ストレスチェック時代の職場の「新型うつ」対策

出版社: ミネルヴァ書房
著者:
発行日: 2018-04-30
分野: 衛生・公衆衛生  >  環境/産業/疫学
ISBN: 9784623082704
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,024 円(税込)

職場でのストレスチェック制度が施行されるなど、働く人のメンタルヘルスへの対策が必要とされている今、従来型のうつ病とは異なる「新型うつ」が注目されている。本書は、職場における新型うつの実態を、綿密なインタビュー調査等によって得られた研究成果に基づいて明らかにする。その上で、うつを予防する職場づくり、新型うつのアセスメント、上司による働きかけ、心理職等との連携による支援に役立つ具体的知見を提供する。

目次

  • 第I部 職場のメンタルヘルスと「新型うつ」
     第1章 職場のメンタルヘルスの現状
      1 日本におけるメンタルヘルス問題の増加
      2 産業領域のメンタルヘルス対策
      3 職場における対人関係問題の増加
      4 「新型うつ」への注目
     第2章 「新型うつ」とはどのような現象か
      1 新型うつ病
      2 逃避型抑うつ
      3 現代型うつ病
      4 未熟型うつ病
      5 ディスチミア親和型うつ病
      6 退却神経症
      7 職場不適応症
      8 海外における現状および先行研究
      9「新型うつ」と回避
     第3章 「新型うつ」と混同されがちな問題
      1 従来型うつ病(回復期)
      2 非定型の特徴を伴う抑うつ障害
      3 双極Ⅱ型障害
      4 自閉症スぺクトラム障害(発達障害)の二次障害としての「うつ」
      5 適応障害

    第II部 上司による「新型うつ」への対応
     第4章 上司は「新型うつ」の部下にどのように対応しているか
      1 上司から見た「新型うつ」の部下の特徴
      2 多くの上司が最初に試みること
      3 部下の診断書が意味するもの
      4 上司は「新型うつ」の部下にどのように対応すればよいのか――上司による成長支援
      5 第4章のまとめ
     第5章 上司は従来型うつ病の部下にどのように対応しているか
      1 上司から見た従来型うつ病の部下の症状
      2 従来型うつ病の部下がやってしまいがちなこと
      3 上司は従来型うつ病の部下にどのように対応すればよいのか
     第6章 上司が感じる「新型うつ」と従来型のうつ病の違い
      1 従来型のうつ病の場合
      2「新型うつ」の場合
      3 どんな上司が部下の成長支援を行うのか
      4「新型うつ」と従来型のうつ病に共通する上司の負担
      5 第6章のまとめ

    第III部 「新型うつ」を理解する
     第7章 「新型うつ」はどのように症状を発現させるか
      1「新型うつ」になる社員の特徴
      2 小さな傷つき体験の蓄積
      3 環境による影響
      4「新型うつ」の予防に大切なこと
      5 第7章のまとめ
     第8章 自分の「新型うつ」傾向をチェックする
      1 チェック項目
      2 評価過敏
      3 他 罰 性
      4 打たれ弱さ
     第9章 気になる人の「新型うつ」傾向をチェックする
      1 チェック項目
      2 他責的不安の高さ
      3 他者評価への過敏反応

    第IV部 連携による職場づくりと支援
     第10章 「新型うつ」への心理支援の実際
      1 心理職にとっての「新型うつ」ケース担当
      2「新型うつ」のクライエントの第一印象
      3 効果が見られた介入法
      4 心理職が気を付けたいと思うこと
     第11章 「新型うつ」の心理支援には何が必要か
      1 企業外クリニックに勤務している臨床心理士
      2 企業内の相談室に勤務している臨床心理士・産業カウンセラー
      3 EAP企業から派遣されている臨床心理士・産業カウンセラー
      4 心理職が考える「新型うつ」に必要な心理支援
      5 第10章と第11章のまとめ
     第12章 職場はどのように「新型うつ」に対処すればよいか
      1 企業における「新型うつ」発現と維持のしくみ
      2 企業に対する多様な「うつ」についての情報提供
      3 上司による部下の成長支援促進
      4 企業としての対応
      5「新型うつ」と他罰性
      6「新型うつ」と甘え
      7 復職後の仕事復帰モデル
      8 連携による予防と対応のために

    補 章 研究に用いた方法の紹介
     1 質的研究法
     2 グラウンデッド・セオリー・アプローチ(GTA)
     3 修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M- GTA)
     4 第8章の本人用「新型うつ」関連傷つきやすさ尺度作成について
     5 第9章の他者用「新型うつ」関連傷つきやすさ尺度作成について

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...