感染症プラチナマニュアル 2018

出版社: MEDSi
著者:
発行日: 2018-03-22
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784815701130
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,160 円(税込)

感染症診療に必要かつ不可欠な内容をハンディサイズに収載。必要な情報のみに絞ってまとめ、臨床における迷いを払拭する。約40頁増ながらコンパクトさを堅持し、内容はさらに充実。本書にリンクした美麗な写真が収載され、併せて使える『微生物プラチナアトラス』、文字が大きくなって読みやすい拡大版『感染症プラチナマニュアル 2018 Grande』も同時発売。内科系医師のみならず外科系医師にも、さらには薬剤師・看護師・検査技師にもお薦め。

目次

  • 感染症診療の8大原則

    第1章 感染症治療薬
    ●抗菌薬
     ■ペニシリン系
     ■セフェム系
     ■その他の β ラクタム薬:モノバクタム系
     ■その他の β ラクタム薬:カルバペネム系
     ■アミノグリコシド系
     ■ニューキノロン系
     ■抗 MRSA 薬
     ■マクロライド系
     ■その他の抗菌薬
    ●抗結核薬
    ●抗真菌薬
    ●抗ウイルス薬
    ●原虫・寄生虫薬

    第2章 微生物からのアプローチ
    ●細菌
     ■グラム染色のススメ
      ◆嫌気性グラム陽性桿菌
      ◆嫌気性グラム陰性桿菌
      ◆主に気道感染を起こすグラム陰性桿菌
      ◆腸内細菌
      ◆主に消化管感染を起こすグラム陰性桿菌
      ◆主に医療関連感染を起こすグラム陰性桿菌
      ◆その他のまれなグラム陰性桿菌
     ■その他の細菌
    ●原虫
    ●真菌
    ●寄生虫
    ●ウイルス
    ●人畜共通感染症

    第3章 病態・臓器別のアプローチ
     ■発熱症候群
     ■免疫不全と感染症
     ■上気道感染(風邪とその周辺)
     ■耳鼻咽喉科領域感染症
     ■歯科感染症
     ■眼科感染症
     ■呼吸器感染
     ■誤嚥性肺炎
     ■尿路感染
     ■中枢神経系感染
     ■消化管感染
     ■CAPD 関連感染症
     ■肝胆道感染
     ■急性膵炎(感染性膵壊死)
     ■循環器・血流感染
     ■骨・関節感染
     ■皮膚軟部組織感染
     ■性感染症(STI)
     ■発熱性好中球減少症
     ■敗血症性ショック

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...