新・心エコーの読み方、考え方 改訂4版

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2018-08-25
分野: 臨床医学:内科  >  心電/心音/エコー
ISBN: 9784498037892
電子書籍版: 2018-08-25 (4版1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

15,400 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

15,400 円(税込)

商品紹介

心エコー図の読み方を,著者の経験をもとに実践的に解説した書の改訂第4版.心エコーの所見の読影はArtであり,知識と経験が大事である.一方で,読影には思い込みや錯覚が混入し,常に誤読の危険性がはらんでいる.本書では,臨床の現場での読影の「勘」を読者が養うことができるよう,陥りやすい誤りを示し,診断のための考え方とポイントを多数の図を使って示した.情報を集め,正解を見極める洞察力が身に付く1冊である.

目次

  • CHAPTER 1 心エコーを診療に活かす
    CHAPTER 2 正常像を学ぶ
    CHAPTER 3 心機能障害と心不全を理解する
    CHAPTER 4 虚血性心疾患を見落とさない
    CHAPTER 5 心肥大と肥厚を評価する
    CHAPTER 6 弁膜症を診る
    CHAPTER 7 心房細動に注意する
    CHAPTER 8 大動脈疾患を捉える
    CHAPTER 9 先天性心疾患を知る
    CHAPTER 10 心筋疾患を診断する
    CHAPTER 11 心膜疾患を究める
    CHAPTER 12 肺高血圧と肺血栓塞栓症を見逃さない
    CHAPTER 13 血栓・血腫・腫瘍を鑑別する
    CHAPTER 14 誤認はなぜ起こるのか
    CHAPTER 15 心エコー上達への道

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

CHAPTER 1 心エコーを診療に活かす

P.7 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2009年度合同研究班報告). 循環器超音波検査の適応と判読ガイドライン (2010年改訂版).
4) Constant J. Bedeside Cardiology. 5th ed. Baltimore : Lippincott Williams & Wilikins ; 1999. p.219.
6) 羽田勝征. 心胸比と心エコー. In : 竹中克, 編. 症状と所見から考える心・血管エコー. 東京 : 中山書店 ; 2008. p.265-7.
8) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告). 失神の診断・治療ガイドライン (2012年改訂版).

CHAPTER 2 正常像を学ぶ

P.49 掲載の参考文献
1) Fraser AG. 特別講演 : Challenges for echocardiography in the 21st century-imaging quality and clinical outcomes. 第20回日本心エコー図学会. 2009年4月, 高松.
2) 羽田勝征, 坂本二哉, 天野恵子, 他. 健常者における房室弁開放時相の心エコー図学的検討. J Cardiogr. 1981 ; 11 : 1181-91.
3) Feigenbaum H, Armstrong WF, Ryan T. Feigenbaum's Echocardiography. 6th ed. Tokyo : LippincottWilliams & Wilkins ; 2005. p.53.
5) 山田聡. 虚血性心疾患の壁運動異常. 心エコー. 2004 ; 5 : 280-8.
6) 小野塚久夫. 診断を誤らないために. 心エコー. 2005 ; 6 : 634-41.
16) 福田信夫, 浅井幹夫, 富永俊彦, 他. S字状中隔による左室流出路狭窄の出現に関する一考察. J Cardiogr. 1984 ; 14 : 445-57.
17) 西田研治, 斉藤徹, 上嶋権兵衛, 他. "Sigmoid septum" の臨床的意義 : ことにその心エコー図所見について. J Cardiogr. 1988 ; 10 : 873-9.
21) Sheppard M, Davies MJ. Practical Cardiovascular Pathology. London : Arnold ; 1998. p.55.
22) 羽田勝征. 心機図と心エコー図. 臨床医. 1985 ; 11 : 122-3.
23) Constnat J. Bedside Cardiology. 5th ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 1993. p.243.
24) 新井達太. 心臓弁膜症の外科. 2版. 東京 : 医学書院 ; 2007. p.12-3.
40) 戴素蘭, 羽田勝征, 伊藤敦彦, 他. 超音波ドップラー法による駆出性雑音の検討. J Cardiology. 1992 ; 22 : 85-94.
43) Pomerance A, Davies DJ. The Pathology of the Heart. London : Blackwell Scientific Publications ; 1975. p.500.
49) 坂本二哉, 監訳. Feigenbaum H. Echocardiography. 2nd ed. 東京 : 廣川書店 ; 1983. p.377.
57) Sato Y, Kamata J, Izumo H, et al. Morphological analysis of aortic root in eccentric aortic regurgitation using anyplane two-dimensional images produced by trans-esophageal three-dimensional echocardiography. J Heart Valve Dis. 2003 ; 12 : 186-96.
59) 吉川純一, 編. 臨床心エコー図学. 3版. 東京 : 文光堂 ; 2008.
62) 坂井誠, 大川真一郎. 心房中隔の肥厚. 心エコー. 2002 ; 3 : 38-9.
68) Yonezawa F, Matsuzaki M, Anno Y, et al. Relationship between interatrial pressure gradient and motion of the interatrial septum. J Cardiol. 1987 ; 17 : 617-23.
70) Netter FH. The Chiba Collection of Medical Illustrations. New York : Heart Colorpress ; 1978. p.9.
73) 石光敏行, 坂本二哉, 羽田勝征. 断層心エコー図法におけるChiari網の発生頻度. 超音波医学. 1984 ; 11 : 24-7.
74) 井川修. 臨床心臓構造学. 東京 : 医学書院 ; 2011. p.54.
75) Sutton JP 3rd, Ho SY, Vogel M, et al. Is the morphologically right atrioventricular valve tricuspid? J Heart Valve Dis. 1995 ; 4 : 571-5.
77) 石光敏行, 坂本二哉, 羽田勝征. Parasternal three-chamber viewによる冠静脈洞の検出とその臨床的意義. J Cardiogr. 1983 ; 13 : 675-83.
81) 赤石誠. PW法による左室流入血流. In : 超音波エキスパート 3. 心機能評価の考え方と進め方. 東京 : 医歯薬出版 ; 2005. p.73.
83) 羽田勝征. 狭窄弁口面積の考え方. 心エコー. 2000 ; 9 : 846-61.
84) 桐谷博巳, 羽田勝征, 伊藤敦彦, 他. 心筋内パルスドプラー法による健常者左室壁運動評価の試み : 心尖部アプローチによる検討. 超音波医学. 1995 ; 22 : 455-60.
86) Hada Y, Itoh N, Tohyo Y, et al. Intramyocardial pulsed Doppler echocardiography as a new modality for evaluation of left ventricular wall motion : Assessment in normal subjects. J Cardiol. 1996 ; 28 : 85-92.
88) 伊藤敦彦, 羽田勝征, 田宮栄治, 他. 左室各領域における壁運動速度評価 : 心尖部アプローチによる心筋内パルスドプラ法での検討. 第61回日本循環器学会総会. 1997年4月.
97) 東忠雄, 永島隆一, 丸山徹. 健常者僧帽弁逆流の運動による変化. J Cardiol. 1996 ; 27 Suppl II : 51-5.

CHAPTER 3 心機能障害と心不全を理解する

P.77 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会/日本心不全学会合同ガイドライン. 急性・慢性心不全診療ガイドライン (2017年改訂版).
2) 2013 ACCF/AHA guideline for the management of heart failure : a report of the American College of Cardiology Foundation/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines. J Am Coll Cardiol. 2013 ; 62 : e147-239.
4) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2010年度合同研究班報告. 急性心不全治療ガイドライン (2011年改訂版).
16) Masugata H, Senda S, Goda F, et al. Cardiac function as assessed by echocardiography in the oldest old ≧ 90 years of age. Int Heart J. 2007 ; 48 : 498-504.
18) Weissler AM, editor. Noninvasive Cardiology. New York : Grune & Stratton ; 1974.
25) Oh JK, Seward JB, Tajik AJ. The Echo Manual. 3rd ed. Lippincott Williams & Wilkins ; 2006. p.121.
31) 上田英雄, 海渡五郎, 坂本二哉. 臨床心音図学. 第3版復刻版. 東京 : メディカルエレクトロタイムス社 ; 1973. p.189.
33) Asai M, Oki T, Kawahara K, et al. Exercise echocardiography in different types of hypertension classified by left ventricular geometry ; comparison with hypertrophic cardiomyopathy. J Cardiol. 1983 ; 13 : 343-58.
46) Dini FL, Michelassi C, Micheli G, et al. Progonostic value of pulmonary venous flow Doppler signal in left ventricular dysfunction : contribution of the difference in duration of pulmonary venous and mitral flow at atrial contraction. J Am Coll Cardiol. 2000 ; 36 : 1295-302.
49) 三神大世, 北畠顕. カラーMモード法 (血流伝播速度) による評価. In : 心機能評価の考え方と進め方. 東京 : 医歯薬出版 ; 2005. p.86-97.
64) Hada Y, Itoh N, Asakawa M, et al. Left ventricular wall motion dynamics of asymmetric septal hypertrophy : Assessment by intramyocardial pulsed Doppler echocardiography. J Cardiol. 1998 ; 31 : 351-60.
65) Constant J. Bedside Cardiology. 4th ed. Boston : Little Brown and Co ; 1993. p.206.
78) Vasan RS, Levy D. Isolated diastolic dysfunction : is it really a cause of symptomatic heart failure? In : McMurray JJV, Cleland JGF, editors. Heart Failure in Clinical Practice. 2nd ed. London : Martin Dunitz ; 2000. p.41-53.
82) Sata N, Hiranibe K, Horinouchi T, et al. Progressive congestive heart failure due to common iliac arteriovenous fistula : A case report. J Cardiol. 2007 ; 49 : 143-8.
83) Tei C, Ling LH, Hodge DO, et al. New index of combined systolic and diastolic myocardial performance : a simple and reproducible measure of cardiac function--a study in normals and dilated cardiomyopathy. J Cardiol. 1995 ; 26 : 357-66.
91) Shiota T. Clinical 3D echocardiography. A comparison with 2D echocardiography : Case presentations. Tokyo : Vector Core ; 2010.
94) Nascimbene A, Joggerst S, Reddy KJ, et al. Aortic valve regurgitation that resolved after a ruptured coronary sinus anurysm was patiched. Texas Heart Inst J. 2013 ; 40 : 489-92.
95) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2009年度合同研究班報告). 循環器超音波検査の適応と判読ガイドライン (2010年改訂版).

CHAPTER 4 虚血性心疾患を見落とさない

P.101 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2009年度合同研究班報告). 循環器超音波検査の適応と判読ガイドライン (2010年改訂版).
2) 皆越眞一. 冠動脈血流から何がわかるか-ドプラガイドワイヤ法から経胸壁ドプラ法へ-. Jpn J Med Ultrasonics. 2007 ; 34 : 3-17.
14) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2009年度合同研究班報告). 循環器超音波検査の適応と判読ガイドライン (2010年改訂版).
17) 佐藤光, 立石博信, 内田俊明, 他. 多枝spasmにより特異な左室造影像「ツボ型」を示したstunned myocardium. In : 臨床からみた心筋細胸障害-虚血から心不全まで. 東京 : 科学評論社 ; 1990. p.56-64.
40) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2009-2010年度合同研究班報告). 拡張型心筋症ならびに関連する二次性心筋症の診療に関するガイドライン.
63) 岩田亜希子, 高澤謙二, 寺岡邦彦, 他. 浸出型心破裂を合併した心外膜下心室瘤を心エコー図法により診断し救命しえた1例. J Cardiol. 2001 ; 38 : 87-92.
67) 田端智香, 岡田昌子, 森智美, 他. 心不全を契機に発見された解離性心筋内血腫の1例. Jpn J Med Ultrasonics. 2015 ; 42 : 631-6.

CHAPTER 5 心肥大と肥厚を評価する

P.107 掲載の参考文献
18) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会. 高血圧治療ガイドライン 2004. 東京 : ライフサイエンス出版 ; 2004.

CHAPTER 6 弁膜症を診る

P.117 掲載の参考文献
P.148 掲載の参考文献
1) 芦田映直, 小野周子, 杉山卓郎, 他. 早発性石灰沈着による連合弁膜症にて二弁置換を行った早老症の一例. 心臓. 2005 ; 37 : 858-63.
4) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告). 弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン (2012年改訂版).
5) Otsuji Y, Hamasaki S, Minagoe S. Significant congestive heart failure despite mild mitral stenosis. J Cardiol. 2002 ; 40 : 79-81.
7) 2014 AHA/ACC Guidelines for the Manegement of Patients with Valvular Heart Disease. J Am Coll Cardiol. 2014 ; 63 : 2438-88.
11) Hada Y, Sakamoto T, Amano K, et al. Phonocardiographic and echocardiographic diganosis of mild rheumatic mitral valve disease. J Cardiogr. 1984 ; 14 Suppl V : 174-6.
15) Camblock J, N'Guyen L, Pagis B, et al. Acute severe mitral regurgitation during first attacks of rheumatic fever : clinical spectrum, mechanisms and prognostic factors. J Heart Valve Dis. 2005 ; 14 : 440-6.
16) Minich LL, Tani LY, Veasy LG. Role of echocardiography in the diagnosis and follow-up of rheumatic carditis. In : Nanura J, et al, editors. Rheumatic Fever. American Registry of Pathology. AFIP ; 1999. p.307-15.
21) Jeresaty RM. Mitral valve prolapse. New York : Raven Press ; 1979. p.9.
22) Nishimura RA, McGoon MD, Shub C, et al. Echocardiographycally documented mitral valve prolapse : longterm follow-up of 237 patients. N Engl J Med. 1989 ; 320 : 1031-6.
24) Pocock WA. Mitral valve leaflet billowing and prolapse. In : Barlow JW, editor. Perspective on the mitral valve. Philadelphia : F. A. Davis ; 1987. p.48.
26) Nagata S. Two-dimensional echocardiographic diagosis of mitral valve prolapse. J Cardiogr. 1986 ; 11 : 81-6.
27) 永田正毅, 榊原博, 朴永大, 他. 僧帽弁逸脱症候群の自然歴. 循環器科. 1984 ; 15 : 629-40.
31) Tomaru T. The multifactorial etiology of mitral valve prolapse, a new entity of postinflammatory mitral valve prolapse. Herz. 1988 ; 13 : 271-6.
35) Constant J. Bedside Cardiology. 5th ed. Philadelphia ; Lippincott Williams &Wilkins ; 1993. p.246.
37) 韋晴明, 岡田了三. 僧帽弁逸脱症の成因と病理-僧帽弁逸脱症候群. 循環器科. 1984 ; 15 : 609-20.
38) Braunwald E, Zipes DP, Libby P, editors. Heart Disease. A Textbook of Cardiovascular Medicine. 6th ed. Philadelphia : W. B. Saunders ; 2001. p.1668.
39) Otsuji Y, HandschumacherMD, Kisanuki A, et al. Functional mitral regurgitation. Cardialogia. 1998 ; 43 : 1011-6.
44) Watanabe N, Ogasawara Y, Yamaura Y, et al. Mitral annulus flattens in ischemic mitral regurgitation : geometric differences between inferior and anterior myocardial infarction : a real-time 3-dimensional echocardiogarphic study. Circulation. 2005 ; 112 : I-458-62.
52) ShimizuM, Kato Y, Matsukawa R, et al. Recurrent severe mitral regurgitation due to left veutricular apical wall motion abnormality caused by coronary vasospastic angina : a case report. J Cardiol. 2006 ; 47 : 31-7.
63) Gorman RC, Gorman GH, Edmunds LH Jr, et al. Ischemic mitral regurgitation. In : Cohn LH, Edmunds LH Jr, editors. Cardiac Surgery in the Adult. New York : McGraw-Hill ; 2003. p.751-69.
71) 厚労省薬品食品局安全対策課長通知. 平成19年4月19日付薬食安全発0419001号.
77) 花田智樹, 清水弘治, 村上林兒, 他. Cabergolineにより生じた僧帽弁閉鎖不全に対する弁置換術. 胸部外科. 2007 ; 60 : 1018-21.
80) 深谷隆. 僧帽弁クレフト. 心エコー. 2002 ; 3 : 758-65.
82) 荒川健太郎, 山澤美緒子, 森田有紀子, 他. 巨大リウマチ結節により完全房室ブロックと高度僧帽弁閉鎖不全を同時に発症した1例. J Cardiol. 2005 ; 46 : 77-83.
89) Katayama M, Yamaura A, Kanzaki Y, et al. Incidence of systolic pulmonary venous flow reversal in patients with mitral valve prolapse : influence of the prolapse site. J Cardiol. 2001 ; 38 : 319-25.
91) Oh JK, Seward JB, Tajik AJ. The Echo Manual. 3rd ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006. p.218.
104) Romano MA, Bolling SF. Mitral valve repair as an alternative treatment for heart failure patients. Heart Fail Monit. 2003 ; 4 : 7-12.
P.182 掲載の参考文献
6) Otto CM. The Practice of Clinical Echocardiography. 3rd ed. Philadelphia : Saunders Elsevier ; 2007. p.537.
10) Yener N, Oktar GL, Erer D, et al. Bicuspid aortic valve. Ann Thorac Cardiovasc Surg. 2002 ; 8 : 264-7.
14) Roberts WC. Valvular heart disease of congenital origin. In : Valvular Heart Disease. Philadelphia : F. A. Davis ; 1969. p.35-8.
33) Razzolini R, Gerosa G, Leoni L, et al. Transaortic gradient is pressure-dependent in a pulsatile model of the circulation. J Heart Valve Dis. 1999 ; 8 : 279-83.
36) Joint Task Force on the Management of Valvular Heart Disease of the ESC ; EACTS. Guidelines on the management of vulvular heart disease (version 2012). Eur Heart J. 2012 ; 33 : 2451-96.
37) Oh JK, Seward JB, Tajik AJ. The Echo Manual. 3rd ed. Baltimore : Lippincott Williams & Wilkins ; 2006. p.210.
38) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告). 弁膜疾患の非薬物療法に関するガイドライン (2012年改訂版).
45) 日本循環器学会. 2012-2013年度合同研究班報告. 2014年版先天性心疾患, 心臓大血管の構造的疾患 (structural heart disease) に対するカテーテル治療のガイドライン.
56) 杉浦昌也, 大川真一郎. 図説 : 老年期心臓病の臨床と病理. 東京 : 南山堂 ; 1982. p.34.
66) 佐藤博重, 今中和人, 山火秀明, 他. Fibrous strandの断裂により急性発症した大動脈弁閉鎖不全症の1例. 呼吸と循環. 2009 ; 57 : 115-8.
68) 相田健次, 木下美菜子, 佐藤信浩, 他. Raphal cord断裂により急性大動脈弁閉鎖不全症を来した大動脈弁二尖弁の1例. Jpn J Med Ultrasonics. 2017 ; 44 : 49-54.
70) 相川大, 渡辺弘之, 孫崎栄津子, 他. 右冠尖変性は大動脈弁逆流症の重要な成因である. 第17回日本心エコー図学会学術集会. 2006年4月28日. さいたま市.
72) 竹内正明, 尾辻豊. 3D心エコー活用法 : 大動脈弁, 大動脈を診る. 心エコー. 2010 ; 11 : 282-96.
74) Suzuki J, Sakamoto T, Hada Y, et al. Musical murmurs : phonocardiographic, echocardiographic and Doppler echocardiography. J Cardiogr. 1986 ; 16 : 689-97.
80) Sato Y, Kamata J, Izumoto H, et al. Morphological analysis of aortic root in eccentric aortic regurgitation using anyplane two-dimensional images produced by transesophageal three-dimensional echocardiography. J Heart Valve Dis. 2003 ; 12 : 186-96.
82) 羽田勝征, 坂本二哉, 天野恵子, 他. 急性左室容量負荷疾患における心室中隔. 左室後壁の運動 : 心エコー図による検討. J Cardiogr. 1981 ; 11 : 1-2.
85) Sato Y, Kawazoe K, Kamata J, et al. Clinical usefulness of the effective regurgitant orifice area determined by transesophageal echocardiography in patients with eccentric aortic regurgitation. J Heart Valve Dis. 1997 ; 6 : 580-6.
P.196 掲載の参考文献
3) Vaturi M, Shapira Y, Vaknin-Assa H, et al. Echocardiographic markers of severe tricuspid regurgitation associated with right-sided congestive heart failure. J Heart Valve Dis. 2003 ; 12 : 197-200.
8) 野村周三, 西川和子, 本宮武司, 他. 先天性低形成による三尖弁および僧帽弁閉鎖不全の老齢者1剖検例. J Cardiol. 1996 ; 27 Suppl II : 73-7.
9) 2014 AHA/ACC Guidelines for the Manegement of Patients with Valvular Heart Disease. J Am Coll Cardiol. 2014 ; 63 : 2438-88.
11) Wooley CF. The spectrum of tricuspid regurgitation in Physiological principles of heart sounds and murmurs. AHA Monograph. 1975 ; 46 : 139-48.
18) Oh JK, Seward JB, Tajik AJ. The Echo Manual. 3rd ed. Baltimore : Lippincott, Williams & Wilkins ; 2006. p.276.
21) 村木睦子, 三神大世, 北口真弓, 他. 低用量ペルゴリド治療がパーキンソン患者の心臓弁に及ぼす影響. J Cardiol. 2005 ; 46 : 221-7.
30) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告). 弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン (2012年改訂版).
34) 相川大, 羽田勝征. 三尖弁/肺動脈弁. 超音波診断アトラス. 綜合臨牀. 2005 ; 54 : 765-74.
35) Denniq K, Kraus F, Rudolph W, et al. Doppler echocardiography determination of the severity of tricuspid valve stenosis. Herz. 1986 ; 11 : 332-6.
37) 羽田勝征. 狭窄弁口面積の求め方. 心エコー. 2000 ; 9 : 846-61.
39) 日本循環器学会. 2012-2013年度合同研究班報告. 2014年版先天性心疾患, 心臓大血管の構造的疾患 (structural heart disease) に対するカテーテル治療のガイドライン.
46) Weyman AE. Principles and Practice of Echocardiography. 2nd ed. Philadelphia : Lea & Febiger ; 1994. p.885.
47) Kisanuki A, Tei C, Minagoe S, et al. Diastolic pulmonary forward flow associated with pulmonary regurgitation demonstrated by Doppler echocardiography. J Cardiol. 1987 ; 17 : 361-72.
P.210 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告). 弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン (2012年改訂版).
8) Abourjaili G, Torbey E, Alsaghir T, et al. Hemolytic anemia following mitral valve repair : A case presentation and literature review. Exp Clin Cardiol. 2012 ; 17 : 248-50.
9) 網屋俊, 福岡嘉弘, 塗木徳人, 他. 僧帽弁形成術後に溶血性貧血, 感染性心内膜炎を起こし再手術を要した1例. Jpn J Med Ultrasonics. 2013 ; 40 : 507-9.
10) 孫崎栄津子. 人工弁機能不全. In : 羽田勝征, 編. 心エコー検査のピットフォール. 東京 : 中外医学社 ; 2005. p.214-5.
16) 浅川雅子, 今井行子, 伊藤敦彦, 他. 僧帽弁置換術後血栓弁の一例 : 循環器診断へのアプローチ. 診断と治療. 1998 ; 86 : 797-801.
18) Dennig K, Kraus F, Rudolph W. Doppler echocardiography determination of the severity of tricuspid valve stenosis. Herz. 1986 ; 11 : 332-6.
20) 羽田勝征. 狭窄弁口面積の求め方. 心エコー. 2000 ; 9 : 846-61.
24) Vaturi M, Sagie A, Shapira Y, et al. Impact of atrial fibrillation on clinical status, atrial size and hemodynamics in patients after mitral valve replacement. J Heart Valve Dis. 2001 ; 10 : 763-6.
26) Porter A, Shapira Y, Wurzel M, et al. Tricuspid regurgitation late after mitral valve replacement : Clinical and echocardiographic evaluation. J Heart Valve Dis. 1999 ; 8 : 57-62.
28) Izumi C, Iga K, Konishi T. Progression of isolated tricuspid regurgitation late after mitral valve surgery for rheumatic mitral valve disease. J Heart Valve Dis. 2002 ; 11 : 353-6.
36) 田宮栄治, 羽田勝征. A 42-year-old man complaining of short of breath after aortic valve replacement. J Cardiol. 1996 ; 27 : 273-5.
P.223 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 2016-2017年度活動. 感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン (2017年改訂版).
2) Zeipes DP, Libby P, Bonow RO, et al. Braunwald's Heart Disease. 7th ed. Philadelphia : Saunders ; 2004.
7) 田中宏衛, 宮本巍, 八百英樹, 他. 直腸癌を合併したStreptococcus bovis感染性心内膜炎の1手術例. 心臓. 2003 ; 35 : 267-71.
20) Velbit V, Schoneberger A, Ciaroni S, et al. "Acquired" left ventricular-to-right atrial shunt (Gerbode defect) after bacterial endocarditis. Tex Heart Inst J. 1995 ; 22 : 100-2.
24) Amano H, Kanazawa H, Nakazawa S, et al. Acute myocardial infarction with left ventricular free wall rupture and papillary muscle rupture caused by infectious endocarditis. Kyobu Geka. 2006 ; 59 : 193-6.
26) 上松正樹, 大西俊成, 永田正毅. 感染性心内膜炎による弁狭窄. 心エコー. 2003 ; 4 : 1136-8.

CHAPTER 7 心房細動に注意する

P.235 掲載の参考文献
13) Suetsugu M, Matsuzaki M, Toma Y. Detection of mural thrombi and analysis of blood flow velocities in the left atrial appendage using transesophageal two-dimensional echocardiography and pulsed Doppler flowmetry. J Cardiol. 1988 ; 18 : 385-94.
16) Timek T, Dagum P, Green GR, et al. The role of atrial contraction in mitral valve closure. J Heart Valve Dis 2001 ; 10 : 312-9.
20) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2012年度合同研究班報告). 心房細動治療 (薬物) ガイドライン (2013年改訂版).
28) 皆越眞一. 三尖弁逆流 (内科). In : 吉川純一, 監修. 今日の心臓手術の適応と至適時期. 東京 : 文光堂 ; 2011. p.148-53.
37) 山崎直仁, 近藤史明, 久保亨, 他. 高齢者における重症三尖弁閉鎖不全と長期持続する心房細動による心房リモデリングとの関連. J Cardiol. 2006 ; 48 : 315-21.

CHAPTER 8 大動脈疾患を捉える

P.251 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2010年度合同研究班報告). 大動脈・大動脈解離診療ガイドライン (2011年改訂版).
8) 平田久美子, 吉川純一. 労作時呼吸困難を伴う大動脈弁直下の異常構造物. 心エコー. 2001 ; 2 : 520-3.
10) 中村猛, 宮川園子, 白石祐一, 他. 連続性雑音を認めた心室中隔欠損症. 日本心臓病学会誌. 2008 ; 1 : 178-80.
11) Angelini P. Aortic sinus aneurysm and associated defects. Tex Heart Inst J. 2005 ; 32 : 560-2.
13) 日本循環器学会. 循環器疾患の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告). 失神の診断と治療ガイドライン (2012年度改訂版).
26) 岡島年也, 縄田隆一, 上嶋健治, 他. 内科的加療中に急速な瘤拡大を伴い破裂した悪性腫瘍合併感染性胸部大動脈瘤の一例. J Cardiol Jpn Ed. 2008 ; 1 : 49-52.
29) 武田憲文, 平田恭信, 永井良三. 後腹膜線維症による心血管病変. 呼と循. 2007 ; 55 : 441-7.
32) 今井靖, 永井良三. IgG4と循環器疾患. 呼と循. 2011 ; 59 : 499-505.
33) IgG4関連疾患の診断基準. 日本内科学会誌. 2012 ; 101 : 795-804.
36) 福西雅俊, 後藤浩実, 佐藤麻美, 他. 背部雑音を契機に発見された単純型大動脈縮症の成人例. 超音波医学. 2008 ; 35 : 437-41.

CHAPTER 9 先天性心疾患を知る

P.277 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会. 2015-2016年度活動. 成人先天性心疾患診療ガイドライン (2017年改訂版).
7) Perloff JK. The clinical recognition of congenital heart disease. 3rd ed. Philadelphia : WB Saunders ; 1987. p.273.
15) 日本循環器学会. 2012-2013年度合同研究班報告. 2014年版先天性心疾患, 心臓大血管の構造的疾患 (structural heart disease) に対するカテーテル治療のガイドライン.
16) 日本循環器学会. 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2010年度合同研究班報告). 成人先天性心疾患ガイドライン (2011年改訂版).
25) 川戸充徳, 三宅仁. 脳塞栓症患者においてコントラスト経食道エコー図法が診断に有用であった一例 : 卵円孔開存と肺動静脈瘻の鑑別. 心エコー. 2004 ; 5 : 682-5.
27) Tobis MJ, Azarbal B. Does patent foramen ovale promote cryptogenic stroke and migraine headache? Tex Heart Inst J. 2005 ; 32 : 362-5.
40) 山口祐美, 河野靖, 白澤邦征, 他. 急性心筋梗塞の加療中に右左シャントを併発した心房中隔欠損症の1例. Jpn J Med Ultrasonics. 2016 ; 43 : 745-9.
44) 里見元義. 心臓超音波診断アトラス-小児・胎児編-. 東京 : ベクトル・コア ; 1999.
47) 桐谷博巳, 浅川雅子, 羽田勝征. Cardiovasculor Imaging in-a-Month. 高調な収縮期雑音により偶然診断された心疾患. J Cardiol. 2004 ; 44 : 165-7.
50) 里見元義. 心臓超音波診断アトラス-小児・胎児編-. 東京 : ベクトル・コア ; 1999. p.75.
51) 秋谷かおり, 林輝美. 症例 : 多房性膜様部心室中隔瘤の一例. 心エコー. 2004 ; 5 : 168-71.
55) Akakabe Y, Kawasaki T, Yamano M, et al. Unusual shunt disease. J Cardiol. 2007 ; 49 : 367-8.
56) 大門雅夫, 小室一成, 吉川純一. コラム : 聴診所見が診断に有用であった一例. 心エコー. 2004 ; 2 : 132-5.
57) 小板橋俊美, 猪俣孝元, 佐藤伸洋, 他. 妊娠期に初めて診断された無症状の重症肺高血圧の一例. 日本心臓病学会誌. 2008 ; 1 : 116-8.
60) 白石裕一, 丸山尚樹, 白山武司, 他. 心室中隔欠損と診断されていた収縮期雑音の一例. J Cardiol Jpn Ed. 2012 ; 7 : 125-7.
64) Netter FH. The Chiba Collection of Medical Illustrations : Heart. 4th ed. Rochester : The Case-Hoyt Corp ; 1978. p.144.
66) Weyman AE, editor. Principles and Practice of Echocardiography. 2nd ed. Philadelphia : Lippincott Williams & Wilkins ; 1994. p.840.
69) 丸尾健, 加納聡子, 市野浩三, 他. 左室機能不全を合併したEbstein奇形の1例. J Cardiol. 1998 ; 31 Suppl I : 131-6.
81) 佐藤秀之, 原田昌彦, 渡邊善則, 他. 未破裂巨大瘤を合併した冠動脈瘻の一例. J Cardiol Jpn Ed. 2008 ; 2 : 69-73.
87) Tanaka H, Kawai H, Tatsumi T, et al. Accessory mitral valve associated with aortic and mitral regurgitation and left ventricular outflow tract obstruction in an elderly patient : a case report. J Cardiol. 2007 ; 50 : 65-70.
88) Rozo JC, Medina D, Guerrero C, et al. Accessory mitral valve without left ventricular outflow tract obstruction in an adult. Tex Heart Inst J. 2008 ; 35 : 324-6.
92) Yamashita T, Ohkawa S, Imai T, et al. Prevalence and clinical significance of anomalousmuscular band in the left atium. Am J Cardiovasc Pathol. 1993 ; 4 : 186-93.

CHAPTER 10 心筋疾患を診断する

P.317 掲載の参考文献
1) 北畠顕, 友池仁暢, 編. 心筋症・診断の手引きとその解説. 厚生労働省特定疾患特発性心筋症調査研究班. 2005.
5) 日本循環器学会. 循環器疾患の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告). 肥大型心筋症の治療に関するガイドライン (2012年改訂版).