医学と薬学 74/7 2017年7月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2017-06-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: 夏の感染症
電子書籍版: 2017-06-27 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,160 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,728 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【特集 夏の感染症】
  • 序文
  • エンテロウイルス感染症
  • ヘルパンギーナ・手足口病
  • 無菌性髄膜炎とエンテロウイルスD68感染症
  • アデノウイルス感染症
  • 咽頭結膜熱 ( プール熱 )
  • 伝染性膿痂疹 ( とびひ )
  • 細菌性胃腸炎 ( 細菌性食中毒 )
  • 腸管出血性大腸菌感染症
  • 腸炎ビブリオ感染症・サルモネラ感染症
  • ブドウ球菌食中毒
  • 【Diagnosis】
  • 自己採血による簡易血液検査の信頼性検討
  • アデノウイルス抗原検査における「結膜滲出液を含む涙液」の有用性
  • 電気化学発光免疫測定装置「コバス8000免疫処理用e801モジュール」を用いたACTH, コルチゾール, インスリン, C - ペプチド, および性腺ホルモンの基礎的検討
  • 電気化学発光免疫測定装置「コバス8000免疫処理用e801モジュール」を用いた腫瘍マーカーの基礎的検討
  • 【cosmetic】
  • 手専用ピーリングジェルのシミ改善効果
  • 【supplement】
  • HMB含有混合プロテインによる筋肉増強および身体引き締め効果
  • 【巻末付録】
  • 特集予定
  • バックナンバー
  • 学会・研究会開催予定 ( 2017年8月~10月 )
  • 編集顧問
  • 人名索引
  • キーワード索引
  • ご投稿案内
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 夏の感染症】

P.771 掲載の参考文献
1) 国立感染症研究所 : 手足口病とは. https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/441-hfmd.html
2) 国立感染症研究所 : ヘルパンギーナとは. https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/515-herpangina.html
3) American Academy of Pediatrics : Enterovirus (Nonpoliovirus). RED BOOK 2015 Report of the Committee on Infectious Diseases. 30th., pp.333-336, 2015.
4) Cherry JD, Krogstad P : Enteroviruses and pare-choviruses. Feigin & Cherry's textbook of pediatric infectious diseases. 6th ed., p.2112, Saunders, Philadelphia, 2009.
5) 宮田一平, 宮入烈 : 生後3か月未満の乳児におけるヒトパレコウイルス感染症の発生. IASR 35 : 221, 2014.
6) 国立感染症研究所 : IASR夏の疾患 (ヘルパンギーナ/手足口病他). http://www.niid.go.jp/niid/ja/iasr/510-surveillance/iasr/graphs/4892-iasrgnatus.html
7) 国立感染症研究所 : 感染症発生動向調査 (IDWR) 第19巻15号, 2017.
8) Ho M, Chen ER, Hsu KH et al : An epidemic of enterovirus 71 infection in Taiwan. Taiwan Enterovirus Epidemic Working Group. N Engl J Med 341 (13) : 929-935, 1999.
10) 渡部祐子 : 手足口病後の爪変形・爪脱落症. IASR 33 : 62-63, 2012.
11) 安井良則, 堀越敦子, 田中敬雄他 : 当初は水痘を疑って対策を行ったCA6による手足口病の1例-臨床現場からの報告-. IASR 34, 2017.
12) 学校保健安全法施行規則 (昭和三十三年六月十三日文部省令第十八号), 最終改正 : 平成二十八年三月二二日文部科学省令第四号. http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33F03501000018.html
13) 厚生労働省 : 保育所における感染症対策ガイドライン (2012年改訂版). http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000123472.html
14) Cherry JD : HERPANGINA. Feigin & Cherry's textbook of pediatric infectious diseases. 6th ed., pp.169-171, Philadelphia, Saunders, 2009.
15) 多屋馨子, 早川丘芳, 北本理恵他 : 本邦におけるエンテロウイルス感染症の疫学, 重症化例の発生動向調査. IASR 25 : 226-227, 2004.
P.776 掲載の参考文献
1) 岸部峻, 山内葉那子, 磯貝美穂子他 : 多施設における34症例のヒトパレコウイルス入院症例臨床像の検討. 小児感染免疫 27 (4) : 257-264, 2016.
3) 堀越裕歩 : エンテロウイルスD68感染症. 日本小児科学会雑誌 120 (9) : 1330-1337, 2016.
7) 国立感染症研究所 : 週別無菌性髄膜炎患者からの主なウイルス分離・検出報告数, 2013~2017年, 2017. http://www0.nih.go.jp/niid/idsc/iasr/Byogentai/Pdf/data16j.pdf.
17) Holm-Hansen CC, Midgley SE, Fischer TK : Global emergence of enterovirus D68 : a systematic review. Lancet Infect Dis 16 (5) : 64-75, 2016.
19) 伊藤健太, 舟越優, 堀越裕歩他 : エンテロウイルスD68型が検出された小児4症例-東京都. IASR 36 : 193-195, 2015.
20) 国立感染症研究所 : エンテロウイルスD68型 (EV-D68) に関する国内の疫学状況のまとめ. IASR 37 : 33-35, 2016.
22) 米倉圭二, 白石泰尚, 津田玲子他 : エンテロウイルスD68型が検出された急性呼吸不全と急性弛緩性麻痺を来した1例. 日本小児科学会雑誌 119 (9) : 1380-1385, 2015.
P.781 掲載の参考文献
1) 西村章 : アデノウイルス. 日本感染症学会編, 日常診療に役立つ小児感染症マニュアル 2012, pp.406-415, 東京医学社, 東京, 2012.
2) Cherry JD : Pharyngoconjunctival Fever. Textbook of Infectious Disease 5th Edition, pp.172-176, Saunders, Philadelphia, 2004.
3) 国立感染症研究所感染症情報センター : 感染症発生動向調査週報・月報速報データ, http://idsc.nih.go.jp/idwr/sokuho/index.html
P.784 掲載の参考文献
1) 大石智洋 : 小児伝染性膿痂疹における治療薬の検討-分離された黄色ブドウ球菌の薬剤感受性および治療薬の感受性と臨床効果との相関. 新薬と臨床 57 : 826-833, 2008
2) 本郷彰裕, 礒川利夫, 岡勝己他 : 伝染性膿痂疹に対するセフゾン細粒小児用の有効性および安全性の検討. 新薬と臨床 54 : 58-74, 2005
3) MRSA感染症の治療ガイドライン作成委員会 : d. 皮膚・軟部組織感染症 1) 皮膚科領域. MRSA感染症の治療ガイドライン-2017年改訂版. 日本化学療法学会雑誌 65 (3) : 364-369, 2017
4) JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会 : X. 皮膚軟部組織感染. JAID/JSC感染症治療ガイド 2014, ライフサイエンス出版, 東京, 2014.
P.790 掲載の参考文献
1) Coxen MA, LawRJ, Scholz R et al : Recent advances in understanding enteric pathogenic Escherichia coli. Clin Microbiol Rev 26 : 822-880, 2013.
2) Shiga-toxin producing Escherichia coli in certain raw beef products. Fed Regist 77 : 31975-31981, 2012.
3) 大西健児 : 細菌性腸炎の我が国における現状. 最新医学 70 : 2349-2357, 2015.
4) 国立感染症研究所 : 感染症発生動向調査速報データ2016年. https://www0.niid.go.jp/niid/idsc/idwr/diseases/ehec/ehec2016/52w2016EHEC.pdf
5) Jun T, Sunao I, Makoto O et al : Shiga toxin (verotoxin) -producing Escherichia coli in Japan. Microbiol Spectr 2. doi : 10.1128/microbiolspec. EHEC-0011-2013, 2014.
6) 腸管出血性大腸菌感染症 2012年4月現在. 病原微生物検出情報 (IASR) 33 : 115-116, 2012.
7) 牛生肉・牛生レバー規制強化後の牛生肉および牛生レバーを原因とする腸管出血性大腸菌O157発生状況. 病原微生物検出情報 (IASR) 37 : 161-162, 2016.
8) 冷凍メンチによる腸管出血性大腸菌O157VT2の食中毒検査について. 病原微生物検出情報 (IASR).
9) 腸管出血性大腸菌 (EHEC) 検査・診断マニュアル 2017年2月改訂.
10) 森伸晃 : 細菌性腸管感染症. 臨床検査 10 : 1100-1105, 2016.
13) JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015-腸管感染症-. 化学療法学会雑誌 64 : 31-65, 2016.
14) 溶血性尿毒症症候群の診断・治療ガイドライン. 東京医学社, 東京, 2014.
15) Maurizio S, Elisabetta B : Update on hemolytic uremicsyndrome; diagnostic and therapeutic recommendations. World J Nephorol 2 : 56-76, 2013.
17) O'Ryan M, Vidal R, del Canto F et al : Vaccines for viral and bacterial pathogens causing acute gastroenteritis : Part II : vaccines for Shigella, Salmonella, enterotoxigenic E. coli (ETEC) enterohemorragic E.coli (EHEC) and Campylobacter jejuni. Hum Vaccin Immunother 11 : 601-619, 2015.
P.797 掲載の参考文献
1) JAID/JSC感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会 腸管感染症ワーキンググループ : JAID/JSC感染症治療ガイドライン 2015 -腸管感染症-. 感染症学雑誌 90 (1) : 31-65, 2016.
3) CAC GL 73-2010 Guidelines on the Application of General Principles of Food Hygiene to the Control of Pathogenic Vibrio Species in Seafood. pdf
4) 食品安全委員会 : 食品健康影響評価のためのリスクプロファイル~生鮮魚介類における腸炎ビルリオ~ (改訂版), 2012年1月.
5) WORLD HEALTH ORGANIZATION FOOD AND AGRICULTURE ORGANIZATION OF THE UNITED NATIONS 2011 : Risk assessment of vibrio parahaemolyticus in seafood, INTER-PRETATIVE SUMMARY AND TECHNICAL REPORT. http://www.fao.org/3/a-i2225e.pdf
6) 国立感染研究所 : 腸炎ビブリオ感染症とは. http://www.niid.go.jp/niid/ja/home/392-encyclopedia/438-vibrio-enteritis.html (最終閲覧 : 2017年5月13日)
7) Neill MA, Carpenter CJ : Other Pathogenic Vibrios. Mandell, Douglas, and Bennett's Principles and Practice of Infectious Diseases 8th Edition (ed. by Bennett JE et al), pp.2480-2484, Saunders, St. Louis, 2014
8) UpToDate : Vibrio parahaemolyticus infections (最終閲覧 : 2017年5月13日)
9) 東京都福祉保健局 食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト : 腸炎ビブリオ. http://www.fukushi-hoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/tyouen.html (最終閲覧 : 2017年5月13日)
10) 厚生労働省 生活衛生・食品安全部 監視安全課 : 食中毒統計調査. http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/112-1.html
11) 工藤由起子 : 日本における腸炎ビブリオ食中毒の急激な減少と対策効果の検証. Jpn J Food Microbiol 30 (4) : 177-185, 2013.
14) Centers for Disease Control and Prevention : Vibrio Species Causing Vibriosis. https://www.cdc.gov/salmonella/general/prevention.html (最終閲覧 : 2017年5月13日)
15) Pegues DA, Miller SI : Salmonella Species Mandell. Douglas, and Bennett's Principles and Practice of Infectious Diseases 8th Edition (ed. by Bennett JE et al), pp.2559-2548, Saunders, St. Louis, 2014
18) 食品安全委員会 : 食品健康影響評価のためのリスクプロファイル~鶏卵中のサルモネラ・エンテリティディス~ (改訂版), 2010年4月.
19) WORLD HEALTH ORGANIZATION FOOD AND AGRICULTURE ORGANIZATION OF THE UNITED NATIONS 2002 : Risk assessments of Salmonella in eggs and broiler chickens. http://www.fao.org/3/a-y4392e.pdf
20) 国立感染症研究所 : サルモネラ感染症とは. http://www.niid.go.jp/niid/ja/home/392-encyclope-dia/409-salmonella.html (最終閲覧 : 2017年5月13日)
21) 国立感染症研究所 : サルモネラ食中毒の現状と対策について. http://idsc.nih.go.jp/iasr/30/354/dj3542.html (最終閲覧 : 2017年5月13日)
24) 厚生労働省健康局結核感染症課 : 抗微生物薬適正使用の手引き, 第一版. http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000166612.pdf
25) Centers for Disease Control and Prevention : Salmonella. https://www.cdc.gov/salmonella/ (最終閲覧 : 2017年5月13日)
26) 厚生労働省 : 大量調理施設衛生管理マニュアル (最終改正 : 平成28年10月6日付け生食発1006 第1号) http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000130495.pdf
P.803 掲載の参考文献
1) 内閣府食品安全委員会事務局資料 : 食中毒病原菌と予防. http://ajmic.or.jp/book/2013/eisei_3.pdf
2) 細菌性食中毒1998~2007年. IASR (Infectious Agents Surveillance Report) 29 (8) : 213-215, 2008.
4) Barber LE, Deibel RH : Effect of pH and oxygen tension on staphylococcal growth and enterotoxin formation in fermented sausage, Microbiol Appl 24 : 891-898, 1972.
5) 宮本敬久 : 食中毒細菌の簡易迅速検査法. 食品工業 7 : 454, 2000.
6) 重茂克彦 : 黄色ブドウ球菌とエンテロトキシン. 食品衛生研究 59 (12) : 17-23, 2009.
7) 五十嵐英夫, 新垣正夫 : ブドウ球菌の増殖とエンテロトキシン産生に及ぼす水分活性の影響. メディヤサークル 27 : 343-359, 1982.
8) 村上和保, 石橋弥, 和田貴臣 : 食品材料, 食品および調理施設からのメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) の検出. 日本食品微生物学会雑誌 19 (3) : 127-131, 2002.

【Diagnosis】

P.812 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 平成25年国民生活基礎調査
2) 厚生労働省 : 平成25年簡易生命表
3) 厚生労働省 : 第22回保険者による検診・保健指導等に関する検討会資料, 2016
4) 永峰康孝, 細萱茂実, 井藤一久 : 生理的変動に基づいた臨床化学検査36項目における測定の許容誤差限界. 臨床化学 35 (2) : 144-153, 2006.
5) 蒲浦光正, 川上ちひろ, 杤久保修 : 宅配と通信を用いた健診. 日本循環器病予防学会誌 40 (3) : 205-211, 2005.
6) 渡野達朗, 芳賀徹, 稲葉信夫他 : 生活習慣病検査を目的とした郵送健診の信頼性の評価. 医学と薬学 58 (6) : 857-862, 2007.
7) 大澤進, 杉本晋哉, 米久保功他 : 在宅医療革命. 臨床検査 59 (5) : 397-404, 2015.
8) 鈴木賢二, 石塚範雄, 桝田喜文他 : メタボリック・シンドロームからみた生活習慣病対策の重要性. 厚生の指標 54 (6) : 7-13, 2007.
P.818 掲載の参考文献
1) 内尾英一 : アデノウイルス結膜炎. 医学と薬学 71 (12) : 2263-2268, 2014.
2) 稲田敏樹, 青木巧喜 : 感染症の話 ◆流行性角結膜炎. IDWR 4 (29) : 11-12, 2002.
3) 酒井義明, 井上光鋭他 : 点眼薬の分注に関するアンケート調査 -流行性角結膜炎の集団発生を経験して-. 医療薬学 34 (11) : 1028-1031, 2008.
4) 塩田洋, 大野重昭他 : アデノウイルス結膜炎院内感染対策ガイドライン. 日眼会誌 113 (1) : 25-46, 2009.
5) 石岡みさき, 伊藤典彦 : 市中眼科診療所におけるアデノウイルスの院内汚染調査. あたらしい眼科 28 (12) 1743-1746, 2011.
6) 国立感染症研究所 : 咽頭結膜熱・流行性角結膜炎検査, 診断マニュアル (第2版) 平成24年5月
8) 梯和幸 : クイックチェイサーAdeno咽頭/角結膜. Medical Technology 36 (13) : 1340-1340, 2008.
9) 宮永嘉隆, 中川尚他 : 新しいアデノウイルス迅速診断法「クイックナビ-アデノ」の臨床評価. あたらしい眼科 29 (5) : 659-663, 2012.
10) 北市伸義, 明尾潔他 : 白金-金コロイド標識抗体を用いたアデノウイルス迅速診断検査キットの評価. 医学のあゆみ 237 (2) : 210-214, 2011.
11) 内尾英一, 原二郎 : アデノチェック(R). あたらしい眼科 15 (8) : 1115-1116, 1998.
P.830 掲載の参考文献
1) 古屋実, 友田雅己, 栗本真紀子, 肥塚直美, 地曵和子, 高野加寿恵, 小田桐恵美 : 全自動電気化学発光免疫測定装置モジュラーアナリティクスを用いたACTH測定の基礎的, 臨床的検討. 医学と薬学 60 (3) : 561-568, 2008.
2) 柿沢圭亮, 大川雄太, 大石敏弘, 山下美保, 佐々木茂和, 佐橋徹, 遠山和成, 沖隆 : エクルーシス試薬コルチゾール IIを用いた血中コルチゾール測定の基礎的検討. 医学と薬学 73 (1) : 71-76, 2016.
3) 武田裕子 : インスリン. 糖尿病ケア 7 (1) : 51-55, 2010.
4) 武田裕子 : Cペプチド. 糖尿病ケア 7 (1) : 56-61, 2010.
5) 古屋実, 矢田紗世, 横村守, 細羽恵美子, 友田雅己, 三浦ひとみ : 電気化学発光免疫測定装置「コバス8000免疫処理用e801モジュール」を用いた甲状腺関連項目の基礎的検討. 医学と薬学 74 (3) : 317-326, 2017.
6) 古屋実, 矢田紗世, 横村守, 細羽恵美子, 友田雅己, 三浦ひとみ : 電気化学発光免疫測定装置「コバス8000免疫処理用e801モジュール」を用いた循環器項目およびプロカルシトニンの基礎的検討. 医学と薬学 74 (5) : 607-617, 2017.
7) 岸野好純, 森嶋祥之, 秋山利行, 大場康寛 : miniVIDASによる血中エストラジオール測定に関する基礎的検討. JJCLA 21 (6) : 828-833, 1996.
P.840 掲載の参考文献
1) 日本肺癌学会 : EBMの手法による肺癌診療ガイドライン. 日本肺癌学会編, 金原出版, 東京, pp.10-11, 2016.
2) 日本膵臓学会 : 科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン. 科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン作成小委員会 編, 金原出版, 東京, pp.62-63, 2013.
3) 日本肝臓学会 : 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン, 科学的根拠に基づく肝癌診療ガイドライン作成に関する研究班編, 金原出版, 東京, pp.31-32, 2013.
4) 日本泌尿器科学会 : 前立腺癌診療ガイドライン, 日本泌尿器科学会編, 金原出版, 東京, 2012.
5) Clinical and Laboratory Standards Institute. Evaluation of Detection Capability for Clinical Laboratory MeasurementProcedures. CLSI Document EP17-A2. Wayne, PA : CLSI ; 2012.
6) 清水史孝, 藤目真 : 前立腺全摘除術後のPSA再発診断における高感度PSA 測定の意義. Urology View 6 (2) : 45-49, 2008.
7) 原啓, 田中祝江, 山辺史人他 : 内分泌療法における高感度PSA測定の意義. Urology View 6 (2) : 81-85, 2008.
8) 宮崎保, 田中淳司 : 貧血-赤血球フェリチンを中心にして-. 日本内科学会雑誌 83 (9) : 193-199, 1994.
9) 古屋実, 矢田紗世, 細羽恵美子他 : 電気化学発光免疫測定装置「コバス8000免疫処理用e801モジュール」を用いた甲状腺関連項目の基礎的検討. 医学と薬学 74 (3) : 317-326, 2017.
10) 古屋実, 矢田紗世, 細羽恵美子他 : 電気化学発光免疫測定装置「コバス8000免疫処理用e801モジュール」を用いた循環器項目およびプロカルシトニンの基礎的検討. 医学と薬学 : 74 (5) : 607-617, 2017.

【cosmetic】

P.843 掲載の参考文献
1) 今原広次, 伊東泰美 : メラニン形成におよぼすプラセンタエキスラクトの影響. 粧技誌 16 (1) : 1982.
2) 宇山光男, 岡部美代治 : 化粧品成分ガイド 第5版, p.123, フレグランスジャーナル社, 東京, 2001.

【supplement】

P.848 掲載の参考文献
1) Smith HJ et al : Attenuation of proteasome-induced proteolysis in skeletal muscle by {beta}-hydroxy-{beta}-methylbutyrate in cancer-induced muscle loss. Cancer Res 65 (1) : 277-283, 2005.
2) Eley HL et al : signaling pathways initiated by β-hydroxy-βmethylbutyrate to attenuate the depression of protein synthesis in skeletal muscle in response to cachectic stimuli. Am J Physiol Endocrino. Metab 293 : 923-931, 2007.
3) Aversa Z et al : β-hydroxy-β-methylbutyrate (HMB) attenuates muscle and body weight loss in experimental cancer cachexia. Int J ONcol 38 : 713-720, 2011.
5) Kovarik M et al : Effects of β-hydroxy-β-methylbutyrate treatment in different types of skeletal muscle of intact and septic rats. J Physiol Biochem 66 : 311-319, 2010.
6) Smith HJ et al : Mechanism of the Attenuation of Proteolysis-Inducing Factor Stimulated Protein Degradation in Muscle by β-Hydroxy-β-Methylbutyrate. Cancer Res 64 : 8731-8735, 2004.
8) 一般社団法人日本サプリメント協会 : サプリメント健康辞典. p.125, 集英社, 東京, 2015.

最近チェックした商品履歴

Loading...