食のことわざ春夏秋冬 語りつがれる「食育」の宝庫

出版社: 全国学校給食協会
著者:
発行日: 2006-12-01
分野: 栄養学  >  栄養学一般
ISBN: 9784881320549
電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

702 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 食生活の知恵の宝庫ことわざの世界へ
  • 目次
  • 春のことわざ
  • 春の料理には苦味を盛れ
  • お月様と菱餅
  • 鯛もひとりは旨からず
  • 麻の中のよもぎ
  • 花より団子
  • すべての卵をひとつの篭に入れるな
  • 筍の親まさり
  • 独活の大木
  • 五月肩こり納豆月
  • 花見過ぎたら牡蠣食うな
  • いかの甲より年の劫
  • ◆言葉の世界の面白さ
  • 夏のことわざ
  • 目には青葉 山ほととぎす 初鰹
  • 朝の茶が旨いと晴天
  • 蒟蒻はからだの砂払い
  • 梅はその日の難のがれ
  • 六月の鱚は絵に描いたのでも食え
  • 生姜は田植唄を聞いて芽を出す
  • 麦の出穂に火を降らせ
  • 蛙の面に水
  • 塗り箸でそうめんを食う
  • 夏の鰯で足が早い
  • 一桃腐りて百桃損ず
  • 青田から飯になるまで水加減
  • 茄子の蔓には胡瓜はならぬ
  • 茄子と男は黒いのがよい
  • もらうものならアカザでも
  • 瓜の皮は大名にむかせよ、柿の皮は乞食にむかせよ
  • 芝居 蒟蒻 芋 南瓜
  • 蟹は甲羅に似せて穴を掘る
  • ◆季節感を味わう
  • 秋のことわざ
  • 貧乏秋刀魚に福鰯
  • 糸瓜の種はだいこんにならぬ
  • 濡れ手で粟
  • いが栗も内から割れる
  • 山椒は小粒でもピリリと辛い
  • 隣のおはぎと遠くの夕立来そうで来ない
  • 葡萄酒には樽の味がつく
  • そのブドウはすっぱい
  • 盗んだリンゴは甘い
  • 秋鯖は嫁に食わすな
  • 柿が赤くなると医者が青くなる
  • 秋の風でそばがたまらぬ
  • 栗より旨い十三里
  • 芋の煮えたもご存知ない
  • 飛ぶ鳥の献立
  • ◆自分の言葉で語ることで
  • 冬のことわざ
  • だいこんおろしに医者いらず
  • 豆腐も煮えれば締まる
  • 羹に懲りて膾を吹く
  • 鮟鱇の待ち食い
  • 河豚は食いたし命は惜しし
  • 餅食って火に当たる
  • ごまめでも尾頭つき
  • 冷や酒と親の意見はあとから効く
  • 自慢 高慢 酒の燗
  • 一合雑炊、二合粥、三合飯に四合鮨、五合餅なら誰でも食う
  • 男伊達より小鍋立て
  • 寒鰤 寒鯔 寒鰈
  • 東京みやげに海苔がきた
  • 鱈汁と雪道はあとがよい
  • 鯉が踊れば泥鰌も踊る
  • 煎り豆に花が咲く
  • ◆その季節が好き
  • 番外編
  • 彼は銀のスプーンをくわえて生まれてきた
  • 食器は料理の着物
  • 箸にも棒にもかからぬ
  • 升で量って箕でこぼす
  • 材料七分に腕三分
  • 味は塩にあり
  • 腹八分に医者いらず
  • 一人口は食えぬが二人口は食える
  • 食わせておいて さてと言い
  • ◆断然多い手のつくことわざ
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...