糖尿病療養指導士に知ってほしい歯科のこと

出版社: 医歯薬出版
著者:
発行日: 2018-08-01
分野: 臨床医学:内科  >  糖尿病
ISBN: 9784263237069
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,024 円(税込)

商品紹介

日本糖尿病学会が患者に歯周治療を勧めるなど,いま,第6の合併症として注目の歯周治療の重要性や歯科の基礎知識をわかりやすく解説.「『歯の本数が命に関わる』って本当?」,「なぜ国が慢性疾患の医科歯科連携を推進するのか?」,「2018年春に登場した『診療情報連携共有料』とは?」など,お口の中の疑問をズバリ解決!

目次

  • 第I編 復習しよう糖尿病の基礎知識
     第1章 なぜ歯科との連携が必要なのか?
     第2章 糖尿病の歴史とインスリン
     第3章 血糖値とカロリーを理解する
     第4章 糖尿病の診断と分類
     第5章 糖尿病は血管病
     第6章 高血糖症状のポイント
     第7章 低血糖症状のポイント

    第II編 糖尿病療養指導士が知っておくべき歯科の知識
     第1章 8020データバンク調査が明らかにした80歳の口腔状況
     第2章 歯科疾患実態調査から明らかになる日本人の口腔の問題点
     第3章 日本の歯科医師が自ら明らかにした口腔と全身のかかわり
     第4章 8020達成者の素晴らしき歯並び

    第III編 感染症でつながる口腔と全身
     第1章 症例から学ぶ口腔感染症の恐ろしさ
     第2章 フソバクテリウム感染症が教える口腔感染制御の重要性
     第3章 国民に知らしめるべき震災後肺炎
     第4章 介護施設および病院における口腔機能管理の威力

    第IV編 炎症でつながる歯周病と糖尿病
     第1章 症例から学ぶ歯周病と糖尿病の深いかかわり
     第2章 歯周病と糖尿病は慢性微小炎症がつなぐ
     第3章 慢性微小炎症の恐ろしさ

    第V編 糖尿病領域における医科歯科社会連携
     第1章 医科歯科連携の黎明期
     第2章 歴史的な足跡を残した2016年
     第3章 診療情報連携共有料の誕生
     第4章 社会との連携

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...