野球肘検診ガイドブック

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2018-05-16
分野: 臨床医学:外科  >  スポーツ医学
ISBN: 9784830651861
電子書籍版: 2018-05-16 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,850 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,850 円(税込)

商品紹介

学童期野球選手の運動器の健康を守るとことは,野球に関わる医療者・指導者の最優先事項となる.一方で多くの野球選手が野球肘の痛みを経験しており,その予防対策が課題となっている.学童期の野球肘は,発生まもない症状に乏しい時期に離断整骨軟骨炎をみつけだし,適切な診断・対応で重症化しないように努めることが必要となる.本書では,野球肘の早期発見・予防のため指導者・医療者が押さえるべき要点を分かりやすくまとめた.最も重要となる子どもの野球肘検診と超音波検査のノウハウとコツは,第一線のベテラン執筆者により丁寧に解説されている.少年野球に関わる全関係者必携の一冊.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 序文
  • 目次
  • INDEX
  • [1] 学童期野球肘検診の意義と普及
  • 1 学童期野球肘検診の意義
  • 2 アンケート調査による野球肘検診の現状
  • 3 「運動器の10年・日本協会」成長期スポーツ障害予防委員会の取り組み
  • [2] 子どもの育成と野球肘検診
  • 1 子どもの育成における野球肘検診の位置づけ
  • 2 野球肘検診の広がりと課題
  • 3 野球肘検診マップの必要性
  • [3] 成長と野球肘
  • 1 子どもの野球肘と成人の野球肘
  • コラム 検診と健診, メディカルチェックの違い
  • 2 上腕骨小頭の骨化進行過程と離断性骨軟骨炎 ( OCD )
  • 3 OCDと骨軟骨骨折の区別
  • 4 検診対象となる障害
  • [4] 学童期野球選手の検診
  • 1 検診とは ? - 検診, 健診とメディカルチェック
  • 2 検診でターゲットとすべき疾患は ?
  • 3 検診のながれ
  • 4 事前準備
  • 5 アンケート調査
  • 6 一次検診
  • 7 一次検診後の対応
  • 8 二次検診受診時の対応
  • 9 二次検診結果の報告
  • [5] 超音波検査 ( エコー検査 ) の実際
  • 1 原理と手技
  • 2 エコー所見の読影 - 観察のポイントと評価方法
  • 3 症例提示
  • コラム 「滑り台のトップ」は危険がいっぱい
  • [6] 野球肘検診における画像検査選択の指針
  • 1 離断性骨軟骨炎の診断
  • 2 内側上顆障害の診断
  • コラム X線検査と超音波検査 どちらが敏感か
  • [7] 中学生野球選手の検診
  • 1 検診の目標とする障害
  • 2 いつ, どこで, どのように行うか
  • 3 指導者・保護者の見守り
  • [8] 高校生野球選手の検診
  • 1 検診の目標とする障害
  • 2 いつ, どこで, どのように行うか
  • 3 指導者・保護者の見守り
  • [9] トップレベル選手の身体チェック
  • 1 トップレベル選手に必要な身体チェックの全体像
  • 2 医学的検査の意義と内容
  • 3 医学的検査の留意点
  • [10] 学童期の野球少年の育成と身体機能
  • 1 少年野球選手の育成と野球指導 - 学童期に身につけてほしいこと
  • 2 体力チェックの項目
  • 3 ストレッチの実際
  • コラム 野球肘検診と野球検診
  • [11] グラウンドや家庭でできるセルフチェック
  • 1 子どもの身体の変化を見逃さない
  • 2 誰に相談するか
  • [12] 各地の検診活動
  • 1 京都府での取り組み
  • 2 新潟県での取り組み
  • 3 北海道での取り組み
  • 4 青森県・岩手県での取り組み
  • 5 宮城県での取り組み
  • 6 宮崎県での取り組み
  • 7 横浜市での取り組み
  • 8 東京都での取り組み - 自費診療としての検診
  • 9 千葉県での取り組み
  • [13] 野球肘検診の過去, 現在そして未来へ
  • 1 野球肘検診の始まり
  • 2 現行の野球肘検診
  • 3 将来の野球肘検診のあり方
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

[1] 学童期野球肘検診の意義と普及

P.5 掲載の参考文献
1) 日本臨床スポーツ医学会学術委員会:青少年の野球障害に対する提言. 日臨スポーツ医会誌 13 (Suppl), 2005. http://www.rinspo.jp/pdf/proposal_03-1.pdf (2017年8月閲覧)
4) Matsuura, T et al : Elbow Injuries in Youth Baseball Players Without Prior Elbow Pain : A 1-Year Prospective Study. Orthop J Sports Med 1:2325967113509948, 2013
5) 全国軟式野球連盟 連盟適用ルール : 平成27年度本連盟新規取り決め事項. http://jsbb.or.jp/rules/rule (2017年10月閲覧)
6) 全日本野球協会ほか:平成26年度少年野球 (軟式・硬式) 実態調査 調査報告 (平成27年4月5日). https://www.joa.or.jp/media/comment/pdf/2014_survey_childrensbaseball.pdf
7) 全日本野球協会ほか:平成27年度少年野球 (軟式・硬式) 実態調査 調査報告 (平成28年5月24日). https://www.joa.or.jp/media/comment/pdf/2016_survey_childrensbaseball.pdf
10) Takahara, M et al : Sonographic assessment of osteochondritis dissecans of the humeral capitellum. Am J RoentgenoL 174:411-415, 2000
11) 田鹿毅ほか:肘関節のスポーツ損傷 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の様態と対応病態に即した治療を目指してOCDの保存・手術療法の実態 検診群と外来群の対象の違いから. 日整外スポーツ医会誌 35:436, 2015
12) 岩瀬毅信ほか:スポーツ少年団の整形外科的メディカルチェック-少年野球の野外検診より. 臨スポーツ医 13:1081-1085, 1996

[3] 成長と野球肘

P.17 掲載の参考文献
1) 南正夫:肘関節形成各骨骨端核の発現期並びに化骨期に就いてのX線学的検索. 日整会誌 3:74, 1926
2) Slocum, DB:Classification of elbow injuries from baseball pitching. Tex Med 64:48-53, 1968
3) 村本健一 : 肘関節部骨年齢評価法. 日整会誌 63:192-203, 1965

[4] 学童期野球選手の検診

P.51 掲載の参考文献
1) 武藤芳照 : 「健診」と「検診」の意味. 学校における運動器検診ハンドブック, 武藤芳照ほか編, 南江堂, 東京, 34, 2007
2) 大久保衛ほか : スポーツ外傷・障害に対するメディカルチェックの意義と課題. 整・災外 53:1557-1565, 2010
3) Wilson, JM et al : Principles and practice of mass screening for disease. Bol Oficina Saint Panam. 65:281-393, 1968
4) 平成26年度少年野球 (軟式・硬式) 実態調査 調査報告. https://www.joa.or.jp/media/comment/pdf/2014_survey_childrensbaseball.pdf
5) 岩瀬毅信 : スポーツ障害の予防・診断・治療-少年野球肘について-. 小児外科 28:703-710, 1996
6) 松浦哲也 : 内側上顆障害の保存的対応-形態と機能的修復-. よくわかる野球肘 肘の内側部障害-病態と対応-, 山崎哲也ほか (編), 全日本病院出版会, 東京, 164-170, 2016
8) 岩瀬毅信ほか : 上腕骨小頭骨軟骨障害. 整形外科MOOK 54. 柏木大治 (編), 金原出版, 東京, 26-44, 1988
10) Andermann, A et al : Revisiting Wilson and Jungner in the genomic age : a review of screening criteria over the past 40 years. Bull World Health Organ. 86:317-319, 2008
11) 柏口新二ほか : スポーツによる骨軟骨障害の予防. THE BONE 19:407-412, 2005
12) 柏口新二ほか : 投球動作の上腕骨の成長に及ぼす影響について (第二報) 上腕骨近位骨端線障害との関連. 日小児整外会誌 6:5-11, 1996
13) 西良浩一ほか : 発育期腰椎分離症のすべり進展メカニズム-臨床的および実験的検討より. 臨スポーツ医 16:1093-1096, 1999
14) 石崎一穂:エコー検査の意義と実際. よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎, 岩瀬毅信ほか編, 全日本病院出版会, 東京, 93-117, 2013
16) 松浦哲也 : 保存的対応の実際. よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎, 岩瀬毅信ほか編, 全日本病院出版会, 東京, 145-155, 2013
17) 松浦哲也 : 単純X線, CTの意義と実際. よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎, 岩瀬毅信ほか編, 全日本病院出版会, 東京, 62-74, 2013
18) 松浦哲也 : いつ, どうして発生するのか. よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎, 岩瀬毅信ほか編, 全日本病院出版会, 東京, 42-52, 2013
19) Brogden, BS et al : Little leaguer's elbow. Am J Roentgenol 83:671-675, 1960
20) 松浦哲也 : 肘の内側部障害を画像で見る, 診る 2) 単純X線, CTで何を見るか. よくわかる野球肘 肘の内側部障害-病態と対応-. 山崎哲也ほか編, 全日本病院出版会, 東京, 48-58, 2016
21) 松浦哲也 : リトルリーグ肘 (内側上顆障害). こどものスポーツ障害診療ハンドブック, 山下敏彦 (編), 中外医学社, 東京, 57, 2013

[5] 超音波検査 ( エコー検査 ) の実際

P.103 掲載の参考文献
1) 甲子乃人 : 超音波の基礎と装置/四訂版, ベクトル・コア, 東京, 2013
2) 南正夫 : 肘関節形成各骨骨端核の発現期並びに化骨期に就てのX線学的検索. 日整会誌 3:74, 1926
3) 岩瀬毅信ほか編 : 肘実践講座 よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎, 全日本病院出版会, 東京, 2013
4) 山崎哲也ほか編 : 肘実践講座 よくわかる野球肘 肘の内側部障害-病態と対応-, 全日本病院出版会, 東京, 2016
5) 柏口新二ほか編 : 野球ヒジ診療ハンドブック-肘の診断から治療, 検診まで-, 全日本病院出版会, 東京, 2014
6) 石崎一穂編 : これから始める運動器・関節エコー 必ず描出するためのコツとテクニック, メジカルビュー社, 東京, 2015
P.105 掲載の参考文献
1) 岡田知佐子ほか : 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の病変部位と病期の関係-超音波画像検査による検討-. 日臨スポーツ医会誌 25:38-44, 2017

[6] 野球肘検診における画像検査選択の指針

P.111 掲載の参考文献
1) 柏口新二ほか : 画像で見る, 診る. 肘実践講座/よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎, 全日本病院出版会, 東京, 56-124, 2013
2) 松浦哲也 : 肘の内側部障害を画像で見る, 診る/単純X線, CTで何を見るか. 肘実践講座/よくわかる野球肘 肘の内側部障害-病態と対応-, 全日本病院出版会, 東京, 48-58, 2016
3) 渡邊千聡 : 肘の内側部障害を画像で見る, 診る/内側上顆障害の超音波検査 (形態と機能診断). 肘実践講座/よくわかる野球肘 肘の内側部障害-病態と対応-, 全日本病院出版会, 東京, 102-109, 2016

[9] トップレベル選手の身体チェック

P.125 掲載の参考文献
1) 高橋憲正ほか : 投球障害肩の診断と治療 手術療法の適応と限界. 日整外スポーツ医会誌 34:547, 2014
2) 山崎哲也ほか : 野球肘に対する鏡視下郭清術-複数回手術例の検討-. 日整外スポーツ医会誌 34:438, 2014
3) 山崎哲也 : 肘の外反動揺性は障害?. 肘実践講座 よくわかる野球肘 肘の内側部障害-病態と対応-, 山崎哲也ほか編集企画, 全日本病院出版会, 東京, 248-250, 2016
4) 能勢康史 : 投球障害からの競技復帰のプロセス~身体機能と投球動作. 臨スポーツ医 32 (臨時増刊) 27-33, 2015

[10] 学童期の野球少年の育成と身体機能

P.153 掲載の参考文献
1) 能勢康史 : プロ野球選手の育成過程の調査について-成長期野球肘と手術経験-. 日整外スポーツ医会誌 33:27-31, 2013
2) 能勢康史 : 指導者に学ぶ勝利の哲学と人づくり-スポーツの価値と日本の未来. トレーニングジャーナル (6), 2008
3) 松浦哲也ほか : 小頭骨端核の成長過程からみた肘離断性骨軟骨炎. 日肘関節会誌 18:S5, 2011
4) 日本体育協会編 : 公認スポーツ指導者養成テキスト 共通科目 I, 日本体育協会, 東京, 124-130, 2005
5) 高石昌弘ほか : からだの発達-身体発達学へのアプローチ-, 大修館書店, 東京, 1981
6) 柏口新二 : 子どものスポーツ障害 こう防ぐ, こう治す, 主婦と生活社, 東京, 58, 2008
7) 岩瀬毅信ほか編 : 肘実践講座 よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎, 全日本病院出版会, 東京, 2013
8) 山崎哲也ほか編集企画 : 肘実践講座 よくわかる野球肘 肘の内側部障害-病態と対応-, 全日本病院出版会, 東京, 2016
9) 柏口新二 : 無刀流整形外科-メスのいらない運動器治療, 日本医事新報社, 東京, 2017
10) 鈴木重行ほか : ストレッチングの科学, 鈴木重行編, 三輪書店, 東京, 2013
11) Magnusson, SP et al : Viscoelastic stress relaxation during static stretch in human skeletal muscle in the absence of EMG activity. Scand J Med Sci Sports 6:323-328, 1996
12) Boyce, D et al : Determining the minimal number of cyclic passive stretch repetitions recommended for an acute increase in an indirect measure of hamstring length. Physiother Theory Pract 24:113-120, 2008
13) 今井覚志ほか : スタティックストレッチングの効果. 臨スポーツ医 32:446-451, 2015
15) 有吉晃平ほか : スタティックストレッチングによって生じる筋力低下とその回復時間. 日臨スポーツ医会誌 24:220-225, 2016
17) Yamaguchi, T et al : Effects of static stretching for 30 seconds and dynamic stretching on leg extension power. J Strength Cond Res 19:677-683, 2005
18) Bennell, K et al : Hip and ankle range of motion and hip muscle strength in young female ballet dancers and controls. Br J Sports Med 33:340-346, 1999
19) Neumann, DA : 筋骨格系のキネシオロジー, 第2版. 嶋田智明ほか監訳, 医歯薬出版, 東京, 398, 2012

[12] 各地の検診活動

P.159 掲載の参考文献
1) Whitby, LG : Screening of disease : Definitions and criteria. Lancet 2:819-822, 1974
2) 向井章悟ほか : 野球検診の義務化, 有料化という二大課題への試み. 日臨スポーツ医会誌 23:5234, 2015
3) 木田圭重ほか : 少年野球選手・指導者に対する教育研修の投球障害肘抑制効果. 日整外スポーツ医会誌 36:124-129, 2016

[13] 野球肘検診の過去, 現在そして未来へ

P.172 掲載の参考文献
1) 高槻先歩 : 中学部員における肘関節障害について. 臨整形外 11:649-658, 1976
2) 高槻先歩ほか : 小学生の野球における肘関節障害について. 臨整形外 21:559-567, 1978
3) 柏木大治 : 野球における肘関節障害について-特に少年野球選手の肘の変化を中心に-. 整形外科 30:611-621, 1979
4) 松浦哲也 : 肘離断性骨軟骨炎の実態と対応. 無刀流整形外科, 日本医事新報社, 東京, 170-178, 2017
5) 岡田知佐子ほか : 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の病変部位と病期の関係-超音波画像検査による検討-. 日臨スポーツ医会誌 25:38-44, 2017

最近チェックした商品履歴

Loading...