甲状腺クリーゼ診療ガイドライン 2017

出版社: 南江堂
著者:
発行日: 2017-09-15
分野: 臨床医学:内科  >  内分泌/代謝
ISBN: 9784524252367
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,300 円(税込)

商品紹介

甲状腺クリーゼに関する、初の日本語版診療ガイドライン。診断の実際、様々な症状に対する具体的な治療法、ICU入室基準、予後予測、発症予防、海外の現状のほか、診療全体のアルゴリズムを掲載し、内分泌代謝領域のみならず救急や集中治療、循環器、消化器、神経など、他領域の臨床医にとって役立つ実践的な指針となっている。

目次

  • 甲状腺クリーゼ診療ガイドライン 2017

    ―目次―

    I 甲状腺クリーゼの全国疫学調査と診断基準の策定

    II 甲状腺クリーゼの診断と治療ガイドライン(第1版)
     1.甲状腺クリーゼの診断ガイドライン作成の背景と基本方針
     2.甲状腺クリーゼ診断の実際
     3.甲状腺クリーゼの抗甲状腺薬、無機ヨウ素薬、
       副腎皮質ステロイド薬、β遮断薬、解熱薬による治療
     4.甲状腺クリーゼの血漿交換による治療
     5.甲状腺クリーゼにおける中枢神経症状の治療
     6.甲状腺クリーゼにおける頻脈と心房細動の治療
     7.甲状腺クリーゼにおける急性うっ血性心不全の治療
     8.甲状腺クリーゼにおける消化器症状と肝障害の治療
     9.甲状腺クリーゼの集中治療室入室基準と合併症の治療
     10.甲状腺クリーゼの予後予測
     11.甲状腺クリーゼ発症の予防と根治的治療の役割
     12.甲状腺クリーゼ診療アルゴリズム
     13.海外における甲状腺クリーゼの診断と治療
     14.甲状腺クリーゼ治療における臨床試験の今後の展望

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...