• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  薬のチェック TIP No.73 2017年9月号

薬のチェック TIP No.73 2017年9月号

出版社: 医薬ビジランスセンター
著者:
発行日: 2017-09-20
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 21891516
電子書籍版: 2017-09-20
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

540 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【ハイライト】
  • 【Editorial】
  • WHOはコクランレビューに従いタミフルを格下げ
  • 【New Products】
  • 糖尿病性の神経障害性疼痛にデュロキセチン ( 商品名サインバルタ ) は不要
  • 糖尿病性の神経障害性疼痛にカプサイシン ( 唐辛子成分 ) は有効か
  • 【薬剤師国家試験に挑戦しよう ( 問題 )】
  • 【総説】
  • 四種混合ワクチン ( DTP - IPV )
  • 不眠と最適な睡眠時間、睡眠剤の害
  • 【医薬品危険性情報あれこれ】
  • 【害反応】
  • プロトンポンプ阻害剤 ( PPI ) による肺炎
  • 【みんなのやさしい生命倫理 73】 「生老病死」 ( 43 )
  • 【FORUM】
  • 複数のワクチンの同時接種で部位を離すのは、なぜ ?
  • 子宮頸がん死亡率推移のグラフの見方に疑問
  • 医薬品売上高の調べ方を教えてください
  • 【薬剤師国家試験に挑戦しよう ( 解答 )】
  • 【編集後記】
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【New Products】

P.101 掲載の参考文献
P.103 掲載の参考文献
1) サインバルタ審査報告書 (糖尿病性神経障害に伴う疼痛)
2) サインバルタインタビューフォーム
3) 公知申請に係る事前評価が終了した適応外薬の保険適用について http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/topics/110202-01.html
4) 日本糖尿病学会, 糖尿病診療ガイドライン 2016, 南江堂, 2016
5) 柳元和, 浜六郎, 別府宏圀, エパルレスタッ卜 (キネダック : アルドース還元酵素阻害剤) の臨床使用は不適切, 正しい治療と薬の情報 TIP, 1996 : 11 (12) : 122-125.
6) 薬のチェックは命のチェック編集部, キネダックは使ってはいけない, 薬のチェックは命のチェック, 2001 ; 1 (1) : 35-35.
7) Chalk C, Benstead TJ, Moore F Aldose reductase inhibitors for the treatment of diabetic polyneuropathy. Cochrane Database Syst Rev. 2007 Oct 17 ; (4) : CD004572.
8) Duloxetine: Depression and diabetic neuropathy: too many adverse effects. Prescrire Int. 2006 ; 15 (85) : 168-172
9) Lunn MP, Hughes RA, Wiffen PJ. Duloxetine for treating painful neuro pathy, chronic pain or fibromyalgia. Cochrane Database Syst Rev. 2014 Jan 3 ; (1) : CD007115.
10) Sansone RA, Sansone LA. Duloxetine-related acute dysphoria. Psychiatry (Edgmont). 2007 Nov ; 4 (11) : 65-8.
11) サインバルタ添付文書
13) FDA. gov. (2009, June 9). Cymbalta (Duloxetine) Discontinuation Syndrome: Issues of Scope, Severity, Duration and Management https://www.fda.gov/downloads/advisorycommittees/committeesmeetingmaterials/drugs/psychopharmacologicdrugsadvisorycommittee/ucm172866.pdf
14)Cymbalta Withdrawal Symptoms, Side Effects & Warnings, https://www.drugwatch.com/cymbalta/withdrawal-symptoms/
15) Quarter Watch (July 12, 2017), ISMP Annual Report Isuue
17) 安田能暢, リリカの有効性と安全性を評価する, 薬のチェックは命のチェック 2013; 13 (50) : 76-82.

【総説】

P.109 掲載の参考文献
1) 谷田憲俊, 予防接種, 打つ, 打たない, どうする? 薬のチェック TIP 2017 : 17 (69) : 2-5.
2) 薬のチェックTIP編集委員会編集部, 薬のチェック TIP 2017: 17 (69) : 22-23.
3) 浜六郎, 小児への肺炎球菌ワクチン, Hib (ヒブ) ワクチンは? 薬のチェック TIP 2017: 17 (72) : 83-86. そのWeb資料 : http://npojip.org/chk_tip/No72-f05.pdf
4) 国立感染症研究所 : 発生動向調査年別報告数一覧 https://www.niid.go.jp/niid/ja/survei/2085-idwr/ydata/6564-reportja2015-10.html
5) 国立感染症研究所 : ポリオ2016年現在 : IASR 2016:37 (2) : 17-18 https://www.niid.go.jp/niid/ja/id/602-disease-based/ha/polio/idsc/iasrtopic/6272-tpc432-j.html
6) Polio Global Eradication Initiative, http://polioeradication.org/polio-today/polio-now/this-week/
7) 国立感染症研究所 : 感染症発生動向調査事業年報 (年齢階級別患者報告数, 2015年) https://www.niid.go.jp/niid/ja/survei/2270-idwr/nenpou/6983-grplist2015.html
8) 国立感染症研究所 : 感染症発生動向調査事業年報 (年齢階級別患者報告数, 2014年) https://www.niid.go.jp/niid/ja/survei/2270-idwr/nenpou/6143-grplist2014.html
9) 国立感染症研究所 : 感染症発生動向調査事業年報 (年齢階級別患者報告数, 2013年) https://www.niid.go.jp/niid/ja/survei/2270-idwr/nenpou/5280-grplist2013.html
10) 人口動態統計 (死亡) e-Stat (政府統計の総合窓口) http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001158057
11) 岡田賢司 : 4種混合 (DTP-IPV) ワクチン-追加接種の必要性とその時期 : 小児科診療 2016 : 4 (45) :487-491, 2016
12) 国立感染症研究所, 2013年度感染症流行予測調査,年齢/年齢群別の破傷風抗体保有状況の年度比較, 1998-2013年 https://www.niid.go.jp/niid/ja/y-graphs/4636-tetanus-yosokuyear2013.html
16) 木村三生夫・平山宗宏・堺 春美, 予防接種の手引き <第13版> 2011 : 144-167
17) 浜六郎, MR (はしか・風疹2種混合) ワクチンの害反応, 薬のチェックは命のチェック, 2009 : 9 (34) : 58-65.
18) 西村直子・尾崎隆男, DTPワクチンI期3回接種法の有効性, 小児科 2004 : 45 (9) 1543-1547
19) 岡田賢司 : ワクチンの接種回数-DPT三種混合ワクチンおよび日本脳炎ワクチン-, 小児科臨床 2001 : 54 (8) : 1599-1606
P.112 掲載の参考文献
1) Longo DL, Fauci AS, Kasper DL, Et al (eds) : Harrison's Principles of Internal Medicine 18th ed, McGraw-Hill Companies, New York, 2012
2) Medicine Net. Medical Definition of Insomnia http://www.medicinenet.com/script/main/art.asp?articlekey=17762
4) Tamakoshi A, Ohno Y; JACC Study Group. Self-reported sleep duration as a predictor of all-cause mortality: results from the JACC study, Japan. Sleep. 2004 Feb 1 ; 27 (1) : 51-4.
5) 浜六郎, 少し不眠の人が長生き? 薬のチェックは命のチェック, 2004 : 4 (13) : 12-13.
12) Joya FL, Kripke DF, Loving RT, Dawson A, Kline LE. Meta-analyses of hypnotics and infections : eszopiclone, ramelteon, zaleplon, and zolpidem. J Clin Sleep Med. 2009 Aug 15 ; 5 (4) : 377-83.
13) 国立がん情報センター, がん情報サービス, がんに罹患する確率~累積罹患リスク (2012年データに基づく) http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html
14)International Narcotic Control Bord. Psychotropic Substances-Statistics for 2014 https://www.incb.org/documents/Psychotropics/technicalpublications/2015/Tech_PSY_2015.pdf
17) Menkes DB. Hypnosedatives and anxiolytics. In Dukes MNG et al Eds Meyler's Side Effects of Drugs 14th Edition Elsevier Amsterdam, 2000.
19) Sanders RD, Godlee A, Fujimori T et al. Benzodiazepine augmented γ-amino-butyric acid signaling increases mortality from pneumonia in mice. Crit Care Med. 2013 Jul;41 (7) : 1627-36.

【害反応】

P.115 掲載の参考文献
1) 薬事ハンドブック, 2016年版
2) PPI添付文書 (エスオメプラゾール, ランソプラゾールなど)
3) 薬のチェックTIP編集委員会, H. ピロリ除菌で寿命短縮の可能性-胃がんは減っても, C. ディフィシル感染・肺炎など感染症増加, 薬のチェックTIP, 15 (58) : 37-39, 2015
6) 木下芳一, Safety of PPIs 2013, Side Effects in Perspective -プロトンポンプ阻害薬の安全性をめぐる最新の知見-, Therapeutic Research. 2014 ; 35 (4) : 410-421.
7) 神谷武, 知っておきたい酸分泌抑制薬 (PPI) の安全性情報, Mebio 2012 ; 29 (4) : 12-17.
10) Othman, F, Crooks, C.J, Card, T.R. Community acquired pneumonia incidence before and after proton pump inhibitor prescription : Population based study. BMJ (Online) : 355, i5813

【FORUM】

P.118 掲載の参考文献
1) 日本小児科学会, 日本小児科学会の予防接種の同時接種に対する考え方 https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/saisin_1101182.pdf

最近チェックした商品履歴

Loading...