眼形成手術の基本手技

出版社: 全日本病院出版会
著者:
発行日: 2018-01-25
分野: 臨床医学:外科  >  眼科学
ISBN: 9784865192407
電子書籍版: 2018-01-25 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:約3営業日

8,250 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

8,250 円(税込)

商品紹介

眼瞼手術に必要な器具の使い方、症例に応じた手術デザインをはじめ、麻酔、消毒、ドレーピングを含めた術中手技の実際を、気鋭のエキスパートが解説。切開、剥離、止血、縫合、周術期管理まで、多数の写真やシェーマを用いてわかりやすくまとめられています。これから眼形成手術を学んでいきたい眼科、形成外科、美容外科の先生方にぜひ手に取って頂きたい1冊です。

目次

  • 1 眼瞼を知る
     A.眼瞼の解剖
     B.(上眼瞼)眼瞼ごとの違い

    2 器具の選び方
     A.眼瞼手術 器械一覧
     B.挟瞼器の使い方
     C.バイポーラの選び方

    3 眼瞼の手術デザイン
     A.上眼瞼
     B.下眼瞼
     C.デザイン時の注意点

    4 麻酔をマスターする
     A.麻酔薬の種類と手術に応じた選択
     B.局所麻酔投与位置
     C.注入の仕方
     D.結膜の麻酔法
     E.鎮静薬・鎮痛薬の使い方

    5 消毒のしかた
     A.消毒の意味
     B.消毒薬の種類と選択

    6 ドレーピング
     A.覆布の種類
     B.眼瞼手術における覆布の選び方
     C.覆布の掛け方

    7 切開のコツ
     A.メスの選び方と使い分け
     B.テンションのかけ方(固定)
     C.メスの使い方

    8 剝離のしかた・組織の見分け方
     A.眼輪筋の見え方,知覚神経伴走血管の見え方
     B.眼輪筋と眼窩隔膜の剝離
     C.上眼瞼挙筋腱膜と眼窩隔膜の見え方
     D.上眼瞼挙筋腱膜の切開のしかた
     E.上眼瞼の瞼板の見え方
     F.挙筋腱膜とミュラー筋の剝離のしかた
     G.ミュラー筋と結膜の剝離のしかた
     H.眼窩隔膜の切開のしかた
     I.挙筋腱膜の見え方
     J.眼窩脂肪の見え方,切除方法
     K.眼輪筋と眼窩隔膜の剝離
     L.下眼瞼・瞼板の出し方,見え方
     M.下眼瞼牽引筋腱膜(LER)の剖出
     N.外眼角腱の剖出

    9 止血を極める
     A.モノポーラとバイポーラ 止血の原理と通電形式の違い
     B.バイポーラの使い方
     C.出血する部位,まとめ
     D.出血点見極めのコツ

    10 縫 合
     A.縫合糸の種類
     B.縫合の原理
     C.真皮縫合のコツ
     D.皮膚縫合のコツ
     E.小児の皮膚縫合の材料について

    11 周術期管理
     A.創傷治癒の原理
     B.創部の治癒過程
     C.術後炎症
     D.術後クーリングと圧迫は必要か?
     E.出血の引き方
     F.手術終了時のドレッシングについて
     G.術後の局所投薬
     H.痛くない抜糸の方法,抜糸の時期
     I.術後洗顔はいつから?
     J.術後再診はいつまで?

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

(1) 眼瞼を知る

P.7 掲載の参考文献
1) Goold, L., et al. : Absence of lateral palpebral raphe in Caucasians. Clin Ophthalmol. 3 : 391, 2009.
2) Jonathan, J. Dutton, eds. : Atlas of Clinical and Surgical Orbital Anatomy 2nd ed. 129-164, Elsevier, 2011.
3) Goold, L., et al. : Tarsal height. Letter to the editor. Ophthalmology. 116 : 1831, 2009.
4) 柿崎裕彦 : 下眼瞼内反症. 眼形成外科-虎の巻-. 33-44, メディカル葵出版, 2009.
5) 柿崎裕彦 : 手術治療からみた眼瞼解剖. 臨眼. 62 : 1939-1944, 2008.
6) Kakizaki, H., et al. : The levator aponeurosis consists of two layers that include smooth muscle. Ophthal Plast Reconstr Surg. 21 : 379-382, 2005.
7) Bobby, S., et al. : Asian upper blepharoplasty. 25-32, 2017.

(3) 眼瞼の手術デザイン

P.33 掲載の参考文献
1) 柿崎裕彦 : 手術治療からみた眼瞼解剖. 臨眼. 62 : 1939-1944, 2008.
2) 林寛子ほか : 眉下皺取り術の効果. 日美外報. 25 : 114-118, 2003.
3) 田邉美香 : 上眼瞼皮膚切除. 眼科グラフィック. 4 : 436-440, 2015.
P.51 掲載の参考文献
1) 小幡博人 : 霰粒腫摘出術・麦粒腫切開術. あたらしい眼科. 29 : 885-889, 2012.
2) 高木健一ほか : 霰粒腫のマイボグラフィ所見. 臨眼. 70 : 1785-1788, 2016.
3) Doxanas, M. T., et al. : Sebaceous gland carcinoma. Arch Ophthalmol. 102 : 245-249, 1984.
4) Rawlings, N. G., : Merkel cell carcinoma masquerading as a chalazion. Can J Ophthalmol. 42 : 469-470, 2007.
P.57 掲載の参考文献
1) Preechawai, P., et al. : Refractive changes in epiblepharon. Am J Ophthalmol. 143 : 835-839, 2007.
2) Kakizaki, H., et al. : Cilial entropion : surgical outcome with a new modification of the Hotz procedure. Ophthalmology. 116 : 2224-2229, 2009.
3) Ni, J., et al. : Modified Hotz Procedure Combined With Modified Z-Epicanthoplasty Versus Modified Hotz Procedure Alone for Epiblepharon Repair. Ophthal Plast Reconstr Surg. 33 : 120-123, 2017.
4) Park, J. I., et al. : Root Z-epicanthoplasty in Asian eyelids. Plast Reconstr Surg. 111 : 2476-2477, 2003.
P.59 掲載の参考文献
1) Kakizaki, H., et al. : Posterior layer advancement of the lower eyelid retractor in involutional entropion repair. Ophthal Plast Reconstr Surg. 23 (4) : 292-295, 2007.
2) Rougraff, PM., et al. : Involutional entropion repair with fornix sutures and lateral tarsal strip procedure. Ophthal Plast Reconstr Surg. 17 (4) : 281-287, 2001.

(4) 麻酔をマスターする

P.67 掲載の参考文献
1) Casati, A., et al. : Lidocaine versus ropivacaine for continuous interscalene brachial plexus block after open shoulder surgery. Acta Anaesthesiol Scand. 47 : 355-360, 2003.
P.77 掲載の参考文献
1) Sessler, C. N., et al. : The Richmond Agitation-Sedation Scale : validity and reliability in adult intensive care unit patients. Am J Respir Crit Care Med. 166 : 1338-1344, 2002.
P.78 掲載の参考文献
1) Chapman, W. P., et al. : The analgesic effect of low concentrations of nitrous oxide compared in man with morphine sulfate. J Clin Invest. 22 : 871-875, 1943.

(5) 消毒のしかた

P.81 掲載の参考文献
1) Mangram, A. J., et al. : Guideline for prevention of surgical site infection, 1999. Hospital Infection Control Practices Advisory Committee. Infect Control Hosp Epidemiol. 20 : 250-278, 1999.
2) 針原康 : 手術医療の実践ガイドライン (改訂版) 手術部位感染 (surgical site infection : SSI) 防止. 日本手術医学会誌. 34 : S59-S71, 2013.
3) 小川令 : 手術部位感染 (SSI) の概念と対策. PEPARS. 129 : 1-7, 2017.
P.83 掲載の参考文献
1) 針原康 : 手術医療の実践ガイドライン (改訂版) 手術部位感染 (surgical site infection : SSI) 防止. 日本手術医学会誌. 34 : S59-S71, 2013.
2) Darouiche, R. O., et al. : Chlorhexidine-alcohol versus Povidone-Iodine for Surgical-Site Antisepsis. N Engl J Med. 362 : 18-26, 2010.

(7) 切開のコツ

P.93 掲載の参考文献
1) 刀. Wikipedia(R).
2) メス (刃物). Wikipedia(R).
3) ランセット. Wikipedia(R).
4) 中村泰久 : 眼瞼周囲の皮膚. 眼科診療プラクティス 44. 6-9, 文光堂, 1999.
5) 戸塚靖則 : 切開と縫合の基本と臨床 メスの種類と使い方. 37-42, ヒョーロン・パブリッシャーズ, 2003.
6) 笠井健一郎, 嘉鳥信忠 : デザイン・切開. 野田実香編. 眼手術学 2 眼瞼. 88-95, 文光堂, 2013.
P.95 掲載の参考文献
1) 笠井健一郎, 嘉鳥信忠 : デザイン・切開. 野田実香編. 眼手術学 2 眼瞼. 88-95, 文光堂, 2013.
2) 野田実香 : 切開. 眼科プラクティス 19 外眼部手術と処置. 10-14, 文光堂, 2008.
P.102 掲載の参考文献
1) 笠井健一郎, 嘉鳥信忠 : デザイン・切開. 野田実香編. 眼手術学 2 眼瞼. 88-95, 文光堂, 2013.
2) 笠井健一郎, 嘉鳥信忠 : 眼窩の形成手術概説. 高比良雅之, 後藤浩編. 眼科臨床エキスパート眼形成手術 眼瞼から涙器まで. 82-100, 医学書院, 2016.
3) 中村泰久 : 眼瞼周囲の皮膚. 眼科診療プラクティス 44. 6-9, 文光堂, 1999.
4) 戸塚靖則 : 切開と縫合の基本と臨床 メスの種類と使い方. 37-42, ヒョーロン・パブリッシャーズ, 2003.
5) 野田実香 : 切開. 眼科プラクティス 19 外眼部手術と処置. 10-14, 文光堂, 2008.

(8) 剥離のしかた・組織の見分け方

P.119 掲載の参考文献
1) Hass, A. N., et al. : Incidence of postblepharoplasty orbital hemorrhage and associated visual loss. Ophthal Plast Reconstr Surg. 20 : 426-432, 2004.

(9) 止血を極める

P.138 掲載の参考文献
1) Dutton, J. J. : Atlas of Clinical and Surgical Orbital Anatomy. 88, Elsevier, 2011.

(10) 縫合

P.145 掲載の参考文献
1) 松村 一 : 創閉鎖法の基本的な考え方. 日外感染症会誌. 12 (3) : 161-167, 2015.
P.148 掲載の参考文献
1) 菅原康志 : 整容目的の皮膚縫合法. 形成外科. 47 : S156-S159, 2004.
P.153 掲載の参考文献
1) 佐藤智也, 市岡滋 : 消毒薬, 手洗い, 剃毛処置, 創ケアについての最新の知見. PEPARS. 70 : 16-20, 2012.
2) Chantarasak, N. D., et al. : A comparison of scar quality in wounds closed under tension with PGA (Dexon) and Polydioxanone (PDS). Br J Plast Surg. 42 (6) : 687-691, 1989.
3) 松村一 : 創閉鎖法の基本的な考え方. 日外感染症会誌. 12 (3) : 161-167, 2015.
P.155 掲載の参考文献
1) 牧口貴哉ほか : 同一創部における合成吸収糸 : polydioxanone糸と合成非吸収糸 : ナイロン糸の瘢痕比較. 瘢痕・ケロイド. 3 : 45-48, 2009.
2) 青山宏道ほか : 整形手術手技 手の外科手術における吸収糸を用いた皮膚縫合の有用性. 整形外科. 60 : 66-69, 2009.
3) Luck, R. P., et al. : Cosmetic outcomes of absorbable versus nonabsorbable sutures in pediatric facial lacerations. Pediatr Emerg Care. 24 : 137-142, 2008.

(11) 周術期管理

P.159 掲載の参考文献
1) 清水忠道 : 創傷治癒機構. 日皮会誌. 119 : 1965-1970, 2009.
2) 後藤孝浩 : 創傷治癒の基本知識-1次治癒-. 形成外科. 増刊 55 : 2-6, 2012.
3) 久保美代子 : きれいな傷あと形成のための創傷治癒の促進機序. 形成外科. 増刊 42 : 5-13, 1999.
P.161 掲載の参考文献
1) 深水秀一 : 術後のケア. 皮膚科診療プラクティス 4. 大原國章編. Day Surgery の実際. 文光堂, 134-141, 1998.
2) 後藤孝浩ほか : I 創傷治癒の基本知識-1次治癒-. 形成外科. 増刊 55 : 2-6, 2012.
P.163 掲載の参考文献
1) Velnar, T., et al. : The wound healing process : an overview of the cellular and molecular mechanisms. J Int Med Res. 37 : 1528-1542, 2009.
2) Janis, J. E., et al. : A practical guide to wound healing. Plast Reconstr Surg. 125 : e230-e234, 2010.
3) 野田実香 : 眼瞼の創傷治癒-新生血管は悪者ではない-. 臨眼. 69 : 781-786, 2015.
4) Couture, R., et al. : Kinin receptors in pain and inflammation. Eur J Pharmacol. 429 : 161-176, 2001.
P.166 掲載の参考文献
1) Van der Westhuijzen, A. J., et al. : A randomized observer blind comparison of bilateral facial ice pack therapy with no ice therapy following third molar surgery. Int J Oral Maxillofac Surg. 34 : 281-286, 2005.
2) Webb, J. M., et al. : The use of cold compression dressings after total knee replacement : a randomized controlled trial. Orthopedics. 21 : 59-61, 1998.
3) 深澤大樹ほか : 眼瞼形成手術の術後腫脹・血腫の軽減のための圧迫ドレッシングの理論と実際. 形成外科. 52 : 823-829, 2009.
4) Oestreicher, J., et al. : Complications of blepharoplasty : prevention and management. Plast Surg Int. 2012 : 252368. doi : 10.1155/2012/252368, 2012.
5) Morax, S., et al. : Complications of blepharoplasty. Orbit. 25 : 303-318, 2006.
6) Khoshnevis, S., et al. : Cryotherapy-induced persistent vasoconstriction after cutaneous cooling : hysteresis between skin temperature and blood perfusion. J Biomech Eng. 134 : 4032126. doi : 10.1115/1.4032126, 2016.
7) Bergstrand, S., et al. : Existence of tissue blood flow in response to external pressure in the sacral region of elderly individuals : using an optical probe prototype. Microcirculation. 17 : 311-319, 2010.
P.170 掲載の参考文献
1) 深澤大樹 : 眼瞼形成手術の術後腫脹・血腫の軽減のための圧迫ドレッシングの理論と実際-. 形成外科. 52 : 823-829, 2009.
2) 大城貴史 : 外傷後の色素沈着-レーザー治療か保存的治療か-. 形成外科. 58 : 71-80, 2015.
3) 一般社団法人日本創傷・オストミー・失禁管理学会編 : ベストプラクティス スキン-テア (皮膚裂傷) の予防と管理. 24-25, 照林社, 2015.
P.172 掲載の参考文献
1) 大慈弥裕之 : 創傷治癒における湿潤環境-湿潤療法の普及から適応の時代へ-. 医学のあゆみ. 237 : 9-13, 2011.
2) 東野琢也ほか : 一次縫合創を手術室で被覆する場合, 創部周囲を生理食塩水で拭き取るのみで, 消毒は必要ない. 創傷治癒コンセンサスドキュメント. 日本創傷治癒学会 ガイドライン委員会編. 146-147, 全日本病院出版会, 2016.
3) 夏井睦 : 創傷治療の常識非常識. 16-20, 三輪書店, 2004.
4) 横井則彦 : 眼表面からみた眼瞼下垂手術の術前術後対策. あたらしい眼科. 32 : 499-506, 2015.
5) 日本形成外科学会ほか編 : 形成外科診療ガイドライン 2-急性創傷/瘢痕ケロイド-. 141-142, 金原出版, 2015.
P.176 掲載の参考文献
1) 佐藤智也ほか : 創傷部の洗浄と抗菌性ドレッシング・外用剤. 薬局. 64 : 48-53, 2013.
2) Edwards, R., et al. : Bacteria and wound healing. Curr Opin Infect Dis. 17 : 91-96, 2004.
3) Moore, Z. E., et al. : Wound cleasing for pressure ulcers. Cochrane Database Syst Rev. CDOO4983, 2013.
4) Branemark, P. I., et al. : Tissue injury caused by wound disinfetants. J Bone Joint Surg. 149 : 48-62, 1967.
5) 真田弘美ほか : 褥瘡を有する高齢者の創周囲皮膚における石鹸洗浄の有効性の検討. 褥瘡会誌. 2 : 32-39, 2000.
6) Harris, D. R. : Healing of the surgical wound. I. Basic considerations. J Am Acad Dermatol. 1 : 197-207, 1979.
7) Goldberg, H. M., et al. : Effect of washing closed head and neck wounds on wound healing and infection. Am J Surg. 144 : 358-359, 1981.
8) 大慈弥裕之 : 形成外科における皮膚切開と縫合の基本 : 縫合・吻合法の基本的事項. 外科治療. 102 : 460-468, 2010.
P.178 掲載の参考文献
1) 野田実香 : 眼瞼の創傷治癒-新生血管は悪者ではない-. 臨眼. 69 : 781-786, 2015.
2) 山本節 : 視力の発達. 神経眼科. 5 : 258-264, 1988.
3) Srinagesh, V., et al. : The association of refractive error, strabismus, and amblyopia with childhood ptosis. J AAPOS. 15 : 541-544, 2011.
4) Samuel, L. C., et al. : A systematic review of outcomes after dacryocystorhinostomy in adults. Am J Rhinol Allergy. 24 : 81-90, 2010.
5) Baek, J. S., et al. : Cause and management of patients with failed endonasal dacryocystorhinostomy. Clin Exp Otorhinolaryngol. 10 : 85-90, 2017.

最近チェックした商品履歴

Loading...