医学と薬学 74/8 2017年8月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2017-07-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: 臓器移植の現状と課題
電子書籍版: 2017-07-27 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,160 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,728 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【特集 臓器移植の現状と課題】
  • 肺移植の現状と課題
  • 心臓移植
  • 世界の生体肝移植の現状と未来のために日本が果たすべき役割
  • 腎移植
  • 膵臓移植
  • 【Diagnosis】
  • cobas, ARCHITECT, CentaurによるTSH, FT4, FT3測定値の比較検討
  • エクルーシス試薬SCCの基礎的検討および臨床性能評価
  • 新規FREELITE測定試薬「FREELITE - TIA2 κチェーン」「FREELITE - TIA2 λチェーン」の基礎性能
  • 血糖測定器グルコカードGブラックの操作性と振り返り機能の使用感評価
  • HISCL HBc抗体試薬の基本性能と臨床性能
  • 【cosmetic】
  • スリーピングパックの毛穴の目立ち改善効果
  • 【巻末付録】
  • 特集予定
  • バックナンバー
  • 学会・研究会開催予定 ( 2017年8月~10月 )
  • 編集顧問
  • 人名索引
  • キーワード索引
  • ご投稿案内
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 臓器移植の現状と課題】

P.890 掲載の参考文献
8) Date H, Sato M, Aoyama A et al : Living-donor lobar lung transplantation provides similar survival to cadaveric lung transplantation even for very ill patients. Eur J Cardiovasc Surg 47 : 967-973, 2015.
P.900 掲載の参考文献
1) Lund LH, Edwards LB, Dipchand AI et al : The Registry of the International Society for Heart and Lung Transplantation : Thirty-third Official Adult Heart Transplantation Report-2016. J Heart Lung Transplant 35 : 1158-1169, 2016.
4) 日本臓器移植ネットワークホームページ : http://www.jotnw.or.jp/datafile/index.html, Accessed June 12, 2017
5) 日本心臓移植研究会ホームページ : http://www.jsht.jp/registry/japan/index.html. Accessed June 12, 2017
P.904 掲載の参考文献
15) Park SJ, Lim YS, Hwang S et al : Emergency adult-to-adult living-donor liver transplantation for acute liver failure in a hepatitis B virus endemic area. Hepatology 51 (3) : 903-911, 2010.
20) Suh KS, Hong SK, Yi NJ et al : Pure 3-dimensional laparoscopic extended right hepatectomy in a living donor. Liver Transpl 22 (10) : 1431-1436, 2016.
25) Rea DJ, Heimbach JK, Rosen CB et al : Liver transplantation with neoadjuvant chemoradiation is more effective than resection for hilar cholangiocarcinoma. Ann Surg 242 (3) : 451-458, 2005.
P.914 掲載の参考文献
1) わが国の慢性透析療法の現状. 一般社団法人 日本透析医学会 統計療法委員会 : http://docs.jsdt.or.jp/overview/index.html
2) 臓器移植ファクトブック 2016 : http://www.asas.or.jp/jst/pdf/factbook/factbook2016.
3) 日本移植学会・日本臨床腎移植学会 腎移植臨床登録集計報告 (2016) 2015 年実施症例の集計報告と追跡調査結果. 移植 51 (2・3) : 124-144.
4) 日本臓器移植ネットワークホームページ : https://www.jotnw.or.jp/transplant/about_kidney.html
5) International Registry in Organ Donation and Transplantation : http://www.irodat.org/
8) 日本腎臓学会 : エビデンスに基づくCKD 診療ガイドライン 2013. https://www.jsn.or.jp/guideline/ckdevidence2013.php
9) Alexandre GP, De Bruyere M, Squifflet JP et al : Human ABO-incompatible living donor renal homografts. Neth J Med 28 (6) : 231-234.
10) 齋藤和英, 高橋公太 : わが国におけるABO血液型不適合腎移植の統計調査 2013. 今日の移植 27 (2) 124-136, 2014.
11) Tyden G, Kumlien G, Fehrman I : Successful ABO incompatible kidney transplantations without splenectomy, using antigen-specific immune-adsorption and rituximab. Transplantation 76 : 730-742, 2003.
15) Delmonico F : Council of the Transplantation Society : A Report of the Amsterdam Forum on the Care of the Live Kidney Donor : Data and Medical Guidelines. Transplantation 79 (Suppl 6) : S53-66, 2005.
16) 日本移植学会・日本臨床腎移植学会・生体腎移植ドナーガイドライン策定合同委員会, 生体腎移植のドナーガイドライン : http://www.asas.or.jp/jst/pdf/manual/008.pdf
20) International Registry in Organ Donation and Transplantation : http://www.irodat.org/
21) Garcia GG, Harden P, Chapman J : World Kidney Day Steering Committee 2012. The global role of kidney transplantation. Nephrol Dial Transplant 28 (8) : e1-5, 2013.
22) 内田潤次, 仲谷達也 : 医療経済から見た腎移植. 高橋公太編, 移植医療と保険診療-移植患者外来管理料の創設に向けて-, pp.96-104, 日本医学館, 東京, 2012.
23) 仲谷達也, 内田潤次, 長沼俊秀 : 各臓器移植分野における医療経済 : 腎臓移植の医療経済. 移植 44 (1) : 18-25, 2009.
P.921 掲載の参考文献
1) Kelly WD, Lillehei RC, Merkel FK et al : Allotransplantation of the pancreas and duodenum along with the kidney in diabetic nephropathy. Surgery 61 : 827-837, 1967.
3) Sutherland DE, Goetz FC, Najarian JS : Living-related donor segmental pancreatectomy for transplantation. Transplant Proc 12 : 19-25, 1980.
7) 深尾立, 大塚雅昭, 岩崎洋治他 : 同種膵腎同時移植の1例. 移植 21 : 331-340, 1986.
8) 寺岡慧, 馬場園哲也, 岩本安彦 : 膵移植の現況と将来の展望. 矢崎義雄編, 分子糖尿病学の進歩, pp.133-142, 金原出版, 東京, 1999.
9) 伊藤壽記, 杉谷篤, 石橋道男他 : 臓器移植法実施後に施行された脳死下膵腎同時移植の1症例. 移植 36 : 174-183, 2001.
11) 剣持敬, 浅野武秀, 西郷健一他 : わが国初の生体部分膵・腎同時移植の1症例. 移植 40 : 466-472, 2005.
14) 剣持敬, 西郷健一, 丸山通広他 : ABO血液型不適合ドナーからの生体膵・腎同時移植の成績. 高橋公太, 田中紘一編, ABO血液型不適合移植の新戦略 2009, pp.56-62, 日本医学館, 東京, 2009.

【Diagnosis】

P.931 掲載の参考文献
1) 甲状腺疾患診断ガイドライン 2013 (2013年6月24日改定) : 日本甲状腺学会HP http://www.japanthyroid.jp/doctor/guideline/index.html
2) 日本甲状腺学会 : バセドウ病治療ガイドライン 2011 : 南江堂, 東京, 2011.
3) 日本医師会 : 平成27年度 第49回 臨床検査精度管理調査結果報告書 : 2016.
4) 古田島伸雄 他 : 甲状腺関連ホルモン測定における測定機種間差の検討. JJCLA 39 (5) : 667-672, 2014.
5) 家入蒼生夫 : 甲状腺機能検査の標準化に関してIFCCのworking group activitiesについて. 日本甲状腺学会雑誌 2 : 5-6, 2011.
7) 竹岡啓子他 : 甲状腺刺激ホルモン (TSH) のハーモナイゼーション. 臨床病理 (0047-1860) 64 (4) : 375-379, 2016.
8) 志水衣理他 : 平衡透析・同位体希釈質量分析法を用いるIFCC基準測定操作法案による血清FT4測定の標準化. 日本臨床検査自動化学会会誌 33 (4) : 441-441, 2008.
9) 厚生労働省保険局医療介護連携政策課保険システム高度化推進室 : 第1回レセプト情報・特定健診等情報データベース (NDB) オープンデータ. 平成28年10月
P.943 掲載の参考文献
2) 石井勝 : 腫瘍マーカーハンドブック, pp.118-120 医薬ジャーナル社, 東京, 2010.
5) 八木道隆, 阿部正樹, 渡邊孝子 他 : AIA-900によるSCC抗原測定法の検討ならびに他法との反応性の比較について. 医学検査 64 (1) : 91-97, 2015.
6) 渡邉万里子, 清宮正徳, 大山里子他 : エクルーシス試薬SCCを用いたSCC抗原測定の検討. 医学と薬学 74 (2) : 181-18, 2017.
P.950 掲載の参考文献
1) Serum Free Light Chain Analysis plus Hevylite (7th edition). p.21, The Binding Site Group Ltd, Birmingham, UK, 2015.
2) Drayson M, Tang LX, Drew R, Mead GP, Carr-Smith H, Bradwell AR : Serum free light chain measurements for identifying and monitoring patients with non-secretory myeloma. Blood 97 : 2900-2902, 2001.
3) Bradwell AR, Carr-Smith HD, Mead GP, Tang LX, Showell PJ, Drayson MT, Drew R : Highly sensitive, automated immunoassay for immunoglobulin free light chains in serum and urine. Clin Chem 47 : 673-680, 2001.
P.957 掲載の参考文献
1) The Diabetes Control and Complications Trial Research Group : The effect of intensive treatment of diabetes on the development and progression of long-term complications in insulin-dependent diabetes mellitus. N Engl J Med 329 : 977-986, 1993.
3) UK Prospective Diabetes Study (UKPDS) Group : Intensive blood-glucose control with sulphonylureas or insulin compared with conventional treatment and risk of complications in patients with type 2 diabetes (UKPDS 33). Lancet 352 : 837-853, 1998.
5) Welschen LM et al : Self-monitoring of blood glucose in patients with type 2 diabetes who are not using insulin : a systematic review. Diabetes Care 28 : 1510-1517, 2005.
7) Margarita De Vecian, Carol A Major, Mark A Morgan et al : Postprandial versus preprandial blood glucose monitoring in women with gestational diabetes mellitus requiring insulin therapy. The New England Journal of Medicine 333 : 1237-1241, 1995.
9) 鈴木克典 : インスリン治療中の糖尿病患者におけるカラー教育資材を用いた行動変容に対する検討. REFLECT Study 糖尿病 56 (1) : 8-14, 2013.
11) ISO 15197. In vitro diagnostic test systems-requirements for blood-glucose monitoring systems for self-testing in managing diabetes mellitus. 2013.
12) 宇佐美勝, 立石晃子他 : カラー液晶を有する新しい血糖自己測定器の性能と操作性の評価-ISO15197に準じた検討-. 医療と検査機器・試薬 36 (2) : 207-216, 2013.
13) 仲里幸康 : 簡易血糖自己測定器の画面表示の理解度調査 -日本語およびカラー表示機能を有する新しい測定器の評価-. 医療と検査機器・試薬 35 (4) : 611-616, 2012.
14) 大房朱美, 伊藤由香他 : 東京医科大学八王子医療センターにおけるロービジョンケアへの取り組みについて. 日本視能訓練士協会誌 40 : 179-185, 2011.
15) 加藤聡 : 糖尿病網膜症患者のロービジョンケア. 日本医事新報告 4811 : 30-36, 2016.
16) 木村那智 : SMBGにおけるPC, スマートフォンの活用. 糖尿病診療マスター 13 (9) : 744-748, 2015.
17) 小出景子 : データマネジメントシステムやスマートフォンアプリを活用した療養支援. 糖尿病診療マスター 13 (7) : 555-560, 2015.
P.967 掲載の参考文献
1) B型肝炎ウイルス感染リウマチ性疾患患者への免疫抑制療法に関する提言
2) 坪内博仁, 熊田博光, 清澤研道他 : 免疫抑制・化学療法により発症するB 型肝炎対策 -厚生労働省「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班劇症肝炎分科会および「肝硬変を含めたウイルス性肝疾患の治療の標準化に関する研究」班合同報告-. 肝臓 50 (1) : 38-42, 2009.
3) 坪内博仁 : B型肝炎ウイルス再活性化と予防対策ガイドライン. 臨床病理 63 (9) : 1046-1051, 2015.
4) 楠本茂, 田中靖人 : IV 最近の話題 1, 免疫抑制剤使用時の肝炎ウイルス再活性化. 日本内科学会雑誌 103 (7) : 1645-1653, 2014.
5) Shigeru Kusumoto, Yoshito Tanaka, Ritsuro Suzuki et al : Monitoring of Hepatitis B Virus (HBV) DNA and Risk of HBV Reactivation in B-Cell Lymphoma : A Prospective Observational Study. Clinical Infection Diseases 61 (5) : 719-729, 2015.
8) NIBSC package insert WHO international Standard First International Standard for anti-Hepatitis B core antigen (anti-HBc), plasma human NIBSC code : 95/522 Instruction for use (Version 2.0 Dated 15/04/2013)
9) NIBSC package insert CE Marked Material QCRTHBcQC1-Total Anti-HBc Quality Control Reagent Sample1 NIBSC code : 10/B592 Instruction for use (Version 5.0 Dated 09/01/2014)
10) NIBSC package insert CE Marked Material QCRTHBcQC2-Total Anti-HBc Quality Control Reagent Sample2 NIBSC code : 14/B651 Instruction for use (Version 1.0 Dated 28/08/2014)
12) Bio-Inteco Hepatitis B Virus Diagnostics Anti-HBc ELISA (Quantitative) package insert : Inteco Diagnostics UK Ltd.
13) Antibody to Hepatitis B Core Antigen (Anti-HBc) Chemiluminescence immunoassay Kit package insert : AUTOBIO DIAGNOSTICS CO. LTD.
14) Rong Fan, Jian Sun, Quan Yuan et al : Baseline quantitative hepatitis B core antibody titre alone strong predicts HBeAg seroconversion across chronic hepatitis B patients treated with peginterferon or nucleos (t) ide analogues. BMJ 65 : 313-320, 2016.
16) L.-W. Song, P.-G. Liu, C.-J. Liu et al : Quantitative hepatitis B core antibody levels in the natural history of hepatitis B virus infection. Clinical Microbiology and Infection 21 : 197-203, 2014.

【cosmetic】

P.972 掲載の参考文献
1) 宇山光男, 岡部美代治 : 化粧品成分ガイド 第5版, p.69, フレグランスジャーナル社, 東京, 2001.
2) 宇山光男, 岡部美代治 : 化粧品成分ガイド 第5版, pp.88-89, フレグランスジャーナル社, 東京, 2001.
3) 宇山光男, 岡部美代治 : 化粧品成分ガイド 第5版, p.133, フレグランスジャーナル社, 東京, 2001.

最近チェックした商品履歴

Loading...