ケースで学ぶ 不明熱の診断学

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2018-04-13
分野: 臨床医学:内科  >  内科学一般
ISBN: 9784830620478
電子書籍版: 2018-04-13 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

4,620 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,620 円(税込)

商品紹介

2012年刊行『この1冊で極める不明熱の診断学』の姉妹編.「症例から診断にいたる実例が知りたい」という読者の要望に応え,不明熱診断の過程を実症例に基づいて解説した1冊.原因不明の発熱に対する診断の過程を(1)Review of Systems(ROS),(2)Problem List,(3)鑑別診断,(4)確定診断・除外診断,(5)最終診断,(6)不明熱エキスパートの診断・治療戦略,という構成で明快に解説,更に要所要所に「不明熱エキスパートの頭の中」を挟むことによって一層リアルに過程を追体験できるようにした.研修医,内科医必携の1冊.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 序文
  • 目次
  • カラー口絵
  • 第I章 総論
  • 不明熱 の診断とは
  • (1) 緊急性, アウトカム, 頻度
  • (2) 緊急性の + α
  • (3) リスクファクターの + α
  • (4) 症状・身体所見の + α
  • (5) 手がかりに乏しいのも + α
  • (6) 疾患の全体像に着目する
  • (7) 不明熱診断の概略マップ
  • 第II章 各論 : 症例検討編
  • ケース1 killer sore throat
  • ケース2 脾摘後の発熱といえば…
  • ケース3 仮診断は胆道感染症… ?
  • ケース4 男性の尿路感染 ?
  • ケース5 痛いのは中, 外 ?
  • ケース6 腰痛のレッドフラッグ !
  • ケース7 痛くて腫れているのは + αの手がかり
  • ケース8 抗菌薬に反応しない発熱は… ( その1 )
  • ケース9 抗菌薬に反応しない発熱は… ( その2 )
  • ケース10 肝硬変患者の発熱…
  • ケース11 伝染性単核球症にしては経過が長い…
  • ケース12 知っていれば典型的だが…
  • ケース13 免疫抑制剤は + α ?
  • ケース14 長引く肺炎には要注意 !
  • ケース15 貧血でも熱は出る ?
  • ケース16 やはり血液培養は基本
  • ケース17 慢性の高CRP血症
  • ケース18 診断がつかずに状態が悪化…
  • ケース19 問診の裏に潜むもの
  • ケース20 一見解決したようにみえて…
  • ケース21 組織診断, どこをとる ?
  • ケース22 診断基準の2本の柱…
  • ケース23 鑑別診断のうちで残るのは ?
  • ケース24 血培, 血培, 血培…
  • ケース25 足先が紫色に…
  • ケース26 アメーバの既往はあるが…
  • ケース27 何年もの時を経て診断できた !
  • ケース28 fever & rashのcritical !
  • ケース29 消化器症状が目立つ肺炎と言えば…
  • ケース30 手がかりに乏しいのが + α…
  • ケース31 commonな発熱の鑑別疾患が除外されたあとは ?
  • ケース32 敗血症性ショックの原因は ?
  • ケース33 fever & rashの鑑別診断
  • ケース34 血液培養のその先を考える
  • ケース35 発熱 + 痙攣 ?
  • ケース36 + αは咽頭痛
  • ケース37 関節炎から考える
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第II章 各論 : 症例検討編

P.20 掲載の参考文献
1) Chow AW : Submandibular space infections (Ludwig's angina) UpToDate〔2017.7.26確認〕
2) 柳川洋一, 他 診断の遅れから治療に難渋した Ludwig's anginaの1例 日本救急医学会雑誌 19 (3), 168-173, 2008
P.28 掲載の参考文献
1) Pasternack MS : Clinical features and management of sepsis in the asplenic patient. UpToDate 2016.9.18確認〕
P.39 掲載の参考文献
P.45 掲載の参考文献
1) Everaert K, et al : Diagnosis and localization of a complicated urinary tract infection in neurogenic bladder disease by tubular proteinuria and serum prostate specific antigen. Spinal Cord 36 (1) : 33-8. 1998
2) Etienne M, et al : Acute bacterial prostatitis: heterogeneity in diagnostic criteria and management. Retrospective multicentric analysis of 371 patients diagnosed with acute prostatitis. BMC Infect Dis 30 (8) : 12. doi : 10.1186/1471-2334-8-12. 2008
P.51 掲載の参考文献
1) 石原隆 : 亜急性甲状腺炎. medicina 53 (13) : 2155-61. 2016
2) 明保洋之, 他 : 咽頭痛. medicina 54 (5) : 4, 770-5. 2017
P.58 掲載の参考文献
1) 棚橋裕吉, 他 : 腰痛+発熱 medicina 54 (5) : 664-7. 2017
2) 石田尚利 : CTで判明する不明熱 medicina 53 (13) : 2236-41. 2016
3) 小林裕幸 : 腰背部痛-数多い対象からいかにリスクのある症例をピックアップするか. 総合診療 25 (6) : 544-6. 2015
P.66 掲載の参考文献
1) 高増英輔, 他 : 案じたら刺すが易し. 総合診療 25 (10) : 912-5. 2015
2) 星哲哉 : 結晶性関節炎. medicina 51 (12) : 2086-92. 2014
P.72 掲載の参考文献
P.79 掲載の参考文献
1) 野口善令 : 外来で1週間以上, 発熱が続く患者の診かたにコツがあるってホント? medicina 52 (6) : 845-8. 2015
2) 大野博司 : 失敗ケースから学ぶ! 最初の抗菌薬治療に失敗したら (後編). 週刊医学界新聞第2817号, 2009年2月9日
3) 上田剛士 : 薬剤熱. 総合診療 26 (12) : 1049-53. 2016
P.87 掲載の参考文献
1) Runyon BA, et al : Inoculation of blood culture bottles with ascitic fluid. Improved detection of spontaneous bacterial peritonitis. Arch Intern Med 147 (1) : 73-5. 1987
2) 山崎正晴, 福井 博 : 腹水, 特発性細菌性腹膜炎. medicina 49 (7) : 1166-9. 2012
3) Runyon BA, AASLD : Introduction to the revised American Association for the Study of Liver Diseases Practice Guideline management of adult patients with ascities due to cirrhosis 2012. UptoDate〔2018.3.9 確認〕
P.95 掲載の参考文献
1) 日本小児感染症学会監候 : 慢性活動性EBウイルス感染症とその類縁疾患ガイドライン 2016
P.104 掲載の参考文献
1) Coffernils M, et al : Hyperferritinemia in adult onset Still's disease and the hemophagocytic syndrome. J Rheumatol 19 (9) : 1425-7. 1992
2) Yamaguchi M, et al : Preliminary criteria for classification of adult Still's disease. J Rheumatol 19 (3) : 424-30. 1992
3) Masson C, et al : Comparative study of 6 types of criteria in adult Still's disease. J Rheumatol 23 (3) : 495-7. 1996
P.112 掲載の参考文献
2) Ocana I, et al : Adenosine deaminase in pleural fluids. Test for diagnosis of tuberculous pleural effusion. Chest 84 (1) : 51-3. 1983
3) Riquelme A, et al : Value of adenosine deaminase (ADA) in ascitic fluid for the diagnosis of tuberculous peritonitis: a meta-analysis. J Clin Gastroenterol 40 (8) : 705-10. 2006
4) Sester M, et al : Interferon- γ release assays for the diagnosis of active tuberculosis: a systematic review and meta-analysis. Eur Respir J 37 : 100-11. 2012
P.119 掲載の参考文献
1) 日本結核病学会教育委員会 : 結核診療の基礎知識, 改訂第4版, 日本結核病学会, 2013
2) Taylor Z, et al : Controlling tuberculosis in the United States. Recommendations from the American Thoracic Society, CDC, and the Infectious Diseases Society of America. MMWR Recomm Rep 54 (RR-12) : 1-81. 2005
3) Diagnostic Standards and Classification of Tuberculosis in Adults and Children. This official statement of the American Thoracic Society and the Centers for Disease Control and Prevention was adopted by the ATS Board of Directors, July 1999. This statement was endorsed by the Council of the Infectious Disease Society of America, September 1999. Am J Respir Crit Care Med 161 (4 Pt 1) : 1376-95. 2000
4) Bergmann JS, Woods GL : Clinical evaluation of the Roche AMPLICOR PCR Mycobacterium tuberculosis test for detection of M. tuberculosis in respiratory specimens. J Clin Microbiol 34 (5) : 1083-5. 1996
P.127 掲載の参考文献
1) 岡田定 (編) : デキレジstep2聖路加チーフレジデントがあなたをデキるレジデントにします. 第3章. 医学出版, 2011
3) 張替秀郎 : 貧血の鑑別診断と専門医へ紹介すべき貧血. 101 (7) : 1913-8. 2012
4) Matchar DB, et al : Performance of the serum cobalamin assay for diagnosis of cobalamin deficiency. Am J Med Sci 308 (5) : 276-83. 1994
P.136 掲載の参考文献
2) Lo Re V 3rd, Gluckman SJ : Fever in the returned traveler. Am Fam Physician 68 (7) : 1343-50. 2003
4) Hoffman SL, et al : Duodenal string-capsule culture compared with bone-marrow, blood, and rectal-swab cultures for diagnosing typhoid and paratyphoid fever. J Infect Dis 149 (2) : 157-61. 1984
P.143 掲載の参考文献
1) キャッスルマン病の疫学診療実態調査と患者団体支援体制の構築に関する調査研究班, 他 : キャッスルマン病診療の参照ガイド. 臨床血液 58 (2) 97-107. 2017
P.149 掲載の参考文献
1) Hot A, et al : Yield of bone marrow examination in diagnosing the source of fever of unknown origen. Arch Intern Med 169 (21) : 2018-23. 2009
P.155 掲載の参考文献
1) 野口善令 : 「かぜ」に抗菌薬は必要か?. 医学界新聞, 第2828号 : 2009年4月27日
2) Mourad O, et al : A comprehensive evidenced-based approach to fever of unknown origin. Arch Intern Med 163 (5) : 545-51. 2003
P.161 掲載の参考文献
1) Duhaut P, et al : Biopsy proven and biopsy negative temporal arteritis: differences in clinical spectrum at the onset of the disease. Groupe de Recherche sur l'Arterite a Cellules Geantes. Ann Rheum Dis 58 (6) : 335-41. 1999
2) Hall S, et al : The therapeutic impact of temporal artery biopsy. Lancet 2 (8361) : 1217-20. 1983
3) Klink T, et al : Giant cell arteritis: diagonostic accuracy of MR imaging of superficial cranial arteries in initial diagnosis-results from a multicenter trial. Radiology 273 (3) : 844-52. 2014
P.167 掲載の参考文献
P.175 掲載の参考文献
P.181 掲載の参考文献
1) AbuRahma AF, et al : Role of venous duplex imaging of the lower extremities in patients with fever of unknown origin. Surgery 121 (4) : 366-71. 1997
2) Stein PD, et al : Fever in acute pulmonary emolism. Chest 117 (1) : 39-42. 2000
P.187 掲載の参考文献
P.194 掲載の参考文献
2) 厚生労働省特定疾患・難治性血管炎分科会による診断基準. 2006
3) Falk RJ, Merkel PA : Clinical spectrum of antineutrophil cytoplasmic autoantibodies. UpToDate〔2018.2.14確認〕
P.199 掲載の参考文献
1) Yang CC, et al : Comparison of pyogenic liver abscess caused by non-Klebsiella pneumoniae and Klebsiella pneumoniae. J Microbiol Immunol Infect 37 (3) : 176-84. 2004
P.206 掲載の参考文献
1) Tan EM, et al : The 1982 revised criteria for the classification of systemic lupus erythematosus. Arthritis Rheum 25 (11) : 1271-7. 1982
3) 三森明夫 : 膠原病診療ノート, 第3版, 日本医事新報社, 2013
P.212 掲載の参考文献
1) Saint S, Frances C, 亀谷学, 他訳 : セイントとフランシスの内科診療ガイド, 第2版, メディカル・サイエンス・インターナショナル, p328, 2005
2) 厚生労働省科学研究補助金 難治性疾患克服研究事業, 2005
3) 藤山幹子, 橋本公三 : 薬剤過敏症症候群とHHV-6の再活性化について. ウイルス 59 (1) : 23-30. 2009
P.218 掲載の参考文献
1) Tada H, et al : Clinically mild encephalitis/encephalopathy with a reversible splenial lesion. Neurology 63 (10) : 1854-8. 2004
2) Morgan JC, et al : Reversible corpus callosum lesion in legionnaires' disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry 75 (4) : 651-4. 2004
P.223 掲載の参考文献
P.229 掲載の参考文献
1) Bor DH : Etiologies of fever of unknown origin in adults. UpToDate〔2016.4.25確認〕
2) 石金正裕, 他 : 血管内カテーテル関連感染症の診断と治療に関する実践的臨床ガイドライン, 2009年改訂版, 国立国際医療研究センター
P.236 掲載の参考文献
1) 青木眞 : レジデントのための感染症診療マニュアル, 第3版, 医学書院, 2015.
2) Ogren M, et al : Portal vein thrombosis: prevalence, patient characteristics and lifetime risk : a population study based on 23,796 consecutive autopsies. World J Gastroenterol 12 (13) : 2115-9. 2006
P.244 掲載の参考文献
1) 山下裕之編著 : 難治症例とその対策-膠原病徹底考察ガイド, 日本医事新報社, 2017
2) 厚生労働省ベーチェット病診断基準
P.250 掲載の参考文献
1) Mora J, et al : Listeriosis in pediatric oncology patients. Cancer 83 : 817. 1998
2) 福井次矢, 黒川清監修 : ハリソン内科学, 第3版 (原著第17版), 医学書院, 2009
P.260 掲載の参考文献
1) 坂本邦樹 : あかつき病を考える. 皮膚病診療 5 : 1042. 1983
2) Wijdicks EFM : Neuroleptic malignant syndrome. UpToDate〔2017.11.27確認〕
3) Caroff SN, Mann SC : Neuroleptic malignant syndrome. Med Clin North Am 77 : 185-202. 1993
4) 厚生労働省 重症副作用疾患別対応マニュアル-セロトニン症候群, 2010
6) 日域広昭, 他 : 悪性症候群. 日内会誌 96 : 1627-33. 2007
P.269 掲載の参考文献
1) 古賀孝, 他 : 肝疾患における脾の超音波断層法による定量化に関する研究. 肝臓 13 : 412-20, 1972
2) 朝井均, 他 : 超音波断層法とシンチグラフィによる脾臓抽出法の比較検討. 肝臓 17 : 546-54, 1976
3) 木村邦夫, 他 : 門脈圧亢進症の超音波診断, 最新医学 37 : 1288-99, 1982
4) 上田剛士 : あなたも名医! 夜間外来であわてない! エビデンスに基づく診療の極意, 日本医事新報社, 2016
6) 山中克郎, 他 : UCSFに学ぶできる内科医への近道, 改訂第3版, 南山堂, 2009
7) 福井次矢, 他 : ハリソン内科学, 第3版, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2009
8) 日本アレルギー学会Anaphylaxis 対策特別委員会 : アナフィラキシーガイドライン, 日本アレルギー学会, 2014
9) 福井次矢, 他 : 内科診断学, 第2版, 医学書院, 2008
P.277 掲載の参考文献
1) 福井次矢監修 : ハリソン内科学, 第3版, メディカル・サイエンス・インターナショナル,
2) 園田広典 : 感染性関節炎. 治療 80 : 1050-1. 1998

最近チェックした商品履歴

Loading...