臨床腫瘍プラクティス 14/2 2018年

出版社: ヴァンメディカル
発行日: 2018-05-10
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 18803083
雑誌名:
特集: 2020年代に向けた胃がん化学療法
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,376 円(税込)

目次

  • 特集 2020年代に向けた胃がん化学療法

    1.治療の前に―レジメン選択のためのバイオマーカー診断
    2.どの患者に,どのレジメンを,どう用いるか
     1)一次治療のレジメン選択は?
     2)二次治療のレジメン選択は?
     3)三次治療以降のレジメン選択は?
    3.経口剤と注射剤,使い分けのポイントは?
    4.血管新生阻害薬をどう治療に組み入れて行くか
    5.胃がんにおけるチェックポイント阻害薬使用にあたっての注意点
    6.術後補助化学療法―どの患者に,どのレジメンを,どう用いるか
    7.今後の胃がん化学療法の方向は?

    連 載
    ●放射線治療のいま―各がん腫におけるエビデンスと標準治療(16)
     緩和的放射線治療の役割
    ●トピックス(50)
     ASCO-GI 2018より

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...