下垂体疾患診療マニュアル 改訂第2版

出版社: 診断と治療社
著者:
発行日: 2016-11-25
分野: 臨床医学:内科  >  内分泌/代謝
ISBN: 9784787822574
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

7,700 円(税込)

商品紹介

下垂体疾患の診療に必要な知識を網羅したマニュアル.基礎知識として,解剖や視床下部・下垂体から分泌されるホルモンの詳細を解説し,臨床知識として,病理や機能検査,画像診断,治療法を概説している.さらに,各論では多くの疾患の診療法について図表を多く用いてわかりやすくまとめている.内科医のみならず,脳神経外科医,小児科医にも読んでいただきたい一冊である.待望の改訂第2版!!

目次

  • 下垂体疾患診療マニュアル 改訂第2版

    ―目次―

    I 総論編
     1 下垂体疾患の診療―内科から―
     2 下垂体疾患の治療―外科から―
     3 下垂体疾患の診療―小児科から―
     4 下垂体疾患の診療―内分泌病理から―

    II 各論編
     第1章 基礎知識
      A 下垂体の発生,分化
      B 視床下部・下垂体の解剖
      C 視床下部の機能
      D 視床下部ホルモン
     第2章 臨床知識
      A 総論
      B 検査
      C 治療総論
      D 下垂体前葉疾患各論
      E 下垂体後葉疾患各論

    III Topics
     1 ES/iPS細胞による下垂体分化とその応用
     2 下垂体腫瘍と(プロ)レニン受容体
     3 下垂体前葉細胞と細胞外マトリックス
        ―マトリクラインとは?―
     4 リンパ球性下垂体炎と抗ラブフィリン3A抗体
     5 本態性高ナトリウム血症とNax自己抗体
     6 成人GH分泌不全症における新たな合併症NAFLD/NASH
     7 免疫チェックポイント阻害薬と下垂体炎
     8 下垂体ホルモン補充療法における新規薬物療法の展望
     9 下垂体腫瘍における新規薬物療法の展望
     10 トルコ鞍部腫瘍に対する重粒子療法,陽子線療法
     11 下垂体腫瘍手術の近未来
        ―安全な内視鏡手術の普及を目指して―

    付 録
    おもな下垂体機能検査・画像検査の判定基準・所見一覧

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...