医学と薬学 74/3 2017年3月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2017-02-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: インフルエンザupdate
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,160 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,728 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【特集 インフルエンザ update】
  • 診断と治療
  • インフルエンザ治療薬
  • インフルエンザの診断の進め方
  • インフルエンザ合併症の診断・治療
  • 予防と感染制御
  • インフルエンザワクチン
  • 施設における感染制御
  • 新型インフルエンザ対策
  • 【前臨床試験】
  • トウキ, センキュウ, シャクヤク, ジオウなどからなる生薬製剤の抗うつ・抗不安作用の評価
  • 【臨床試験】
  • アリピプラゾールOD錠6mg「日医工」の健康成人における生物学的同等性試験
  • 酵母331株由来エキスを配合したクリームによる, 変形性膝関節症・リウマチならびにその他疼痛症状に対する臨床試験結果
  • 【Diagnosis】
  • 電気化学発光免疫測定装置「コバス8000免疫処理用e801モジュール」を用いた甲状腺関連項目の基礎的検討
  • PIVKA - II測定試薬の基礎的性能の比較
  • 【Cosmetic】
  • 爪用美容液の爪の形状に及ぼす効果
  • ヒアルロン酸ナトリウム配合パッチのシワ改善効果
  • 【巻末付録】
  • 特集予定
  • バックナンバー
  • 学会・研究会開催予定 ( 2017年3月~5月 )
  • 編集顧問
  • 人名索引
  • キーワード索引
  • ご投稿案内
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 インフルエンザ update】

P.245 掲載の参考文献
2) Colman PM, Hoyne PA, Lawrenceet MC : Sequence and structure alignment of paramyxo-virus hemagglutinin-neuraminidase with influenza virus neuraminidase. J virol 67 (6) : 2975-2980, 1993.
8) WHO : Meetings of the WHO working group on surveillance of influenza antiviral susceptibility-Geneva and June 2012. Wkly Epidemiol Rec 87 : 369-374, 2012.
11) Li W, Escarpe PA, Eisenberg EJ et al : Identification of GS 4104 as an orally bioavailable prodrug of the influenza virus neuraminidase inhibitor GS 4071. Antimicrob Agents Chemother 42 (3) : 647-653, 1998.
14) 医薬品医療機器総合機構 : 医薬品インタビューフォーム. www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/450045_6250021M1027_1_026_1F, 2016年12月27日アクセス.
15) Eisenberg EJ, Bidgood A, Cundy KC : Penetration of GS4071, a novel influenza neuraminidase inhibitor, into rat bronchoalveolar lining fluid following oral administration of the prodrug GS4104. Antimicrob Agents Chemother 41 (9) : 1949-1952, 1997.
32) 医薬品医療機器総合機構 : 使用上の注意改訂情報 (平成27年8月6日指示分). http://www.pmda.go.jp/safety/info-services/drugs/calling-attention/revision-of-precautions/0297.html#7, 2016年12月27日アクセス.
33) 医薬品医療機器総合機構 : 医薬品インタビューフォーム. www.info.pmda.go.jp/go/interview/1/340018_6250405A1032_1_007_1F, 2016年12月27日アクセス.
48) 国立感染症研究所 : 抗インフルエンザ薬耐性株検出情報. http://www.nih.go.jp/niid/ja/influ-resist.html. 2016年12月27日アクセス.
62) Campbell R, Dolan K, Fallows E et al : Evaluation of a chemiluminescence-based rapid influenza anti-viral resistance test. The 4 th isirv-AVG conference. Austin, TX, 2015.
65) Yates PJ, Peppercorn AF, Shortino D et al : Virological analysis from a Phase III study of hospitalized patients with influenza and treated with intravenous zanamivir or oral oseltamivir. Option IX for the control of influenza. Chicago, IL. 2016.
77) Shisido T, Omoto S, Ishida K et al : S-033447/S-033188, a novel small molecule inhibitor of Cap-dependent endonuclease (CEN) of influenza A and B virus : In vitro inhibition effect of S-033447 on CEN activities of influenza A and B virus. Option IX for the control of influenza. Chicago, IL. 2016.
P.254 掲載の参考文献
3) Treanor JJ : Influenza (including avian influenza and swine influenza). 2000-24. Mandell, Douglas, and Bennett's Principles and practice of infectious diseases 8th ed., Elsevier Saunders, 2015.
5) 三田村敬子 : 迅速診断法 : ウイルス感染症. 日本胸部臨床 73 : 28-40, 2014.
8) 齋藤玲子, 鈴木康司, 鈴木貴子他 : なぜ海外と日本では迅速診断キットの信頼性が異なるのか. インフルエンザ 11 : 151-158, 2010.
P.260 掲載の参考文献
1) Fiore AE, Fry A, Shay D et al : Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza?recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 60 : 1-24, 2011.
3) T reanor JJ : Influenza (including avian and swine influenza). In : Bennett JE, Dolin R, and Blaser MJ eds., Principles and Practice of Infectious Diseases. 8th ed., Philadelphia, PA, USA. Elsevier/Churchill Livingstone : 2000-2024, 2015.
5) Yeldandi AV, Colby TV : Pathologic features of lung biopsy specimens from influenza pneumonia cases. Hum Pathol 25 : 47-53, 1994.
11) Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Bacterial coinfections in lung tissue specimens from fatal cases of 2009 pandemic influenza A (H1N1) -United States, May-August 2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 58 : 1071-1074, 2009.
12) Wright PF, Neumann G, Kawaoka Y : Orthomyxoviruses. In : Knipe DM, Howley PM, eds., Fields Virology. 5th ed., Philadelphia, PA, USA : Lippincott Williams & Wilkins : 1691-1740, 2007.
19) 厚生労働省インフルエンザ脳症研究班. インフルエンザ脳症ガイドライン【改訂版】, 平成21年9月. http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/hourei/2009/09/dl/info0925-01.pdf
21) Hu JJ, Kao CL, Lee PI et al : Clinical features of influenza A and B in children and association with myositis. J Microbiol Immunol Infect 37 : 95-98, 2004.
23) Onitsuka H, Imamura T, Miyamoto N et al : Clinical manifestations of influenza a myocarditis during the influenza epidemic of winter 1998-1999. J Cardiol 37 : 315-323, 2001.
24) Warren-Gash C, Smeeth L, Hayward AC : Influenza as a trigger for acute myocardial infarction or death from cardiovascular disease : a systematic review. Lancet Infect Dis 9 : 601-610, 2009.
P.268 掲載の参考文献
2) 一般社団法人日本ワクチン産業協会 : ワクチンの基礎 2016. 一般社団法人日本ワクチン産業協会, 東京, 2016.
3) 中野貴司 : インフルエンザワクチン. カレントテラピー 32 (1) : 44-49, 2014.
4) 木村三生夫, 平山宗宏, 堺春美編著 : インフルエンザ. 予防接種の手びき (第9版), pp.215-233, 近代出版, 東京, 2003.
5) 中野貴司 : インフルエンザワクチン. 化学療法の領域 22 : 1411-1416, 2006.
6) 平成9~11年度厚生科学研究 (新興, 再興感染症研究事業) 報告書 : 「インフルエンザワクチンの効果に関する研究」 (主任研究者 : 神谷齊)
7) CDC : Chapter16 ; Influenza. National Immunization Program Pink Book 9th ed., pp.233-253, CDC, Atlanta, 2006.
8) 平成12~14年度厚生労働科学研究 (新興, 再興感染症研究事業) 報告書 : 「乳幼児に対するインフルエンザワクチンの効果に関する研究」 (主任研究者 ; 神谷齊〔12, 13年度〕, 加地正郎〔14年度〕)
9) 福島若葉 : 日本の不活化インフルエンザワクチンの有効性について, 対象年齢別, 評価指標別 (発病予防・死亡回避など) に. 中野貴司編著, まるわかりワクチン Q&A. 日本医事新報社, 東京, 2015.
13) 関由喜, 大西弘夏, 小野瀬輝他 : Test-negative case control designによる成人のインフルエンザワクチン効果-2013/14, 2014/15 シーズン-. 感染症誌 90 (4) : 486-492, 2016.
14) 中野貴司 : 卵アレルギーがある場合のワクチン接種はどのようにすべきですか?. 菅谷憲夫編, インフルエンザ診療ガイド 2012-2013. pp.132-135, 日本医事新報社, 東京, 2012.
15) 予防接種ガイドライン等検討委員会 : 予防接種ガイドライン2016年版. 予防接種リサーチセンター, 東京, 2016.
P.274 掲載の参考文献
1) 福島若葉 : インフルエンザワクチン Q&A (Q92) ワクチンまるわかり, pp.307-308, 日本医事新報社, 東京, 2015.
2) 日本臨床内科医会インフルエンザ研究班 : インフルエンザワクチンの有効性と安全性. インフルエンザ診療マニュアル 2015-2016年シーズン版 (第10版), 日本臨床内科医会雑誌 30 : 16-21, 2015.
4) Siegel JD, Rhinehart E, Jackson M et al : Health Care Infection Control Practices Advisory Committee. 2007 Guideline for Isolation Precautions : Preventing Transmission of Infectious Agents in Health Care Settings. Am J Infect Control 35 (10 Suppl 2) : S65-164, 2007. http://www.cdc.gov/hicpac/2007IP/2007isolationPrecautions.html
6) CDC : Prevention and control of seasonal influenza with vaccines : Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices? United States, 2013-2014. MMWR Recomm Rep 62 : 1-43, 2013. http://www.cdc.gov/Mmwr/preview/mmwrhtml/rr6207a1.htm
7) 社団法人日本感染症学会 提言2012 (日本感染症学会, 2012年), http://www.kansensho.or.jp/influenza/pdf/1208_teigen.pdf
8) インフルエンザ施設内感染予防の手引き (厚労省, 2013年), http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/tebiki25.pdf
9) 高齢者介護施設における感染対策マニュアル (厚生労働省老人保健事業推進費等補助金, 2013年), http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/tp0628-1/
10) 学校において予防すべき感染症の解説 (文科省, 2013年) http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1334054.htm
11) 学校, 幼稚園, 保育所において予防すべき感染症の解説 (日本小児科学会 2012年), http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/saisin_1101181.pdf
12) 保育所における感染症対策ガイドライン (厚労省, 2012年), http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku02.pdf
13) Prevention Strategies for Seasonal Influenza in Healthcare Settings (CDC), http://www.cdc.gov/flu/professionals/infectioncontrol/healthcaresettings.htm
P.283 掲載の参考文献
1) 新型インフルエンザ等対策政府行動計画 : http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/keikaku.html

【臨床試験】

P.298 掲載の参考文献
2) 平成26年患者調査, 厚生労働省.
3) 自殺の統計 (平成27年中における自殺の状況), 厚生労働省.
8) 川嵜弘詔, 織部直弥, 神庭重信 : 気分障害. p16, 医学書院, 東京, 2008.
10) パナパール錠添付文書, 剤盛堂薬品株式会社.
11) パナパール添付文書, 剤盛堂薬品株式会社.
12) アクマチック添付文書, 剤盛堂薬品株式会社.
13) エッキ錠添付文書, 剤盛堂薬品株式会社.
14) 安静錠添付文書, 剤盛堂薬品株式会社.
16) 高木敬次郎, 原田正敏 : 芍薬の薬理学的研究 (第1報) ペオニフロリンの中枢作用および甘草成分FM100との併用効果. 薬学雑誌 89 (7) : 879-886, 1969.
18) 金島弘恭, 山口智弘, 黒沢秀樹他 : 川弓の薬理学的研究 (第1報) 川弓エーテルエキスの鎮静作用 北海道立衛生研究所報 第25 集12, 1975.
19) 金島弘恭, 山口智弘, 黒沢秀樹他 : 川弓の薬理学的研究 (第2報) 川弓水製エキスの鎮静作用 北海道立衛生研究所報 第26集 22, 1976.
20) 山中医学院編, 神戸中医学研究会訳・編 : 漢薬の臨床応用. pp.348-350, 医歯薬出版株式会社, 東京, 1979.
23) 中谷晶子, 村澤寛泰, 松田智美他 : 社会性敗北ストレスを用いたトレドミン錠 (Milnacipran) の抗不安効果. 日本神経精神薬理学雑誌 27 (301) : 2007.
24) Imakura K, Yamazaki M, Mohri T : Counteraction of genipin to the trauma-and scopolamine-induced impairment of memory in mice. Journal of traditional medicines 13 : 173-179, 1996.
25) 合田幸広, 袴塚高志 : 新一般用漢方処方の手引き. 株式会社じほう, 東京, 2013.
P.307 掲載の参考文献
1) 後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン等の一部改正について (薬食審査発0229 第10号 平成24年2月29日)
2) (財) 日本薬剤師研修センター編集 : 医薬品承認申請ガイドブック 2000
3) 医薬品の製造 (輸入) 承認申請に際して添付すべき安定性試験成績の取り扱いについて (薬審第43号 平成3年2月15日)
P.315 掲載の参考文献
1) Wadie IN, Sibylle R, Fred H et al : S -Adenosyl methionine (SAMe) versus celecoxib for the treatment of osteoarthritis symptoms, A double-blind cross-over trial. BMC Musculoskeletal Disorders 5, 6 : 2004.
2) Bradley JD, Flusser D, Katz BP et al : A randomized, double blind, placebo controlled trial of intravenous loading with S-adenosylmethionine (SAM) followed by oral SAM therapy in patients with knee osteoarthritis. The Journal of Rheumatology 21 (5) : 905-911, 1994.
3) Giorgio S : Pharmacologic Aspects of S-Adenosylmethionine. Pharmacokinetics and Pharmacodynamics. The American Journal of Medicine 83 (suppl 5A) : 35-42, 1987.
5) 厚生労働省資料 次期国民健康づくり運動に関する委員提出資料 <http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001xkwz-att/2r9852000001xkyg.pdf> 2016年9月21日アクセス
6) 世界保健機関 (WHO) 世界保健統計2016年版 <http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2016/health-inequalities-persist/en/> 2016年9月21日アクセス
7) 総務省統計局 人口推計 (平成28年7月報) <http://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/201607.pdf> 2016年10月2日アクセス
9) Bottiglieri T : S-adenosyl-l-methionine (SAMe) : from the bench to the bedside-molecular basis of a pleiotrophic molecule. The American journal of clinical nutrition 76 (5) : 1151s-1157s, 2002.
10) 山中典子, 久保 明, 仁瓶史美 : SAM-e含有酵母による膝関節の違和感等改善効果. 薬理と治療 43 (4) : 549-559, 2015.
12) Debasis B et al : S-Adenosyl-L-Methionine. ARTHRITIS Pathophysiology, prevention, and therapeutics. 2011.
14) U. S. Food and Drug Administration (1998) 75-Day Premarket Notifications for New Dietary Ingredients (S-adenosyl methionine). <http://www.fda.gov/ohrms/dockets/dockets/95s0316/rpt0032_01.pdf> 2016年10月2日アクセス
16) Muller-Fassbender H : Double-blind clinical trial of S-adenosylmethionine versus ibuprofen in the treatment of osteoarthritis. The American Journal of Medicine 83 (5A) : 81-83, 1987.
17) Hiroshi M : Clinical efficacy of S-adenosyl-L-methionine (SAMe) in osteoarthritis (OA) : A pilot human study. ISNFF 97 : 2014.
18) 矢澤一良 (東京海洋大学大学院) : 骨, 関節, 筋肉と栄養-抗ロコモティブシンドローム対応素材 サミーとロコモティブ・シンドローム. Food Style 21 15 (10) : 40-43, 2011.
20) Nirsch RP, Pettrone FA : Tennis elbow-the surgical treatment of laternal epicondylitis. J Bone Joint Surg 61-A : 832-839, 1979.
21) Giorgio S : Pharmacologic aspects of S-adenosylmethionine. Pharmacokinetics and pharmacodynamics. The American Journal of Medicine 83 (5A) : 35-42, 1987.
22) Hiroshi M : Hybrid total knee arthroplasties in rheumatoid arthritis. Bull Hosp Jt Dis. Summer 53 (3) : 19-20, 1993.

【Diagnosis】

P.325 掲載の参考文献
1) 渋谷斉, 山本雅史, 鈴木春樹他 : エクルーシス2010を用いた甲状腺関連項目の基礎検討. 医学と薬学 41 (4) : 645-651, 1999.
2) 楚南盛正, 平岡要, 山田絵理子他 : 電気化学発光免疫測定装置「Modular Analytics <EE>」を用いたTSHおよび甲状腺ホルモン測定法の基礎的, 臨床的検討. 医学と薬学 46 (5) : 759-771, 2001.
3) 宮崎直子, 田中克昌, 北川亘他 : エクルーシス試薬FT4 II・エクルーシス試薬FT3 IIIを用いた基礎的・臨床的検討. 医学と薬学 70 (2) : 367-380, 2013.
4) 北川亘, 宮崎直子, 田中克昌他 : エクルーシス試薬Tg IIの基礎的・臨床的検討. 医学と薬学 71 (9) : 1655-1666, 2014.
5) 森田新二, 池田直子, 窪田純久他 : モジュラーアナリティクス{電気化学発光免疫測定装置 (ECLIA)}を用いて測定した抗TSHレセプター抗体 (TRAb) の臨床的評価. 医学と薬学 60 (6) : 863-870, 2008.
6) 古屋実, 佐藤幹二, 地曵和子他 : 全自動電気化学発光免疫測定装置モジュラーアナリティクスを用いたTRAbの基礎的, 臨床的検討. 医学と薬学 64 (4) : 593-600, 2010.
7) 森田新二, 西原永潤, 窪田純久他 : 抗サイログロブリン抗体測定キット「エクルーシス試薬 Anti-Tg」および抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体測定キット「エクルーシス試薬Anti-TPO」の検討-病理組織像との対比から得られたROC曲線を用いたカットオフ値の設定と従来法の比較-. 医学と薬学 55 (5) : 775-782, 2006.
8) 高橋祐輔, 梅森祥央, 田澤真由美他 : 全自動電気化学発光免疫測定装置「Cobas e411」による「TRAb」測定の基本性能に関する検討. 日本臨床検査自動化学会会誌 35 (1) : 79-82, 2010.
P.336 掲載の参考文献
1) Chaur-Shine Wang, Chih-Lin Lin, Hsi-Chang Lee et al : Usefulness of serum des-γ-carboxy prothrombin in detection of hepatocellular carcinoma. World J Gastroenterol 11 (39) : 6115-6119, 2005.
5) 日本肝臓学会 : 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン2013年版, pp.12-13, 金原出版, 東京, 2013.
6) 田中一平, 吉村徹 : PIVKA-II測定の進歩-新規抗体アッセイの特徴-. 細胞 47 (11) 561-565, 2015.
7)戸来孝, 川崎理一, 米山障子 : ルミパルスPresto IIにおけるPIVKA-II偽高値. 日本臨床検査自動化学会会誌 35 (1) 65-69, 2010.

【Cosmetic】

P.339 掲載の参考文献
1) Medical Herb 27 (6) : 2014.
P.344 掲載の参考文献
1) 宇山光男, 岡部美代治 : 化粧品成分ガイド. 第5版, p68, フレグランスジャーナル社, 東京, 2001.

最近チェックした商品履歴

Loading...