• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  薬のチェック TIP No.60 2015年7月号

薬のチェック TIP No.60 2015年7月号

出版社: 医薬ビジランスセンター
著者:
発行日: 2015-07-20
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 21891516
電子書籍版: 2015-07-20
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

540 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【Editorial】
  • ISDB : パンプローナから陽は昇るか
  • 【New Products】
  • ソホスブビル ( 商品名ソバルディ )
  • エドキサバン、リバーロキサバン、アピキサバン
  • 【薬剤師国家試験問題】
  • 【総説】
  • 脳梗塞にアルテプラーゼは有用か ?
  • 【害反応】
  • ピボキシル基含有抗生剤による低血糖
  • グラスチム剤と致命的な毛細血管漏出症候群
  • プラミペキソールによる心不全
  • 【みんなのやさしい生命倫理 60】
  • 【海外情報】
  • 「不眠に対して睡眠剤をすぐには処方しないこと」など5項目
  • ISDB General Assembly 2015
  • 【FORUM】
  • MERS ( マーズ ) : 正しく恐れるべし
  • 書評 : 九州大学生体解剖事件
  • あなたなら、どれを検査しますか ?
  • 【編集後記 / 奥付】

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【New Products】

P.79 掲載の参考文献
1) ソホスブビル承認関連情報 : a) 審査報告書, b) 申請資料概要
2) 編集部, 薬のチェックは命のチェック, 2004(No4):24-32
3) 日本肝臓学会編 : 慢性肝炎の治療ガイド2006
4) 鈴木哲朗, 原弘道, 相崎英樹, 鈴木亮介, 政木隆博, C型肝炎ウイルスの複製と粒子形成 : ウイルス 2010:60(1):87-92.
5) 岡山大学腫瘍ウイルス学講座ホームページ http://www.okayama-u.ac.jp/user/med/dmb/research-HCV.html より引用 : 2015. 6. 13 アクセス
6) Corbett Dooren J. FDA flags safety concern for HIV drug combination. WSJ. 2010 Feb 23
7) Worm SW et al. Risk of myocardial infarction in patients with HIV infection exposed to specific individual antiretroviral drugs from the 3 major drug classes : the data collection on adverse events of anti-HIV drugs (D : A : D) study. J Infect Dis. 2010;201(3):318-30.
9) レクシヴァ錠インタビューフォーム2015年3月改訂
P.83 掲載の参考文献
1) 編集部, 薬のチェックTIP. 2015:15(59):51-54.
2) エドキサバン承認情報 : http://www.info.pmda.go.jp/ a) 申請資料概要, b) 審査結果, c) 添付文書, d) インタビューフォーム
3) リバーロキサバン承認情報 : http://www.info.pmda.go.jp/ a) 申請資料概要, b) 審査結果, c) 添付文書, d) インタビューフォーム
4) アピキサバン承認情報 : http://www.info.pmda.go.jp/ a) 申請資料概要, b) 審査結果, c) 添付文書, d) インタビューフォーム
5) 合同研究班, 心房細動治療 (薬物) ガイドライン (2013年改訂版) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2013_inoue_h.pdf
6) Brunton LL et al. Goodman & Gilman's The Pharmacological Basis of Therapeutics 12th ed. 2011. McGrow-Hill

【総説】

P.85 掲載の参考文献
1) アクチバシン注インタビューフォーム
2) NINDS rt- PA Stroke Study Group). Tissue plasminogen activator for acute ischemic stroke. N Engl J Med. 1995:333(24):1581-7
4) 浜六郎, 脳梗塞急性期における血栓溶解療法 (t-PA : アルテプラーゼ), TIP「正しい治療と薬の情報」2007:22(4):44-46.
6) 「rt-PA (アルテプラーゼ) 静注療法 適正治療指針 第二版 」 (日本脳卒中学会 脳卒中医療向上・社会保険委員会 rt-PA (アルテプラーゼ) 静注療法指針改訂部会作成) 2012年10月 http://www.jsts.gr.jp/img/rt-PA02.pdf
9) IST-3 Collaborative Group. The benefits and harms of intravenous thrombolysis with recombinant tissue plasminogen activator within 6 hours of acute ischaemic stroke (the third international stroke trial [IST-3]). Lancet 2012;379:2352-63.
13) Whiteley WN, Thompson D, et al. IST-3 Collaborative Group. Effect of alteplase within 6 hours of acute ischemic stroke on all-cause mortality (third International Stroke Trial). Stroke. 2014;

【害反応】

P.91 掲載の参考文献
1) 浜六郎, 感冒関連脳症と薬剤性低血糖症 : とくにカルボシステイン, 抗ヒスタミン剤との関連について. TIP 2001:16(11):112-5
2) 浜六郎, SU系血糖降下剤使用患者に対するガチフロキサシンの影響 TIP 2006:21(6):49-55
3) PMDA http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuSearch/をa) "重篤副作用対策マニュアル "AND" 低血糖" で検索, b) a) "重篤副作用対策マニュアル "AND" 小児の急性脳症" で検索
5) 藤井良知Pivalic acidを側鎖に持つβ-lactam系prodrugの安全性について- Calinitine代謝との関連. 医薬ジャーナル 1990:26(6):1236-43.
6) 杉江秀夫ら, Pivalic acidを側鎖にもつプロドラッグ投与による2次性低カルニチン血症. 脳と発達 1992:24:79-80
7) Hayton WL et al. Influence of maturation and growth on cefetamet pivoxil pharmacokinetics : rational dosing for infants. Antimicrob A gents Chemother. 1996;40(3):567-74.
8) 塩野義製薬株式会社, フロモックス小児用細粒, 使用上の注意改訂のお知らせ Accessed on 2006. 6. (2015. 6. 22現在アクセス不能) : http://www.shionogi.co.jp/med/tyui/img/pdf/FMXCG2G1.pdf
9) 医薬品・医療機器等安全性情報No221 (2006. 01) Accessed on 2015. 6. 21. available at : http://www.pmda.go.jp/files/000143705.pdf
10) 浜六郎, ピボキシル基を有する抗生物質による低血糖 TIP 2006:21(7):66-7
11) 薬食安発0424第1号2012. 4. 24 別紙30. Accessed on 2015. 6. 21. available at : http://www.info.pmda.go.jp/kaiteip/20120424A001/30. pdf
12) シオノギ製薬2012年情報 : Accessed on 2015. 6. 21. available at : https://www.shionogi.co.jp/med/download.php?h=40611945a921e54f2af767d3ecf51946
13) 医薬品・医療機器等安全性情報No291 (2012. 06) Accessed on 2015. 6. 21. available at : http://www1.mhlw.go.jp/kinkyu/iyaku_j/iyaku_j/anzenseijyouhou/291.pdf
14) 高柳正樹 カルニチンの臨床, 生物試料分析 2012:35(4):281-92.
16) Editorial Carnitine deficiency. Lancet. 1990 Mar 17;335(8690):631-3
17) Kahn J. Mycr s R Insulin induced hypoglycemia in the nonhuman primates Clinical consequence. In Brain hypoxia Clinics in Developmental Medicine. London : Heineman, 1971:185-193 (Wilson JD et al edd Williams Textbook of Endoclinology 9th ed W. B. Saunders Co. 1998 p950, Cryer PE. Hypoglycemia, functional brain failure, and brain death. J Clin Invest. 2007;117(4):868-70. より引用)
18) Wilson JD et al edd Williams Textbook of Endoclinology 9th ed W. B. Saunders Co. 1998
22) 梶本まどか, 松重武志, 市山高志ら, 抗生物質長期投与による低血糖脳症で後遺症を残した1例 脳と発達 2012:44(Suppl):S303.
23) 西山将広, 田中司ほか, ピボキシル基含有抗菌薬3日間投与によるカルニチン欠乏が関与した急性脳症の1例, 日本小児科学会雑誌, 2014;118(5):812-8.
P.92 掲載の参考文献
1) Aneja R et al. "Idiopathic systemic capillary leak syndrome" (last updated August 2013) UpToDate, Waltham 2013 ; version 21, 8:13.
2) ANSM "Risque syndrome de fuite capillaire associe au Filgrastim (Neupogen) et Pegfilgrastim (Neulasta) chezles patients atteintsd'un cancer etchez les donneurs sains. Lettre aux professionnels de sante 6 September 2013. www.ansm.sante.fraccessed 17 September 2013:2.
3) EMA "Pharmacovigilance Risk Assessment Committee (PRAC). Minutes of the 10-13 June 2013 meeting. 4. 1. 4 Lenograstim (NAP)" 11 July 2013. www.ema.europa.eu.accessed 27 September 2013:3.
P.93 掲載の参考文献
1) Prescrire Redaction "Pramipexole : pas mieux que le ropinirole" Rev Prescrire 2010;30(326):902.
2) US Food and Drug Administration FDA Drug Safety Communication : Ongoing safety review of Parkinson's drug Mirapex (pramipexole) and possible risk of heart failure" accessed on 21/11/2012 : http://www.fda.gov/drugs/drugsafety/ucm319779.htm

最近チェックした商品履歴

Loading...