最新医学別冊 診断と治療のABC117 糖尿病

出版社: 最新医学社
発行日: 2016-10-25
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 03708241
雑誌名:
特集: 糖尿病
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

5,400 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

5,400 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • MAP 眼で見る糖尿病
  • 第1章 概念・定義
  • 糖尿病の概念・定義
  • 糖尿病の疫学
  • コラム 糖尿病治療薬とがん
  • 第2章 成因・病態
  • 1型糖尿病の成因と病態
  • 2型糖尿病の成因と病態
  • その他の特定の機序・疾患による糖尿病
  • コラム J - DREAMS
  • 第3章 診断
  • 糖尿病の診断基準
  • 1型糖尿病の診断基準 ( 急性, SPIDDM, 劇症を含む )
  • 妊娠中の糖代謝異常の診断
  • メタボリックシンドローム・肥満症の診断と糖代謝異常
  • コラム 膵島移植アップデート
  • 第4章 管理・治療
  • 治療の目標と指針
  • 食事療法の基本と最新の話題
  • 運動療法の基本と最新の話題
  • 薬物療法アップデート
  • 1. インスリン分泌促進系 スルホニル尿素薬・速効型インスリン分泌促進薬
  • 2. インスリン抵抗性改善系 ビグアナイド薬・チアゾリジン薬
  • 3. 糖吸収・排泄調節系 α - グルコシダーゼ阻害薬・SGLT2阻害薬
  • 4. インクレチン関連薬
  • 5. インスリン療法
  • 糖尿病細小血管合併症を伴う症例に対する血糖管理の注意点
  • 糖尿病大血管症を伴う血糖管理
  • 妊娠中の糖代謝異常の血糖管理
  • 小児・思春期における糖尿病
  • 高齢者糖尿病の血糖管理
  • 急性代謝失調・シックデイの対応
  • 自己管理教育と療養支援
  • コラム CGM CSIIアップデート
  • 第5章 ガイドライン
  • 糖尿病診療ガイドライン2016
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 概念・定義

P.19 掲載の参考文献
1) 小坂樹徳 : 糖尿病の定義-疾患概念の変遷と最近の考えかた. 新内科学体系46巻B代謝異常IIb p49-55. 中山書店, 東京, 1975.
2) Conn J W, et al : The prediabetic state : A concept of dynamic resistance to a genetic diabetogenic influence. Diabetes 11 : 335, 1962.
3) Sipersten M D, et al : Studies of muscle capillary basement membranes in normal subjects, diabetic, and prediabetic patients. J Clin Invest 47 : 1973-1999, 1962.
5) 糖尿病診断共準に関する調査検討委員会報告. 糖尿病 53 : 450-467, 2010.
P.27 掲載の参考文献
1) International Diabetes Federation (IDF) : Diabetes Atlas. (2nd ed, 4th ed, 7th ed) <http://www.diabetesatlas.org/>
4) 平成24年国民健康・栄養調査報告書 <http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/dl/h24-houkoku-03.pdf>
5) 平成26年国民健康・栄養調査報告書 <http://wwwmhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/dl/h26-houkoku-03. pdf>
6) 特定健診・保健指導の医療費適正化効果等の検証のためのワーキンググループ : 最終とりまとめ (2015年) <http://www.mhlw.gojp/stf/shingi2/0000090334html>
11) 堀田饒他 : アンケート調査による日本人糖尿病の死因-1991~2000年の10年間, 18385名での検討-. 糖尿病 50 : 47-61, 2007.
12) Sasazaki S, et al : Diabetes mellitus and cancer risk : Pooled analysis of eight cohort studies in Japan. Cancer Sci 104 : 1499-1507, 2013.
P.30 掲載の参考文献
1) 糖尿病と癌に関する委員会 : 糖尿病 56 : 374-390. 2013.
2) Noto H. et al : J Diabetes Invest 3 : 24-33, 2012.
4) ORIGIN Trial Investigators. et al : N Engl J Med 367 : 319-328, 2012.
6) Chang C H, et al : JClin Endocrinol Metab 97 : E1170-1175, 2012.
7) Sato A. et al : Stem Cells Trans Med 1 : 811-814, 2012.
9) Higurashi T. et al : Lancet Oncol 2016 [Epub ahead of print]

第2章 成因・病態

P.36 掲載の参考文献
1) 清野裕, 他 : 糖尿病の診断基準に関する調査検討委員会 : 糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告 (国際標準化対応版). 糖尿病 55 : 485-504, 2012.
2) 川崎英二, 他 : 急性発症1型糖尿病の診断基準 (2012) の策定-1型糖尿病調査研究委員会 (劇症および急性発症1型糖尿病分科会) 報告-. 糖尿病 56 : 584-589, 2013.
3) 田中昌一郎, 他 : 緩徐進行1型糖尿病 (SPIDDM) の診断基準 (2012) -1型糖尿病調査研究委員会 (緩徐進行1型糖尿病分科会) 報告-. 糖尿病 56 : 590-597, 2012.
4) 今川彰久他 : 1型糖尿病調査研究委員会報告-劇症1型糖尿病の新しい診断基準 (2012). 糖尿病 55 : 815-820, 2012.
7) 廣峰義久他 : 1型糖尿病の遺伝因子. 月刊糖尿病 3 : 90-96, 2011.
9) Maruyama T, et al : Multicenter prevention trial of slowly progressive type 1 diabetes with small dose of insulin (the Tokyo study) : preliminary report. Ann N Y Acad Sci 1005 : 362-369, 2003.
P.42 掲載の参考文献
2) 前田士郎 : 2型糖尿病疾患感受性遺伝子. 医のあゆみ 252 : 445-450, 2015.
6) 平成26年国民健康・栄養調査報告
7) 糖尿病データマネジメント研究会基礎統計資料 (2013年度)
14) Kevin D H, et al : Calorie for Calorie, Dietary Fat Restriction Results in More Body Fat Loss than Carbohydrate Restriction in People with Obesity. Cell Metabol 22 (3) : 427-436, 2015.
20) Saisho Y, et al : β-cell mass and turnover in humans : effect of obesity and aging. Diabetes Care 36 (1) : 111-117, 2013.
21) Kou K, et al : Change in β-cell mass in Japanese nondiabetic obese individuals. J Clin Endocrinol Metab 98 (9) : 3724-3730, 2013.
P.48 掲載の参考文献
1) 清野裕他 : 糖尿病分類と診断基準に関する委員会報告 (国際標準化対応版). 糖尿病 55 : 485-504, 2012.
2) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病専門医研修ガイドブック改訂第6版 (日本糖尿病学会編), p79-85. 診断と治療社, 東京, 2014
3) 山田研太郎 : 新時代の臨床糖尿病学 (上). p337-341. 日本臨床社, 大阪, 2016.
4) 後藤広昌 : 新時代の臨床糖尿病学 (下), p577-581. 日本臨床社, 大阪, 2016.
5) 三橋一輝 : 新時代の臨床糖尿病学 (下), p592-596. 日本臨床社, 大阪, 2016.

第3章 診断

P.60 掲載の参考文献
3) 清野裕他 : 糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告 (国際標準化対応版). 糖尿病 55 : 485-504, 2012.
4) 今川彰久, 他 : 1型糖尿病調査研究委員会報告-劇症1型糖尿病の新しい診断基準 (2012). 糖尿病 55 : 815-820, 2012.
5) 川崎英二, 他 : 急性発症1型糖尿病の診断基準 (2012) の策定-1型糖尿病調査研究委員会 (劇症および急性発症1型糖尿病分科会) 報告-. 糖尿病 56 : 584-589, 2013.
6) 田中昌一郎, 他 : 緩徐進行1型糖尿病 (SPIDDM) の診断基準 (2012) -1型糖尿病調査研究委員会 (緩徐進行1型糖尿病分科会) 報告-. 糖尿病 56 : 590-597, 2013.
P.67 掲載の参考文献
1) 糖尿病診断基準に関する調査検討委員会, 他 : 糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告. 糖尿病 53 (6) : 450-467, 2010.
2) 川崎英二, 他 : 急性発症1型糖尿病の診断基準 (2012) の策定-1型糖尿病調査研究委員会 (劇症および急性発症1型糖尿病分科会) 報告-. 糖尿病 56 (8) : 584-589, 2013.
3) 花房俊昭, 他 : 劇症1型糖尿病調査研究委員会報告-疫学調査の解析と診断基準の策定-. 糖尿病 48 (suppl. 1) : A1-A13, 2005.
6) 田中昌一郎, 他 : 緩徐進行1型糖尿病 (SPIDDM) 診断基準 (2012)-1型糖尿病調査研究委員会 (緩徐進行1型糖尿病分科会) 報告-. 糖尿病 56 (8) : 590-597, 2013.
9) Kobayashi T, et al : GAD antibodies seldom disappear in slowly progressive IDDM. Diabetes Care 19 (9) : 1031, 1996.
13) 今川彰久, 他 : 1型糖尿病調査研究委員会報告-劇症1型糖尿病の新しい診断基準 (2012). 糖尿病 55 (10) : 815-820, 2012.
16) Chen L W, et al : Fulminant type l diabetes mellitus associated with pregnancy in China. Int J Gynaecol Obstet 129 (2) : 173-174, 2015.
17) 清野裕, 他 : 座談会臨床でしばしばみられるGAD抗体陽性糖尿病をどのように考え扱うのか, Diabetes Strategy 5 (1) : 12, 2015.
P.74 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 平成24年「国民健康・栄養調査」. <http://www.mhlw. go. jp/stf/houdou/0000032074.html> (最終アクセス日平成28年7月20日)
2) 厚生労働省 : 平成26年我が国の人口動態 <wwwmhlw.go.jp/toukei/list/dl/81-1a2.pdf> (最終アクセス日平成28年7月20日)
3) 妊婦耐糖能異常の診断と管理に関する検討小委員会 : 周産期委員会報告 (妊娠糖尿病について). 日産婦会誌 47 : 609-610, 1995.
4) 糖尿病診断基準検討委員会 : 糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告. 糖尿病 42 : 385-401, 1999.
5) 妊婦の糖尿病診断基準ならびに管理検討小委員会 : 栄養代謝問題委員会報告 : 糖代謝異常妊婦とくに妊娠糖尿病の診断に関する指針 (案). 日産婦会誌 36 : 2055-2058, 1984.
8) 平松祐司, 他 : 日本糖尿病・妊娠学会と日本糖尿病学会との合同委員会報告 : 日本糖尿病・妊娠学会と日本糖尿病学会との合同委員会妊娠中の糖代謝異常と診断基準の統一化について. 糖尿病 58 : 801-803, 2015.
9) 清野裕他 : 糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告. 糖尿病 53 : 450-467, 2010.
10) 日本産婦人科学会, 他 : CQOO5-1妊娠中の耐糖能検査は? 産科診療ガイドライン産科編 2014 (日産婦人科学会), p19-23. 2014.
11) 中林正雄, 他 : 妊娠糖尿病診断基準変更に関する委員会報告. 糖尿病と妊娠 10 : 21, 2010
13) 日本糖尿病学会 : 16. 妊婦の糖代謝異常. 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013 (日本糖尿病学会), p217-232. 2013.
14) 杉山隆他 : 妊娠糖尿病のスクリーニングに関する多施設共同研究報告. 糖尿病と妊娠 6 : 7-12, 2006.
15) 日本産婦人科学会, 他 : CQOO5-1妊娠中の耐糖能検査は? 産科診療ガイドライン産科編 2014 (日本産科婦人科学会), p19-23, 2014.
16) 今川彰久, 他 : 1型糖尿病調査研究委員会報告-劇症1型糖尿病の新しい診断基準 (2012). 糖尿病 55 : 815-820, 2012.
17) 川崎英二, 他 : 妊娠関連発症1型糖尿病に関する全国調査. 糖尿病と妊娠 6 : 104-107, 2006.
P.82 掲載の参考文献
1) メタボリックシンドローム診断基準検討委員会 : メタボリックシンドロームの定義と診断基準. 日内会雑 94 : 794-809, 2005.
2) 門脇孝 : 厚生労働省資料. 第5回特定健康診査・特定保健指導の在り方に関する検討会. 2016年4月5日.
3) 「保健指導への活用を前提としたメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出のための横断・縦断研究」 (平成19~21年度)
4) 「特定健診・保健指導におけるメタボリックシンドロームの診断・管理のエビデンス創出に関する横断・縦断研究」 (平成22~26年度)
5) 厚生労働科学研究「生活習慣病予防活動・疾病管理による健康指標に及ぼす影響と医療費適正化効果に関する研究」 (平成22~24年度)
7) Wing R R et al : Cardiovascular effects of intensive lifestyle intervention in type 2 diabetes. N Eng J Med 369 : 145-154, 2013.
8) 日本肥満学会肥満症診断基準検討委員会 : 新しい肥満の判定と肥満症の診断基準. 肥満研 6 : 18-28, 2000.
9) 日本肥満学会肥満症ガイドライン作成委員会 : 肥満症治療ガイドライン2006. 肥満研究 12 (臨時増刊) : 10-15, 2006.
10) Examination Committee of Criteria for 'Obesity Disease' in Japan ; Japan Society for the Study of Obesity. New criteria for'obesity disease' in Japan. Circ J 66 : 987-992, 2002.
11) 日本肥満学会 : 肥満症診療ガイドライン2016. ライフサイエンス出版, 東京, 2016.
14) Knowler W C, et al : Reduction in the incidence of type 2 diabetes with lifestyle intervention or metformin. N Engl J Med 346 (6) : 393-403, 2002.
15) Ni Mhurchu C, et al : Body mass index and risk of diabetes mellitus in the Asia-Pacific region. Asia Pac J Clin Nutr 15 : 127-133, 2006.
18) Okada-lwabu M, et al : A small-molecule AdipoR agonist for type 2 diabetes and short life in obesity. Nature 503 : 493-499, 2013.
P.85 掲載の参考文献

第4章 管理・治療

P.92 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病治療ガイド2016-2017. p26-28. 文光堂, 東京, 2016.
2) 日本糖尿病学会編 : 糖尿病治療ガイド2012-2013. p24-26. 文光堂, 東京, 2012.
3) American Diabetes Association : Glycemic Targets : standards of medical care in diabetes 2016. Diabetes Care 39 (Supplement 1) : S39-S46, 2016.
4) 日本糖尿病学会編・著 : 2. 糖尿病治療の目標と指針. 糖尿病診療ガイドライン2016. p23-35. 南江堂, 東京, 2016.
7) Gerstein H C, et al : (Action to control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group) : Effects of intensive glucose lowering in type 2 diabetes. N Engl J Med 358 : 2545-2559, 2008.
8) The Diabetes control and Complications Trial (DCCT) Research Group : The absence of a glycemic threshold for the development of longtrem complications. : the prespective of the Diabetes control and Complications Trial. Diabetes 45 : 1289-1298, 1996.
9) Brown A F, et al : Guildlines for inprooving the care of the older person with diabetes mellitus. J Am Geriatr Soc 51 : S265-280, 2003.
10) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病治療ガイド 2016-2017. p97-98. 文光堂, 東京, 2016.
11) 日本糖尿病学会編・著 : 「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」作成について. 糖尿病診療ガイドライン 2016. p447-448. 南江堂, 東京, 2016.
P.99 掲載の参考文献
2) 厚生労働省 : 平成22年国民健康・栄養調査結果の概要
3) 厚生労働省 : 日本人の食事摂取基準2015年版. 第一出版, 2014年.
8) Goto M, et al : Reduction in adiposity, β-cell function, insulin sensitivity, and cardiovascular risk factors : a perspective study among Japanese with obesity. PLoS ONE 3 : e57964, 2013.
9) 日本糖尿病学会編 : 根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2013. 南江堂, 東京, 2013.
10) So W Y. et al : Risk factors in V-shaped risk associations with all-cause mortality in type 2 diabetes-The Hong Kong Diabetes Registry. Diabetes Metab Res Rev 24 : 238-246, 2008.
12) Faidon M, et al : Effects of moderate and subsequent progressive weight loss on metabolic function and adipose tissue biology in humans with obesity. Cell Metabolism 23 : 591-601, 2016.
13) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病診療ガイドライン 2016. 南江堂, 東京, 2016.
P.106 掲載の参考文献
2) Nelson J D, et al : Metabolic response of normal man and insulin-infused diabetics to postprandial exercise. Am J Physiol 242 (5) : E309-316, 1982.
4) Sone H, et al : Leisure-time physical activity is a significant predictor of stroke and total mortality in Japanese patients with type 2 diabetes : analysis from the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Diabetologia 56 (5) : 1021-1030, 2013.
5) 佐藤祐造編 : 糖尿病運動療法指導マニュアル. 南江堂, 東京, 2011.
6) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病治療ガイド 2016-2017. 文光堂, 東京, 2016.
P.115 掲載の参考文献
9) 鴫原奈弓, 他 : 2型糖尿病のインスリン混合製剤1日2回注射法効果不十分例におけるSU薬+グラルギン併用療法への切り替え効果の検討 (JUN-LAN Study 8). 糖尿病 53 (3) : 157-161, 2010.
10) 日本糖尿病学会編・著 : 9ライフステージごとの糖尿病C高齢者の糖尿病. 糖尿病治療ガイド 2016-2017, p95-98. 文光堂, 東京, 2016.
11) 日本糖尿病学会編・著 : 第10章薬物療法1スルポニル尿素薬, 2速効型インスリン分泌促進薬. 糖尿病専門医研修ガイドブック改訂第6版, p214-217. 診断と治療社, 東京, 2014.
P.124 掲載の参考文献
6) 加来浩平, 他 : 2型糖尿病治療におけるメトホルミンの使用実態に関する観察研究 (MORE study). 糖尿病 49 : 325-331, 2006.
9) 村上ちひろ, 他 : メトグルコ錠リスク最小化策の実施と評価方法に関する報告. 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス 45 (7) : 561-571, 2014.
P.132 掲載の参考文献
1) 一般社団法人日本糖尿病学会 : 糖尿病治療ガイド 2012-2013. P29. 2012.
2) 一般社団法人日本糖尿病学会 : 糖尿病治療ガイド 2014-2015. P29. 2014.
P.149 掲載の参考文献
2) Vilsbφll T, et al : Defective amplification of the late phase insulin response to glucose by GIP in obese Type II diabetic patients. Diabetologia 45 (8) : 1111-1119, 2002.
16) Ahren B, et al : Vildagliptin enhances islet responsiveness to both hyper-and hypoglycemia in patients with type 2 diabetes. J Clin Endcrinol Metab 94 : 1236-1243, 2009.
20) Gutzwiller J P, et al : Glucagon-like peptide-1 promotes satiety and reduces food intake in patients with diabetes mellitus type 2. Am J Physiol 276 : R1541-R1544, 1999.
27) Mari A, et al : Vildagliptin, a Dipeptidyl Peptidase-IV Inhibitor, Improves Model-Assessed β-Cell Function in Patients with Type 2 Diabetes. J Clin Endo Metab. J Clin Endocrinol Metab 90 (8) : 4888-4894, 2005.
30) Eng J, et al : Isolation and characterization of exendin-4, an exendin-3 analogue, from Heloderma suspectum venom. Further evidence for an exendin receptor on dispersed acini from guinea pig pancreas. J Biol Chem 267 (11) : 7402-7405, 1992.
35) MSD株式会社 : インタビューフォーム「マリゼブ(R)錠 12.5mg・25mg」
38) Usui R, et al : Retrospective analysis of safety and efficacy of insulin-to-liraglutide switch in Japanese type 2 diabetes : A caution against inappropriate use in patients with reduced β-cell function. J Diabetes Investig 4 (6) : 585-594, 2013.
48) Marso S P, et al : Liraglutide and cardiovascular outcomes in Type 2 Diabetes. N Engl J Med 2016. 【Epub ahead of print】
P.160 掲載の参考文献
6) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病治療ガイド 2016-2017, p57. 文光堂, 東京, 2016.
7) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病診療ガイドライン 2016, p128. 南江堂, 東京, 2016.
8) The Diabetes Control and Complications Trial Research Group : The effect of intensive treatment of diabetes on the development and progression of long-term complications in insulin-dependent diabetes mellitus. N Engl J Med 29 : 977-986, 1993.
11) Cheng A Y, et al : Evidence-Based diabetes care. P334, Hamilton Ontario BC Decker, 2001.
13) Shichiri M, et al : Long-term results of the Kumamoto Study on optimal diabetes control in type 2 diabetic patients. Diabetes Care 23 Suppl 2 : B21-B29, 2000.
14) United Kingdom Prospective Diabetes Study Group : United Kingdom Prospective Diabetes Study 24 : a 6-year, randomized, controlled trial comparing sulfonylurea, insuiin, and metformin therapy in patients with newly diagnosed type 2 diabetes that could not be controlled with diet herapy. Ann Intern Med 128 : 165-175, 1998.
17) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病治療ガイド 2016-2017, p62. 文光堂, 東京, 2016.
18) 日本老年医学会日本医療研究開発機構研究費・高齢者の薬物治療の安全性に関する研究研究班編 : 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン 2015, p113. 図書印刷堂, 東京, 2015.
P.170 掲載の参考文献
2) The Diabetes Control and Complications Trial Research Group : The effect of intensive treatment of diabetes on the development and progression of long-term complications in insulin-dependent diabetes mellitus. N Engl J Med 329 (14) : 977-986, 1993.
5) ADVANCE Collaborative Group, et al : Intensive blood glucose control and vascular outcomes in patients with type 2 diabetes. N Engl J Med 358 (24) : 2560-2572, 2008.
6) Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group, et al : Effects of intensive glucose lowering in type 2 diabetes. N Engl J Med 358 (24) : 2545-2559, 2008.
7) Ismail-Beigi F, et al : Effect of intensive treatment of hyperglycaemia on microvascular outcomes in type 2 diabetes : an analysis of the AC CORD randomised trial. Lancet 376 (9739) : 419-430, 2010.
11) Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Follow-On (ACCORDION) Eye Study Group, et al : Persistent Effects of Intensive Glycemic Control on Retinopathy in Type 2 Diabetes in the Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes (ACCORD) Follow-On Study. Diabetes Care 39 (7) : 1089-1100, 2016.
16) Early worsening of diabetic retinopathy in the Diabetes Control and Complications Trial. Arch Ophthalmol 116 (7) : 874-886, 1998.
17) 高橋良当, 他 : 糖尿病における治療後有痛性神経障害86例の病態. 糖尿病 41 (3) : 165-170, 1998.
P.181 掲載の参考文献
3) Diabetes Control and Complications Trial/Epidemiology of Diabete Interventions and Complications (DCCT/EDIC) Study Research Group : Intensive diabetes treatment and cardiovascular disease in patients with type 1 diabetes. N Engl J Med 353 (25) : 2643-2653, 2005.
6) Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group : Effects of intensive glucose lowering in type 2 diabetes. N Engl J Med 358 (24) : 2545-2559, 2008.
7) ADVANCE Collaborative Group : Intensive blood glucose control and vascular outcomes in patients with type 2 diabetes. N Engl J Med 358 (24) : 2560-2572, 2008.
14) SAVOR-TIMI 53 Steering Committee and Investigators : Saxagliptin and cardiovascular outcomes in patients with type 2 diabetes mellitus. N Engl J Med 369 (14) : 1317-1326, 2013.
16) TECOS Study Group : Effect of Sitagliptin on Cardiovascular Outcomes in Type 2 Diabetes. N Engl J Med 373 (3) : 232-242, 2015.
18) LEADER Steering Committee on behalf of the LEADER Trial Investigators : Liraglutide and Cardiovascular Outcomes in Type 2 Diabetes. N Engl J Med 2016. [a head of print]
20) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病治療ガイド 2016-2017. p97-98. 文光堂, 東京, 2016.
P.188 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病・妊娠学会と日本糖尿病学会との合同委員会, 他 : 妊娠中の糖代謝異常と診断基準の統一化について. 日産婦誌 67 : 1656-1658, 2015.
2) 平松祐司 : 妊婦の糖代謝異常. 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2013. p217-232. 南江堂, 東京, 2013.
3) 平松祐司 : 妊娠糖尿病学p571-578. 西村書店, 東京, 2015.
4) 平松祐司 : 妊娠糖尿病と周産期合併症. 日産婦誌 56 : 1118-1123, 2004.
5) 日本産科婦人科学会, 他 : CQOO5-2妊娠糖尿病 (GDM) (妊娠時に診断された明らかな糖尿病ならびに糖尿病 (DM) 合併妊婦の管理・分娩は? 産婦人科診療ガイドライン 2014 産科編) p24-28, 2014.
7) Jovanovic-Peterson L, et al : Maternal postprandial glucose levels and infant birth weight : the Diabetes in Early Pregnancy Study. The National Institute of Child Health and Human Development-Diabetes in Early Pregnancy Study. Am J Obstet Gynecol 164 (1 Pt 1) : 103-111, 1991.
10) 清水一紀他 : 糖尿病合併妊婦および妊娠糖尿病におけるグリコアルブミンと母児合併症に関する調査. 糖尿病と妊娠 10 : 27-31, 2010.
11) 平松祐司, 他 : 糖尿病・妊娠糖尿病合併妊娠, 産婦人科ホルモン療法マニュアル. 産科と婦人科 2008 増刊 : 101-108, 2008.
12) 楠宜樹, 他 : 妊娠中のインスリンの使用法について教えて下さい. 妊婦の糖代謝異常診療・管理マニュアル (日本糖尿病・妊娠学会編), p91-94. メジカルビュー, 東京, 2015.
P.196 掲載の参考文献
4) White N H, et al : Diabetes Contol and Complications Trial (DCCT) /Epidemiology of Diabetes Intervention and Complications (EDIC) Reaserch Group : Beneficial effects of intensive therapy of diabetes during adolescence : Outcome after the conclusion of the Diabetes Control and Complications Trial (DCCT). J Pediatrics 139 : 804-812, 2001.
8) 内潟安子 : 1型糖尿病の治療の原則. 診断と治療 91 (9) : 1558-1562, 2003.
11) 岡田泰助, 他 : 学校検尿と治療中断が18歳未満発症2型糖尿病の合併症に与える影響. 糖尿病43 : 131-137, 2000.
12) 内潟安子 : 小児・若年者の2型糖尿病患者におけるインスリン導入の適応と問題点. プラクティス 16 : 624-629, 1999.
14) Urakami T : How should we treat type 2 diabets? Pediatri Endocrinol Rev 3 : 17-23, 2005.
15) Zeitler P, et al : ISPAD Clinical Practice Consensus Guidelines 2014 Compendium Type 2 diabetes in the child and adolescent. Pediatric Diabetes 15 (Suppl 20) : 26-40, 2014.
P.204 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病診療ガイドライン 2016. p411. 南江堂, 東京, 2016.
5) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病治療ガイド 2016-2017. p98. 文光堂, 東京, 2016.
6) 血糖コントロール目標認知機能とADLの評価 (全文PDF). 日本老年医学会ホームページ (2016年9月12日確認). <http://www.jpn-geriat-soc.or.jp/tool/pdf/tool_01.pdf>
8) 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015-総論部分 日本老年医学会ホームページ (2016年9月12日確認). <http://www.jpn-geriat-soc.or.jp/info/topics/pdf/20150427_Ol_02.pdf>
9) American Diabetes Association : 10. Older Adults. Diabetes Care 39 (Suppl. 1) : S81-S85, 2016.
10) 日本老年医学会・日本医療研究開発機構研究費・高齢者の薬物治療の安全性に関する研究研究班編 : 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン 2015. p112-116. メジカルビュー社, 東京, 2015.
11) メトホルミンの適正使用に関するRecommendation (2016年5月12日改訂). 日本糖尿病学会ホームページ (2016年9月12日確認). <http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/recommendation_metformin.pdf>
12) SGLT2阻害薬の適正使用に関するRecommendation (2016年5月12日改訂). 日本糖尿病学会ホームページ (2016年9月12日確認). <http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/recommendation_SGLT2.pdf>
P.213 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会 : 免疫チェックポイント阻害薬使用患者における1型糖尿病の発症に関するRecommendation.
2) 加来浩平 : インスリン治療実践マニュアル改定第4版, p33-35. 南江堂, 東京, 2008.
3) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病専門医研修ガイドブック改訂第6版, p260-265. 診断と治療社, 東京, 2014.
4) 金澤康徳 : ジョスリン糖尿病学第2版, p989-1002. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2007.
9) Henquin J C : Cell biology of insulin secretion. In : Joslin's DIABETES MELLITUS 14 th ed (Kahn CR, et al, eds), p83-107. Lea & Febiger, USA, 2005.
P.221 掲載の参考文献
1) 石井均 : 糖尿病療養行動 (自己管理行動) に影響する心理社会的要因. 糖尿病医療学人門 (石井均著). pp26-32. 医学書院, 東京, 2011.
2) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病の自己管理と療養支援. 糖尿病治療ガイドライン 2016. pp147-165. 2016.
3) Haas L, et al : National Standard for diabetes self-management education and support. Diabetes Care 35 : 2393-2401, 2012.
4) 日本糖尿病学会編・著 : 糖尿病患者教育とチーム医療. 糖尿病治療ガイド 2016-2017. 2016.
P.223 掲載の参考文献
2) Juvenile Diabetes Research Foundation Continuous Glucose Monitoring Study Group, et al : N Engl J Med 359 (14) : 1464-1476, 2008.

最近チェックした商品履歴

Loading...