消化器・肝臓内科 4/1 2018年7月号

出版社: 科学評論社
発行日: 2018-07-28
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 24323446
雑誌名:
特集: 1.消化管上皮性腫瘍に対する内視鏡画像強調観察 2.肝癌分子標的治療と今後の展望
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,300 円(税込)

目次

  • 特集1 消化管上皮性腫瘍に対する内視鏡画像強調観察―存在診断から質的診断まで―
    特集2 肝癌分子標的治療と今後の展望

    特集1 消化管上皮性腫瘍に対する内視鏡画像強調観察―存在診断から質的診断まで―
     内視鏡画像強調機能について
     胃(存在診断)―内視鏡画像強調観察による胃上皮性腫瘍の拾い上げと診断
     胃腫瘍に対するNBI併用拡大内視鏡観察
     大腸病変の存在診断における画像強調観察の役割
     大腸(質的診断)―NBI拡大を用いた大腸上皮性腫瘍の質的診断
     
    特集2 肝癌分子標的治療と今後の展望
     進行肝細胞癌に対する分子標的治療のオーバービュー
     ソラフェニブ―これまでの成績と今後の展望―
     レゴラフェニブ―進行肝細胞癌における2nd lineとしての治療薬―
     レンバチニブ―既存薬との使い分けはどうなるか―
     肝癌に対する癌抗体医薬の新展開―免疫チェックポイント阻害薬と抗VEGF抗体―
     遺伝子改変T細胞を用いた肝細胞癌に対する免疫療法
     バイオマーカーの探索
     TACEなど既存治療のポジショニング―新薬の登場でいかに変わるか―

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...