腸内フローラの形成と疾患

出版社: 医薬出版
著者:
発行日: 2018-08-25
分野: 基礎医学  >  医動物(寄生虫)
ISBN: 9784990673963
電子書籍版: 2018-08-25 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

5,280 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

4,224 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • はじめに
  • 特別講演1. 先天性外科疾患患児における腸内細菌叢形成異常とシンバイオティクス療法による腸内細菌叢コントロールの効果
  • 要約
  • 1. 本文
  • 文献
  • 質疑応答
  • 特別講演2. 失われていく細菌叢と世界的な慢性疾患の蔓延に関する理論
  • 要約
  • 1. 緒言
  • 2. 腸内細菌叢と健康
  • 文献
  • 質疑応答
  • 講演1. 特定の乳酸菌がマウスの生後成長ダイナミクスおよび低栄養下における成長ホルモン軸形成に与える影響
  • 要約
  • 1. 本文
  • 2. 結論
  • 文献
  • 質疑応答
  • 講演2. ヒト母乳オリゴ糖を介した乳児腸管におけるビフィズスフローラ形成機構
  • 要約
  • 1. はじめに
  • 2. ビフィズス菌と母乳オリゴ糖研究の背景
  • 3. ビフィズス菌の母乳オリゴ糖質化経路
  • 4. B. bifidumのHMOs分解酵素の保存性
  • 5. B. bifidum添加によるビフィズスフローラ形成の促進
  • 6. まとめ
  • 文献
  • 質疑応答
  • 講演3. 乳児腸内フローラの形成に影響を与えるビフィズス菌の遺伝特性と定着意義
  • 要約
  • 1. はじめに
  • 2. 新生児の生後1か月間の腸内フローラ構成の変化
  • 3. 乳児腸内フローラの構成と腸内環境の関連性 : ビフィズス菌の役割
  • 4. ビフィズス菌の母乳オリゴ糖利用性の違いと責任遺伝子の同定
  • 5. HMOを利用できるビフィズス菌の定着と便中有機酸濃度・pH、腸内細菌との関連
  • 6. 考察
  • 文献
  • 質疑応答
  • 講演4. アジア マイクロビオーム プロジェクト : アジア人の食と健康のインターフェースとしての腸内フローラの理解に向けて
  • 要約
  • 1. 第一期調査 : アジア5か国10都市の小学児童303名の腸内細菌叢
  • 2. 第二期調査 : アジア人腸内細菌叢の基盤データベース構築
  • 3. 第三期調査 : フィリピンレイテ島小学児童の食と腸内細菌叢の調査
  • 4. おわりに
  • 文献
  • 質疑応答
  • 講演5. 非感染性疾患におけるプロバイオティクスの効果
  • 要約
  • 1. 緒言
  • 2. 腸内細菌叢組成の発達
  • 3. ディスバイオーシス : NCDsと因果関係があるのか ?
  • 4. ディスバイオーシスにおける腸内環境や細菌叢再プログラミングの手段となりうる特定のプロバイオティクス株
  • 文献
  • 質疑応答
  • 総合討論
  • SUMMARY : Development of Intestinal Microbiota and Human Diseases - How do diet, nutrition and drugs affect them ? -
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

はじめに

P.6 掲載の参考文献

特別講演1. 先天性外科疾患患児における腸内細菌叢形成異常とシンバイオティクス療法による腸内細菌叢コントロールの効果

P.15 掲載の参考文献

特別講演2. 失われていく細菌叢と世界的な慢性疾患の蔓延に関する理論

P.19 掲載の参考文献
31) Kwa M, Plottel CS, Blaser MJ, Adams S. The intestinal microbiome and estrogen receptor-positive female breast cancer. Journal of the National Cancer Institute 2016 ; 108 (8). pii : djw029. doi : 10.1093/jnci/djw029.
34) Van Hartigh L, Gao Z, Goospeed L, Wang S, Das A, CF Burant Chait A, Blaser MJ. Obese mice losing weight due to 10, 12 conjugated linoleic acid supplementation or food restriction harbor distinct gut microbiota. Journal of Nutrition 2018 ; in press.

講演1. 特定の乳酸菌がマウスの生後成長ダイナミクスおよび低栄養下における成長ホルモン軸形成に与える影響

P.27 掲載の参考文献
1) Dubos, RJ., Mirage of Health : Utopias, Progress, and Biological Change. 1959, New York : Harper & Brothers.
2) McFall-Ngai, M., et al., Animals in a bacterial world, a new imperative for the life sciences. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, 2013. 110 (9) : p. 3229-36.
6) Brugiroux, S. et al., Genome-guided design of a defined mouse microbiota that confers colonization resistance against Salmonella enterica serovar Typhimurium. Nat Microbiol, 2016. 2 : p. 16215.
8) Tlaskalova-Hogenova, H., et al., The role of gut microbiota (commensal bacteria) and the mucosal barrier in the pathogenesis of inflammatory and autoimmune diseases and cancer : contribution of germ-free and gnotobiotic animal models of human diseases. Cell Mol Immunol, 2011. 8 (2) : p. 110-20.
12) Ahmed, T., S. Rahman, and A. Cravioto, Oedematous malnutrition. The Indian Journal of medical research, 2009. 130 (5) : p. 651-4.

講演2. ヒト母乳オリゴ糖を介した乳児腸管におけるビフィズスフローラ形成機構

P.39 掲載の参考文献
2) 光岡知足編著. ビフィズス菌研究の歴史. 「ビフィズス菌の研究J. 日本ビフィズス菌センター (1994).
10) Brand-Miller, J. C. et al. Digestion of human milk oligosaccharides by healthy infants evaluated by the lactulose hydrogen breath test. J. Pediatr. 133, 95-98 (1998).
22) Yoshida, E. et al. Bifidobacterium longum subsp. infantis uses two different β-galactosidases for selectively degrading type-1 and type-2 human milk oligosaccharides. Glycobiology 22, 361-368 (2012).
23) Viborg, A. H. et al. Distinct substrate specificities of three glycoside hydrolase family 42 β-galactosidases from Bifidobacterium longum subsp. infantis ATCC 15697. Glycobiology 24, 208-216 (2014).
28) Miwa, M. et al. Cooperation of β-galactosidase and β-N-acetylhexosaminidase from bifidobacteria in assimilation of human milk oligosaccharides with type 2 structure. Glycobiology 20, 1402-1409 (2010).
32) Suzuki, R. et al. Structural and thermodynamic analyses of solute-binding protein from Bifidobacterium longum specific for core 1 disaccharide and lacto一N-biose I. J. Biol. Chem. 283, 13165-13173 (2008).
42) Kalliomaki, M. et al. Distinct patterns of neonatal gut microflora in infants in whom atopy was and was not developing J. Allergy Clin. Immunol. 107, 129-134 (2001).
45) Scholz-Ahrens, et al. Effects of prebiotics on mineral metabolism. Am. J. Cli. Nutr. 73, 459S-464S (2001).

講演3. 乳児腸内フローラの形成に影響を与えるビフィズス菌の遺伝特性と定着意義

P.51 掲載の参考文献

講演4. アジア マイクロビオーム プロジェクト : アジア人の食と健康のインターフェースとしての腸内フローラの理解に向けて

P.61 掲載の参考文献
3) Ruengsomwong, S., Korenori, Y., Sakamoto, N., Wannissorn, B., Nakayama, J., Nitisinprasert, S. Microbial community of healthy Thai vegetarians and non-vegetarians, their core gut microbiota and pathogens risk., J. Microbiol. Biotechnol. 2016, 26, 1723-1735.

講演5. 非感染性疾患におけるプロバイオティクスの効果

P.67 掲載の参考文献
2) NCD Risk Factor Collaboration. Trends in adult body-mass index in 200 countries from l975 to 2014 : a pooled analysis of 1698 population-based measurement studies with 19.2 million participants. Lancet 2016 ; 387 : 1377-96.
9) Gomez-Gallego C, Kumar H, Garcia-Mantrana I, et al. Breast milk polyamines and microbiota interactions : impact of mode of delivery and geographical location. Ann Nutr Metab 2017 ; 70 : 184-90.
22) Fiocchi A, Pawankar R, Cuello-Garcia C, et al. World Allergy Ogranization-McMaster University Guidelines for Allergic Disease Prevention (GLAD-P) : Probiotics. World Allergy Organ J 2015 ; 8 : 4-16.

最近チェックした商品履歴

Loading...