酵素サイエンス

出版社: 幸書房
著者:
発行日: 1999-11-15
分野: 基礎・関連科学  >  基礎医学関連科学一般
ISBN: 9784782101681
電子書籍版: 1999-11-15 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

3,456 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,728 円(税込)

「同じ酵素を作る方法に関して、微生物の数だけ解答がある」酵素の多様性と先端の研究を解説。

目次

  • 表紙
  • まえがき
  • 目次
  • 序章
  • 1. 酵素とは何者か ?
  • 1) 生命は遺伝 ( DNA ) と代謝 ( 酵素 ) から
  • 2) 酵素の効率性と多様性
  • 2. 酵素の研究と利用の歴史
  • 1) 利用の変遷
  • 2) 技術的な発展
  • 3. 酵素をめぐる最近の状況
  • 1) ゲノムプロジェクトの進展
  • 2) 蛋白質工学・分子進化工学の進展
  • 3) 特殊環境微生物の酵素
  • 4. 本書の構成とねらい
  • 第1章 酵素の分類学
  • 1.1 酵素の種類
  • 1.1.1 酵素の分類
  • 1.1.2 酵素の数
  • 1.2 酵素の大きさ
  • 1.2.1 酵素の大きさの決定因子
  • 1.2.2 酵素の分子量分布
  • 1.2.3 酵素の構成
  • 1.3 酵素の組成
  • 1.3.1 アミノ酸の組成
  • 1.3.2 アミノ酸の修飾
  • 1.4 酵素の構造
  • 1.4.1 酵素の階層構造
  • 1.4.2 立体構造の種類
  • 1.4.3 立体構造の進化
  • [ 用語解説 ]
  • 第2章 酵素の機能学
  • 2.1 酵素反応の秘密
  • 2.1.1 基質の結合
  • 2.1.2 触媒メカニズム
  • 2.1.3 触媒効率
  • 2.1.4 酵素の完成度
  • 2.2 酵素の働きを助けるもの
  • 2.2.1 補酵素および補欠分子族
  • 2.2.2 金属元素
  • 2.2.3 内在性補酵素
  • 2.2.4 ラジカル
  • 2.3 酵素の誕生と死
  • 2.3.1 酵素の立体構造形成における貴重な脇役
  • 2.3.2 酵素の寿命
  • [ 用語解説 ]
  • 第3章 多様な天然の酵素
  • 3.1 酸素を嫌う酵素 ( ニトロゲナーゼ )
  • 3.2 蛋白質分解マシーン ( プロテアソーム )
  • 3.2.1 20Sプロテアソーム ( 触媒ユニット )
  • 3.2.2 26Sプロテアソーム ( トータルユニット )
  • 3.3 巨大なマイナー酵素 ( リボソーム非依存性ペプチド合成酵素 )
  • 3.4 有機溶媒中の酵素
  • 3.4.1 有機溶媒中での酵素反応の特徴
  • 3.4.2 酵素反応の人為的制御 ( ソルベント・エンジニアリング )
  • [ 用語解説 ]
  • 第4章 とんでもない酵素
  • 4.1 好熱菌の生産する酵素
  • 4.1.1 好熱菌とは
  • 4.1.2 好熱菌の生産する酵素
  • 4.1.3 好熱性酵素の秘密
  • 4.2 好冷菌の生産する酵素
  • 4.2.1 好冷菌とは
  • 4.2.2 好冷菌の生産する酵素
  • 4.2.3 好冷性酵素の秘密
  • 4.3 好熱性酵素 vs 好冷性酵素
  • 4.3.1 その構造的特徴の比較
  • 4.3.2 両刀使いの酵素は可能か ?
  • 4.4 好アルカリ性菌の生産する酵素
  • 4.4.1 好アルカリ性菌とは
  • 4.4.2 好アルカリ性菌の生産する酵素
  • 4.4.3 好アルカリ性酵素の秘密
  • 4.5 好酸性菌の生産する酵素
  • 4.5.1 好酸性菌とは
  • 4.5.2 好酸性菌の生産する酵素
  • 4.5.3 好酸性酵素の秘密
  • 4.6 好塩菌の生産する酵素
  • 4.6.1 好塩菌とは
  • 4.6.2 好塩菌の生産する酵素
  • 4.6.3 好塩性酵素の秘密
  • [ 用語解説 ]
  • 第5章 酵素の自然進化戦略
  • 5.1 人工化合物に対する分解酵素の出現
  • 5.1.1 ナイロンオリゴマー分解酵素の発見
  • 5.1.2 分解酵素群の性質
  • 5.1.3 分解酵素群の進化機構
  • 5.2 新しい代謝経路の出現 ( ストラクチャー・リクルートメント)
  • 5.2.1 基質の構造が類似した酵素遺伝子のリクルート
  • 5.2.2 補酵素が共通な酵素遺伝子のリクルート
  • 5.2.3 反応機構が類似した酵素遺伝子のリクルート
  • 5.3 酵素の多様性の出現 ( ドメイン・ローテーション )
  • 5.3.1 共通の反応機構を持つ酵素の進化
  • 5.3.2 NAD ( P ) H依存性flavoprotein oxidoreductaseファミリーの進化
  • 5.4 酵素の複雑化への戦略 ( ドメイン・スワッピング )
  • 5.4.1 オリゴマー化への道
  • 5.4.2 スワッピング仮説
  • 5.4.3 スワッピング例
  • 5.5 酵素の転身 ( ジーン・シェアリング )
  • 5.5.1 クリスタリン
  • 5.5.2 ムーンライト酵素 ( アルバイト酵素 )
  • [ 用語解説 ]
  • 第6章 酵素の人工改造計画
  • 6.1 Patiricia Clarkeの先駆的仕事
  • 6.2 蛋白質工学的アプローチ
  • 6.2.1 酵素機能の改変方法
  • 6.2.2 酵素機能の改変例
  • 6.3 分子進化工学的アプローチ
  • 6.3.1 RNA酵素の進化
  • 6.3.2 DNAシャフリング法
  • [ 用語解説 ]
  • 第7章 新しい概念の酵素の出現
  • 7.1 抗体酵素
  • 7.1.1 最初の抗体酵素
  • 7.1.2 抗体酵素反応の特徴
  • 7.2 RNA酵素 ( リボザイム )
  • 7.2.1 自己スプライシング反応
  • 7.2.2 RNA酵素反応の種類
  • 7.2.3 RNA酵素反応の特徴
  • 7.3 DNA酵素
  • 7.3.1 最初のDNA酵素
  • 7.3.2 DNA酵素反応の特徴
  • [ 用語解説 ]
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

序章

P.6 掲載の参考文献
1) L. Stryer, 入村達郎, 岡山博人, 清水孝雄訳, "ストライヤー生化学", 第4版, トッパン (1996)
2) 中村隆雄, "酵素のA・B・C", 学会出版センター (1998)
3) 根井正利, "分子進化遺伝学", 培風館 (1990)
4) 古賀洋介, 亀倉正博編, "古細菌の生物学", 東京大学出版会 (1998)
5) 上島孝之, "産業用酵素", 丸善 (1995)
6) "Enzyme Nomenclature (1992)", NC-IUBMC, Academic Press, Inc. (1992)
7) 高木利久, 金久實, "ゲノムネットのデータベース利用法", 第2版, 共立出版 (1998), http://www.genome.ad.jp
12) 相阪和夫, 生物工学会誌, 75, 452 (1997)

第1章 酵素の分類学

P.29 掲載の参考文献
1) "Enzyme Nomenclature (1992)", NC-IUBMC, Academic Press, Inc. (1992)
15) M. O. Dayhoff, L. T. Hunt, and S. Hurst-Calderone, "Atlas of Protein Sequence and Structure", 5, Suppl. 3, 363-373 (1978)
17) E. G. Shpaer, Protein Seq. Data Anal., 2, 107-110 (1989)
20) Carl Branden and John Tooze, 勝部幸輝, 竹中章郎, 福山恵一, 松原央訳, "タンパク質の構造入門", 教育社 (1992)
21) 江口至洋, "タンパク質工学の物理・化学的基礎", 共立出版 (1991)
24) 平山令明, "分子レベルで見た体のはたらき, いのちを支えるタンパク質を視る", 講談社ブルーバックス (1998)

第2章 酵素の機能学

P.57 掲載の参考文献
1) 藤本大三郎, "酵素反応のしくみ", 講談社 (1996)
2) 中村隆雄, "酵素のA・B・C", 学会出版センター (1998)
4) D. E. Koshland, Jr., Adv. Enzyme Regul., 6, 291-301 (1968)
6) L. Stryer, 入村達郎, 岡山博人, 清水孝雄訳, "ストライヤー生化学", 第4版, トッパン (1996)
7) W. -Z. Xu et al., J. Ferment. Bioeng., 77, 252-258 (1994)
8) Enzyme Data Bank, Release 24.0, Jan. 1999 (http://www.expasy.ch/enzyme/)
9) 桜井弘編, "元素111の新知識", 講談社ブルーバックス (1997)
11) L. B. Poole and A. Claiborne, J. Biol. Chem., 264, 12330-12338 (1989)
13) S. X. Wang, M. J. Schmitter, P. Dessen, G. Fayat and S. Blanquet, Science, 273, 1078-1084 (1996)
15) 伊藤暢聡, 生物物理, 32, 300-305 (1992)
16) 虎谷哲夫, 化学と生物, 33, 224-233 (1995)
17) J. A. Stubbe, Ann. Rev. Biochem., 58, 257-285 (1987)
19) 曾根道夫, 伊藤維昭, 蛋白質・核酸・酵素, 43, 1-9 (1998)
25) Z. Yan, S. Fujiwara, K. Kohda, M. Takagi and T. Imanaka, Appl. Environ. Microbiol., 63, 785-789 (1997)
28) P. -H. Hirel, M. Mure, K. F. Medzihradszky, A. L. Burlingame, D. E. Brown, D. M. Dodey, A. J. Smith, H. M Kagan and J. P. Klinman, Proc. Natl. A cad. Sci., USA, 86, 8247-8251 (1989)
29) 大島泰郎, 桐野裕美, 化学, 43, 766-767 (1988)

第3章 多様な天然の酵素

P.76 掲載の参考文献
1) ジョン・ポストゲート, 堀越弘毅, 浜本哲朗訳, "スパーバグ", シュプリンガー・フェアラーク東京 (1995)
2) L. Stryer, 入村達郎, 岡山博人, 清水孝雄訳, "ストライヤー生化学", 第4版,トッパン (1996)
8) D. J. Smith, A. J. Earl and G. Turner, EMBO J., 9, 2743-2750 (1990)
10) NC-IUB, Eur. J. Biochem., 185, 485-486 (1989)
12) M. N. Gupta, Eur. J. Biochenz., 203, 25-32 (1992)
15) A. J. Russell and A. M. Klibanov, J. Biol. Chem., 263, 11624-11626 (1988)
16) M. Stahl, M. -O. Mansson and K. Mosbach, Biotechnol Lett ., 12, 161 (1990)

第4章 とんでもない酵素

P.99 掲載の参考文献
2) 大島泰郎監修, "極限環境微生物ハンドブック", サイエンスフォーラム (1991)
4) 古賀洋介, 亀倉正博編, "古細菌の生物学", 東京大学出版会 (1998)
8) 相阪和夫, BioIndustry, 13, 12-19 (1996)
9) 小林哲夫, 化学と生物, 33, 796-802 (1995)
10) 油谷克英, バイオサイエンスとバイオインダストリー, 55, 776-780 (1997)
11) 鈴木譲, 化学と生物, 33, 218-223 (1995)
12) 浜本哲朗, BioInduastry, 12, 73-79 (1994)
17) 田野達男, 化学と生物, 32, 160-168 (1994)
18) 中村聡, 化学と生物, 36, 632-638 (1998)
20) 稲垣賢二, 農化誌, 71, 3-10 (1997)
21) K. Ryu, J. Kim and J. S. Dordick, Enzγme Microb. Technol., 16, 266-275 (1994)

第5章 酵素の自然進化戦略

P.117 掲載の参考文献
1) 大野乾, "大いなる仮説", 羊土社 (1991)
2) S. Negoro, H. Shinagawa, A. Nakata, S. Kinoshita, T. Hatozaki and H. Okada, J. Bacteriol., 143, 238-245 (1980)
4) 根来誠司, 発工誌, 70, 115-131 (1992)
5) 高木利久, 金久實編, "ゲノムネットのデータベース利用法", 第2版, 共立出版 (1998), http://www.genome.ad.jp/Japanese/
12) R. Baum, C & EN, Nov. 12, 30 (1990)
23) G. D. Alessio, Nature Struct. Biol., 2, 11-13 (1995)

第6章 酵素の人工改造計画

P.143 掲載の参考文献
2) P. H. Clarke, Proc. R. Soc. Lond., B207, 385-404 (1980)
5) T. Hashimoto-Gotoh, T. Mizuno, Y. Ogasawara and M. Nakagawa, Gene, 152, 271-275 (1995)
6) W. Ito, H. Ishiguro and Y. Kurosawa, Gene, 102, 67-70 (1991)
7) 卜部格, バイオサイエンスとバイオインダストリー, 49, 368-374 (1991)
9) D. W. Leung, E Chen and D. V. Goeddel, Technique, 1, 11-15 (1989)
11) T. Matuura, K. Miyai, S. Trakulnaleamsai, T. Yomo, Y. Shima, S. Miki,
18) D. A. Estell, T. P. Graycar and J. A. Wells, J. Biol. Chem., 260, 6518-6521 (1985)
20) L. You and F. H. Arnold, Protein Eng., 9, 77-83 (1996)
21) A. Y. M. Tsai, M. Itoh, M. Streuli, T. Thai and H. A. Saito, J. Biol. Chem. 266, 10534-10543 (1991)
28) 太田博道, "生体反応論", 三共出版 (1996)
29) G. W. Matcham and A. R. STG. Bowen, CHIMICA OGGI/chemistry, June (1996)
30) M. T. Reetz et al., Angew. Chem. Int. Ed. Engl., 36, 2830-2832 (1997)
35) 現代化学, No. 8, 8 (1989)

第7章 新しい概念の酵素の出現

P.156 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...