• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  薬のチェック TIP No.62 2015年11月号

薬のチェック TIP No.62 2015年11月号

出版社: 医薬ビジランスセンター
著者:
発行日: 2015-11-20
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 21891516
電子書籍版: 2015-11-20
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

540 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【Editorial】
  • 伝えたいこと、伝わること
  • 【New Products】
  • 乳児の重症血管腫にプロプラノロール
  • 認知症に抑肝散
  • 【患者用くすりの説明書】
  • フェブキソスタット ( フェブリック )
  • レジパスビル・ソホスブビル配合剤 ( ハーボニー )
  • 【害反応】
  • HPVワクチンを打った後の難病
  • 同じ薬剤の害反応で再入院
  • 【日常使う医薬品を検証する】
  • (2) 解熱剤と鎮痛剤
  • 【薬剤師国家試験 ( 問題 ) 】
  • 【みんなのやさしい生命倫理 62】
  • 【FORUM】
  • ガチフロ点眼剤も回収すべきでは ?
  • 生命倫理 ( 61 ) を読んで
  • 59号「あなたならどれを検査しますか ? 」の解説
  • 【薬剤師国家試験 ( 解答 ) 】
  • 【2015年バックナンバーの主な目次 / 編集後記】
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【New Products】

P.134 掲載の参考文献
1) EMA-CHMP "Assessment report for Hemangiol. EMEA/H/C/002621/0000" 20 February 2014;86page.
2) Leaute-Labreze C et al. "Propranolol for severe hemangiomas of infancy" N Eng J Med 2008:358(24):2649-26571.
6) HAS-Commission de la transparence "Avis-Hemangiol" 25 June 2014;14peges.
9) Prescrire Redaction "2-1-5. Patients sous betabloquant" Rev Prescrire 2014;34 (374 suppl. interactions medicamenteuses).
10) US=FDA "Full prescribing information Hemangeol" March 2014;11pages.
12) EMA "SPC-Hemangiol" 25 September 2014;14pages.
13) ANSM "RCP-Solupred 1 mg/ml, solution buvable" 9 August 2012:6peges.
P.137 掲載の参考文献
1) 日本老年医学会, 高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015 (案) http://www.jpn-geriat-soc.or.jp/info/topics/20150401_01.html
2) 浜六郎, スタチン以外の薬剤の問題点:降圧剤, PPIなどに無批判である. 薬のチェックTIP. 2015:15 (No59):62-63.
3) 浜六郎, 日本老年医学会「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015案」への提言・意見, スタチン剤以外の http://www.npojip.org/sokuho/150518.html
4) American Psychiatric Association DSM-4-TR (2000) , DSM-5(2013)
5) 日本神経学会, 認知症疾患治療ガイドライン2010, http://www.neurology-jp.org/guidelinem/nintisyo.html
6) 浜六郎, 認知症にさせられる, 幻冬舎, 2010
7) 薬のチェックは命のチェックNo27, 特集「認知症とせん妄」, 2007
8) オーストラリア治療ガイドライン委員会著, 医薬品・治療研究会他編訳, 向精神薬治療ガイドライン (原著4版改訂増補版) , NPO法人医薬ビジランスセンター, 2004年 8b) オーストラリア治療ガイドライン委員会著, 医薬品・治療研究会他編訳, 向精神薬治療ガイドライン (原著4版改訂増補版) , NPO法人医薬ビジランスセンター, 2004年, 訳補6:老年痴呆の治療 (pp300-307),
9) 抑肝散, 添付文書
15) ツムラ, 製品情報概要54 漢方製剤ツムラ抑肝散, 2013年6月
16) Pocock SJ. Clinical Trial- A Practical Approach (1983). コントローラー委員会監訳, クリニカルトライアル-よりよい臨床試験を志す人たちへ, 篠原出版, 1989
17) Fleiss JL. The Design and Analysis of Clinical Experiments.. KR研究会 (関西臨床データ解析研究会) 訳, 臨床試験のデザインと解析, (株) アーム, 2004
18) Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ ホーソン効果
19) 安田洋祐, ホーソン効果のうそ!? http://blog.livedoor.jp/yagena/archives/50041178.html
20) Archie L Cochrane, Effectiveness and Efficiency Random Reflection on Health Services, 1971, 森亨訳. 「効果と効率-保健と医療の疫学」 サイエンティスト社, 1999

【害反応】

P.142 掲載の参考文献
1) 第15回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会, 平成27年度第4回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会 (2015.9.17) http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000097690.html a) 資料1 子宮頸がん予防ワクチン (サーバリックス) の副反応報告状況 b) 資料2 子宮頸がん予防ワクチン (ガーダシル) の副反応報告状況 c) 資料4-2:HPVワクチンの接種後の症状の追跡調査の方法について d) 資料4-1:副反応追跡調査結果について
2) 東京都老人総合研究所ホームページ, FUS;FUSED IN SARCOMA http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/genome300/FUS.html
3) 小林禅, 新井哲明, 秋山治彦, 水澤英洋, FUS/TLS遺伝子変異による家族性ALS http://www.researchgate.net/profile/Zen_Kobayashi2/publication/262798426_FUS_Clin_Neurosci2.15/links/0deec538dfb9aedf9e000000
4) Hubers A, Just W, Rosenbohm A, Muller K, Marroquin N, Volk AE et al. De novo FUS mutations are the most frequent genetic cause in early-onset German ALS patients. Neurobiol Aging. 2015 Aug 15. pii:S0197-4580(15) 00416-9.
5) サーバリックス申請資料概要, 非臨床概要(3) 毒性 http://www.pmda.go.jp/drugs/2009/P200900052/index.html
8) HPVワクチンの害に関する疫学調査について, 薬のチェックTIP, 2015 16(57):17-19.
12) 横田俊平, 医療に物申す-私の正論-神奈川県医師会報, H26.8.10号, p11-12, 2014
13) NPOJIP, くすりの害にあうということ, NPO法人医薬ビジランスセンター (薬のチェック) 2014.10
14) Former journalist appeals further investigation of HPV vaccines (an open letter to Canadian media) https://exjourno.wordpress.com/
P.144 掲載の参考文献
1) Chaye H et al. "Characteristics of Adverse Drug Reactions-induced hospital readmission in a Post Emergency hospital Unit" 35th Pharmacovigilance Meeting, Poitiers:22-24 April 2014. Fundamental Clin Pharmacol 2014;28 (suppl. 1):28 (abstract CO-125):full text 19 pages.
2) Hauviller L et al. "Hospital readmission rate related to Adverse Drug Reactions in patients > 65 years:a study in a French University Hospital" 35th Pharmacovigilance Meeting, Poitiers:22-24 April 2014. Fundamental Clin Pharmacol 2014;28 (suppl.1):60(abstract PM1-141):full text 1 page.

【薬剤師国家試験 ( 問題 ) 】

P.147 掲載の参考文献
2) a) 浜六郎, NSAIDsは解熱剤として使用中止を, TIP(正しい治療と薬の情報) 誌, 2000:15(3):23-28.) b) 浜六郎, かぜインフルエンザ脳症死亡例の原因は大部分NSAIDs. TIP(正しい治療と薬の情報) 誌, 2005:20(12):147-151.
3) オーストラリア治療ガイドライン委員会著, 鎮痛・解熱治療ガイドライン a) 訳補1:発熱と解熱剤, b) 第V章. 慢性疼痛症候群. NPO法人医薬ビジランスセンター (薬のチェック) 発行, 2000年
4) 浜六郎, くすりで脳症にならないために. NPO法人医薬ビジランスセンター (薬のチェック) 発行, 2008年
5) Goodman and Gilman ed. The Pharmacological Basis of Therapeutics. 4th ed. MacMillan Co. 1970.
8) EtminanM, Sadatsafavi M, Jafari S, et al Acetaminophen use and the risk of asthma in children and adults:a systematic review and metaanalysis. Chest. 2009 Nov;136(5):1316-23.
10) Prescrire Team. NSAIDs:Celecoxib should be withdrawn (Jan 2008) http://english.prescrire.org/en/80/156/46229/0/PositionDetails.aspx.
11) FDA Briefing Document:Non-steroidal anti-inflammatory drugs and cardiovascular thrombotic risk. (February 10-11, 2014) Joint Meeting of the Arthritis Advisory Committee and the Drug Safety and Risk Management Advisory Committee February 10-11, 2014
12) Assessment report for Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs (NSAIDs) and cardiovascular risk. EMA/696137/2012.

最近チェックした商品履歴

Loading...