemical stability of curcumin in surfactant solutions. Studies of curcumin and curcuminoids, XXVIII. Pharmazie 57 : 820-824, 2002.
P.1065 掲載の参考文献
1) Department of Psychiatry, University of Tsukuba Dementia prevalence in the urban area and correspondence to life functional disorder of dementia. Available from : http://www.Tsukuba-psychiatry.com.2014
2) Tanigawa D, Misu S, Sawa R : Cross-sectional relationships between depression and psychological elements of pain for elderly people requiring long-term care. Psychogeriatrics 2 : 177-184, 2014.
3) Kiyohara Y : Advances in aging and health research. Japan Foundation for Aging and Health 1 : 25-34, 2013.
8) Nishizuka Y : Protein kinase C and lipid signaling for the expression. FASEB J 9 : 484-496, 1995.
14) Miyamoto H, Yaguchi T, Ohta K et al : 2-pyrrolidinone induces a long-lasting facilitation of hippocampal synaptic transmission by enhancing α7ACh receptor responses via a PKC pathway. Mol Brain Res 117 : 91-96, 2003.
15) Nishizaki T, Nomura T, Matuoka T et al : The anti-dementia drug nefiracetam facilitates hippocampal synaptic transmission by functionally targeting presynaptic nicotinic ACh receptors. Mol Brain Res 80 : 53-62, 2000.
23) Yaguchi T, Yamamoto S, Nagata T et al : Effects of cis-unsaturated free fatty acids on PKC-ε activation and nicotinic ACh receptor responses. Mol. Brain Res 133 : 320-324, 2005.
30) 認知機能の維持または改善剤. 特願2015-239120

【Cosmetic】

P.1078 掲載の参考文献
1) 化粧品機能評価法検討委員会 : <化粧品機能評価法ガイドライン> 新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン. 日本香粧品学会誌 30 (4) : 316-332, 2006.
2) 内村洋一郎 : しわ発生のメカニズム. 有限会社ブッカーズ編, アンチ・エイジングシリーズ No. 2 皮膚の抗老化最前線, 株式会社エヌ・ティー・エス, 東京, pp. 52-61, 2006.
3) 田上八朗 : 皮膚のバリア, 保湿メカニズム研究の進歩. フレグランスジャーナル36 (5) : 15-21, 2008.
4) 川崎由明, 坂本一民, Maibach HI : In vitro によるアミノ酸のヒト皮膚での経皮吸収挙動の解析. 日本化粧品技術者会誌 30 (1) : 55-61, 1996.
5) 小山純一, 森川良広, 松本勲 : ヒト角層中の遊離アミノ酸の挙動. 日本化粧品技術者会誌 15 (1) : 45-53, 1981.
6) 野口千笑, 山村達郎, 山本泰之 : 脂質二分子膜の水分保持作用に対するアミノ酸の影響. 日本化粧品技術者会誌 29 (1) : 49-54, 1995.
8) Cohen IK, Diegelmann RF : Effect of N-acetylcis-4-hydroxyproline on collagen synthesis. Exp Mol Pathol 28 (1) : 58-64, 1978.

最近チェックした商品履歴

Loading...