作業療法を観る

出版社: シービーアール
著者:
発行日: 2017-04-01
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784908083167
電子書籍版: 2017-04-01 (第1版第1刷)
動画付き(約145分)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,950 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,950 円(税込)

特記事項:
  • 【電子書籍】ご購入後、付属DVDの内容をMYページで閲覧いただけます。

商品紹介

7事例をDVDとワークシートで見える化!「作業療法を観る」は、作業療法士・作業療法学生の臨床的思考能力を高めることを目的に作成した、DVD+書籍からなる教材です。評価手技や治療手技に関する視聴覚教材はすでに多数ありますが、クライエントとのコミュニケーション、初回評価や介入時の作業療法士の思考過程に注目した教材はありません。作業療法士は、クライエントを動機づけ、目標に向けて主体的に取り組むことができるよう、様々な配慮や工夫をしています。

目次

  • 作業療法を観る

    ―目次―

    本書の使いかた
    1:DVD を観る前に
    2:DVD の視聴
    3:ワークシートを使った学習
    4:事例報告

    第1章:作業の力
    1:作業は人の心を安定させる
    2:作業は人に居場所を与える
    3:作業は人の習慣をつくる
    4:作業は人を成長させる
    5:作業は人に未来をもたらす

    第2章:作業療法士の技
    1:作業療法士はクライエント固有の作業を大切にする
    2:作業療法士はクライエントと一緒に目標を決める
    3:作業療法士はクライエントとの信頼関係を大切にする
    4:作業療法士は常にクライエントに寄り添う
    5:作業療法士は人?環境?作業の側面から支援を行う

    第3章:作業療法を観る
    事例1:何もできないと嘆くクライエント:急性期OT の初回面接
    事例2:あきらめていた病前の趣味を再開:回復期OT の役割
    事例3:お互いを思いやりながら意思疎通を欠く夫婦:
         在宅訪問OT のタイミングと役割
    事例4:クライエントとの信頼関係の構築:
         初めての訪問リハビリOT
    事例5:短時間OT でクライエントの作業ニードを聞き出す:
         整形外科クリニックの非常勤OT
    事例6:認知症者に対する社会資源の活用:
         地域包括支援センターOT の役割
    事例7:失語症,でも実現できた対話型講演:
         地域の中で新しい仕事を探索するOT

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 作業の力

P.11 掲載の参考文献
1) 寺岡睦, 他. 作業機能障害の種類と評価 (Classification and Assessment of Occupational Dysfunction ; CAOD) の試作版作成. 総合リハ. 2013, 41.
2) 籔脇健司, 編. 高齢者のその人らしさを捉える作業療法 大切な作業の実現. 文光堂, 東京, 2015.
3) E. H. エリクソン, J. M. エリクソン. ライフサイクル, その完結. みすず書房, 2001.
6) フランク ゴーブル (小口忠彦監訳). マズローの心理学. 産能大出版部, 1972.
8) 齋藤佑樹, 他. 作業選択意思決定支援ソフト (ADOC) を用いた失語症のあるクライエントと作業療法士との意味のある作業の共有. 作業療法. 2012, 31.
9) 齋藤佑樹, 他. 作業選択意思決定支援ソフト (ADOC) を用いた認知症クライエントと作業療法士の意思決定の共有と協働. 作業療法. 2013, 32.
10) Christiansen CH, Townsend ES. Introduction to occupation : The art of science and living. 2nd ed., Prentice Hall, New Jersey, 2009.
11) 鎌倉矩子. 作業療法の世界. 第2版, 三輪書店, 東京, 2004.
12) Gary Kielhofner (山田孝監訳). 人間作業モデル 理論と応用. 改訂第4版, 協同医書出版社, 東京, 2012.
13) エリザベス タウンゼント, ヘレンポラタイコ編著 (吉川ひろみ, 他監訳). 続・作業療法の視点 作業を通しての健康と公正. 大学教育出版, 岡山, 2011.
14) Ruth Zemke, Florence Clark 編著 (佐藤剛監訳). 作業科学 作業的存在としての人間の研究. 三輪書店, 東京, 1999.
15) 吉川ひろみ. 「作業」って何だろう 作業科学入門. 医歯薬出版, 東京, 2008.
16) 齋藤佑樹編. 作業で語る事例報告 作業療法レジメの書き方・考え方. 医学書院, 東京, 2014.
17) kitwood T (高橋誠一訳). 認知症のパーソンセンタードケア-新しいケアの文化へ. 筒井書房, 東京, 2005.
18) 中山和弘, 岩本貴編. 患者中心の意思決定支援. 中央法規出版, 東京, 2011.

第2章 作業療法士の技

P.17 掲載の参考文献
1) 寺岡睦, 他. 作業機能障害の種類と評価 (Classification and Assessment of Occupational Dysfunction ; CAOD) の試作版作成. 総合リハ. 2013, 41.
2) 籔脇健司, 編. 高齢者のその人らしさを捉える作業療法 大切な作業の実現. 文光堂, 東京, 2015.
3) E. H. エリクソン, J. M. エリクソン. ライフサイクル, その完結. みすず書房, 2001.
6) フランク ゴーブル (小口忠彦監訳). マズローの心理学. 産能大出版部, 1972.
8) 齋藤佑樹, 他. 作業選択意思決定支援ソフト (ADOC) を用いた失語症のあるクライエントと作業療法士との意味のある作業の共有. 作業療法. 2012, 31.
9) 齋藤佑樹, 他. 作業選択意思決定支援ソフト (ADOC) を用いた認知症クライエントと作業療法士の意思決定の共有と協働. 作業療法. 2013, 32.
10) Christiansen CH, Townsend ES. Introduction to occupation : The art of science and living. 2nd ed., Prentice Hall, New Jersey, 2009.
11) 鎌倉矩子. 作業療法の世界. 第2版, 三輪書店, 東京, 2004.
12) Gary Kielhofner (山田孝監訳). 人間作業モデル 理論と応用. 改訂第4版, 協同医書出版社, 東京, 2012.
13) エリザベス タウンゼント, ヘレンポラタイコ編著 (吉川ひろみ, 他監訳). 続・作業療法の視点 作業を通しての健康と公正. 大学教育出版, 岡山, 2011.
14) Ruth Zemke, Florence Clark 編著 (佐藤剛監訳). 作業科学 作業的存在としての人間の研究. 三輪書店, 東京, 1999.
15) 吉川ひろみ. 「作業」って何だろう 作業科学入門. 医歯薬出版, 東京, 2008.
16) 齋藤佑樹編. 作業で語る事例報告 作業療法レジメの書き方・考え方. 医学書院, 東京, 2014.
17) kitwood T (高橋誠一訳). 認知症のパーソンセンタードケア-新しいケアの文化へ. 筒井書房, 東京, 2005.
18) 中山和弘, 岩本貴編. 患者中心の意思決定支援. 中央法規出版, 東京, 2011.

第3章 作業療法を観る

P.68 掲載の参考文献
1) Fisher AG. Occupational Therapy Intervention Process Model : A model for planning and implementing top-down, client-centered, and occupation-based interventions. Fort Collins, CO, Three Star Press, 2009.

付録 事例報告

P.125 掲載の参考文献
1) 坂野雄二. セルフ・エフィカシーの臨床心理学. 北大路書房, 京都, 2002.
2) 厚生労働省. 「認知症高齢者の日常生活自立度」II 以上の高齢者数について. 入手先 <http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002iaul-att/2r9852000002iari.pdf>, (2017年2月14日アクセス)
3) 籔脇健司, 他. 在宅高齢者の作業療法における環境支援の効果 : 包括的環境要因調査票を用いた根拠ある実践 (平成22年度課題研究助成制度). 一般社団法人日本作業療法士協会, 入手先 <http://www.jaot.or.jp/wp-content/uploads/2010/08/kadai-2010-03.pdf>, (2016年9月10日アクセス)
4) 中原啓太, 籔脇健司. 地域在住健常高齢者の健康に対する作業参加と環境の関係性. 第3回日本臨床作業療法学会抄録集, 2016.
5) 日本整形外科学会, 日本手外科学会監. 橈骨遠位端骨折診療ガイドライン 2012. 入手先 <http://minds.jcqhc.or.jp/n/medical_user_main.php#>, (2016年10月31日アクセス)
6) 竹内さをり, 他. 作業療法士マニュアル 57「生活行為向上マネジメント」. 日本作業療法士協会, 2014.
7) 岩瀬義昭, 他編. "作業"の捉え方と評価・支援技術 : 生活行為の自律に向けたマネジメント (日本作業療法士協会 (監), 医歯薬出版社, 東京, 2011.
8) 大嶋伸雄. 一般的患者の心理とアプローチの基本. 身体領域の作業療法 (大嶋伸雄編集), 第2版, 中央法規出版, 東京, 2016.
9) 吉川ひろみ. 作業療法がわかるCOPM・AMPSスターティングガイド. 医学書院, 東京, 2008.

最近チェックした商品履歴

Loading...