医学と薬学 74/9 2017年9月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2017-08-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: 貧血疾患の診断と治療
電子書籍版: 2017-08-27 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,160 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,728 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【特集 貧血疾患の診断と治療】
  • 序文
  • 貧血疾患の鑑別
  • 鉄欠乏性貧血
  • 再生不良性貧血
  • 溶血性貧血 ( AIHAとPNH )
  • 骨髄異形成症候群
  • 腎性貧血
  • 【研究】
  • 粉砕して調製した院内製剤シロリムス希釈散の製剤学的安定性および臨床的有効性と安全性に関する検討
  • 錠剤の新規包装容器 ( 服薬支援容器 ) の使用性の評価
  • 【臨床試験】
  • オルメサルタン錠10mg「日医工」, オルメサルタン錠20mg「日医工」およびオルメサルタン錠40mg「日医工」の健康成人における生物学的同等性試験
  • オルメサルタンOD錠40mg「日医工」の健康成人における生物学的同等性試験
  • 【臨床報告】
  • 難治性, 反復遷延性小児急性中耳炎に対するTBPM - PI高用量投与の臨床効果の検討
  • 酵母331株 ( SAMe含有 ) を配合したサプリメントによる, 変形性膝関節症ならびにその他関節症に対する症例研究結果
  • 【Diagnosis】
  • 全自動化学発光免疫測定装置ARCHITECTによるプロカルシトニン測定の評価
  • インフルエンザウイルス抗原迅速検出キット「ファインビジョンInfluenza」の流行シーズン間の検出率および新たに報告された鳥インフルエンザウイルスに対する反応性に関する検討
  • 抗HBs抗体国際標準品 ( WHO 2nd ) を基準としたHBs抗体測定試薬「アーキテクト オーサブ・アボット」の評価
  • 尿中肺炎球菌抗原・レジオネラ抗原同時測定迅速診断キット - 「クイックチェイサー ( R ) 肺炎球菌 / レジオネラ」の評価 -
  • 扁平上皮癌マーカーであるSCC抗原測定試薬間差に関する検討 - SCC測定試薬3法の相関性と参考基準範囲の評価 -
  • 【cosmetic】
  • 速効型シワ対策美容ジェルのシワ改善効果
  • 【巻末付録】
  • 特集予定
  • バックナンバー
  • 学会・研究会開催予定 ( 2017年9月~11月 )
  • 編集顧問
  • 人名索引
  • キーワード索引
  • ご投稿案内
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 貧血疾患の診断と治療】

P.1017 掲載の参考文献
1) 川端浩 : 鉄欠乏性貧血と鑑別すべき二次性貧血慢性炎症に伴う貧血. 日本鉄バイオサイエンス学会編, 鉄剤の適正使用による貧血治療指針 改訂第3版, pp.27-29, 響文社, 札幌, 2015.
3) 山城安啓, 服部幸夫 : 日本におけるヘモグロビン異常症. 臨床血液 56 (7) : 752-759, 2015.
5) 廣川誠 : 赤芽球癆の診断と治療. 臨床血液 56 (10) : 1922-1931, 2015.
P.1025 掲載の参考文献
1) WHO : Prevalence and epidemiology of iron deficiency. Iron Deficiency Anemia. Assessment, Prevension and Control. A Guide for Programme Managers. World Health Organization, 2001.
2) 日本鉄バイオサイエンス学会治療指針作成委員会編 : 鉄剤の適正使用による貧血治療指針. 改訂第3版, 響文社, 札幌, 2015.
4) Kohgo Y, Niitsu Y, Kondo H et al : Serum transfer-rin receptor as a new index of erythropoiesis. Blood 70 : 1955-1958, 1987.
6) Punnonen K, Irjala K, RajamakiA : Serum transferrin receptor and its ratio to serum ferritin in the diagnosis of iron deficiency. Blood 89 : 1052-1057, 1997.
8) Kato J, Kobune M, Nakamura T et al : Normalization of elevated hepatic 8-hydroxy-2'-deoxyguanosine levels in chronic hepatitis C patients by phlebotomy and low iron diet. Cancer Res 61 (24) : 8697-8702, 2001.
P.1033 掲載の参考文献
2) Nakao S, Takami A, Takamatsu H et al : Isolation of a T-cell clone showing HLA-DRB1*0405-restricted cytotoxicity for hematopoietic cells in a patient with aplastic anemia. Blood 89 : 3691-3699, 1997.
6) 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性造血障害調査研究班 (研究代表者 黒川峰夫) : 再生不良性貧血診療の参照ガイド 平成28年度改訂版. http://zoketsushogaihan.com/file/guideline_H28/02.pdf
P.1046 掲載の参考文献
2) 小峰光博 : 溶血性貧血の病態生理 : overview. 血液・腫瘍科 59 (3) : 241-248, 2009.
3) 三輪史朗, 野見山一生, 青木国雄 他 : 溶血性貧血に関する全国疫学調査. 日本医事新報 2746 : 24-31, 1976.
4) 大野良之 : 溶血性貧血. 平成11年度報告書 (特定疾患治療研究事業未対象疾患の疫学像を把握するための調査研究班) : 31-88, 2000.
5) 金倉譲, 亀崎豊実, 梶井英治 他 : 自己免疫性溶血性貧血 診療の参照ガイド (平成28年度改訂版), 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業 特発性造血障害に関する調査研究班 (研究代表者 荒井俊也), 2017. http://zoketsushogaihan.com/file/guideline_H28/07.pdf
6) 亀崎豊実 : 溶血性貧血. 永井良三監, 神田善伸編, 血液科研修ノート, pp.229-237, 診断と治療社, 東京, 2016.
7) 亀崎豊実 : 自己免疫性溶血性貧血の治療. Medical Practice 33 (9) : 1437-1442, 2016.
8) 西村純一 : 発作性夜間ヘモグロビン尿症 (PNH). 日本臨牀 75 : 499-504, 2017.
9) 金倉譲, 西村純一, 植田康敬 他 : 発作性夜間ヘモグロビン尿症診療の参照ガイド (平成28年度改訂版), 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性造血障害に関する調査研究班 (研究代表者 荒井俊也), 2017. http://zoketsushogaihan.com/file/guideline_H28/05.pdf
P.1055 掲載の参考文献
2) Swerdlow SH, Campo E, Harris NL et al : WHO Classification of Tumours of Haematopoietic and Lymphoid Tissues, 4th Edition. IARC Press, Lyon, 2008.
5) 荒井俊也, 黒川峰夫 (編) : 特発性造血障害疾患の診療の参照ガイド 平成28年度改訂版. http://zoketsushogaihan.com/file/guideline_H28/04.pdf,2016.
12) Greenberg P, Cox C, LeBeau MM et al : International scoring system for evaluating prognosis in myelodysplastic syndromes. Blood 89 (6) : 2079-2088, 1997.
13) 小澤敬也編, 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 特発性造血障害に関する調査研究班 (平成20年度), 研究代表者小澤敬也 : 輸血後鉄過剰症の診療ガイド, 2008.
P.1060 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会 : 2015年版「慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」. 透析学会誌 49 (2) : 49-158, 2016.
6) Bogin E, Massry SG, Levi J et al : Effect of parathyroid hormone on osmotic fragility of human red blood cells. J Clin Invest 69 : 1017-1025, 1982.
7) Drueke TB : Modulation factors in the hematopoietic response to erythropoietin. Am J Kidney Dis (4 suple 1) : 87-92, 1991.
9) Means RT Jr, Krantz SB : Progress in under standing the pathogenesis of the anemia of chronic disease. Blood 80 : 1639-1647, 1992.
10) Dhondt AW, Vanholder RC, Ringoir SMG : Angioten sin-converting enzyme inhibitors and higher erythropoietin requirement in chronic haemodialysis patients. Nephrol Dial Transplant 10 : 2107-2109, 1995.
13) Saidan P, Halabi G, Perneger T et al : ACE inhibitors or angiotensin II receptor blockers in dialysed patients and erythropoietin resistance. J Nephrol 19 : 91-96, 2006.
14) 中野素子, 鎌田真理子, 古谷昌子 : 銅欠乏による汎血球減少症とESA 療法低反応性を呈した維持血液透析患者の1例. 日本透析医学会誌 47 (1) : 85-90, 2014.
22) 岡村聡之, 高城慶衣子, 竹中恒夫他 : 血液透析患者における食事摂取状況と血清亜鉛濃度との関係. 日本透析医学会誌 47 (7) : 427-433, 2014.
27) Hurot JM, Cucherat M, Haugh M et al : Effects of L-carnitine supplementation in maintenance hemodialysis patients : A systemic review. J Am Soc Nephrol 13 : 708-714, 2002.
29) Reuter SE, Faull JR, Ranieri E et al : Endogenous plasma carnitine pool composition and response to erythropoietin treatment in chronic haemodialysis patients. Nephrol Dial Transplant 24 : 990-996,2009.

【研究】

P.1069 掲載の参考文献
1) Shi J, Guo F, Zheng A et al : Progress in the study of drug nanocrystals. Pharmazie 70 (12) : 757-764, 2015.
5) Ju WQ, Guo ZY, Liang WH et al : Sirolimus conversion in liver transplant recipients with calcineurin inhibitor-induced complications : efficacy and safety. Exp Clin Transplant 10 (2) : 132-135, 2010.
P.1078 掲載の参考文献
3) Wiegratz I, Elliesen J, Paoletti AM, Walzer A, Kirsch B : Adherence with ethinylestradiol 20μg/drospirenone 3 mg in a flexible extended regimen supported by the use of a digital tablet dispenser with or without acoustic alarm : an open-label, randomized, multicenter study. Int J Womens Health : 7 : 19-29, 2015.
4) World Health Organization : Adherence to long-term therapies : evidence for action. Geneva, Switzerland, World Health Organization, 2003.

【臨床試験】

P.1091 掲載の参考文献
1) 後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン等の一部改正について (薬食審第0229号第10号 平成24年2月29日)
2) (医薬品の製造 (輸入) 承認申請に際して添付すべき安定性試験成績の取り扱いについて (薬審第43号平成3年2月15日)
3) オルメテック(R) 錠 5mg/オルメテック(R) 錠10mg/オルメテック(R) 錠20mg/ オルメテック(R) 錠40mg 審査報告書 (平成16年1月29日)
P.1103 掲載の参考文献
1) 後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン等の一部改正について (薬食審査発0229第10号 平成24年2月29日)
2) (財) 日本薬剤師研修センター編集 : 医薬品承認申請ガイドブック2000
3) 医薬品の製造 (輸入) 承認申請に際して添付すべき安定性試験成績の取り扱いについて (薬審第43号平成3年2月15日)

【臨床報告】

P.1110 掲載の参考文献
1) 日本耳科学会, 日本小児耳鼻咽喉科学会, 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会 : 小児急性中耳炎診療ガイドライン2013年版, 金原出版, 東京, 2013.
2) 山中昇, 末武光子, 冨山道夫他 : 反復・遷延例を含む小児急性中耳炎に対する経口カルバペネム系抗菌薬TBPM-PIの有効性評価. 耳鼻臨床 105 (7) : 687-698, 2012.
4) 澤田正一 : 小児難治性中耳炎に対するTebipenem pivoxil (TBPM-PI) 高用量の有効性についての検討. 耳鼻感染症・エアロゾル 5 (2) : 80-84, 2017.
5) 林達哉 : 小児急性中耳炎の取り扱い 日本と米国の2013年版小児急性中耳炎ガイドライン -何が変わり, どこが変わらなかったのか-. 日耳鼻 117 : 168-174, 2014.
6) 馬場駿吉, 笠原浩, 森田順 他 : Tebipenem pivoxilの組織および耳漏移行性. The Japanese Journal of Antibiotics 62 (2) : 127-135, 2009.
7) 宮本直哉, 鈴木元彦, 村上信五 : 小児難治性中耳炎に対するTebipenem pivoxil と高用量Cefditoren pivoxilの有用性の検討. 耳展 54 (6) : 457-465, 2011.
8) 伊藤真人 : 小児急性中耳炎. 耳喉頭頸 89 (6) : 404-408, 2017.
P.1118 掲載の参考文献
1) Wadie I N, Sibylle R, Fred H et al : S-Adenosyl methionine (SAMe) versus celecoxib for the treatment of osteoarthritis symptoms, A double-blind cross-over trial. BMC Musculoskeletal Disorders 5 : 6, 2004.
2) Bradley JD, Flusser D, Katz BP et al : A randomized, double blind,placebo controlled trial of intravenous loading with S-adenosylmethionine (SAM) followed by oral SAM therapy in patients with knee osteoarthritis. The Journal of Rheumatology 21 (5) : 905-911, 1994.
3) Giorgio S : Pharmacologic Aspects of S-Adenosylmethionine. Pharmacokinetics and Pharmacodynamics. The American Journal of Medicine 83 (suppl 5A) : 35-42, 1987.
5) 厚生労働省 : 次期国民健康づくり運動に関する委員提出資料. http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001xkwz-att/2r9852000001xkyg.pdf 2016年9月21日アクセス.
6) 総務省統計局 : 人口推計 (平成28年7月報). http://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/201607.pdf 2016年10月2日アクセス.
8) Bagchi D, Moriyama H, Raychaudhuri SP : S-Adenosyl-L-Methionine. ARTHRITIS Pathophysiology, prevention, and therapeutics, Boca Raton, Taylor & Francis : 240-241, 2011.
10) U.S. Food and Drug Administration (1998) 75-Day Premarket Notifications for New Dietary Ingredients (S-adenosyl methionine). http://www.fda.gov/ohrms/dockets/dockets/95s0316/rpt0032_01.pdf 2016年10月2日アクセス.
12) 石島旨章, 久保田光昭, 寧亮他 : 変形性膝関節症の病態・診断・治療の最前線. 順天堂醫事雑誌 59 (2) : 138-151, 2013.

【Diagnosis】

P.1126 掲載の参考文献
8) Waterston J, Chang EP, Dombalagian M et al : Evaluation of the ARCHITECT B・R・A・H・M・S PCT (Procalcitonin) Assay. Clinical Chemistry 62 (10) Supplement : S91, 2016.
9) 齋藤大輔, 青池幸子, 大塚喜人他 : エクルーシス試薬ブラームスPCTによる基礎的検討. 医学と薬学 62 (2) : 323-329, 2009.
10) 村上直樹, 廣瀬春香, 米澤広美他 : ケミルミADVIA CentaurXPを用いたPCT 測定試薬の基礎的検討. 医学と薬学 68 (3) : 511-517, 2012.
11) 石田秀和, 宮崎崇, 鍋谷洋介他 : ケミルミADVIA Centaur XPによるプロカルシトニン測定試薬「ケミルミBRAHMSプロカルシトニン」の基礎的検討. 医学と薬学 68 (3) : 519-528, 2012.
12) 小林一三, 山本裕之, 藤原久美他 : プロカルシトニン測定試薬「ルミパルスプレスト ブラームスPCT」の基礎的検討. 医学と薬学 73 (4) : 459-467, 2016.
P.1135 掲載の参考文献
1) 国立感染症研究所編 : インフルエンザ診断マニュアル (第3版), 平成26年9月
2) 日本臨床検査自動化学会誌 : POCTガイドライン (第3版), 2013年4月1日
3) 櫛桁久美, 山内純, 根本博彦他 : 新しいインフルエンザウイルス抗原迅速検出キット「ファインビジョン Influenza」の基礎性能評価. 医学と薬学 72 (9) : 1609-1614, 2015.
4) 三田村敬子, 清水英明, 山崎雅彦他 : マルチカラー粒子を用いた新規インフルエンザウイルス抗原迅速検出キットの検討. 医学と薬学 72 (9) : 1615-1672, 2015.
6) 原三千丸, 高尾信一 : インフルエンザ迅速診断キットクイックナビ-Fluの4シーズンにおける臨床検討. 医学と薬学 72 (9) : 1595-1602, 2015.
7) シーズン別ウイルス検出状況, 由来ヒト : インフルエンザ & その他呼吸器ウイルス, 2006/07~2016/17 (病原微生物検出情報 : 2017年7月14日作成) 国立感染症研究所HP
P.1144 掲載の参考文献
1) World Health Organization : Anti-hepatitis B immunoglobulin WHO Tech Rep Ser 626 : 18, 1978.
2) Barker LF, Lorenz D, Rastogi SC, Finlayson JS, Seligmann EB : Study of a proposed international reference preparation for anti-hepatitis B immunoglobulin. WHO Expert Committee on Biological Standardization 29th Report BS 77.1164. Geneva, Switzerland, World Health Organization, 1977.
3) Fergusonm M, Yu MW, Heath A : Calibration of the second International Standard for hepatitis B immunoglobulin in an international collaborative study. Vox Sanguinis 99 : 77-84, 2010.
5) 出口松夫, 吉岡範, 鍵田正智他 : 化学発光酵素免疫測定法を原理とする「ステイシアCLEIA HBs抗体」の基本性能. 医学と薬学 70 : 110-117, 2013.
6) 山下順香, 細坪秀夫, 出口松夫他 : HBs抗体の定量測定と臨床応用. 日本臨床検査自動化学会誌 19 : 728-733, 1994.
7) 坪内博仁, 熊田博光, 清澤研道他 : 免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策-厚生労働省「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班劇症肝炎分科会および「肝硬変を含めたウイルス性肝疾患の治療の標準化に関する研究」班合同報告-. 肝 50 : 38-42, 2009.
P.1151 掲載の参考文献
1) 飯沼由嗣, 那須勝 他 : 臨床検査技術学. <12> 微生物学・臨床微生物学 第2版, pp.86-87, 医学書院, 東京, 2001.
2) 高柳昇, 原健一郎 他 : 市中肺炎入院症例の年齢別・重症度別原因微生物と予後. 日呼吸会誌 44 (12) : 906-915, 2006.
5) 国立感染症研究所 : 肺炎球菌感染症2013年3月現在. IASR 34 : 55-56, 2013.
6) 佐藤長人, 高柳昇 他 : 肺炎球菌尿中抗原迅速検出キットの有用性と抗原反応強度・持続期間の検討. 日呼吸会誌 42 (3) : 247-252, 2004.
7) 福島喜代康, 中村茂樹他 : 喀痰中肺炎球菌抗原検出キットの有用性-尿中抗原検出キット・グラム染色との比較-. 日呼吸誌 2 (4) : 343-348, 2013.
8) 荻野毅史, 菱沼文子他 : 尿中肺炎球菌抗原検出キット「クイックチェイサー 肺炎球菌」の臨床的評価. 医学と薬学 73 (5) : 603-613, 2016.
9) 三澤成毅 : 肺炎球菌の微生物検査. 臨床と微生物 43 (4) : 15-20, 2016.
10) 国立感染症研究所 : 病原体検出マニュアル レジオネラ症 2011.
11) 国立感染症研究所 : 病原微生物検出情報 34 (6) : 155-184, 2013.
12) 安中利光, 吉野学他 : Loop-mediated isothermal amplification (LAMP) 法によるレジオネラ属菌の検出. 日本臨床微生物学雑誌 13 (1) : 19-25, 2003.
13) 高森幹夫, 中野邦夫他 : Legionella pneumophila serogroup 6による劇症肺炎の1例. 日本内科学会雑誌 87 (6) : 145-147, 1998.
P.1163 掲載の参考文献
2) 古田島伸雄他 : 新たに開発された扁平上皮癌関連抗原 (SCCA) 測定キットの検討中に遭遇した乖離検体の解析-高分子SCCAのキット間の反応性について-. 医学と薬学 71 : 893-901, 2014.
3) 中嶋清美他 : 新たに開発された扁平上皮癌関連抗原 (SCCA) 測定試薬の基礎的検討. 医学と薬学 71 : 2295-2301, 2014.
4) 八木道隆他 : 2種のSCC測定試薬における各種疾患ならびにA-1, A-2抗原との反応性の検討. 臨床病理 63 (suppl) : 225-225, 2015.
5) 渡邉万里子他 : エクルーシス試薬SCCを用いたSCC抗原測定の検討. 医学と薬学 74 : 181-188, 2017.
6) Nustad N et al : Characterization of Monoclonal Antibodies Directed against Squamous Cell Carcinoma Antigens : Report of the TD-10 Workshop. Tumor Biol 25 : 69-90, 2004.

【cosmetic】

P.1168 掲載の参考文献
1) 宇山光男, 岡部美代治 : 化粧品成分ガイド 第5版, p.296, フレグランスジャーナル社, 東京, 2001.
2) 宇山光男, 岡部美代治 : 化粧品成分ガイド 第5版, p.103, フレグランスジャーナル社, 東京, 2001.

最近チェックした商品履歴

Loading...