肩痛・拘縮肩に対するFasciaリリース

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2018-07-18
分野: 臨床医学:外科  >  整形外科学
ISBN: 9784830627378
電子書籍版: 2018-07-18 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

6,050 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

6,050 円(税込)

商品紹介

エコーガイド下生理食塩水注射によるFasciaリリースは近年,疼痛性疾患の治療法として,世界的な耳目を集めている.本書は,2017年3月刊行の入門編『Fasciaの評価と治療 解剖・動作・エコーで導くFasciaリリースの基本と臨床』に続く実践編として,肩関節周囲炎を中心に肩痛・拘縮肩の診療を解説するものである.基本診療フローチャートを中心に,可動域評価に応じた発痛源などの評価方法や頻度の高い治療手技を,豊富な動画と図版でわかりやすくまとめている.

目次

  • 1 肩関節の基本的機能解剖
     1. 肩の解剖
     2. 肩関節運動 基本編
     3. 肩関節評価 発展編
      Column 骨盤と肩の関係

    2 評価・治療
     1. 肩痛患者の診療アプローチ
      Column 肩疾患と画像診断の関係
     2. 肩関節周囲炎と凍結肩へのアプローチ方法の基本的考え方
     3. 本書で提唱する肩関節周囲炎と凍結肩への臨床アプローチ法
      Column 炎症所見=ドプラ陽性ではない!
      Column 早期の凍結肩と棘下筋MPSの鑑別
     4. 腱板断裂を合併している肩関節周囲炎

    3 注射の治療手技
     1. アプローチ方法
     2. 前 方
      1)烏口肩峰靱帯
      2)烏口上腕靱帯(烏口突起側,上腕骨側)
      3)三角筋/肩甲下筋
      4)三角筋/小胸筋(烏口突起付着部)
      5)上腕二頭筋長頭腱/横上腕靱帯,上腕二頭筋長頭腱/結節間溝入口部
      6)大胸筋/小胸筋
      7)広背筋停止部
     3. 後 方
      1)三角筋/棘下筋,棘下筋下脂肪体,後方関節包複合体(棘下筋+関節包)
      2)上腕三頭筋長頭腱/小円筋,四辺形間隙
      3)菱形筋
     4. 側 方
      1)三角筋筋膜浅層
     5. 外上方
      1)肩峰下滑液包,三角筋下滑液包
       Column SABとPBFのエコー解剖
     6. 内上方
      1)前鋸筋上部線維,肩甲下筋起始部(上部)
      2)棘上筋+上方関節包(肩甲骨付着部)
     7. 腋 窩
      1)肩甲下筋/前鋸筋
      2)烏口腕筋/広背筋
     8. 関節包複合体
      1)総論(機能解剖,基本的評価・治療法)
      2)上前方関節包複合体(1.棘上筋+関節包)
      3)上前方関節包複合体(2.腱板疎部)
      4)前方関節包複合体(1.上部肩甲下筋腱+関節包)
      5)前方関節包複合体(2.中部肩甲下筋腱+関節包)
      6)下前方関節包複合体
     9. 神経リリースの基本的評価法
      1)肩甲上神経+肩甲上動脈
      2)橈骨神経溝

    4 注射以外の治療方法
     1. 総 論
     2. 鍼
     3. 徒 手
     4. 生活指導
      Column 局所血流
     5. 薬物療法

    5 【論考】fasciaからみた肩関節周囲炎の病態と治療
     1. 肩関節の可動域制限をきたす病態・治療方法
      Column 凍結肩の海外事情の1コマ
      Column 痙縮,固縮,拘縮の差異
      Column エコーでわかる?disuseの筋とoveruseの筋 

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1 肩関節の基本的機能解剖

P.4 掲載の参考文献
P.33 掲載の参考文献
1) Hoppenfeld S, 首藤貴ほか訳 : 図解四肢と脊椎の診かた, 野島元雄監訳, 医歯薬出版, 東京, 1984
2) 白石吉彦ほか編 : THE整形内科, 南山堂, 東京, 2016
3) 鈴木静ほか : 結帯動作の制限因子の追求-筋に着目して-. 日本理学療法学術大会 2011 : Cb0511-Cb11, 2012
4) 山崎敦ほか : 結帯動作における肩甲胸郭関節および肩甲上腕関節の運動分析. 日本理学療法学術大会 2012 : 48101388-88, 2013
5) 高見武ほか : 結帯動作における肩甲骨周囲筋群の筋活動について. 関西理学療法 11 : 65-70, 2011
6) McFarland EG, et al : Examination of the Shoulder : the Complete Guide, Thieme, Stuttgart, 2006
7) 井上和章ほか : 肩関節機能障害者におけるApley Scratch Testと自動的可動域の関連. 理学療法学 19 : 58-63, 1992
8) 阿部信ほか : 結髪動作に関連する肩関節可動域について. 日本理学療法学術大会 2003 : C0754-C54, 2004

2 評価・治療

P.45 掲載の参考文献
P.92 掲載の参考文献
1) ホッペンフェルド S, 首藤貴 : 図解四肢と脊椎の診かた, 医歯薬出版, 東京, 1984
4) 信原克哉 : 肩 その機能と臨床, 第4版, 医学書院, 東京, 2012
5) Stecco C : Functional Atlas of the Human Fascial System, Churchill Livingstone, London, 2014
6) 河上敬介ほか : 骨格筋の形と触察法, 第2版, 大峰閣, 熊本, 2013

4 注射以外の治療方法

P.187 掲載の参考文献
5) 信原克哉 : 肩 その機能と臨床, 第4版, 医学書院, 東京, 2012
9) 奥野祐次 : 慢性的な肩関節の夜間痛に対する経動脈的微小血管塞栓療法の有効性. PAIN RESEARCH 29 : 233-241, 2014
10) 赤羽根良和 : 肩関節拘縮の評価と運動療法, 林典雄監修, 運動と医学の出版社, 神奈川, 2013

5 【論考】fasciaからみた肩関節周囲炎の病態と治療

P.205 掲載の参考文献
1) AAOS : Frozen shoulder. Orthoorg on American Academy of Orthopedic Surgeons, 2013
2) 沖田実 : 関節可動域制限 : 病態の理解と治療の考え方, 三輪書店, 東京, 2013
3) 松岡史彦ほか : プライマリ・ケア-地域医療の方法, メディカルサイエンス社, 東京, 2012
5) 小林只 : MPS総括-Fasciaから再整理する軟部組織疼痛病変の診断と治療. 第16回筋膜性疼痛症候群研究会, 2015

最近チェックした商品履歴

Loading...