• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  薬のチェック TIP No.59 2015年5月号

薬のチェック TIP No.59 2015年5月号

出版社: 医薬ビジランスセンター
著者:
発行日: 2015-05-20
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 21891516
電子書籍版: 2015-05-20
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

540 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【Editorial】
  • よい薬よ、登場してほしい !
  • 【New Products】
  • ダビガトラン ( 商品名プラザキサ )
  • ルビプロストン ( 商品名アミティーザ )
  • 【医師国会試験問題】
  • 【患者用くすりの説明書】
  • ダビガトラン、ルビプロストン
  • 【総説】
  • 日本老年医学会 : 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015案への提言・意見
  • 脂質異常に関する提言
  • スタチン以外の薬剤の問題点について
  • 【害反応】
  • プロポフォール死亡事故 : 真の原因は ?
  • ラモトリギンによる中毒性表皮壊死症 ( TEN ) - SJS
  • TENと関連症候群 : スペインの市販後調査レビュー
  • 【みんなのやさしい生命倫理 59】
  • 【海外情報】
  • 欧州の医薬品監視 : 前進した半面、製薬企業への外注が増加
  • 【FORUM】
  • 脂質異常症と頚動脈血栓へのスタチン剤使用について
  • 【編集後記】
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【医師国会試験問題】

P.54 掲載の参考文献
1) ダビガトラン承認情報 : http://www.info.pmda.go.jp/ a) 申請資料概要, b) 審査結果, c) 添付文書, d) インタビューフォーム
2) 日本ベーリンガーインゲルハイム, プラザキサによる重篤な出血について2011.8 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001m1w3-att/2r9852000001m2fu.pdf
4) 合同研究班, 心房細動治療 (薬物) ガイドライン (2013年改訂版) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2013_inoue_h.pdf
5) Brunton LL et al. Goodman & Gilman's The Pharmacological Basis of Therapeutics 12th ed. 2011. McGrow-Hill
9) a) 浜六郎, 坂口啓子, プラバスタチン (メバロチン) は生存率を低下させる. TIP「正しい治療と薬の情報」2006 : 21(8/9) : 84-86. b) 坂口啓子, 浜六郎, メバロチンのごまかし, 薬のチェックは命のチェック 2006 : No24 : 50-55.
11) a) Institute for Safe Medication Practices, Monitoring FDA Med Watch Reports "QuarterWatch" : Signals for Dabigatran and Metoclopramide. January 12, 2012 Data from 2011 Quarter 1 http://www.ismp.org/QuarterWatch/pdfs/2011Q1.pdf b) 浜六郎, ダビガトランによる重篤な出血, 集中 2012.12, pp22-23
13) 小谷英太郎ら, わが国のワルファリン治療中の心房細動例におけるイベント発症率と日本人の至適INR-J-RHYTHM Registryからの報告. 日本臨床生理学会雑誌 2014 : 44(1) : 7-16
3a) 医薬食品局安全対策課, 血液凝固阻止剤「プラザキサカプセル」服用患者での重篤な出血に関する注意喚起について http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001m1w3.html b) 「循環器疾患における抗凝固・抗血小板療法に関するガイドライン (2009年改6訂版)」策定班など, 「心房細動における抗血栓療法に関する緊急ステートメント」, 平成23年8月 http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/statement.pdf
P.57 掲載の参考文献
1) アミティーザ承認情報 a) 申請資料概要, b) 審査結果
2) a) アミティーザ添付文書, b) アミティーザ・インタビューフォーム
6) a) Amitiza approval history : http://www.drugs.com/history/amitiza.html b) FDA Approves Amitiza for Opioid-Induced Constipation http://www.medscape.com/viewarticle/802953
7) 秋田天平, 熊田竜郎, 福田敦夫, 塩素チャネル, 脳科学辞典 http://bsd.neuroinf.jp/wiki/ (塩素チャネル)
11) 医薬品・医療機器等安全性情報 No.252

【総説】

P.63 掲載の参考文献
Web資料9参照 : http://www.npojip.org/chk_tip_index.html 意見書全文の参考文献参照 : http://www.npojip.org/contents/sokuho/1.html

【害反応】

P.65 掲載の参考文献
1) 東京女子医科大学病院『頸部嚢胞性リンパ管腫術後の死亡 事例』調査報告書および当院としての総括の公表について http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/index/news-all/616-20150427.html
9) Zubair S, Patton T, Smithson K, Sonmezturk HH, Arain A, Abou-Khalil B. Propofol withdrawal seizures : non-epileptic nature of seizures in a patient with recently controlled status epilepticus. Epileptic Disord. 2011 13(1) : 107-10.
10) 添付文書 : デュプリバン, ハルシオン, マイスリー, レンドルミン
11) Klockgether-Radke A, Henze T, Braun U, Kettler D Anaesthesia in two patients with mitochondrial myopathy [in German] Anaesthesist 1993 : 42(2) : 111-114.
15) 浜六郎, ベンゾジアゼピン剤離脱性カタトニア - 悪性症候群. TIP誌 2010 : 25(8/9) : 112-118.
P.67 掲載の参考文献
1) Prescrire Editorial Staff "Drug-induced Lyell and Stevens-Johnson syndrome" Prescrire Int 2009 ; 18 (99) : 20-22.
1) 医薬品食品局安全対策課, 抗てんかん薬, 双極性障害治療薬「ラミクタール錠」投与患者における重篤な皮膚障害に関する注意喚起 : http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000073061.html
2) Salgueiro ME et al. Toxic epidermal necrolysis, Stevens-Johnson syndrome and erythema multiforme induced by drugs. Data from the Spanish Pharmacovigilance System" 34 esjournees de pharmacovigilance, Angers : 22-24 April 2013. Fundamental Clin Pharmacol 2013 ; 27 (suppl 1) : 106 (abstract P2-136).
2) GSK社, 安全性速報 (ブルーレター) 「ラミクタール」 http://www.jshp.or.jp/cont/15/0115-2-1.pdf
3) 大津史子, 浜六郎, 第2章「重篤な皮膚障害」in 患者の訴え・症状からわかる薬の副作用第2版, じほう, 2013
4) Garcia-Doval I, LeCleach L, Bocquet H, et al. Toxic epidermal necrolysis and Stevens-Johnson syndrome : does early withdrawal of causative drugs decrease the risk of death? Arch Dermatol. 2000 ; 136(3) : 323-7.

【編集後記】

P.72 掲載の参考文献
3) Okuyama H et al. Prevention of CHD, from the cholesterol hypothesis to ω6/ω3 balance, Karger, Basel, 2007.
4) 日本脂質栄養学会監修「長寿のためのコレステロールガイドライン」, 中日出版社, 2010年.
6) 日本脂質栄養学会監修「作用メカニズムから見たコレステロール低下医療の危険性」, 西海出版, 2014年.
7) 日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防のガイドライン2012年」, 日本動脈硬化学会
10) The Medicines for Human Use (Clinical Trials) Regulations 2004 No.1031 (UK) http://www.legislation.gov.uk/uksi/2004/1031/pdfs/uksi_20041031_en.pdf
12) 浜六郎, [特集] コレステロール 大切なもの - 下げないで「くすり」は, 全く不要. 薬のチェックは命のチェック, NPO医薬ビジランスセンター, No.48, 2012.

最近チェックした商品履歴

Loading...