• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  薬のチェック TIP No.75 2018年1月号

薬のチェック TIP No.75 2018年1月号

出版社: 医薬ビジランスセンター
著者:
発行日: 2018-01-20
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 21891516
電子書籍版: 2018-01-20
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

540 円(税込)

目次

  • 表紙
  • CONTENTS
  • 【ハイライト】
  • 【Editorial】
  • ガイドラインはだれのため ?
  • 【New Products】
  • 睡眠剤ラメルテオン ( 商品名ロゼレム )
  • 乳児のHIV治療に有益 ラルテグラビル
  • 【薬剤師国家試験に挑戦しよう ( 問題 ) 】
  • 【総説】
  • 日本のインフルエンザ治療は間違っている
  • 【害反応】
  • タミフル服用後は、異常行動が16倍に
  • 抗うつ剤 : 精神疾患のない成人における自殺と暴力
  • 抗うつ剤使用後の性機能障害
  • 鼻や咽頭のうっ血に使う薬剤による心房細動
  • 【医薬品危険性情報あれこれ】
  • 【みんなのやさしい生命倫理 75 】「生老病死」 ( 45 )
  • 【FORUM】
  • 健康な高齢者に関する健診の統計は ?
  • 74号「医師国家試験問題に挑戦しよう ! 」解説は疑問
  • 【薬剤師国家試験に挑戦しよう ( 解答 ) 】
  • 【次号予告 / 編集後記】
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【New Products】

P.7 掲載の参考文献
1) Morlat P et al. "Prise en charge medicale des personnes vivant avec le VIH. Actualisation 2015 du rapport 2013" October 2015 : 43 pages.
1) ラメルテオン 承認情報 (審査報告書, 申請資料概要)
2) Prescrire Editorial Staff "Raltegravir. HIV-infected children at least 2 years of age : only after prior treatment failure" Prescrire Int 2014 ; 23 (152) : 206.
3) Prescrire Editorial Staff "First-line antiretroviral treatment of HIVinfected children. A choice largely based on adult data" Prescrire Int 2011 ; 20 (115) : 101-104.
3) 日薬理誌 新薬紹介総説 メラトニン受容体作動薬ラメルテオンの薬理作用と臨床試験成績 平井圭介ほか https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/136/1/136_1_51/_pdf/-char/ja
4) メラトニン研究の歴史 飯郷雅之 時間生物学 Vol 17 No 1 http://chronobiology.jp/journal/JSC2011-1-023.pdf
4) EMA-CHMP "Public assessment report for Isentress. EMEA/H/C/000860/X/0044/G" 26 June 2014 : 57 pages.
5) HAS-Commission de la transparence "Avis-Isentress 100 mg, granules pour suspension buvable" 18 November 2015 : 19 pages.
5) 藤井正嗣ら, 高血圧自然発症ラット (SHR) における高血圧の発症に及ぼすメラトニンの影響, 日本臨床試験生理学雑誌, 1993 : 23 (6) : 525-532
6) Carrillo-Vico A,,et al Melatonin : buffering the immune system. Int J Mol Sci. 2013 ; 14 (4) : 8638-83. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23609496
6) European Commission "uropean Commission19 pages. mber 2016 : 160 pages.
10) U.S. Department of Health and Human Services FDA, Center for Drug Evaluation and Research (CDER) : Guidance for Industry Estimating the Maximum Safe Starting Dose in Initial Clinical Trials for Therapeutics in Adult Healthy Volunteers https://www.fda.gov/downloads/drugs/guidances/ucm078932.pdf

【総説】

P.12 掲載の参考文献
1) 健診の害, 薬のチェックTIP, 2018 : 18 (1) : 21
2) 日本感染症学会, 「抗インフルエンザ薬の使用適応について (改訂版) 」http://www.kansensho.or.jp/guidelines/110301soiv_teigen.html
3) 日本臨床内科医会, インフルエンザ研究班, インフルエンザ診療マニュアル, 2017-2018シーズン版 (第12版)
4) 日本小児科学会, インフルエンザ等の診療に関する情報提供 http://www.kansensho.or.jp/guidelines/110301soiv_teigen.html
5) 厚生労働省, H29年度のインフルエンザ総合対策について http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/influenza/index.html
6) 厚生労働省, インフルエンザ Q&A http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
7) 薬のチェックTIP編集委員会, タミフル服用後は, 異常行動が16倍に, 薬のチェックTIP, 2018 : 18 (1) : 21
9) 薬のチェック速報, WHO必須薬剤リストでタミフルが格下げに http://www.npojip.org/sokuho/170726.html
12) 渡辺彰, タミフルの有効性に関するメタアナリシスと, 抗インフルエンザ薬の治療指針, https://mrkun.m3.com/mt/onepoint/2711/view.htm?pageContext=opd1.0&sort=unread&mkep=list
13) 浜六郎ら, ECDC意見書 (案) へのコクランチームのコメント, 薬のチェックTIP 2016 16 (65) : 66-68
16) 神谷齊,平成11年度 (1999年) 新興・再興感染症研究事業「インフルエンザワクチンの効果に関する研究
17) 由上修三 (前橋市インフルエンザ研究班) : ワクチン非接種地域におけるインフルエンザ流行状況 1 1987
18) 山本征也, インフルエンザワクチンはなぜ無効か, TIP1987 : 2 (10) : 73-76
20) Demicheli V et al, Vaccines for preventing influenza in healthy adults. Cochrane Database of Systematic Reviews 2014, Issue 3. Art. No. : CD001269.
21) 浜六郎, くすりで脳症にならないために, NPO医薬ビジランスセンター, 2008
22) 浜六郎, やっぱり危ないタミフル, (株) 金曜日, 2008

【害反応】

P.14 掲載の参考文献
P.15 掲載の参考文献
P.18 掲載の参考文献
1) Prescrire Redaction "Decongestionnants vasoconstricteurs ; accidents graves en France (suite)" Rev Prescrire 2013 ; 33 (361) : 834.
3) Prescrire Redaction "2-4-1. Fibrillation auriculaire" Rev Prescrire 2015 ; 35 (386 suppl. Interactions Medicamenteuses).

最近チェックした商品履歴

Loading...