• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  薬のチェック TIP No.61 2015年9月号

薬のチェック TIP No.61 2015年9月号

出版社: 医薬ビジランスセンター
著者:
発行日: 2015-09-20
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 21891516
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

540 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【Editorial】
  • 代理エンドポイントでも画期的 ?
  • 【New Products】
  • LDV / SOF配合抗HCV剤 ( 商品名ハーボニー )
  • フェブキソスタット ( 商品名フェブリク )
  • 訂正 ( ダビガトラン )
  • 【総説】
  • ワルファリン治療における至適 PT - INR値
  • 【新連載】
  • 日常使う医薬品を検証する
  • 【医師国家試験問題】
  • 【海外情報】
  • 医薬品情報誌における利益相反とは ?
  • 【みんなのやさしい生命倫理 61】
  • 生老病死 31
  • 【Forum】
  • タミフルの処方に薬局はどう対応するか ?
  • C型肝炎治療用の薬、本当に「画期的」 ?
  • C. difficile保菌児がなかなか減らないのはなぜ ?
  • 【編集後記】
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【New Products】

P.108 掲載の参考文献
1) Med Check TIP team, ソホスブビル, 薬のチェックTIP 2015 : 15(60) : 75-79.
2) ハーボニー配合錠の承認情報 a) 申請資料概要, b) 審査報告書, c) 添付文書, d) インタビューフォーム
3) ギリアド・サイエンシズ株式会社プレスリリース (2015.8.31発表) http://www.gilead.co.jp/
4) 肝炎jp (www.kanen.jp/)
5) 国立感染症研究所, HCVゲノムの構造と機能 http://www.nih.go.jp/niid/ja/hcv-senmon/624-genome.html
6) 岡山大学腫瘍ウイルス学講座ホームページ http://www.okayama-u.ac.jp/user/med/dmb/research-HCV.html
8) ソホスブビル承認情報, a) 申請資料概要, b) 審査報告書
9) 浜六郎, インターフェロン療法の最近の適応変更の是非, TIP「正しい治療と薬の情報」2001 : 16(9) : 90-97.
10) Med Check TIP team, H. ピロリ除菌で寿命短縮の可能性, 薬のチェックTIP 2015 : 15(58) : 37-39
11) 平成26年度 医療費の動向~概算医療費の年度集計結果~(2015年9月3日公表) http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/database/zenpan/iryou_doukou_b.html
12) 浜六郎, 坂口啓子, 薬価の国際比較-2010年薬価の比較調査報告書 https://hodanren.doc-net.or.jp/news/tyousa/111219yakka2.pdf
P.113 掲載の参考文献
1) 「高尿酸血症・痛風治療ガイドライン第2版」(日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改訂委員会) 2010年1月
2) 編者 : ユージン ブラウンワルドほか, 日本語版監修 : 福井次矢, 黒川清, ハリソン内科学(原著第15版), メディカルサイエンス・インターナショナル, 2003年
3) Prescrire team. Febuxostat, hyperuricaemia : risk of gout attacks, Prescrire International 2009 ; 18(100) : 63-65
5) Adenuric (febuxostat) tablets product information - European Medicines Agency http://www.ema.europa.eu/docs/en_GB/document_library/EPAR_-_Product_Information/human/000777/WC500021812.pdf#page=3
6) Schumacher HR Jr, Becker MA, Wortmann RL, Macdonald PA, Hunt B, Streit J, Lademacher C, Joseph-Ridge N. Effects of febuxostat versus allopurinol and placebo in reducing serum urate in subjects with hyperuricemia and gout : a 28-week, phase III, randomized, double-blind, parallel-group trial. Arthritis Rheum. 2008 ; 59(11) : 1540-8. (APEX試験)
7) Becker MA, Schumacher HR Jr, Wortmann RL, MacDonald PA, Eustace D, Palo WA, Streit J, Joseph-Ridge N. Febuxostat compared with allopurinol in patients with hyperuricemia and gout. N Engl J Med. 2005 ; 353(23) : 2450-61.(FACT試験)
8) フェブキソスタット承認情報 : http://www.info.pmda.go.jp/ a) 申請資料概要, b) 審査報告書, c) 添付文書, d) インタビューフォーム
10) Briefing Document - Food and Drug Administration http://www.fda.gov/ohrms/dockets/ac/08/briefing/2008-4387b1-02-Takeda.pdf

【総説】

P.120 掲載の参考文献
6) Yamaguchi T. Japanese Nonvalvular Atrial Fibrillation-Embolism Secondary Prevention Cooperative Study Group. Optimal intensity of warfarin therapy for secondary prevention of stroke in patients with nonvalvular atrial fibrillation : a multicenter, prospective, randomized trial. Stroke. 2000 Apr ; 31(4) : 817-21.
10) Med Check TIP team. Dabigatran. Med Check TIP 1 (2) : 17-22. http://www.npojip.org/english/MedCheck/Med%20Check-TIP%2002-08-21.pdf
12) Boston Area Anticoagulation Trial for Atrial Fibrillation Investigators. The effect of low-dose warfarin on the risk of stroke in patients with nonrheumatic atrial fibrillation. The Boston Area Anticoagulation Trial for Atrial Fibrillation Investigators. New Engl J Med 1990 ; 323 : 1505-11. (BAATAF)
14) Stroke Prevention in Atrial Fibrillation Investigators. Stroke Prevention in Atrial Fibrillation Study. Final results. : Final results. Circulation 1991 ; 84 : 527-39. (SPAF I)
15) Ezekowitz MD, et al. Warfarin in the prevention of stroke associated withnonrheumatic atrial fibrillation. Veterans Affairs Stroke Prevention in Nonrheumatic Atrial Fibrillation Investigators. N Engl J Med 1992 ; 327 : 1406?12. (SPINAF)
19) National Cancer Institute. Strength of endpoint, accessed on August 15, 2015 available at : http://www.cancer.gov/publications/pdq/levels-evidence/treatment#link/stoc_h2_2
20) International Society of Drug Bulletins and World Health Organization. Starting or Strengthening a Drug Bulletin : A Practical Manual 2005. Chapter 8. Reviewing a new drug : is it a therapeutic advance? http://www.isdbweb.org/documents/uploads/manual_full_text.pdf
21) Rosendaal FR, et al ; A method to determine the optimal intensity of oral anticoagulant therapy. Thromb Haemost 1993 ; 69 : 236-9.
8b) 小谷英太郎ら, わが国のワルファリン治療中の心房細動例におけるイベント発症率と日本人の至適INR J-RHYTHM Registryからの報告. 日本臨床生理学会雑誌 2014 : 44(1) : 7-16
8c) Yamashita T, et al ; Warfarin anticoagulation intensity in Japanese nonvalvular atrial fibrillation patients : a J-RHYTHM Registry analysis. J-RHYTHM Registry Investigators. J Cardiol. 2015 65(3) : 175-7.

【海外情報】

P.123 掲載の参考文献
1) 2013年Minds 第14回診療ガイドライン作成グループ意見交換会資料
2) 李啓充「市場原理が医療を亡ぼす」医学書院 2004年
3) 薬のチェックは命のチェック54号64頁
4) 薬のチェックは命のチェック57号17頁
5) 薬害オンブズパースンHP (yakugai.gr.jp)より
6) 日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012年版」
7) 日本脂質栄養学会「長寿のためのコレステロールガイドライン2010年版」
8) 浜崎智仁「コレステロール値が高いほうがずっと長生きできる」講談社+α新書 2011年
11) 斉藤さやか他, 医学界新聞, 2854号, 2009年
12) 上昌広「医療詐欺「先端医療」と「新薬」は, まず疑うのが正しい」講談社+α文庫 2014年
13) 薬のチェックは命のチェック36号

最近チェックした商品履歴

Loading...