癌化学療法の基礎と臨床 第4版

出版社: 癌と化学療法社
著者:
発行日: 1986-10-03
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784906225033
電子書籍版: 1986-10-03 (第4版(大改訂))
電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

13,500 円(税込)

各種の癌の個々について、いかなる制癌剤を使用すべきか、など懇切に記載された、教科書。第4版

目次

  • 表紙
  • 序言
  • はしがき
  • 目次
  • 第1章 癌化学療法の概説
  • I. 抗癌剤の探究
  • A. 論理と実際
  • B. 抗癌剤の研究と問題点
  • C. 抗癌剤の起源と種類
  • D. 抗癌剤の開発
  • E. 抗癌剤の将来予想
  • II. 抗癌剤のスクリーニング
  • A. スクリーニング法発展の足跡
  • B. スクリーニング法の種類
  • C. スクリーニング法の実際
  • D. 抗癌剤の新しいスクリーニング方式
  • III. 抗癌剤の感受性試験
  • A. ヌードマウスを用いる抗癌剤感受性試験
  • B. Human Tumor Clonogenic Assay (HTCA)
  • C. Subrenal Capsule Assay (SRC assay)
  • IV. 抗癌剤の毒性
  • A. 動物における薬量と人における薬量との関係
  • B. 動物試験の人に対する毒性の予言性
  • C. 抗癌剤の主要副作用と動物毒性
  • D. 抗癌剤開発に必要な毒性データ
  • E. 米国における毒性試験
  • V. 癌化学療法における基礎的問題
  • A. 癌の抗癌剤耐性獲得現象
  • B. 抗癌剤耐性と遺伝子の変化
  • C. 癌転移の化学療法
  • D. 癌とBRM療法
  • VI. 抗癌剤の吸収, 分布, 排泄, 代謝
  • A. 消化管よりの吸収(absorption from gastrointestional tract)
  • B. 血中濃度(blood level)
  • C. 組織内分布(tissue distribution)
  • D. 血液一脳関門 (blood-brain barrier)
  • E. 排泄 (excretion)
  • F. 代謝 (biotransformation)
  • VII. 抗癌剤の作用機作
  • A. アルキル化剤, シスプラチン
  • B. 代謝拮抗物質
  • C. 抗癌性抗生物質
  • D. その他の抗癌剤
  • VIII. 抗癌剤
  • A. アルキル化剤(Biological alkylating agents)
  • B. 代謝拮抗物質(Antimetabolites)
  • C. 抗癌性抗生物質(Anticancer Antibiotics)
  • D. 抗癌性ホルモン剤
  • E. 植物由来の抗癌剤
  • F. その他の抗癌剤
  • IX. 抗癌剤の臨床試験の進め方
  • A. 臨床試験の開始に先立って
  • B. 臨床試験の進め方
  • X. 効果
  • XI. 効果判定
  • A. 固形がん化学療法直接効果判定基準の考え方
  • B. 病態生理学的変動・腫瘍マーカー
  • C. 生存期間
  • D. 腫瘤の縮小
  • E. 組織学的所見
  • F. 副作用
  • G. Quality of life
  • 固形がん化学療法直接効果判定基準
  • 副作用の記載様式
  • XII. 効果発現の条件
  • A. 腫瘍条件
  • B. 薬剤条件
  • C. 宿主条件
  • D. 薬剤・腫瘍相関
  • E. 薬剤・宿主相関
  • F. 腫瘍・宿主相関
  • XIII. 投与法
  • A. 抗癌剤の投与経路
  • B. 抗癌剤の投与間隔
  • C. 抗癌剤の投与速度
  • XIV. 多剤併用による効果の増強
  • A. 多剤併用療法の目的
  • B. 多剤併用療法の種類とその効果
  • XV. 非抗癌剤の併用による効果増強
  • A. 抗癌剤の癌組織到達性の増強-凝固線溶亢進剤の併用-
  • B. 細胞膜作用物質の併用
  • C. 抗癌剤の活性化を高める薬剤の併用
  • D. アミノ酸インバランスの併用
  • E. 腫瘍血流増強法の併用
  • XVI. 特殊な抗癌剤の投与法
  • A. 癌組織内注入法
  • B. 癌組織局所外用法
  • C. 体腔内注入法
  • D. 動脈内注入法
  • E. 抗癌動注療法・最近の進歩
  • F. 腫瘍局所灌流法
  • G. 塞栓化学療法
  • XVII. 外科との併用
  • A. 手術併用化学療法の意義
  • B. 手術併用化学療法の実際と成績
  • XVIII. 放射線との併用化学療法
  • A. 放射線と薬剤併用の様式
  • B. 増感剤(Radiosensitizer)の分類
  • C. 腫瘍血管構築からみた併用療法
  • D. 放射線と化学療法併用の臨床
  • XIX. 生物反応修飾物質 BRM
  • A. 定義
  • B. 癌と免疫
  • C. BRMの分類
  • D. 腫瘍抗原
  • E. 免疫調節・刺激物質
  • F. 抗癌血清
  • G. エフェクター細胞の注入
  • H. サイトカイン
  • I. 胸腺ホルモンとその因子
  • J. 免疫抑制因子の除去
  • K. BRM としての抗癌剤
  • L. 転移の抑制
  • M. 癌細胞の分化誘導
  • N. BRM の問題点-効果の判定-
  • O. 投与法
  • P. 効果
  • Q. BRMの意義
  • XX. 腫瘍壊死因子 TNF
  • A. TNFの産生
  • B. TNFの性状
  • C. 実験腫瘍に対する効果
  • D. 作用機作
  • E. 臨床
  • F. 結語
  • XXI. インターフェロン療法
  • A. インターフェロン
  • B. インターフェロンの種類
  • C. 測定法
  • D. 体内動態
  • E. 実験腫瘍に対する効果
  • F. 作用機作
  • G. 投与法
  • H. 副作用
  • I. 効果
  • J. 併用投与
  • K. Interferon inducer による治療
  • L. むすび
  • XXII. 副作用
  • 1. 副作用の分類
  • 2. 副作用のスペクトラム
  • 3. 投与法と副作用
  • 4. 宿主条件と副作用
  • 5. 薬剤の相互作用 -副作用の軽減・増強-
  • 6. 副作用の治療
  • 7. 骨髄障害
  • 8. 消化器症状
  • 9. 肺毒性
  • 10. 皮膚の変化
  • 11. 神経症状
  • 12. 内分泌腺障害
  • 13. 睾丸
  • 14. 卵巣
  • 15. 心毒性
  • 16. 肝障害
  • 17. 腎障害
  • 18. 膀胱障害
  • 19. 高尿酸血症
  • 20. 免疫能の低下
  • 21. 感染
  • 22. 二次的発癌
  • 23. アレルギー反応
  • 24. 電解質代謝障害
  • 25. 眼症状
  • 26. 骨障害
  • 27. 局所刺激
  • 28. その他
  • 結語
  • 第2章 癌化学療法の実際
  • I. 適応と禁忌
  • II. 各種の癌化学療法の実際
  • [1] 脳腫瘍
  • [2] 頭・頸部癌
  • [3] 食道癌
  • [4] 胃癌
  • [5] 大腸癌
  • [6] 肝癌
  • [7] 胆嚢・胆管癌
  • [8] 膵癌
  • [9] 乳癌
  • [10] 肺癌
  • [11] 子宮頸癌
  • [12] 子宮体癌
  • [13] 卵巣癌
  • [14] 絨毛癌
  • [15] 腎癌
  • [16] 膀胱癌
  • [17] 前立腺癌
  • [18] 睾丸腫瘍
  • [19] 甲状腺癌
  • [20] 副腎皮質癌
  • [21] 悪性褐色細胞腫
  • [22] 皮膚癌
  • [23] メラノーマ
  • [24] 軟部組織腫瘍
  • [25] 胎児性横紋筋肉腫
  • [26] Ewing 腫瘍
  • [27] 骨肉腫
  • [28] 神経芽腫
  • [29] Wilms 腫瘍
  • [30] 網膜芽細胞腫 (網膜芽腫)
  • [31] カルチノイド
  • [32] 急性白血病
  • [33] 慢性白血病
  • [34] 多発性骨髄腫
  • [35] 悪性リンパ腫
  • III. 末期癌患者の取り扱い
  • A. 精神的感情的側面
  • B. 栄養
  • C. 貧血に対する対策
  • D. 出血
  • E. 疼痛
  • F. 黄疸
  • G. 癌性滲出液
  • H. 高カルシウム血症
  • I. 発熱
  • J. 感染症
  • K. 癌患者の死因の分析
  • 索引
  • 附: 抗がん剤の臨床評価に関する指針
  • 附: 抗癌剤一覧表
  • 執筆者プロフィール
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...