認知症の薬物治療 改訂版

出版社: フジメディカル出版
著者:
発行日: 2018-01-20
分野: 臨床医学:内科  >  老人医学
ISBN: 9784862701633
電子書籍版: 2018-01-20 (改訂版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,850 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,695 円(税込)

商品紹介

アリセプト処方のさじ加減と注意点を国内で最初に説いた解説本、その改訂版がついに上梓。コウノメソッド構築のきっかけともなった歴史的な1冊を大幅に改訂。
●介護者・家族の手に負えない認知症患者を落ち着かせ、家族に笑顔をもたらす驚きの処方テクニックの神髄を85の症例とともに紹介。

目次

  • 1章 認知症を正しく治す
     1. プライマリケア医に要求される医療レベル
     2. 医療過誤を防ぐ知識
     3. 認知症症状を理解する

    2章 陽性症状を治す
     1. 精神症状を一般人にわかりやすく説明する方法
     2. 「興奮」の定義と薬
     3. 陽性症状に対する処方
     4. 抑制系の第一選択薬
     5. 抑制系の第二選択薬
     6. 妄想を減らす処方
     7. 不眠の治療
     8. BPSD(認知症の行動および心理症状)
     9. 患者の不安材料を排除する
     10. 介護負担軽減のための処方~まとめ~  

    3章 陰性症状を治す
     1. 陰性症状とは
     2. 陰性症状に対する処方

    4章 中核症状を治す
     1. 中核症状に対する処方
     2. アリセプトの効果とはどのようなものか
     3. 前頭葉機能
     4. 側頭葉機能
     5. 周辺症状
     6. 運動機能
     7. 自覚症状
     8. アリセプトの前期興奮について
     9. アリセプトの後期興奮について
     10. アリセプト用量と患者の「バランス」
     11. アリセプト1.5mgで改善した症例
     12. アリセプトの静穏作用
     13. アリセプトを増量する必要がないケース
     14. 中核症状が悪化した時どうするか
     15. アリセプトのnon responderへの対応と中止時期
     16. てんかんの対応
     17. アリセプトの処方方針
     18. アリセプトの中止
     19. レミニールの臨床
     20. リバスタッチパッチ・イクセロンパッチの臨床
     21. メマリーの臨床

    5章 認知症の細密な分析と処方
     1. 認知症の複合を診断する
     2. アルツハイマー型認知症のバリエーション
     3. 認知症の複合を読んだ処方
     4. レビー小体型認知症の対策
     5. パーキンソニズムの制御
     6. ペルマックスの興奮作用
     7. パーキンソン病治療薬の使いこなし

    6章 アルツハイマー型認知症以外の認知症
     1. 特発性正常圧水頭症への内科医の関わり
     2. 前頭側頭型認知症治療の試み
     3. 脳血管性認知症の治療
     4. 脳血管性うつ状態の治療
     5. 降圧薬の選択
     6. 脳梗塞予防薬
     7. プレタールの抗認知症効果

    7章 歩行障害系認知症の治療法

    8章 各論 ~症例徹底研究~
     1. アリセプトのresponderと軽症例に対する処方
     2. アリセプトの長期効果
     3. アルツハイマー型認知症の血管因子について
     4. アリセプトの効果と副次作用の交錯
     5. アリセプトによるパーキンソニズム
     6. アリセプト無効例の特徴と経過

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

2 陽性症状を治す

P.37 掲載の参考文献
P.41 掲載の参考文献
・ Kanaya K, Abe S, Sakai M et al: Effect of ferulic acid and Angelica archangelica extract on behavioral and psychological symptoms of dementia (MPSD) of Alzheimer's Disease (AD) and Dementia with Lewy bodies (DLB). 27th International Conference of Alzheimer's Disease. London, 2012
・ 木村武実 : 前頭側頭葉変性症に対する臨床研究シリーズ, 第二回日本認知症治療研究会, 2016, 3
・荏原太, 松下博子, 小倉静江ほか : フェルラ酸による2型糖尿病における糖尿病性神経障害とQOLの改善, 第56回日本糖尿病学会年次集会, 2013, 5
P.45 掲載の参考文献
・ 池田 学 : 痴呆にみられる精神症状・行動異常 (BPSD) の薬物療法. 老年精神医学雑誌15増刊 : 79-87, 2004

3 陰性症状を治す

P.51 掲載の参考文献
・ 西山康裕, 駒場祐一, 勝又俊弥ほか : 脳梗塞慢性期患者におけるNicergolineのうつ状態に対する効果について. 日老医誌41増刊号 : 152, 2004

4 中核症状を治す

P.55 掲載の参考文献
・ 坂本静樹, 山崎峰雄, 大鳥達雄, 片山泰朗 : アルツハイマー型痴呆治療薬有効例の有効持続時間に関する検討. 日内会誌94増刊 : 212, 2005
P.74 掲載の参考文献
・ 中村祐, 岸本年史 : 多発性の小梗塞 (ラクナ) を伴ったアルツハイマー型痴呆に塩酸donepezil, ibudilastの併用療法が著効きたした一例. 精神科治療学 19 (8) : 1017-1021, 2004
P.76 掲載の参考文献
・ 中野倫仁 : ドネペジルの継続投与についてどう考えるか. 老年精神医学雑誌15増刊 : 53-59, 2004

5 認知症の細密な分析と処方

P.91 掲載の参考文献
P.100 掲載の参考文献
P.111 掲載の参考文献
・ 狭間玄以, 楠見公義 : レビー小体型痴呆症に伴う精神症状に少量のQuetiapineおよびDonepezilが有効であった1例. 精神医学 46 (3) : 265-270, 2004
・ 辻敬一郎, 堤祐一郎, 田島治 : Quetiapineとhaloperidolを併用中の統合失調症においてquetiapineを投与中止したことにより錐体外路症状の増悪を認めた2症例. 精神科治療学 19 (9) : 1127-1132, 2004
・ 小阪憲司 : レビー小体型痴呆症. 老年精神医学講座 ; 各論 (日本老年精神医学会編). ワールドプランニング, 東京 : 39-50, 2004

6 アルツハイマー型認知症以外の認知症

P.119 掲載の参考文献
・ 日本正常圧水頭症研究会, 特発性正常圧水頭症診療ガイドライン作成委員会 : 特発性正常圧水頭症診療ガイドライン, メディカルレビュー社, 大阪, 2004
P.121 掲載の参考文献
・ 西川隆, 池尻義隆, 正木慶大ほか : 前頭側頭葉変性症におけるBPSDの薬物治療. 分子精神医学 3 : 85-86, 2003
・ 小田原俊成, 小阪憲司 : フルボキサミンがBPSDに有効であった痴呆症例をめぐって. 分子精神医学 3 : 83-84, 2003
・ 池田学 : 痴呆にみられる精神症状・行動異常 (BPSD) の薬物療法. 老年精神医学雑誌15増刊 : 79-87, 2004
P.127 掲載の参考文献
河野和彦 : レビー小体型認知症 改訂版 , フジメディカル出版, 2014
河野和彦 : ピック病の症状と治療, フジメディカル出版, 2013
P.130 掲載の参考文献
P.133 掲載の参考文献
・ Figiel GS, Krishnan KR, Breitner JC et al : Radiologic correlates of antidepressant-induced delirium : the possible significance of basalganglia lesions. J Neuropsychiatry Clin Neurosci 1 : 188-190, 1989
・ Fujikawa T, Yokota N, Muraoka M et al : Response of patients with major depression and silent cerebral infarction to antidepressant drug therapy, with emphasis on central nervous system adverse reactions. Stroke 27 : 2040-2042, 1996
・ 松崎一葉ほか : うつ病状態に対する抗うつ薬とサプリの効果~最新1,000例の臨床症例を通して~. 第9回日本機能性食品医用学会総会, 2011.12
・ 穴水聡一郎ほか : 凍結乾燥ミミズエキス含有サプリメントによる動脈硬化改善効果の検討. 第13回日本抗加齢医学会総会. 日本東洋医学雑誌 66 : 275-281, 2015
・ 河野和彦 : コウノメソッド流 臨床認知症学. 日本医事新報社, 2015
P.135 掲載の参考文献
・ Forette F, Seux ML, Staessen JA et al : The prevention of dementia with antihypertensive treatment: new evidence from the Systolic Hypertension in Europe (Syst-Eur) study. Arch Intern Med 162: 2046-2052, 2002
・ 小原克彦 : Ca拮抗薬の痴呆の予防効果. 血圧 6 (2) : 154-155, 1999
P.136 掲載の参考文献
・ 井上忠夫, 東儀英夫 : 脳梗塞再発抑制に関する薬剤経済学的評価. Medical Tribune 37 (49) : 46, 2004
・ 平川亘 : 認知症に対するシロスタゾールの治療効果. 第二回認知症治療研究会, 2016.3

7 歩行障害系認知症の治療法

P.149 掲載の参考文献
・ 柳澤厚生 : グルタチオン点滴でパーキンソン病を治す, G.B., 2014

最近チェックした商品履歴

Loading...