周産期医学 48/5 2018年5月号

出版社: 東京医学社
発行日: 2018-05-10
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 03869881
雑誌名:
特集: 早産管理2018―至適娩出時期をめぐって
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,190 円(税込)

目次

  • 特集 早産管理2018―至適娩出時期をめぐって

    総論
     早産の病態(感染・炎症)
     早産の病態(感染・炎症以外)
     子宮内感染/絨毛膜羊膜炎の早期診断
     Tocolysisの変遷
     早産期前期破水―治療法の変遷
     切迫早産/前期破水治療の現況―日本産科婦人科学会周産期委員会報告書をもとに
     切迫早産/前期破水治療の現況―周産期学シンポジウム調査研究をもとに,主に副作用に関して
     出生前ステロイド投与―変遷,メカニズム,反復投与の是非,投与時期の再検討
     母体ステロイド―胎児・新生児に及ぼす影響
     Neuroprotectionとしてのマグネシウム
     早産児の予後—早産前期破水症例にどう対応すべきか
     Tocolysisの児に及ぼす影響
     Fetal inflammatory response syndrome

    各論
     未破水の切迫早産管理―short-term tocolysis
     早産期前期破水の管理と児の予後—破水から分娩までの日数をキーとして
      オーバービュー
      自治医科大学附属病院
      神奈川県立こども医療センター―28週未満に早産期前期破水となった症例の長期予後の検討
      聖隷浜松病院
      長崎医療センター

    連載 今,専門学会では何が話題なのか?【第5回】
       第14回日本胎児治療学会学術集会
       Extracorporeal Support of the Premature Infant
        ―Extending Fetal Physiology Beyond the Womb
       現在の我が国における先天性横隔膜ヘルニアに対する
        FETO(胎児鏡下気管閉塞術の適応)の成績と今後
    研究 胎児発育不全の母体背景因子についての検討―前向きコホート調査
    研究 新生児領域におけるプレセプシンの有用性の検討
    症例 妊婦水痘のリスク認識不足から新生児水痘発症を防ぎ得なかった1例

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...