植物の成長(電子書籍版)

出版社: 裳華房
著者:
発行日: 2013-11-05
分野: 基礎・関連科学  >  生命科学
ISBN: 9784785377045
電子書籍版: 2013-11-05 (ver.1.0)
電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,700 円(税込)

商品紹介

植物の成長のしくみは,われわれの想像以上に精緻で,それに基づく植物の生命戦略も極めて巧妙であることが,近年の植物生理学の研究で明らかになってきた.本書は,植物の成長に関する現時点での研究の到達点と,その解明に至るまでの歴史的背景を,学部の学生諸氏が理解できる形にまとめたものである.具体的には,陸上植物の中で,現在隆盛を極めている被子植物に注目し,その成長のしくみを,①植物に固有の遺伝子や細胞のはたらき,②植物器官の形成,③植物ホルモンによる成長の制御,の3 つの視点から解説する.われわれ人類とはまったく異なるコンセプトで生きる被子植物に固有の生き方や生存戦略を理解して頂けるであろう.

目次

  • 表紙
  • 「新・生命科学シリーズ」刊行趣旨
  • はじめに
  • 本書の特徴について
  • 目次
  • 1章 なぜ被子植物か
  • 1.1 植物の進化系譜
  • 1.1.1 植物の祖先
  • 1.1.2 緑色植物の誕生
  • 1.1.3 藻類の進化と陸上進出
  • 1.1.4 維管束の進化
  • 1.2 有胚植物の生活環
  • 1.2.1 コケ植物の生活環
  • 1.2.2 被子植物の生活環
  • 1.3 被子植物を研究する理由
  • 1.3.1 進化程度の高い, 多様な植物群
  • コラム1 植物生理学者テオフラストスの観察眼
  • 1.3.2 モデル植物
  • 1.4 陸上環境への適応
  • 1.4.1 浮力のない環境
  • 1.4.2 乾燥
  • 1.4.3 太陽光
  • コラム2 イネの紫外線耐性
  • 2章 植物の遺伝子と細胞
  • 2.1 遺伝情報
  • 2.1.1 ゲノム構造と転写制御
  • 2.1.2 タンパク質コード遺伝子
  • 2.1.3 非タンパク質コード遺伝子
  • 2.1.4 エピジェネティックス
  • 2.1.5 遺伝子ファミリー
  • コラム3 DNAのメチル化の制御
  • 2.2 細胞周期
  • 2.2.1 細胞周期の発見
  • 2.2.2 幹細胞とG0期の細胞
  • 2.2.3 核内倍加と補償作用
  • 2.2.4 細胞周期の制御
  • 2.2.5 サイクリンとCDK
  • 2.3 細胞分裂
  • 2.3.1 分裂面と分裂の様式
  • 2.3.2 分裂装置
  • 2.3.3 細胞板と細胞壁
  • 2.3.4 原形質連絡
  • 2.4 細胞分化
  • 2.4.1 分化全能性と分裂組織
  • 2.4.2 細胞分化のパターン
  • 2.4.3 脱分化と再分化
  • 2.4.4 細胞極性
  • 2.4.5 プログラム細胞死
  • 3章 水と物質の輸送
  • 3.1 水分子と水溶液の性質
  • 3.1.1 水の特性
  • 3.1.2 水ポテンシャル
  • 3.1.3 溶質の化学ポテンシャル
  • 3.2 膜輸送体
  • 3.2.1 チャネル
  • 3.2.2 キャリア
  • 3.2.3 ポンプ
  • 3.2.4 その他の一次能動輸送体
  • 3.2.5 膜輸送体群の役割
  • 3.3 水と溶質の長距離輸送
  • 3.3.1 アポプラストとシンプラスト
  • 3.3.2 木部への「積み込み」
  • 3.3.3 木部通導組織
  • 3.3.4 水上昇の凝集・張力説
  • 3.3.5 師部と師要素
  • コラム4 師管液
  • 3.3.6 師管内転流の圧流説
  • 4章 細胞壁と細胞成長
  • 4.1 植物細胞壁の構造モデル
  • 4.2 セルロース微繊維
  • 4.2.1 セルロース合成装置
  • コラム5 細胞壁モデル
  • 4.2.2 CesAファミリー
  • 4.2.3 セルロース微繊維の配向制御
  • 4.2.4 マルチネット成長説
  • 4.3 マトリックス
  • 4.3.1 架橋性多糖
  • 4.3.2 CSLスーパーファミリー
  • 4.3.3 XTH
  • 4.3.4 充填性多糖
  • 4.3.5 疎水性のマトリックス成分
  • 4.4 細胞成長
  • 4.4.1 細胞成長の様式
  • 4.4.2 ロックハルトの方程式
  • 4.4.3 細胞壁の応力緩和と伸展
  • 4.4.4 細胞壁のゆるみ
  • 4.4.5 細胞の形の制御
  • 5章 発生過程
  • 5.1 被子植物の受精
  • 5.1.1 自家生殖と他家生殖
  • 5.1.2 花粉管誘導
  • 5.1.3 被子植物の重複受精
  • 5.2 胚発生
  • 5.2.1 初期胚のパターン形成
  • 5.2.2 WOXによる軸形成
  • 5.3 一次分裂組織の形成と維持
  • 5.3.1 幹細胞ニッチ
  • 5.3.2 分裂組織形成の制御
  • 5.3.3 形成中心の維持
  • コラム6 外衣 - 内体説
  • 5.3.4 静止中心の形成
  • 5.4 種子形成と休眠・発芽
  • 5.4.1 種子形成と乾燥耐性獲得
  • 5.4.2 種子成熟と休眠の制御
  • 5.4.3 種子発芽の制御
  • 5.5 後胚発生
  • 5.5.1 茎頂分裂組織
  • 5.5.2 葉序制御モデル
  • 5.5.3 維管束幹細胞ニッチ
  • 5.5.4 維管束形成の運河モデル
  • 5.5.5 管状要素の分化
  • 5.5.6 主根の細胞列の分化
  • 5.5.7 側根原基の形成制御
  • 5.6 栄養成長と生殖成長の切り替え
  • 5.6.1 CO - FT経路による制御
  • 5.6.2 花成制御の統御遺伝子群
  • コラム7 フロリゲンの発見
  • 5.6.3 花序分裂組織
  • 5.6.4 花序分裂組織の制御
  • 5.6.5 花器官形成のABCモデル
  • 6章 オーキシン
  • 6.1 植物のシグナル伝達の特徴
  • 6.1.1 発見の歴史
  • コラム8 成長素
  • 6.1.2 アゴニストとアンタゴニスト
  • 6.1.3 合成経路
  • 6.1.4 分解と不活性化
  • 6.2 合成部位と極性輸送
  • 6.2.1 局在と合成の場
  • 6.2.2 極性輸送
  • 6.2.3 輸送体
  • 6.2.4 輸送体の細胞内局在の制御
  • 6.3 受容と情報伝達
  • 6.3.1 受容体ABP1
  • コラム9 植物ホルモンとF - boxタンパク質
  • 6.3.2 受容体TIR1 / AFB
  • 6.3.3 SCFTIR1 / AFBの標的分子
  • 6.3.4 AUX / IAAとARF
  • 6.4 成長制御
  • 6.4.1 細胞壁関連遺伝子の発現誘導
  • 6.4.2 転写を介さない制御
  • 7章 ジベレリン
  • 7.1 発見と代謝経路・代謝の制御
  • 7.1.1 発見の歴史
  • 7.1.2 ジベレリン応答の変異体
  • コラム10 ジベレリン研究の第一歩
  • 7.1.3 合成経路
  • 7.1.4 組織内ジベレリン濃度の調節
  • 7.2 情報伝達
  • 7.2.1 情報伝達の概要
  • 7.2.2 受容体とDELLAタンパク質
  • 7.2.3 維管束植物のジベレリン
  • 7.2.4 光とジベレリンの情報統合
  • 7.3 成長制御
  • 7.3.1 α - アミラーゼ遺伝子
  • 7.3.2 双子葉植物の発芽促進
  • 7.3.3 茎伸長の制御
  • 7.3.4 表層微小管
  • 7.3.5 細胞壁
  • コラム11 緑の革命を起こした遺伝子
  • 8章 サイトカイニンとエチレン
  • 8.1 サイトカイニン
  • 8.1.1 発見の歴史
  • 8.1.2 代謝経路
  • 8.1.3 土壌細菌のサイトカイニン
  • 8.1.4 受容と情報伝達
  • 8.1.5 細胞周期の制御
  • 8.1.6 頂芽優勢の制御
  • 8.1.7 加齢の抑制と物質の集積
  • 8.2 エチレン
  • 8.2.1 発見の歴史
  • 8.2.2 合成経路
  • 8.2.3 受容と情報伝達
  • 8.2.4 応答性遺伝子
  • 8.2.5 果実の追熟の制御
  • 8.2.6 葉の老化と器官脱離の制御
  • 8.2.7 細胞伸長の制御
  • 9章 その他の植物ホルモン
  • 9.1 アブシジン酸
  • 9.1.1 発見の歴史
  • 9.1.2 合成経路
  • 9.1.3 膜輸送とイオントラップ
  • 9.1.4 情報伝達の要となる負の因子
  • 9.1.5 受容機構
  • 9.2 ブラシノステロイド
  • 9.2.1 発見の歴史
  • 9.2.2 合成経路
  • 9.2.3 受容と情報伝達
  • 9.2.4 応答性遺伝子
  • 9.3 ジャスモン酸
  • 9.3.1 生理作用と代謝
  • 9.3.2 受容と情報伝達
  • 9.4 ストリゴラクトン
  • 9.4.1 発見の歴史と生理作用
  • 9.4.2 合成経路と情報伝達
  • コラム12 根から茎への信号
  • 参考文献
  • 引用文献
  • 遺伝子・化合物・単位などの略号リスト
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

参考文献

P.184 掲載の参考文献
Albersheim, P. et al. (2010) "Plant Cell Walls" Garland Publishing, New York.
Howell, S. H. (1998) "Molecular Genetics of Plant Development" Cambridge Univ. Press, Cambridge.
福田裕穂編 (2001) 『成長と分化』 朝倉書店.
飯田 格 (1980) 植物の化学調節, 15 : 135-136.
岩淵雅樹・篠崎一雄編 (2001) 『植物ゲノム機能のダイナミズム』 シュプリンガー・フェアラーク東京.
加藤雅啓編 (1997) 『植物の多様性と系統』 裳華房.
加藤 潔ら監修 (2003) 『植物の膜輸送システム』 秀潤社.
小柴共一ら編 (2006) 『植物ホルモンの分子細胞生物学』 講談社.
黒岩常祥ら (2008) 『細胞』 朝倉書店.
Lack, A. J., Evens, D. E. (岩淵雅樹監訳) (2002)『植物科学キーノート』シュプリンガー・フェアラーク東京.
Leyser, O., Day, S. (2002) "Mechanisms in Plant Development" Wiley-Blackwell, Oxford.
町田泰則・ 福田裕穂 監修 (2000) 『植物細胞の分裂』 秀潤社.
増田芳雄 (1986) 『植物の細胞壁』 東京大学出版会.
増田芳雄 (1988) 『植物生理学 改訂版』 培風館.
増田芳雄 (1992) 『植物学史』 培風館.
増田芳雄 監修 (2007) 『絵とき植物生理学入門 改訂2版』 オーム社.
三村徹郎・ 鶴見誠二編著 (2009) 『植物生理学』 化学同人.
Mohr, H., Schopfer, P. (網野真一・ 駒嶺 穆監訳) (1998) 『植物生理学』 シュプリンガー・フェアラーク東京.
長田敏行 (2008) 遺伝, 62(1) : 84-88.
長田敏行・ 内宮博文編 (1994) 『植物の遺伝子発現』 講談社.
Buchanan, B. B. et al. eds. (杉山達夫 監修) (2005)『植物の生化学・分子生物学』 学会出版センター.
西村幹夫編 (2002) 『植物細胞』 朝倉書店.
Nobel, P. S. (2009) "Physicochemical and Environmental Plant Physiology" 4th Ed., Academic Press, Oxford.
野並 浩 (2001) 『植物水分生理学』 養賢堂.
岡田清孝ら編 (2002) 『植物の形づくり』 共立出版.
Raven, P. H. et al. (2004) "Biology of Plants" 7th Ed., W. H. Freeman & Co., New York.
桜井直樹ら (1991) 『植物細胞壁と多糖類』 培風館.
桜井英博ら (2008) 『植物生理学概論』 培風館.
「植物の軸と情報」 特定領域研究班 (2007) 『植物の生存戦略』 朝日新聞社.
種生物学会編 (吉岡俊人・清和研二責任編集) (2009) 『発芽生物学』 文一総合出版.
島本 功ら監修 (2005) 『モデル植物の実験プロトコール』 秀潤社.
Taiz, L., Zeiger, E. (2006) "Plant Physiology" 4th Ed., Sinauer Associates, Inc., Sunderland.
Taiz, L., Zeiger, E. (西谷和彦・島崎研一郎監訳) (2004) 『テイツ/ザイガー植物生理学 第3版』 培風館.
高橋信孝・ 増田芳雄編 (1994) 『植物ホルモンハンドブック』 上・下, 培風館.
田村三郎 (1969) 『ジベレリン』 東京大学出版会.
Tyree, M. T., Zimmermann, M. H. (内海泰弘・古賀信也・梅林利弘訳) (2007) 『植物の木部構造と水移動様式』 シュプリンガー・ジャパン, p.49.
Verbelen, J-P., Vissenberg, K. eds. (2006) "The Expanding Cell" Springer, Heidelberg.
Evert, R. F. (2006) "Esau's Plant Anatomy" 3rd Ed., Wiley-Liss, Hoboken.
Fry, S. C. (2001) "The Growing Plant Cell Wall" Blackburn Press, Caldwell.
Gifford, E. M., Foster, A. S. (長谷部光泰ら 監訳) (2002) 『維管束植物の形態と進化』文一総合出版.
Graham, L. E. (渡邊 信・ 堀 輝三訳) (1996) 『陸上植物の起源』 内田老鶴圃.
星川清親 (1975) 『解剖図説 イネの生長』 農山漁村文化協会.

引用文献

P.186 掲載の参考文献
山本良一 (1999) 『植物細胞の生長』 培風館, p.164.
相田光宏 (2005) 蛋白質 核酸 酵素, 50 : 410-419.
荒木 崇 (2010) 『新しい植物ホルモンの科学 第2版』 小柴共一・神谷勇治編, 講談社, p.169.
Buchanan, B. B. et al. eds. (2000) "Biochemistry & Molecular Biology of Plants" American Society of Plant Physiology, Rockville, p.989.
Evert, R. F. (2006) "Esau's Plant Anatomy" 3rd Ed., Wiley-Liss, Hoboken, p.133.
星川清親 (1975) 『解剖図説 イネの生長』 農山漁村文化協会, p.24.
Stahl, Y. et al. (2009) Curr. Biol., 19 : 909-914.
Taiz, L., Zeiger, E. (2006) "Plant Physiology" 4th Ed., Sinauer Ass. Inc., Sunderland, p.380.
Cleland, R. (1973) Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 70 : 3092-3093.
Davies, P. ed. (2007) "Plant Hormones" 3rd Ed., Springer, Dordrecht.
郡場 寛 (1932) 『植物の発生生長及び器官形成』 岩波書店.
小柴共一 ・神谷勇治編 (2010) 『新しい植物ホルモンの科学 第2版』 講談社.
Mori, Y. et al. (2005) Plant Sci., 168 : 467-473.
Nishitani, K., Vissenberg, K. (2006) Plant Cell Monogr. 5 : 90-116.
Ulmasov, T. et al. (1997a) Plant Cell, 9 : 1963-1971.
Ulmasov, T. et al. (1997b) Science, 276 : 1865-1868.
King, K. E. et al. (2001) Genetics, 159 : 767-776.
Taiz, L., Zeiger, E. (2006) "Plant Physiology" 4th Ed., Sinauer Ass. Inc., Sunderland, p.516.
Buchanan, B. B. et al. eds. (杉山達夫監修) (2005) 『植物の生化学・分子生物学』 学会出版センター, p.1008.
森 仁志 (2006) 『植物ホルモンの分子細胞生物学』 小柴共一他編, 講談社, p.178.
Roberts, K. (2007) "Handbook of Plant Science" Vol.1, Roberts, K. ed., John Wiley & Sons, Inc., West Sussex, p.512.
Taiz, L., Zeiger, E. (2010) "Plant Physiology" 5th Ed., Sinauer Ass. Inc., Sunderland, p.658.
水谷正治 (2007) 植物の生長調節, 42 : 19-29.
Flindt, R. (浜本哲郎訳) (2007) 『数値でみる生物学』 シュプリンガー ・ジャパン, p.132.
Graham, L. E. et al. (2000) Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 97 : 4535-4540.
長谷部光泰 (2007) 『植物の進化』 清水健太郎・長谷部光泰監修, 秀潤社, p.69.
堀口健雄 (2010) 『生物学辞典』 石川 統・黒岩常祥・塩見正衞・松本忠夫・守 隆夫・八杉貞雄・山本正幸編, 東京化学同人, p.1397.
西田治文 (2000) 『植物の系統』 岩槻邦男・加藤雅啓編, 東京大学出版会, p.88.
Stevens, P. F. (2011) Angiosperm Phylogeny Website. (http://www.mobot.org/MOBOT/research/APweb/)
テオプラストス (森 進一訳) (1982) 『人さまざま』 岩波書店.
テオフラストス (大槻真一郎・月川和雄訳) (1988) 『テオフラストス植物誌』 八坂書房.
Raven, P. H. et al. (2005) "Biology of Plants" 7th Ed., W. H. Freeman & Co., New York, p.66.
Sanchez, M. L. (2008) Semin. Cell Dev. Biol., 19 : 537-546.
Sugimoto-Shirasu, K., Roberts, K. (2003) Curr. Opin. Plant Biol., 6 : 544-553.
Evert, R. F., Eichhorn, S. E. (2006) "Esau's Plant Anatomy" 3rd Ed., John Wiley & Sons, Inc., Hoboken, p.380.
Ludwig, R. (2001) Angew. Chem. Int. Ed., 40 : 1808-1827.
Nobel, P. S. (2009a) "Physicochemical and Environmental Plant Physiology" 4th Ed., Academic Press, Inc., Oxford, p.481.
Nobel, P. S. (2009b) "Physicochemical and Environmental Plant Physiology" 4th Ed., Academic Press, Inc., Oxford, p.484.
Raven, P. H. et al. (2005) "Biology of Plants" 7th Ed., W. H. Freeman & Co., New York, p.673.
Taiz, L., Zeiger, E. (2006a) "Plant Physiology" 4th Ed., Sinauer Associates, Inc., Sunderland, p.57.
Taiz, L., Zeiger, E. (2006b) "Plant Physiology" 4th Ed., Sinauer Associates, Inc., Sunderland, p.60.
Albersheim, P. (1976) "Plant Biochemistry" 3rd Ed., Bonner, J., Varner, J. E. eds., Academic Press, New York, pp.225-274.
Nishitani, K., Tominaga, R. (1992) J. Biol. Chem., 267 : 21058-21064.
西谷和彦 (2006) 植物の生長調節, 41 : 34-45.

最近チェックした商品履歴

Loading...