Common Diseaseの診療ガイドライン

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2017-04-05
分野: 臨床医学:一般  >  プライマリケア
ISBN: 9784758118095
電子書籍版: 2017-04-05 (第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

5,060 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

5,060 円(税込)

商品紹介

一般内科,総合診療でよく出合う疾患について,各ガイドラインの要点と,ガイドラインと現場とのギャップを埋める国内外のエビデンスを1冊に.実際の現場ではどう考えるか,どこまで診るか,がサッと調べられます.

目次

  • 表紙
  • 本書の見かた
  • contents
  • 診療ガイドライン一覧
  • 巻頭カラー
  • 執筆者一覧
  • 呼吸器疾患
  • 01 急性上気道炎 ( かぜ )
  • 02 インフルエンザ
  • 03 喘息
  • 04 COPD
  • 循環器疾患
  • 05 高血圧
  • 06 慢性心不全
  • 07 心房細動
  • 消化器疾患
  • 08 ヘリコバクター・ピロリ感染症
  • 09 B型慢性肝炎
  • 10 C型慢性肝炎
  • 内分泌・代謝疾患
  • 11 脂質異常症
  • 12 糖尿病
  • 13 甲状腺機能低下症
  • 14 甲状腺機能亢進症
  • 15 高尿酸血症・痛風
  • 筋骨格系疾患
  • 16 腰痛
  • 17 変形性膝関節症
  • 18 骨粗鬆症
  • 19 関節リウマチ
  • 精神・神経疾患
  • 20 頭痛
  • 21 うつ病
  • 22 不安障害
  • 23 慢性期の脳卒中
  • 24 睡眠障害
  • 25 アルコール関連問題
  • 26 認知症
  • アレルギー疾患
  • 27 アレルギー性鼻炎
  • 28 アトピー性皮膚炎
  • 29 蕁麻疹
  • その他
  • 30 急性中耳炎
  • 31 慢性腎臓病
  • 32 ( 鉄欠乏性 ) 貧血
  • 33 熱中症
  • 診療ガイドラインの質を見極める
  • 索引
  • 奥付
  • 本電子書籍に関するご注意

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

呼吸器疾患

P.21 掲載の参考文献
1) 「日本呼吸器学会『呼吸器感染症に関するガイドライン』成人気道感染症診療の基本的考え方」 (日本呼吸器学会呼吸器感染症に関するガイドライン作成委員会/編), 日本呼吸器学会, 2003
2) 「JAID/JSC感染症治療ガイド 2011」 (JAID/JSC感染症治療ガイド委員会/編), 日本感染症学会・日本化学療法学会, 2011
3) 「JAID/JSC感染症治療ガイド 2014」 (JAID/JSC感染症治療ガイド委員会/編), 日本感染症学会・日本化学療法学会, 2014
6) WHO : WHO's first global report on antibiotic resistance reveals serious, worldwide threat to public health, 2014
7) 「誰も教えてくれなかった『風邪』の診かた」 (岸田直樹/著), 医学書院, 2012
8) 「総合診療医が教える よくある気になるその症状 レッドフラッグサインを見逃すな! 」 (岸田直樹/著), じほう, 2015
P.30 掲載の参考文献
1) 「重篤化しやすい基礎疾患を有する者等について」 (厚生労働省), 2009 http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/infu090523-04.pdf
2) 「インフルエンザ Q&A」 (厚生労働省) http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
3) 日本感染症学会提言「抗インフルエンザ薬の使用適応について (改訂版)」 (日本感染症学会), 2011 http://www.kansensho.or.jp/guidelines/110301soiv_teigen.html
4) 「感染症情報 : インフルエンザ」 (国立感染症研究所) http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flu.html
5) 「Antiviral Agents for the Treatment and Chemoprophylaxis of Influenza. Recommendations of the advisory committee on immunization practices (ACIP)」 (Centers for Disease Control and Prevention) http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/rr6001a1.htm
6) 宮本昭彦, 他 : 咽頭の観察所見 (インフルエンザ濾胞) の意味と価値の考察. 日大医誌, 72 : 11-8, 2013 https://www.jstage.jst.go.jp/article/numa/72/1/72_11/_pdf
10) Dolin R : Diagnosis of seasonal influenza in adults. UpToDate(R)
11) 羽田敦子, 他 : インフルエンザウイルス抗原迅速診断検査利用法-最適な検査時期についての1考案-. 感染症学雑誌, 78 : 846-52, 2004 http://journal.kansensho.or.jp/Disp?pdf=0780090846.pdf
13) 「オセルタミビル (商品名 : タミフル) 耐性のインフルエンザウイルスについて (中間報告)」 (厚生労働省) http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/01/h0116-10.html
14) 「抗インフルエンザ薬耐性株サーベイランス」 (国立感染症研究所) http://www.nih.go.jp/niid/ja/influ-resist.html
15) 「小児のライ症候群等に関するジクロフェナクナトリウムの使用上の注意の改訂について」 (厚生労働省) http://www.mhlw.go.jp/houdou/0105/h0530-3.html
17) 鍋島茂樹 : 麻黄湯の作用機序と有効性. 臨牀と研究, 89 : 1653-6, 2012
19) 松山温子, 他 : 卵アレルギー患児に対するインフルエンザワクチン直接全量接種の検討. 小児科臨床, 60 : 452-7, 2007
P.40 掲載の参考文献
1) 「喘息予防・管理ガイドライン 2015」 (一般社団法人日本アレルギー学会 喘息ガイドライン専門部会), 協和企画, 2015
2) 「Global strategy for asthma management and prevention (updated 2016) 」〔GINA (Global Initiative for Asthma)〕 http://ginasthma.org/wp-content/uploads/2016/04/GINA-2016-main-report_tracked.pdf
3) 「British guideline on the management of asthma 2016 : A national clinical guideline」 (British Thoracic Society, Scottish Intercollegiate Guidelines Network) https://www.brit-thoracic.org.uk/document-library/clinical-information/asthma/btssign-asthma-guideline-2016/
4) 「McWhinney's Textbook of family medicine. 4th ed」 (Thomas R. Freeman), Oxford University Press, 2016
6) 「大気環境・ぜん息などの情報館」 (独立行政法人 環境再生保全機構) https://www.erca.go.jp/yobou/
7) 「Asthma UK」https://www.asthma.org.uk/
8) 「NICE Guidance Asthma」 (National Institute for Health and Care Excellence) https://www.nice.org.uk/guidance/conditions-and-diseases/respiratory-conditions/asthma
P.48 掲載の参考文献
1) 「COPD (慢性閉塞性肺疾患) 診断と治療のためのガイドライン 第4版」 (日本呼吸器学会COPDガイドライン第4版作成委員会/編), メディカルレビュー社, 2013
2) 「Global strategy for Diagnosis, Management, and Prevention of COPD-2016」〔GOLD (Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease〕http://goldcopd.org/global-strategy-diagnosis-management-prevention-copd-2016/
3) 「Chronic obstructive pulmonary disease in over 16s : diagnosis and management」〔NICE (National Institute for Health and Care Excellence)〕https://www.nice.org.uk/guidance/CG101
6) 「Chronic Obstructive Pulmonary Disease : Screening」〔USPSTF (U. S. Preventive Services Task Force)〕http://www.uspreventiveservicestaskforce.org/Page/Document/UpdateSummaryFinal/chronic-obstructive-pulmonary-disease-screening?ds=1&s=COPD

循環器疾患

P.57 掲載の参考文献
1) 「高血圧治療ガイドライン 2014」 (日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会/編), 日本高血圧学会, 2014 http://www.jpnsh.jp/data/jsh2014/jsh2014v1_1.pdf
2) James PA, et al : 2014 evidence-based guideline for the management of high blood pressure in adults : report from the panel members appointed to the Eighth Joint National Committee (JNC 8). JAMA, 311 : 507-20, 2014 http://jama.jamanetwork.com/data/Journals/JAMA/929741/jsc130010.pdf
3) 「Hypertension : The Clinical Management of Primary Hypertension in Adults : Update of Clinical Guidelines 18 and 34.」〔National Clinical Guideline Centre (UK)〕http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedhealth/PMH0047679/
5) Leung AA, et al : Hypertension Canada's 2016 Canadian Hypertension Education Program Guidelines for Blood Pressure Measurement, Diagnosis, Assessment of Risk, Prevention, and Treatment of Hypertension. Can J Cardiol, 32 : 569-88, 2016 http://www.onlinecjc.ca/article/S0828-282X(16)00192-6/abstract
9) Myers MG, et al : Automated office blood pressure measurement in primary care. Can Fam Physician, 60 : 127-32, 2014 http://www.cfp.ca/content/60/2/127.long
10) Chobanian AV, et al : Seventh report of the Joint National Committee on Prevention, Detection, Evaluation, and Treatment of High Blood Pressure. Hypertension, 42 : 1206-52, 2003 http://hyper.ahajournals.org/content/42/6/1206.long
13) Williamson JD, et al : Intensive vs standard blood pressure control and cardiovascular disease outcomes in adults aged ??75 years : a randomized clinical trial. JAMA, 315 : 2673-82, 2016
P.67 掲載の参考文献
1) 「慢性心不全治療ガイドライン (2010年改訂版) 」 (日本循環器学会) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_matsuzaki_h.pdf (2017年2月閲覧)
5) Cohn JN, et al : Ejection fraction, peak exercise oxygen consumption, cardiothoracic ratio, ventricular arrhythmias, and plasma norepinephrine as determinants of prognosis in heart failure. The V-HeFT VA Cooperative Studies Group. Circulation, 87 : VI 15-16, 1993
P.80 掲載の参考文献
1) 「循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2012年度合同研究班報告) 心房細動治療 (薬物) ガイドライン (2013年改訂版)」http://www.j-circ.or.jp/guideline/ (日本循環器学会ホームページ 循環器病ガイドラインシリーズ)
2) January CT, et al : 2014 AHA/ACC/HRS Guideline for the Management of Patients With Atrial Fibrillation : A Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines and the Heart Rhythm Society. Circulation, 130 : e199-e267, 2014
3) Kirchhof P, et al : 2016 ESC Guidelines for the management of atrial fibrillation developed in collaboration with EACTS : The Task Force for the management of atrial fibrillation of the European Society of Cardiology (ESC) Developed with the special contribution of the European Heart Rhythm Association (EHRA) of the ESC Endorsed by the European Stroke Organisation (ESO). Eur Heart J : 2016. Epub ahead of print (doi : 10.1093/eurheartj/ehw210)
4) Heidbuchel H, et al : Updated European Heart Rhythm Association Practical Guide on the use of non-vitamin K antagonist anticoagulants in patients with non-valvular atrial fibrillation. Europace, 17 : 1467-507, 2015
5) 小田倉弘典 : 第1章 総論2 心房細動の診断~無症候性心房細動を拾い上げるには~.「プライマリ・ケア医のための心房細動入門」, 日経BP社, 2014
7) NICE (the National Institute for Health and Care Excellence) guidance. https://www.nice.org.uk/Guidance
9) Camm AJ, et al : Guidelines for the management of atrial fibrillation : the Task Force for the Management of Atrial Fibrillation of the European Society of Cardiology (ESC). Eur Heart J, 31 : 2369-429, 2010
10) Olesen JB, et al : The value of the CHA2DS2-VASc score for refining stroke risk stratification in patients with atrial fibrillation with a CHADS2 score 0-1 : a nationwide cohort study. Thromb Haemost, 107 : 1172-9, 2012
13) Fuster V, et al : ACC/AHA/ESC 2006 Guidelines for the Management of Patients With Atrial Fibrillation : A Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines and the European Society of Cardiology Committee for Practice Guidelines. J Am Coll Cardiol, 48 : e149-e246, 2006
18) Andreotti F, et al on behalf of the ESC Thrombosis Working Group : Antithrombotic therapy in the elderly : expert position paper of the European Society of Cardiology Working Group on Thrombosis. Eur Heart J, 36 : 3238-49, 2015
23) Ogawa S, et al : Optimal treatment strategy for patients with paroxysmal atrial fibrillation : J-RHYTHM Study. Circ J, 73 : 242-8, 2009
26) Kuck K-H, et al. for the FIRE AND ICE Investigators : Cryoballoon or Radiofrequency Ablation for Paroxysmal Atrial Fibrillation. N Engl J Med, 374 : 2235-45, 2016

消化器疾患

P.89 掲載の参考文献
1) 「H. pyroli感染の診断と治療のガイドライン 2016 改訂版」 (日本ヘリコバクター学会ガイドライン作成委員会/編), 先端医学社, 2016
3) 「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の診断と治療」 (日本ヘリコバクター学会編集委員会), 日本ヘリコバクター学会誌, supplement, 2013 http://www.jshr.jp/pdf/journal/supplement.pdf
5) The European Helicobacter Study Group (EHSG) : Management of Helicobacter pylori infection-the Maastricht IV/Florence Consensus Report. Gut, 61 : 646-64, 2012
7) Fashner J & Gitu AC : Diagnosis and Treatment of Peptic Ulcer Disease and H. pylori Infection. Am Fam Physician, 91 : 236-42, 2015
9) 『「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」に対する除菌治療に関するQ&A 一覧』 (日本消化器病学会H. pylori診断治療委員会) http://www.jsge.or.jp/member/shikkan_qa/helicobacter_pylori_qa
10) Miwa H, et al : Comparison of the efficacy of 400mg and 800mg of clarithromycin used with lansoprazole and amoxicillin in eradication regimens for Helicobacter pylori infection in a Japanese population. J Gastroenterol, 35 : 536-9, 2000
P.95 掲載の参考文献
1) 「B型肝炎治療ガイドライン (第2.2版)」 (日本肝臓学会肝炎診療ガイドライン作成委員会), 2016
5) 横須賀収 : 海外のB 型肝炎治療ガイドライン. 臨床消化器内科, 31 : 315-20, 2016
6) 「肝炎の診かた, 考えかた」 (柴田実/著), 中外医学社, 2014
7) 田中榮司 : B 型慢性肝炎の治療ガイドライン. 日本医師会雑誌, 144 : 1408-12, 2015
P.102 掲載の参考文献
1) 「C型肝炎治療ガイドライン (第5.2版)」 (日本肝臓学会肝炎診療ガイドライン作成委員会), 2016
2) AASLD/IDSA HCV Guidance Panel : Hepatitis C guidance : AASLD-IDSA recommendations for testing, managing, and treating adults infected with hepatitis C virus. Hepatol, 62 : 932-54, 2015
3) European Association for the Study of the Liver : EASL Recommendations on Treatment of Hepatitis C 2015. J Hepatol, 63 : 199-216, 2015
5) 「肝炎の診かた, 考えかた」 (柴田実/著), 中外医学社, 2014
6) 榎本平之 & 西口修平 : 経口薬による抗HCV治療がもたらす新時代. 日本消化器病学会雑誌, 113 : 11-9, 2016
7) 「肝がん白書」 (日本肝臓学会), 第4章 肝炎ウイルスキャリアの動向. 14-6, 2015
8) 茶山一彰 : 残されたHCV感染症の課題. 日本消化器病学会雑誌, 113 : 25-8, 2016
9) 平松直樹 : C型肝炎の治療. Medical Practice, 33 (臨時増刊号) : 129-32, 2016
10) 黒崎雅之 : C型慢性肝炎の治療ガイドライン. 日本医師会雑誌, 144 : 1413-7, 2015
11) 上野義之他 : 座談会 消化器専門医としてのHCV治療のコンセンサス. 日本消化器病学会雑誌, 113 : 38-54, 2016
12) 黒崎雅之 & 泉並木 : C型肝炎ウイルス排除後の諸問題. 日本消化器病学会雑誌, 113 : 29-35, 2016

内分泌・代謝疾患

P.110 掲載の参考文献
1) 「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版」 (日本動脈硬化学会/編), 日本動脈硬化学会, 2012
2) 日本脂質栄養学会 コレステロールガイドライン策定委員会 : 長寿のためのコレステロールガイドライン 2010年版, 脂質栄養学, 19 : 225-32, 2010
3) American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines : 2013 ACC/AHA Guideline on the Treatment of Blood Cholesterol to Reduce Atherosclerotic Cardiovascular Risk in Adults : A Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines. Circulation, 29 (25 Suppl 2) : S1-45, 2014
4) European Association for Cardiovascular Prevention & Rehabilitation, et al : ESC/EAS Guidelines for the management of dyslipidaemias : The Task Force for the management of dyslipidaemias of the European Society of Cardiology (ESC) and the European Atherosclerosis Society (EAS) : Eur Heart J, 32 : 1769-818, 2011
12) Naveed S, et al : Statins and risk of incident diabetes : a collaborative meta-analysis of randomised statin trials : Lancet, 375 : 735, 2010
P.117 掲載の参考文献
1) 「糖尿病診療ガイドライン 2016」 (日本糖尿病学会/編), 南江堂, 2016
2) 「糖尿病治療ガイドライン 2016-2017」 (日本糖尿病学会/編), 文光堂, 2016
5) 清野裕, 他 : 糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告 (国際標準化対応版). 糖尿病, 55 : 485-504, 2012 https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/55/7/55_485/_pdf
6) 今川彰久, 他 : 1型糖尿病調査研究委員会報告-劇症1型糖尿病の新しい診断基準 (2012). 糖尿病, 55 : 815-20, 2012 https://www.jstage.jst.go.jp/article/tonyobyo/55/10/55_815/_pdf
7) 平松祐司, 他 : 日本糖尿病・妊娠学会と日本糖尿病学会との合同委員会報告-妊娠中の糖代謝異常と診断基準の統一化について. 糖尿病, 58 : 801-3, 2015
11) 「糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版」 (日本糖尿病学会/編著), 日本糖尿病協会・文光堂, 2013
12) 三田智也, 他 : 血糖以外の多面的作用. 糖尿病, 56 : 741-3, 2013
13) 「SGLT2阻害薬の適正使用に関するRecommendation」 (SGLT2阻害薬の適正使用に関する委員会) http://www.jds.or.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=48
14) 「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2012年版」 (日本動脈硬化学会/編), 日本動脈硬化学会, 2012
15) 「糖尿病医療学入門 こころと行動のガイドブック」 (石井均/著), 医学書院, 2011
18) 「糖尿病専門医検索」 (日本糖尿病学会) http://www.jds.or.jp/modules/senmoni/
P.125 掲載の参考文献
1) 「甲状腺機能低下症の診断ガイドライン 2013」 (日本甲状腺学会) http://www.japanthyroid.jp/doctor/guideline/japanese.html#teika
2) Clinical practice guidelines for hypothyroidism in adults : cosponsored by the American Association of Clinical Endocrinologists and the American Thyroid Association. Endocr Pract, 18 : 988-1028, 2012
6) 「産婦人科診療ガイドライン-参加編 2014」 (日本産科婦人科学会, 日本産婦人科医会/編), 日本産科婦人科学会, 2014 http://www.jsog.or.jp/activity/guideline.html
10) 「甲状腺疾患診療パーフェクトガイド改訂第3版」 (浜田 昇/編著), 診断と治療社, 2014
11) Wall CR : Myxedema coma : diagnosis and treatment. Am Fam Physician, 62 : 2485-90, 2000
12) 荒田尚子 : 妊娠と甲状腺疾患日本内科学会雑誌, 103 : 924-31, 2014 https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/103/4/103_924/_pdf
P.134 掲載の参考文献
1) 「バセドウ病治療ガイドライン 2011」 (日本甲状腺学会/編), 南江堂, 2011
2) 「甲状腺疾患診断ガイドライン 2013」 (日本甲状腺学会) http://www.japanthyroid.jp/doctor/guideline/japanese.html
3) Bahn Chair RS, et al : Hyperthyroidism and other causes of thyrotoxicosis : management guidelines of the American Thyroid Association and American Association of Clinical Endocrinologists.Thyroid, 21 : 593-646, 2011
4) Kravets I : Hyperthyroidism : Diagnosis and Treatment. Am Fam Physician, 93 : 363-370, 2016
P.146 掲載の参考文献
1) 「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版」 (日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改訂委員会), メディカルレビュー社, 2010
2) 「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版 (2012年追補版)」 (日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改訂委員会), メディカルレビュー社, 2012
3) Khanna D, et al : 2012 American College of Rheumatology Guidelines for Management of Gout. Arthritis Care & Research, 64 : 1431-61, 2012 http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/acr.21772/full http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/acr.21773/full

筋骨格系疾患

P.153 掲載の参考文献
1) 「腰痛診療ガイドライン 2012」 (日本整形外科学会, 日本腰痛学会/監), 南江堂, 2012
2) van Tulder M, et al : Chapter 3. European guidelines for the management of acute nonspecific low back pain in primary care. Eur Spine J, 15 Suppl 2 : S169-91, 2006
4) Acute low back problems in adults : assessment and treatment. Agency for Health Care Policy and Research. Clin Pract Guidel Quick Ref Guide Clin, 14 : iii-iv, 1-25, 1994 https://www.chirobase.org/07Strategy/AHCPR/clinicians.pdf
5) 「平成25年国民生活基礎調査の概況」 (厚生労働省) http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa13/index.html
9) Buenaventura RM, et al : Systematic review of discography as a diagnostic test for spinal pain : an update. Pain Physician, 10 : 147-64, 2007
10) Wolfer LR, et al : Systematic review of lumbar provocation discography in asymptomatic subjects with a meta-analysis of false-positive rates. Pain Physician, 11 : 513-38, 2008
11) Manchikanti L, et al : Systematic review of lumbar discography as a diagnostic test for chronic low back pain. Pain Physician, 12 : 541-59, 2009
12) Boswell MV, et al : A systematic review of therapeutic facet joint interventions in chronic spinal pain. Pain Physician, 10 : 229-53, 2007
13) Boswell MV, et al : Interventional techniques : evidence-based practice guidelines in the management of chronic spinal pain. Pain Physician, 10 : 7-111, 2007
15) Datta S, et al : An updated systematic review of the diagnostic utility of selective nerve root blocks. Pain Physician, 10 : 113-28, 2007
16) 「診断のつかない腰痛-仙腸関節の痛み」 (村上栄一/著), 南江堂, 2012
19) Philadelphia Panel : Philadelphia Panel evidence-based clinical practice guidelines on selected rehabilitation interventions for low back pain. Phys Ther, 81 : 1641-74, 2001
20) Rozenberg S, et al : Bed rest or normal activity for patients with acute low back pain : a randomized controlled trial. Spine (Phila Pa 1976), 27 : 1487-93, 2002
21) 小野啓郎, 他 : 腰痛性疾患に対するノイロトロピン錠 (NT) の臨床評価 : イブプロフェン錠を基礎薬とするプラセボ錠との二重盲検比較試験. 薬理と治療, 10 : 5813-32, 1982
22) French SD, et al : Superficial heat or cold for low back pain. Cochrane Database Syst Rev, CD004750, 2006
28) Oesch PR : Function-versus pain-centred treatment of low back pain : concepts and outcome. 理学療法学, 34 : 328-34, 2007
33) Kobayashi T, et al : Effects of interfascial injection of bicarbonated Ringer's solution, physiological saline and local anesthetic under ultrasonography for myofascial pain syndrome-Two prospective, randomized, doubleblinded trials. 金沢大学十全医学会雑誌, 125 : 40-9, 2016
35) Roelofs PD, et al : Lumbar supports to prevent recurrent low back pain among home care workers : a randomized trial. Ann Intern Med, 147 : 685-92, 2007
P.163 掲載の参考文献
3) American Academy of Orthopaedic Surgeons : Treatment of Osteoarthritis (OA) of the Knee, second edition. http://www.aaos.org/CustomTemplates/Content.aspx?id=6396&ssopc=1
4) 「神中整形外科 下巻改訂23版」 (岩本幸英/編), 変形性膝関節症と関連疾患. pp1080-8, 南山堂, 2013
6) Ringdahl E & Pandit S : Treatment of knee osteoarthritis. Am Fam Physician, 83 : 1287-92, 2011
7) Arthritis of the knee.「Essentials of musculoskeletal care, 5th edition」 (Armstrong AD & Hubbard MC, eds), pp678-82, AAOS, 2015
8) 川口浩 : 変形性関節症の治療ガイドライン. J Clin Rehabil, 20 : 19-27, 2011
P.171 掲載の参考文献
1) 「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版」 (骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会/編), ライフサイエンス出版, 2015 http://jsbmr.umin.jp/guide/ http://www.josteo.com/ja/guideline/index.html
2) 宗圓聰, 他 : 原発性骨粗鬆症の診断基準 (2012年度改訂版). Osteoporos Jpn, 21 : 9-21, 2013 http://jsbmr.umin.jp/guide/pdf/g-guideline.pdf
4) Kanis JA, et al : European guidance for the diagnosis and management of osteoporosis in postmenopausal women. Osteoporos Int, 24 : 23-57, 2013 https://www.iofbonehealth.org/europe-guidelines
5) 「FRAXR WHO骨折リスク評価ツール」http://www.shef.ac.uk/FRAX/
7) 森諭史, 他 : 椎体骨折評価基準 (2012年度改訂版). Osteoporos Jpn, 21 : 25-8, 2013 http://jsbmr.umin.jp/guide/pdf/t-guideline.pdf
8) 「骨吸収抑制薬関連顎骨壊死の病態と管理 : 顎骨壊死検討委員会ポジションペーパー2016」 (顎骨壊死検討委員会) http://www.perio.jp/file/news/info_160926.pdf
10) 日本整形外科学会骨粗鬆症検討委員会 : 非定型大腿骨骨折診療マニュアル. 日本整形外科学会誌, 89 : 959-73, 2015
11) 「FRACTURE Liaison Services」 (international osteoporosis foundation) http://www.capturethefracture.org/fracture-liaison-services
12) 「Fracture Liaison Service "FLS"」 (national osteoporosis foundation) https://www.nof.org/patients/communication-with-your-doctor/fracture-liaison-service-fls/
P.181 掲載の参考文献
1) 「関節リウマチ診療ガイドライン 2014」 (日本リウマチ学会/編), メディカルレビュー社, 2014
2) 「関節リウマチ治療におけるメトトレキサート (MTX) 診療ガイドライン 2016年改訂版」 (日本リウマチ学会MTX診療ガイドライン策定小委員会/編), 羊土社, 2016
3) 「関節リウマチ (RA) に対するTNF阻害薬使用ガイドライン」 (日本リウマチ学会) http://www.ryumachi-jp.com/info/guideline_tnf.pdf
4) 「関節リウマチ (RA) に対するトシリズマブ使用ガイドライン」 (日本リウマチ学会) http://www.ryumachi-jp.com/info/guideline_tcz.pdf
5) 「関節リウマチ (RA) に対するアバタセプト使用ガイドライン」 (日本リウマチ学会) http://www.ryumachi-jp.com/info/guideline_abt.pdf
6) 「全例市販後調査のためのトファシチニブ使用ガイドライン」 (日本リウマチ学会) http://www.ryumachi-jp.com/info/guideline_tofacitinib.pdf
10) 「新基準使用時のRA鑑別疾患難易度別リスト」 (日本リウマチ学会) http://ryumachi-jp.com/info/120115_table1.pdf
11) 「リウマチ診療のための関節エコー撮像法ガイドライン」 (日本リウマチ学会関節リウマチ超音波標準化委員会/編), 羊土社, 2011
13) 「2010年ACR/EULAR新分類基準の検証結果」 (日本リウマチ学会) http://www.ryumachi-jp.com/info/news110913.pdf
15) 「関節リウマチの診かた, 考えかた ver2」 (岸本暢将, 岡田正人/編著), 中外医学社, 2015
17) 「メトトレキサートを内服する患者さんへ」 (日本リウマチ学会) http://www.ryumachi-jp.com/pdf/mtx.pdf
18) 「生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き」 (日本呼吸器学会生物学的製剤と呼吸器疾患・診療の手引き作成委員会/編), 日本呼吸器学会, 2014 http://fa.jrs.or.jp/guidelines/guidance_respiratory-disease.pdf

精神・神経疾患

P.190 掲載の参考文献
1) 「慢性頭痛の診療ガイドライン 2013」 (日本神経学会, 日本頭痛学会/監, 慢性頭痛の診療ガイドライン作成委員会/編), 医学書院, 2013
2) 本多ゆみえ, 他 : 本邦における救急領域の医療訴訟の実態と分析. 日本救急医学会雑誌, 24 : 847-56, 2013
7) Blumenthal HJ, et al : Treatment of primary headache in the emergency department. Headache, 43 : 1026-31, 2003
9) 「国際頭痛分類 第2版」〔国際頭痛学会, 頭痛分類委員会/著, 日本頭痛学会 (新国際分類普及委員会), 厚生労働科学研究 (慢性頭痛の診療ガイドラインに関する研究班) /共訳〕, 日本頭痛学会, 2004
10) 「国際頭痛分類 第3版 beta版」 (国際頭痛学会, 頭痛分類委員会/著 , 日本頭痛学会, 国際頭痛分類委員会/訳), 医学書院, 2014
13) 頭痛ダイアリー (坂井文彦/監) https://www.jhsnet.org/pdf/headachediary.pdf
P.199 掲載の参考文献
1) 「大うつ病性障害・双極性障害 治療ガイドライン」 (日本うつ病学会/監 , 気分障害の治療ガイドライン作成委員会/編), 医学書院, 2013 http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/160731.pdf
2) 「気分障害治療ガイドライン 第2版」 (精神医学講座担当者会議/監, 上島国利他/編), 医学書院, 2010
3) 「Practice guideline for the treatment of patients with major depressive disorder. 3rd ed」〔American Psychiatric Association (APA)〕, 2010 http://www.medpagetoday.com/upload/2010/9/30/depguide.pdf
4) 「Depression in adults : recognition and management」〔The National Institute for Health and Care Excellence (NICE)〕, 2009 https://www.nice.org.uk/guidance/cg90?unlid = 4306996020163922547
5) Bauer M, et al : The World Federation of Societies of Biological Psychiatry (WFSBP) guidelines for biological treatment of unipolar depressive disorders, part1 : update 2013 on the acute and continuation treatment of unipolar depressive disorders. World J Biol Psychiatry, 14 : 334-85, 2013
7) 「DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル」 (American Psychiatric Association/著, 日本精神神経学会/日本語版用語監修, 高橋三郎他/監訳), pp90-1, 医学書院, 2014
8) 「M. I. N. I. -精神疾患簡易構造化面接法日本語版 5.0.0」 (Sheehan DV & Lecrubier Y/著, 大坪天平他/訳), 星和書店, 2003
9) 「うつ病診療の要点-10」〔一般診療科におけるうつ病の予防と治療のための委員会 (JCPTD)〕http://www.jcptd.jp/medical/point_10.pdf
11) 「うつ病の認知療法・認知行動療法治療者用マニュアル」 (厚生労働科学研究費補助金こころの健康科学研究事業「精神療法の実施方法と有効性に関する研究」) http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/01.pdf
12) 「Patient-centered clinical method 3rd ed : Transforming the Clinical Method (Patient-Centered Care Series)」 (Stewart M, et al), CRC Press, 2013
P.208 掲載の参考文献
1) 「DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル」 (American Psychiatric Association/編, 日本精神神経学会/日本語版用語監修, 高橋三郎・大野裕/監訳, 染矢俊幸他/ 訳), pp187-288, 医学書院, 2014
3) 『「うつ」は食べ物が原因だった! : 図解でわかる最新栄養医学』 (溝口徹/著), 青春出版社, 2011
4) 「完全復職率9割の医師が教えるうつが治る食べ方, 考え方, すごし方」 (廣瀬久益/著), CCCメディアハウス, 2015
5) 「カプラン臨床精神医学テキスト : DSM-5 診断基準の臨床への展開 第3版」 (ベンジャミン J. サドック他/編著, 井上令一/監修, 四宮滋子 他/監訳), メディカル・サイエンス・インターナショナル, pp436-63, 2016
6) 井上猛 : 不安障害の薬物療法. 精神神経学雑誌, 114 : 1085-91, 2012 http://journal.jspn.or.jp/jspn/openpdf/1140091085.pdf
7) 『ACP内科医のための「こころの診かた」 ここから始める! あなたの心療』 (Robert K Schneider他/著, 井出広幸他/監訳, PIPC研究会/訳), pp134-97, 丸善, 2009
8) 「社会不安障害のすべてがわかる本」 (貝谷久宣/監), 講談社, 2006
P.219 掲載の参考文献
1) 「脳卒中治療ガイドライン 2015」 (日本脳卒中学会), 協和企画, 2015
P.228 掲載の参考文献
1) 「睡眠障害の対応と治療ガイドライン 第2版」 (睡眠障害の診断・治療ガイドライン研究会, 内山真/編), じほう, 2012
2) 「睡眠障害診療ガイド」 (日本睡眠学会認定委員会睡眠障害診療ガイド・ワーキンググループ), 文光堂, 2011
3) 「睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン」 (厚生労働科学研究・障害者対策総合研究事業「睡眠薬の適正使用および減量・中止のための診療ガイドラインに関する研究班」および日本睡眠学会・睡眠薬使用ガイドライン作成ワーキンググループ/編), 2013 http://www.ncnp.go.jp/pdf/press_130611_2.pdf
4) Schutte-Rodin S, et al : Clinical Guideline for the Evaluation and Management of Chronic Insomnia in Adults. J Clin Sleep Med, 4 : 487-504, 2008
6) Ramakrishnan K & Scheid DC : Treatment Options for Insomnia. Am Fam Physician, 76 : 517-26, 2007
7) 「DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引」 (American Psychiatric Association/著, 日本精神神経学会/日本語版用語監修, 高橋三郎他/監訳), 医学書院, 2014
8) 「内科医のための不眠診療はじめの一歩~誰も教えてくれなかった対応と処方のコツ」 (谷口充孝, 小川朝生/編), 羊土社, 2013
9) 「Availability of Internationally Controlled Drugs : Ensuring Adequate Access for Medical and Scientific Purposes」 (International Narcotics Control Board), Chapter III Psychotropic Substances http://www.incb.org/documents/Publications/AnnualReports/AR2015/English/Supp/AR15_Availability_E_Chapter_III.pdf
10) 「睡眠医療認定医師一覧」 (日本睡眠学会) http://jssr.jp/data/pdf/list/nintei_ishi.pdf
P.236 掲載の参考文献
2) Willenbring ML, et al : Helping patients who drink too much : an evidence-based guide for primary care clinicians. Am Fam Physician, 80 : 44-50, 2009
6) 「AUDIT-アルコール使用障害特定テスト使用マニュアル」 (小松知己, 吉本尚/監訳・監修) http://oki-kyo.jp/who-audit-jp.pdf
10) 「DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引」 (American Psychiatric Association/著, 日本精神神経学会/日本語版用語監修, 高橋三郎他/監訳), 医学書院, 2014
P.249 掲載の参考文献
1) 「認知症疾患治療ガイドライン 2017」 (「認知症疾患治療ガイドライン」作成合同委員会/編, 日本神経学会/監) (2017年1月現在, 公開予定) http://www.neurology-jp.org/guidelinem/nintisyo.html
2) 「特発性正常圧水頭症診療ガイドライン : iNPH 第2版」 (日本正常圧水頭症学会特発性正常圧水頭症診療ガイドライン作成委員会/編), メディカルレビュー社, 2011 http://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0038/G0000352/0001
3) 「かかりつけ医のためのBPSD に対応する向精神薬使用ガイドライン」http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=130724
4) APA Work Group on Alzheimer's Disease and other Dementias, et al : American Psychiatric Association practice guideline for the treatment of patients with Alzheimer's disease and other dementias. Second edition. Am J Psychiatry, 164 (12 Suppl) : 5-56, 2007
7) 「認知症のパーソンセンタードケア」 (Kitwood T/著, 高橋誠一/訳), pp5-37, 筒井書房, 2005

アレルギー疾患

P.258 掲載の参考文献
1) 「鼻アレルギー診療ガイドライン 2016年版」 (鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会), ライフサイエンス, 2016
2) Seidmun DM, et al : AAO-HNSF : Clinical practice guideline : Allergic rhinitis. Otolaryngol Head Neck Surg,152 : S1-S43, 2015
P.266 掲載の参考文献
1) 日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会 : アトピー性皮膚炎ガイドライン 2016年版. 日皮会誌, 126 : 121-55, 2016 https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopicdermatitis_guideline.pdf
2) 「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2015」 (片山一朗/監, 日本アレルギー学会 アトピー性皮膚炎ガイドライン専門部会/作成), 協和企画, 2015
6) 木村有子 : 青森県立中央病院皮膚科新患患者における最近27年間のアトピー性皮膚炎の統計調査. 青森中病医誌, 39 : 123-9, 1994
7) 古江増隆, 他 : 本邦における皮膚科受診患者の多施設横断四季別全国調査. 日皮会誌, 119 : 1795-809, 2009
8) 「宮地教授直伝 発疹のみかた~発疹が読めると皮膚科が面白い~」 (宮地良樹/著), メディカルレビュー社, 2013
9) 「あたらしい皮膚科学 第2版」 (清水宏/著), 中山書店, 2011
10) 玉置邦彦, 他 : アトピー性皮膚炎の病勢指標としての血清TARC/CCL17値についての臨床的検討. 日皮会誌, 116 : 27-39, 2006
11) 川島眞, 他 : アトピー性皮膚炎の寛解維持における保湿剤の有用性の検討. 日皮会誌, 117 : 1139, 2007
13) 岩本修一, 他 : アレグラとアレロックとクラリチンとジルテックとポララミンの比較. 「薬のデギュスタシオン」 (岩田健太郎/編), pp44-52, 金芳堂, 2015
16) 「新・総合診療医学-家庭医療学編 第2版」 (藤沼康樹/編), カイ書林, 2015
P.275 掲載の参考文献
1) 日本皮膚科学会 : 蕁麻疹診療ガイドライン. 日本皮膚科学会誌, 121 : 1339-88, 2011 https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913324_1.pdf
5) 「今日の皮膚疾患治療指針 第4版」 (塩原哲夫他/編), p329~, 医学書院, 2012
7) Mora PM, et al : Therapeutic options in idiopathic chronic urticaria [Article in Spanish]. Rev Alerg Mex, 52 : 77-82, 2005

その他

P.284 掲載の参考文献
1) 「小児急性中耳炎診療ガイドライン 2013年版」 (日本耳科学会, 他/編), 金原出版, 2013 http://www.jsiao.umin.jp/pdf/caom-guide.pdf
3) 草刈章, 他 : 小児上気道炎および関連疾患に対する抗菌薬使用ガイドライン. 外来小児科学会雑誌, 8 : 146-73, 2005 http://www004.upp.so-net.ne.jp/ped-GL/GL1.htm
4) 「NICE clinical guideline 69-Respiratory Tract Infections-Antibiotic Prescribing : Prescribing of Antibiotics for Self-Limiting Respiratory Tract Infections in Adults and Children in Primary Care」〔Centre for Clinical Practice at NICE (UK)〕, 2008 https://www.nice.org.uk/guidance/cg69/evidence/full-guideline-196853293
5) 「Nelson Textbook of Pediatrics 20th Edition」 (Kliegman RM, et al, eds), Elsevier, 2015
6) 土田晋也 : 耳と鼻の上手な診かた. 小児科診療, 77 : 23-7, 2014
7) 土田晋也 : かっこよく耳鏡を使ってみよう. レジデントノート, 14 : 1913-8, 2012
8) 上山伸也 : フォーカス不明の発熱. 「かぜ診療マニュアル 第2版」 (山本舜吾/編), pp353-61, 日本医事新報社, 2017
9) 伊藤進, 他 : ピボキシル基含有抗菌薬投与による二次性カルニチン欠乏症への注意喚起. 日本小児科学会雑誌, 116 : 804-6, 2012
10) 医薬品医療機器総合機構 : ピボキシル基を有する抗菌薬投与による小児等の重篤な低カルニチン血症と低血糖について, 2012 https://www.pmda.go.jp/files/000143929.pdf
11) 上山伸也 : 急性中耳炎. 「かぜ診療マニュアル 第2版」 (山本舜吾/編), pp343-52, 日本医事新報社, 2017
13) Venekamp RP, et al : Antibiotics for acute otitis media in children. Cochrane Database Syst Rev, 23 : CD000219, 2015 http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD000219.pub4/full
14) 村松美知子, 他 : 耳鼻科疾患-急性中耳炎. 「小児プライマリケア」 (横田俊一郎, 五十嵐隆/編), pp156-7, 中山書店, 2009
15) 兼定啓子 : 中耳炎を耳鼻咽喉科医に依頼すべき症例は, どのような症例ですか? 「プライマリ・ケアの感染症-身近な疑問に答えるQ&A」 (黒崎知道, 田原卓浩/編), pp58-9, 中山書店, 2013
P.290 掲載の参考文献
1) 日本腎臓学会 : CKD診療ガイド 2012. 日腎会誌, 54 : 1031-189, 2012 http://www.jsn.or.jp/guideline/pdf/CKDguide2012.pdf
2) 「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン 2013」 (日本腎臓学会/編), 東京医学社, 2013 http://www.jsn.or.jp/guideline/pdf/CKD_evidence2013/all.pdf
3) 「CKDステージG3b~5患者のための腎障害進展予防とスムーズな腎代替療法への移行に向けた診療ガイドライン 2015」 (慢性腎不全診療最適化による新規透析導入減少実現のための診療システム構築に関する研究班), 2015 http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/CKD_stageG3b-5/CKD_stageG3b-5_20151126.pdf
4) KDIGO 2012 Clinical Practice Guideline for the Evaluation and Management of Chronic Kidney Disease. Kidney International, 3 : 1-150, 2013 http://www.kdigo.org/clinical_practice_guidelines/pdf/CKD/KDIGO_2012_CKD_GL.pdf
P.298 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会 : 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン 2015年版. 透析会誌, 49 : 89-158, 2016 http://www.jsdt.or.jp/jsdt/1637.html
2) 「鉄剤の適正使用による貧血治療指針 改訂第2版」 (日本鉄バイオサイエンス学会治療指針作成委員会/編), 響文社, 2009 http://jbis.sub.jp/pdf/tetu-ketubou.pdf
3) 「鉄剤の適性使用による貧血治療指針 改訂第3版」 (日本鉄バイオサイエンス学会治療指針作成委員会/編), 響文社, 2015
4) 「Guidelines for the use of iron supplements to prevent and treat iron deficiency anemia」〔International Nutritional Anemia Consultative Group (INACG), World Health Organization (WHO), United Nations Childrens Fund (UNICEF)〕, 1998 http://www.who.int/entity/nutrition/publications/micronutrients/guidelines_for_Iron_supplementation.pdf?ua=1
5) 「Iron deficiency anaemia : assessment, prevention and control-A guide for programme managers」 (World Health Organization), 2001 http://www.who.int/nutrition/publications/micronutrients/anaemia_iron_deficiency/WHO_NHD_01.3/en/
6) 「Recommendations to Prevent and Control Iron Deficiency in the United States」, Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR), 47 (RR-3) : 1-36, 1998 https://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/00051880.htm
7) 「Screening for Iron Deficiency Anemia-Including Iron Supplementation for Children and Pregnant Women」 (The U. S. Preventive Services Task Force) https://www.uspreventiveservicestaskforce.org/Home/GetFile/1/800/ironscr/pdf
9) 「Diagnostic Strategies for Common Medical Problems, 2nd ed」 (Black ER, et al), American College of Physicians, 1999
13) 「The Guide to Clinical Preventive Services 2014-Recommendations of the U.S. Preventive Services Task Force」 (Agency for Healthcare Research and Quality), 2014 http://www.ahrq.gov/professionals/clinicians-providers/guidelines-recommendations/guide/index.html
P.306 掲載の参考文献
1) 「熱中症診療ガイドライン 2015」 (日本救急医学会) http://www.jaam.jp/html/info/2015/pdf/info-20150413.pdf
2) 「熱中症環境保健マニュアル 2014」 (環境省) http://www.wbgt.env.go.jp/heatstroke_manual.php
3) 「夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン (暫定版) 2016」 (環境省) http://www.wbgt.env.go.jp/heatstroke_gline.php
4) 日本生気象学会 : 日常生活における熱中症予防指針 ver.3. 日本生気象学会雑誌, 50 : 49-59, 2013 http://seikishou.jp/pdf/news/shishin.pdf
5) 「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」 (日本体育協会) http://www.japan-sports.or.jp/publish/tabid/776/Default.aspx#guide01
7) Becker JA & Stewart LK : Heat-related illness. Am Fam Physician, 83 : 1325-30, 2011
9) 「熱中症 : 日本を襲う熱波の恐怖」 (日本救急医学会/編), へるす出版, 2011
10) 「熱中症Review : Q&Aでわかる熱中症のすべて」 (三宅康史/編著), 中外医学社, 2012

診療ガイドラインの質を見極める

P.313 掲載の参考文献
2) 日本医療機能評価機構EBM 医療情報部 : AGREE II 日本語訳試行版 ver.01 http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/guideline/pdf/AGREE2jpn.pdf
3) 南郷栄秀, 他 : 日本の診療ガイドラインの質は低く, 改善の余地が大きい. 第5回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会抄録集, 5 : 299, 2014
4) 「Clinical Practice Guidelines We Can Trust」 (Institute of Medicine of the National Academies), The National Academies Press, 2011 https://www.nap.edu/catalog/13058/clinical-practice-guidelines-we-can-trust
5) GRADE working group : The GRADE working group http://www.gradeworkinggroup.org
6) 「診療ガイドラインのためのGRADEシステム 第2版」 (相原守夫/著), 凸版メディア, 2015
7) 厚生労働省 : 医療技術評価の在り方に関する検討会「医療技術評価の在り方に関する検討会報告書」http://www1.mhlw.go.jp/houdou/0906/h0627-6.html
8) 厚生労働省 : 医療技術評価推進検討会「医療技術評価推進検討会報告書」http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1103/h0323-1_10.html
9) 秋山祐治 : II. 診療ガイドライン作成に厚生労働省が果たした役割. 日内会誌, 99 : 2950-7, 2010
10) Minds医療情報サービス (日本医療機能評価機構) http://minds.jcqhc.or.jp/
11) 「Minds診療ガイドライン作成の手引き 2007」 (Minds診療ガイドライン選定部会/監, 福井次矢, 他/編), 医学書院, 2007
12) 「Minds診療ガイドライン作成の手引き 2014」 (福井次矢, 他/監, 森實敏夫, 他/編), 医学書院, 2014
13) GRADE working group : Criteria for applying or using GRADE http://www.gradeworkinggroup.org/docs/Criteria_for_using_GRADE_2016-04-05.pdf
14) 相原守夫 : GRADEシステムを利用したと言えるための基準 http://aihara.la.coocan.jp/archives/2012/03/grade_24.php
15) 相原守夫 : GRADEを利用した国内の診療ガイドライン http://www.grade-jpn.com/jp_grade/japanese_grade_cpg.html
16) UpToDate(R) http://www.uptodate.com/
17) DynaMed Plus(R) http://www.dynamed.com/
18) 「診療ガイドラインが教えてくれないこともある」 (葛西龍樹/監, 菅家智史/編), 南山堂, 2016

最近チェックした商品履歴

Loading...