腸内フローラとメンタルヘルス

出版社: 医薬出版
著者:
発行日: 2017-08-25
分野: 基礎医学  >  医動物(寄生虫)
ISBN: 9784990673956
電子書籍版: 2017-08-25 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

5,280 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,696 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • はじめに
  • 特別講演1. 腸内細菌によるストレス応答・行動特性の制御
  • 要約
  • 1. はじめに
  • 2. 腸内細菌とストレス応答
  • 3. 腸内細菌と行動特性
  • 4. 脳 - 腸 - 腸内細菌軸 : 関連する物質と作用機序
  • 5. おわりに
  • 文献
  • 質疑応答
  • 特別講演2. 微生物内分泌学 : 微生物学と神経生物学の融合はいかにして健康およびプロバイオティクス開発に関わるのか
  • 要約
  • 1. 序論
  • 2. 微生物内分泌学と感染性疾患
  • 3. 微生物内分泌学と腸内フローラ - 腸 - 脳軸
  • 4. 微生物内分泌学とプロバイオティクス
  • 5. 結論
  • 文献
  • 質疑応答
  • 講演1. プロバイオティクスが脳腸相関に及ぼす影響 - 動物モデルでの検討 -
  • 要約
  • 1. はじめに
  • 2. 「腸 - 脳相関」から「腸内微生物 - 腸 - 脳相関」へ
  • 3. 脳腸相関を介したプロバイオティクスの脳への影響
  • 4. 腸がもたらすプロバイオティクスの多彩な作用
  • 5. おわりに
  • 文献
  • 質疑応答
  • 講演2. ストレスと腸脳相関 : プロバイオティクスによるストレス緩和作用
  • 要約
  • 1. はじめに
  • 2. プロバイオティクスによるストレス緩和作用
  • 3. プロバイオティクスの作用メカニズムについての考察
  • 4. おわりに
  • 文献
  • 質疑応答
  • 講演3. 腸内フローラと脳の発達 : 展望
  • 1. はじめに
  • 2. 脳の発達における代謝要求
  • 3. 腸内フローラが脳の発達に関連するという仮説
  • 4. 注意点
  • 5. 将来の研究の道筋
  • 文献
  • 質疑応答
  • 講演4. うつと腸内細菌
  • 要約
  • 1. はじめに
  • 2. 過敏性腸症候群と腸内細菌
  • 3. うつ病動物モデルによる検討
  • 4. ヒトを対象とした腸内フローラに関する検討
  • 5. ヒトを対象としたプロバイオティクス摂取に関する検討
  • 6. 想定されるメカニズム
  • 文献
  • 質疑応答
  • 講演5. パーキンソン病における腸内フローラ
  • 要約
  • 1. 背景
  • 2. パーキンソン病における消化管機能障害
  • 3. 腸管におけるα - シヌクレイノパシーと腸炎
  • 4. パーキンソン病における腸のディスバイオシス
  • 5. 治療との関連
  • 6. 結論
  • 文献
  • 質疑応答
  • 総合討論
  • SUMMARY : Intestinal microbiota and mental health
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

特別講演1. 腸内細菌によるストレス応答・行動特性の制御

P.13 掲載の参考文献
1) 須藤信行. 脳腸相関. 公益財団法人日本ビフィズス菌センター用語集 http://bifidus-fund.jp/keyword/kw033.shtml
5) 須藤信行. 腸内細菌とサイコメタボリズム. 血管医学 2015 ; 16 : 49-55.
6) 須藤信行. 脳機能と腸内細菌叢. 腸内細菌学雑誌 2017 ; 31 : 23-32.
9) Liu D, Diorio J, Tannenbaum B, Caldji C, Francis D, Freedman A, Sharma S, Pearson D, Plotsky PM, Meaney MJ. Maternal care, hippocampal glucocorticoid receptors, and hypothalamic-pituitary-adrenal responses to stress. Science 1997 ; 277 : 1659-1662.
10) 須藤信行. 腸内細菌とストレス応答・行動特性. Brain and Nerve 2016 ; 68 : 595-605.
29) Matcovitch-Natan O, Winter DR, Giladi A, Vargas Aguilar S, Spinrad A, Sarrazin S, Ben-Yehuda H, David E, Zelada Gonzalez F, Perrin P, Keren-Shaul H, Gury M, Lara-Astaiso D, Thaiss CA, Cohen M, Bahar Halpern K, Baruch K, Deczkowska A, Lorenzo-Vivas E, Itzkovitz S, Elinav E, Sieweke MH, Schwartz M, Amit I. Microglia development follows a stepwise program to regulate brain homeostasis. Science. 2016 ; 353 (6301) : aad8670.
31) O'Mahony SM, Clarke G, Borre YE, Dinan TG, Cryan JF. Serotonin, tryptophan metabolism and the braingut-microbiome axis. Behav Brain Res. 2015 ; 277 : 32-48.

特別講演2. 微生物内分泌学 : 微生物学と神経生物学の融合はいかにして健康およびプロバイオティクス開発に関わるのか

P.20 掲載の参考文献
20) Lyte M. 2015. Microbial endocrinology in the pathogenesis of infectious disease, Virulence Mechanisms of Bacterial Pathogenesis, 5th ed. ASM Press, Washington, DC.

講演1. プロバイオティクスが脳腸相関に及ぼす影響 - 動物モデルでの検討 -

P.30 掲載の参考文献
7) Rao, AV. et al. A randomized, double-blind, placebo-controlled pilot study of a probiotic in emotional symptoms of chronic fatigue syndrome. Gut Pathog. 2009, 1 : 6. doi : 10.1186/1757-4749-1-6.
10) Kawai, M. et al. Yakult's future research into the beneficial health effects of gut microbiota and probiotics. Nature Insight-Intestinal Microbiota in Health and Disease-2016, 535 (7610) : 104-108.

講演2. ストレスと腸脳相関 : プロバイオティクスによるストレス緩和作用

P.37 掲載の参考文献

講演3. 腸内フローラと脳の発達 : 展望

P.43 掲載の参考文献
6) Mukherjee, P., Miller, J. H., Shimony, J. S., Philip, J. V., Nehra, D., Snyder, A. Z., Conturo, T. E., Neil, JJ., and McKinstry, R. C. (2002). Diffusion-tensor MR imaging of gray and white matter development during normal human brain maturation. AJNR Am J Neuroradiol 23, 1445-1456.

講演4. うつと腸内細菌

P.51 掲載の参考文献
3) Luna RA, Foster JA : Gut brain axis : diet microbiota interactions and implications for modulation of anxiety and depression. Curr Opi Biotechnol 32C : 35-41, 2014
5) 功刀浩. うつ病・ストレスと腸内細菌. ストレス科学 29 : 157, 2014
6) 功刀浩 : 功刀浩 : うつ病と腸脳連関. Brain and Nerve 68 : 641-646, 2016
8) 功刀浩 : 精神疾患の脳科学講義. 東京, 金剛出版, 2012
30) Laye S, Bluth6 RM, Kent S, Combe C, M6dina C : Subdiaphragmatic vagotomy blocks induction of IL-1 beta mRNA in mice brain in response to peripheral LPS. Am J Physiol 268 : R1327-R1331, 1995

講演5. パーキンソン病における腸内フローラ

P.58 掲載の参考文献
15) Mulak A, Budrewicz S, Panek-Jeziorna M, Koszewicz M, Jasinska M, Marczak-Karpina B, Slotwinski K, Podemski R, Paradowski L : Fecal biomarkers of gut inflammation and intestinal barrier dysfunction in Parkinson's disease. Neurogastroenterol Motil 2016, 28 (Suppl 1) : 31, A86.
17) Unger MM, Spiegel J, Dillmann KU, Grundmann D, Philippeit H, Burmann J, Faβbender K, Schwiertz A, Schafer KH : Short chain fatty acids and gut microbiota differ between patients with Parkinson's disease and age-matched controls. Parkinsonisni Relat Disord 2016, 32 : 66-72.
24) Cassani E, Privitera G, Pezzoli G, Pusani C, Madio C, lorio L, Barichella M : Use of probiotics for the treatment of constipation in Parkinson's disease patients. Minerva Gastroenterol Dietol 2011, 57 : 117-121.

最近チェックした商品履歴

Loading...