日本臨牀 76/増刊7 老年医学(下)

出版社: 日本臨牀社
発行日: 2018-08-31
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 00471852
雑誌名:
特集: 老年医学(下)―基礎・臨床研究の最新動向―
電子書籍版: 2018-08-31 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

19,800 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

19,800 円(税込)

目次

  • IX 高齢者の精神疾患
     1.老年精神医学における研究と臨床の課題
     2.認知症
     3.うつ病
     4.アパシー
     5.不安症/不安障害
     6.高齢者におけるパーソナリティ障害
     7.高齢者の身体症状症
     8.セルフ・ネグレクト
     9.統合失調症および他の精神病性障害
     10.依存

    X 高齢者の生活習慣病
     1.高血圧
     2.糖尿病
     3.脂質異常症
     4.肥満症
     5.高齢者の生活習慣修正

    XI 高齢者の臓器別疾患
     1.皮膚疾患
     2.眼疾患
     3.耳鼻咽喉疾患
     4.歯科・口腔疾患
     5.呼吸器疾患
     6.循環器疾患
     7.消化器疾患
     8.腎疾患
     9.婦人科疾患 
     10.泌尿器疾患
     11.整形外科疾患
     12.免疫疾患
     13.神経疾患
     14.感染症
     15.内分泌疾患
     16.血液疾患

    XII 高齢者の手術
     1.老年医学的な術前評価の有用性
     2.周術期管理
     3.高齢者の麻酔

    XIII 高齢者の救急医療
     1.高齢者の救急医療の現状と課題
     2.意識障害
     3.痙攣・行動異常
     4.入浴中の事故
     5.本邦における高齢者の熱中症
     6.低体温症、凍瘡・凍傷

    XIV 高齢者のリハビリテーション
     1.高齢者のリハビリテーションの特徴
     2.高齢者の理学療法:現状と展望
     3.認知症高齢者に対する人間作業モデルを用いたアプローチ
        ~意味のある作業の提供が認知症者を変える~
     4.言語聴覚療法
     5.ロボットと転倒予防リハビリテーション
     6.高齢者介護:福祉用具と介護

    XV  老年看護学
     1. 老年看護学を老年医学・高齢者診療に生かす
     2.高齢者の生活を支えるが重視される背景と老年看護学の方向性
     3.さまざまな健康状態に応じた高齢者の看護
     4.多様な生活の場で展開する高齢者への看護
     5.高齢者に特有な疾患への看護におけるアセスメントとケア
     6.高齢者に特有な症状・障害への看護におけるアセスメントとケア

    XVI 学際的立場からの高齢者医療・介護
     1.高齢者の介護とは
     2.これからのケアマネジャー
     3.地域における高齢者ケア
     4.老年社会科学を老年医学・高齢者診療に生かす

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

序文

P.6 掲載の参考文献
1) 日本老年学会・日本老年医学会 : 「高齢者に関する定義検討ワーキンググループ」報告書. 日本老年学会・日本老年医学会, 2017. [https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/info/topics/pdf/20170410_01_01.pdf] (2018年4月閲覧)
2) 大島伸一, ほか : 提言「超高齢社会のフロントランナー日本 : これからの日本の医学・医療のあり方」. 日本学術会議 臨床医学委員会 老化分科会, 2014. [http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-22-t197-7.pdf] (2018年4月閲覧)

IX 高齢者の精神疾患

P.18 掲載の参考文献
P.24 掲載の参考文献
2) 朝田隆 (代表研究者) : 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 認知症対策総合研究 : 都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応 (H23-認知症-指定-004), 2013. [https://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do?resrchNum=201218011A] (2018年6月閲覧)
3) 二宮利治 (代表研究者) : 厚生労働科学研究費補助金 行政政策研究分野 厚生労働科学特別研究 : 日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究 (H26-特別-指定-036), 2017. [https://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do?resrchNum=201405037A] (2018年6月閲覧)
4) 佐渡充洋 (代表研究者) : 厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 認知症対策総合研究 : わが国における認知症の経済的影響に関する研究 (H25-認知症-一般-005), 2016. [https://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do?resrchNum=201418007A] (2018年6月閲覧)
P.28 掲載の参考文献
P.34 掲載の参考文献
1) 国際老年精神医学会 : 認知症の行動と心理症状BPSD 第2版, アルタ出版, 2013.
3) 日本神経学会 (監修), 「認知症疾患診療ガイドライン」作成委員会 (編集) : 認知症疾患診療ガイドライン 2017, 医学書院, 2017.
5) 中島健二, ほか : 認知症ハンドブック, 医学書院, 2013.
6) 日本認知症学会 (編) : 認知症テキストブック, 中外医学社, 2008.
7) かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬使用ガイドライン (第2版). [http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000135953.html.] (2018年6月閲覧)
28) 武地一 : 認知症と共に生きるための新しい仕組みづくり. 日本認知症学会誌 32 : 81-88, 2018.
P.39 掲載の参考文献
P.44 掲載の参考文献
1) Glenner GG, et al : Alzheimer's disease : initial report of the purification and characterization of a novel cerebrovascular amyloid protein. Biochem Biophys Res Commun 120 : 885-890, 1984.
6) Gomez-Isla T, et al : Profound loss of layer II entorhinal cortex neurons occurs in very mild Alzheimer's disease. J Neurosci 16 : 4491-4500, 1996.
P.48 掲載の参考文献
4) Glenner GG, Wong CW : Alzheimer's disease : initial report of the purification and characterization of a novel cerebrovascular amyloid protein. Biochem Biophys Res Commun 120 : 885-890, 1984.
6) 荒井啓行, 古川勝敏 : 脳脊髄液タウ蛋白測定の認知症診断への適応と保険収載. 医学のあゆみ 243 : 247-248, 2012.
7) 荒井啓行, ほか : アルツハイマー病新薬開発の動向. 日本臨牀 74 : 411-416, 2016.
10) McKhann GM, et al : The diagnosis of dementia due to Alzheimer's disease : recommendations from the National Institute on Aging-Alzheimer's Association workgroups on diagnostic guidelines for Alzheimer's disease. Alzheimers Dement 7 : 263-269, 2011.
11) 荒井啓行 : 進化するアルツハイマー病の概念と本学会の使命. 日本認知症予防学会誌 7 : 1, 2017.
P.53 掲載の参考文献
1) 厚生労働省ホームページ : 認知症施策-1. 認知症に対する取り組み. [http://wwwmhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000076236.html] (2018年6月閲覧)
2) 博野信次 : 臨床認知症学入門-正しい診療・正しいリハビリテーションとケア, p11-13. 金芳堂, 2001.
3) 池田学 : 厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業「生活行為障害の分析に基づく認知症リハビリテーションの標準化に関する研究」平成27年度総括・分担報告書, p1-3, 2016.
4) 堀田牧 : AD-ADL評価表により服薬管理の生活行為障害があった在宅軽度AD患者に対してリハビリ介入を施行した一例. 厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業「生活行為障害の分析に基づく認知症リハビリテーションの標準化に関する研究」平成29年度総括・分担報告書 (主任研究者 : 池田学), 2018.
5) 伊藤利之 : 日常生活活動 (ADL) の概念と範囲. ADLとその周辺 評価・指導・介護の実際 (伊藤利之, 鎌倉矩子編), p2-3, 医学書院, 1994.
6) 松村秩 : 生活関連活動, 日常生活活動 (動作) 評価の訓練と実際 (土屋弘吉, ほか編), p67-72, 医歯薬出版, 1992.
7) 堀田牧, ほか : アルツハイマー病患者のADL障害. 老年精神医学雑誌 28 : 984-988, 2017.
8) 池田学 : ADの生活行為障害の要因分析と評価モデルの作成. 厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業「生活行為障害の分析に基づく認知症リハビリテーションの標準化に関する研究」平成28年度総括・分担報告書, 2017.
9) 柴喜崇, 下田信明 (編) : PT・OTビジュアルテキストADL, p21-25, 羊土社, 2015.
P.59 掲載の参考文献
1) 櫻井博文, ほか : 大学病院側からみた病診連携の現状と課題. Progress in Medicine 34 : 841-843, 2014.
2) 櫻井博文 : 認知症疾患医療センターへの取り組み. 東医大誌 75 : 66-73, 2017.
3) 櫻井博文, 羽生春夫 : 専門外来としての「もの忘れ外来」の現状. 日本臨牀 (増刊号 1) 76 : 404-409, 2018.
4) 内海久美子, 粟田主一 : 認知症疾患医療センターの現状と課題. 日本臨牀 (増刊号 1) 76 : 410-415, 2018.
6) Terayama H, Sakurai H et al : Caregivers' education decreases depressive symptoms and burden in caregivers of patients with dementia Int Psychogeriatr. (doi : 10.1111/psyg. 12337).
8) 粟田主一 : わが国の認知症施策と新オレンジプラン, 日本臨牀 (増刊号 1) 76 : 397-403, 2018.
P.65 掲載の参考文献
1) 三村將 : 運転と認知機能. Modern Physician 37 : 157-160, 2017.
2) 馬場美年子 : 認知症を取り巻く問題 : 認知症患者の自動車運転. 日本老年医学会雑誌 53 : 216-221, 2016.
3) 池田学 : 医療的側面からみた改正道路交通法に関して. 老年精神医学雑誌 29 (増刊 1) : 46-55, 2018.
4) 警察庁 : 第1回 高齢運転者交通事故防止対策に関する有識者会議. 「認知機能と安全運転の関係に関する調査研究」分科会. 2018年3月2日. [https://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/koureiunt-en/menkyoseido-bunkakai/cognitivef/c1_minute.pdf] (2018年6月閲覧)
5) Carr DB, et al : Older adult drivers with cognitive impairment. Am Fam Physician 73 : 1029-1034, 2006.
9) 内閣府 : 平成17年度高齢者の住宅と生活環境に関する意識調査結果.
10) 警察庁 : 平成17年警察白書.
11) 荒井由美子, ほか : 認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル (C). 第2版. [http://www.ncgg.go.jp/cgss/department/dgp/index.html] (2018年6月閲覧)
12) 荒井由美子, 水野洋子 : 認知症に罹患した高齢運転者および, その家族介護者への支援 : 「認知症高齢者の自動車運転を考える家族介護者のための支援マニュアル (C)」の概要および作成の背景となった調査の結果. 老年精神医学雑誌 29 : 61-67, 2018.
15) 水野洋子, 荒井由美子 : 認知症罹患運転者 : 現行法の射程及び求められる支援の方向性. Modern Physician 37 : 133-137, 2017.
P.69 掲載の参考文献
1) 馬場元 : 精神科の疾患と認知症との関連 Update, うつ病と認知症との関連-リスクか部分症状か. 老年精神医学雑誌 29 : 20-28, 2018.
3) 馬場元 : 認知症の前駆状態としてのうつ病の鑑別と対応. 臨床精神医学 42 : 961-968, 2013.
4) 馬場元 : 認知症の危険因子と防御因子 : うつ病・双極性障害と認知症. BRAIN and NERVE : 神経研究の進歩 68 : 753-765, 2016.
8) Baba H, et al : Metabolism of amyloid-β protein may be affected in depression. J Clin Psychiatry 73 : 115-120, 2012.
9) Namekawa Y, et al : Heterogeneity of elderly depression : increased risk of Alzheimer's disease and Aβ protein metabolism. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 43 : 203-208, 2013.
10) Ishijima S, et al : Glucocorticoid may influence amyloidβ metabolism in patients with depression. Psychiatry Res 259 : 191-196, 2018.
12) Inoue M, et al : Serum levels of albumin-β-amyloid complex in patients with depression. Am J Geriatr Psychiatry 24 : 764-772, 2016.
13) 門司晃 : 高齢者の気分障害と認知症の関係およびその背景メカニズム. 臨床精神薬理 19 : 1663-1673, 2016.
P.75 掲載の参考文献
3) 山口修平 : アパシー (意欲障害) とは-神経内科の立場から-. : 脳疾患によるアパシー (意欲障吾) の臨床, 改訂版 (小林祥泰編). p11-18, 新興医学出版社, 2016.
4) Le Heron C, Apps MAJ, Husain M : The anatomy of apathy : A neurocognitive framework for amotivated behaviour. Neuropsychologia, 2017. (doi : 10.1016/j. neuropsychologia. 2017. 07. 003)
P.80 掲載の参考文献
1) American Psychiatric Association : Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, 5th (DSM-5), American Psychiatric Pub, Washington DC, 2013.
2) World Health Organization : The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders ; Clinical Description and Diagnostic Guidelines. WHO, Genava, 1992.
3) Cassidy KL, Rector NA : The Silent Geriatric Giant : Anxiety Disorders in Late Life. Geriatrics and Aging 11 : 150-156, 2008.
5) Blazer DG, Steffens DC (Eds) : Textbook of Geriatric Psychiatry. American Psychiatric Pub, Washington DC, 2009.
12) The National Institute of Clinical Excellence (NICE) : Management of Anxiety (Panic Disorder, with or without Agoraphobia, and Generalized Anxiety Disorder) in Adults in Primary, Secondary and Community Care. RCPsych Publications, London, 2011.
16) 厚生労働省 : 平成27年人口動態調査 不慮の事故死亡統計の概況.
20) Livingston G, et al : The natural history of depression and the anxiety disorders in older people : the Islington community study. J Affect Disord 46 : 255-262, 1997.
24) 井藤英喜 : 糖尿病 最新内科学大系 79 関連領域疾患3老年の診療 (井村裕夫, ほか編), p204-209, 中山書店, 1995.
38) Davidson JR : Use of benzodiazepines in social anxiety disorder, generalized anxiety disorder, and posttraumatic stress disorder. J Clin Psychiatry 65 (Suppl 5) : 29-33, 2004.
40) Lang AJ, Stein MB : Anxiety disorders. How to recognize and treat the medical symptoms of emotional illness. Geriatrics 56 : 24-27, 31-34, 2001.
42) Gale CK, Millichamp J : Generalized anxiety disorder. BMJ Clin Evid pii : 1002, 2011.
45) 赤尾清剛, ほか : 抑肝散の応用. 日本東洋医学雑誌 62 : 479-508, 2011.
P.87 掲載の参考文献
7) Solomon K : Personality disorders in the elderly. In : Personality Disorders, Diagnosis and Management (ed by Lion JR). Williams & Wilkins, Baltimore, p310-338, 1981.
15) Sadavoy J : Character disorders in the elderly : an overview. In : Treating the Elderly with Psychotherapy : The Scope for Change in Late Life (ed by Sadavoy J, Leszcz M), p175-229, International Universities Press, Madison, 1987.
20) Schuster JP, Limosin F : 12. Les troubles de la personnalite chez le sujet age, In Les personnalites pathologiques (ed by Julien-Daniel Guelfi, et al), p92-96, Lavoisier, 2013.
27) Nubukpo P, et al : Role of personality in depression of the elderly : difference between early and late life depression. Psychol Neuropsychiatr Vieil 3 : 63-69, 2005.
P.92 掲載の参考文献
2) American Psychiatric Association : Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Fifth Edition (DSM-5), 2013.
6) 内閣府 : 平成28年版高齢社会白書, 2016.
7) 木村宏之 : 高齢者の心因-神経症から身体症状症 (DSM-5) へ-. 老年精神医学雑誌 27 : 1037-1045, 2016.
9) Freud S : On Psychotherapy SE. VII, HOGARTH PRESS 1905, (精神療法について小此木啓吾訳フロイト著作集第6巻, 人文書院)
11) Abeles N ; APA working Group on the Older Adult Brochure : What practitioners should know about working with older adults. Professional Psychology Rsearch and Practice 29 : 413-427, 1998.
15) Abbey SE : Somatization and somatoform disorders. In : APP Textbook of consultation-liaison Psychiatry : Psychiatry in the Medically Ill, 2nd ed (ed by Wise MG, Rundel RJ), p361-392, American Psychiatric Press, Washington DC, 2002.
16) 成田善弘 : 心身症と心身医学-精神科医の眼, 岩波書店, 1999.
P.97 掲載の参考文献
1) Tatara T, et al : National Elder Abuse Incidence Study : Final Report. The National Center on Elder Abuse, New York, 1998.
2) 東京都福祉保健局 : 高齢者虐待防止に向けた体制構築のために-東京都高齢者虐待対応マニュアル-, 2006.
3) 津村智恵子, ほか : 高齢者のセルフ・ネグレクトに関する課題. 大阪市立大学看護学雑誌 2 : 1-10, 2006.
4) 野村祥平, ほか : 高齢者のセルフ・ネグレクトの理論的な概念と実証研究の課題に関する考察. 高齢者虐待防止研究 10 : 175-187, 2014.
5) 岸恵美子, ほか : 専門職がかかわる高齢者のセルフ・ネグレクト事例の実態と対応の課題 : 地域包括支援センターを対象とした全国調査の結果より. 高齢者虐待防止研究 7 : 125-138, 2011.
6) 厚生労働省老健局高齢者支援課 : 市町村や地域包括支援センターにおける高齢者の「セルフ・ネグレクト」及び消費者被害への対応について. 老推発0710第2号 (平成27年7月10日), 2015.
7) 内閣府経済社会総合研究所 : セルフ・ネグレクト状態にある高齢者に関する調査 ; 幸福度の視点から. 平成24年度内閣府経済社会総合研究所委託事業. 2012.
11) Pay BK, Gainey RP : Differentiating self-neglect as a type of elder mistreatment : how do these cases compare to traditional types of elder mistreatment? J Elder Abuse Negl 17 : 21-36, 2005.
14) 岸恵美子, ほか (編) : セルフネグレクトの人への支援 ; ゴミ屋敷・サービス拒否・孤立事例への対応と予防, 中央法規出版, 2015.
16) 斉藤雅茂, ほか : 高齢者のセルフ・ネグレクト事例の類型化と孤立死との関連 ; 地域包括支援センターへの全国調査の二次分析. 厚生の指標 63 : 1-7, 2016.
20) あい権利擁護支援ネット : セルフ・ネグレクトや消費者被害等の犯罪被害と認知症との関連に関する調査研究事業報告書. 平成26年度厚生労働省老人保健健康増進等事業報告書, 2015.
P.102 掲載の参考文献
1) Ostling S, Skoog I : Psychotic symptoms and paranoid ideation in a nondemented population-based sample of the very old. Arch Gen Psychiatry 59 : 53-59, 2002.
3) American Psychiatric Association : DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル (日本精神神経学会監修, 高橋三郎, 大野裕監訳), 医学書院, 2014.
4) 新村秀人 : 統合失調症患者の高齢化に関する問題. 老年精神医学雑誌 28 : 873-878, 2017.
10) 安田学 : 妄想性障害 (高齢者の幻覚妄想状態). 精神科治療学 32 (増刊号) : 274-277, 2017.
11) 濱田秀伯, 古茶大樹 : メランコリー人生後半期の妄想性障害, 弘文堂, 2008.
12) 古茶大樹 : 遅発緊張病について-自験例に基づく症状, 経過, 下位群, 治療の臨床精神病理学的検討-. 精神神経學雑誌 100 : 24-50, 199&
13) 馬場存 : 音楽幻聴. 精神科治療学 32 (増刊号) : 306-310, 2017.
14) 鈴木一浩, ほか : 遅発パラフレニー. 精神科 29 : 485-489, 2016.
P.107 掲載の参考文献
1) 西村伊三男, ほか : 高齢者のアルコール依存症. 脳とこころのプライマリケア 8 依存 (福居顕二編), p182-190, シナジー, 2011.
2) 白倉克之 : アルコール依存症をめぐって. アルコール・薬物関連障害の診断・治療ガイドライン (白倉克之, ほか編), p73-80, じほう, 2002.
4) Blow FC, Barry LB : Treatment of older adults. In : Principles of Addiction Medicine, fourth edition (ed by Ries RK, et al.), p479-492, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 2009.
5) Willenbring ML, et al : Helping patients who drink too much : an evidence-based guide for primary care clinicians. Am Fam Physician 80 : 44-50, 2009.
6) Marchall TA : Dietary Guidelines for Americans, 2010 : an update. J Am Dent Assoc 142 : 654-656, 2011.
7) Taj N, et al : Screening for problem drinking : does a single question work? J Fam Practi 46 : 328-335, 1998.
11) 白坂知信, ほか : 高齢者のアルコール使用障害の臨床的特徴と治療. 精神科治療学 28 (増刊) : 163-166, 2013.
12) Dupree LW, Schonfeld L : Cognitive-behavioral and self-manegement treatment of older problem drinkers. J Ment Health Aging 4 : 215-231, 1998.
13) 松下幸生, ほか : 高齢アルコール依存症の診断と治療. アルコール・薬物関連障害の診断・治療ガイドライン (白倉克之, ほか編), p133-142, じほう, 2003.
14) Kranzler HR, et al : Medications for use in alcohol rehabilitation. In : Principles of Addiction Medicine (ed by Ries RK, et aL), p631-643, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 2009.
15) Emmerson PJ, et al : Binding affinity and selectivity of opioids at mu, delta and kappa receptors in monkey brain membranes. J Pharmacol Exp Ther 271 : 1630-1637, 1994.

X 高齢者の生活習慣病

P.115 掲載の参考文献
1) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会 : 高血圧治療ガイドライン 2014. ライフサイエンス出版, 2014.
2) 日本老年医学会「高齢者の生活習慣管理ガイドライン」作成ワーキング : 高齢者高血圧診療ガイドライン 2017. 日本老年医学会雑誌 54 : 1-63, 2017.
3) 楽木宏美, 山本浩一 : 高齢者の生活機能を考慮した高血圧管理「高齢者高血圧診療ガイドライン 2017」の活用. 日本老年医学会雑誌 54 : 1-14, 2017.
5) Lewington S, et al : Age-specific relevance of usual blood pressure to vascular mortality : a meta-analysis of individual data for one million adults in 61 prospective studies. Lancet 360 : 1903-1913, 2002.
10) 日本老年医学会 (編) : 健康長寿診療ハンドブック-実地医家のための老年医学のエッセンス. メジカルビュー社, 2011.
P.121 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会 (編・著) : 糖尿病治療ガイド 2016-2017, p97-98, 2016.
10) Kolosova NG, et al : [Metformin reduces the signs of sarcopenia in old OXYS rats]. Adv Gerontol 28 : 504-509, 2015.
11) Laksmi PW, et al : Effect of Metformin on Handgrip Strength, Gait Speed, Myostatin Serum Level, and Health-related Quality of Life : A Double Blind Randomized Controlled Trial among Nondiabetic Pre-frail Elderly Patients. Acta Med Indones 49 : 118-127, 2017.
12) Salpeter SR, et al : Risk of fatal and nonfatal lactic acidosis with metformin use in type 2 diabetes mellitus. Cochrane Database Syst Rev : CD002967, 2010. (doi : 10.1002/14651858. CD002967)
13) メトホルミンの適正使用に関するRecommendation. [http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/recommendation_metformin.pdf] (2018年6月閲覧)
P.127 掲載の参考文献
4) Ito H, et al : A comparison of low versus standard dose pravastatin therapy for the prevention of cardiovascular events in the elderly : the pravastatin anti-atherosclerosis trial in the elderly (PATE). J Atheroscler Thromb 8 : 33-44, 2001.
8) Weverling-Rijnsburger AW, et al : Total cholesterol and risk of mortality in the oldest old. Lancet 350 : 1119-1123, 1997.
14) Sergi G, et al : Pre-frailty and risk of cardiovascular disease in elderly men and women : the Pro. V. A. study. J Am Coll Cardiol 65 : 976-983, 2015.
P.132 掲載の参考文献
1) 日本肥満学会 (編) : 肥満症診療ガイドライン 2016, ライフサイエンス出版, 2016.
5) 厚生労働省 : 日本人の食事摂取基準 (2015年版) 策定検討会報告書. 平成26年3月.
7) 厚生労働省 : 平成28年 国民健康・栄養調査結果の概要 [http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/kekkagaiyou_7.pdf]
P.138 掲載の参考文献
8) 葛谷雅文 : サルコペニアの診断・病態・治療. 日本老年医学会雑誌 52 : 343-349, 2015.
9) Cruz-Jentoft AJ, et al : Sarcopenia : European consensus on definition and diagnosis : Report of the European Working Group on Sarcopenia in Older People. Age Ageing 39 : 412-423, 2010.
11) 菱田明, 佐々木敏 (監修) : たんぱく質. 日本人の食事摂取基準 2015年度版, 初版, p88-109, 第一出版, 2014.
12) フレイルと栄養 (素) ・食事との関係はあるか? フレイル診療ガイド 2018年版 (荒井秀典編), ライフ・サイエンス, p28-30, 2018.
13) フレイルに対する栄養介入の効果はあるのか? フレイル診療ガイド 2018年版 (荒井秀典編), ライフ・サイエンス, p31-32, 2018.
14) 葛谷雅文 : 高齢者における栄養管理 ギアチェンジの考え方 (特集 過栄養と低栄養から読み解く高齢者の栄養管理). 日本医事新報 4797 : 41-47, 2016.
15) 葛谷雅文 : フレイル・要介護状態と栄養. リハ栄養からアプローチするサルコペニアバイブル (若林秀隆, 葛谷雅文編), p8-14, 日本医事新報社, 2018.
P.143 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 健康づくりのための身体活動基準 2013. [http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xple.html] (2018年5月閲覧)
4) 日本糖尿病学会 : 運動療法. 糖尿病診療ガイドライン 2016, p67-81, 南江堂, 2016.
5) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会 : 生活習慣の修正. 高血圧治療ガイドライン 2014, p39-44, ライフサイエンス出版, 2014.
6) 厚生労働省 : 平成28年国民栄養調査の結果 [http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177189.html] (2018年5月閲覧)

XI 高齢者の臓器別疾患

P.151 掲載の参考文献
1) 古江増隆, ほか : 本邦における皮膚科受診患者の多施設横断四季別全国調査. 日本皮膚科学会雑誌 119 : 1795-1809, 2009.
2) 片山一朗 : 加齢とTh2型免疫応答. アレルギー・免疫 21 : 231-241, 2014.
3) 高齢者によくみられる皮膚疾患アトラス-鑑別と治療のポイント- (横関博雄, 片山一朗編), 医薬ジャーナル, 2013.
P.155 掲載の参考文献
1) 種井良二 : Skin aging-乾燥肌に対するケア-. MB Derma 267 : 42-50, 2018.
2) 田上八郎 : ドライスキンへのアプローチ-温故知新-. 日本化粧品学会誌 38 : 15-21, 2014.
3) 秋山真志 : 皮膚バリアの基礎知見Up-to-Date. 日本化粧品学会誌 38 : 22-27, 2014.
4) 手塚正, 山村達郎, 鈴木一成 : 老齢者下腿皮膚のTWL値の変化. 皮膚 1987 ; 29 : 276-279. 1987.
5) 手塚正 : 老化に伴った表皮の変化 II. 老人性乾皮症にみとめられた変化は冬期のみに認められる変化か. 皮膚 24 : 460-466, 1982.
6) 生駒晃彦 : かゆみ過敏 : そのメカニズムと重要性. かゆみ最前線 (宮地良樹, 生駒晃彦編), p42-45, メディカルレビュー社, 2006.
7) 種井良二 : 皮脂欠乏性皮膚炎. 高齢者によくみられる皮膚疾患アトラス-鑑別と治療のポイント (横関博雄, 片山一朗編), p21-24, 医薬ジャーナル社, 2013.
8) 波多野豊 : 皮膚バリア機能異常と炎症のクロストークの場としてのケラチノサイト. 日本皮膚科学会雑誌 124 : 321-330, 2014.
9) 片桐一元, ほか : 皮膚の免疫・アレルギー. Dokkyo Journal of Medical Sciences 41 : 285-293, 2014.
10) 高森健二 : 難治性痒みの発現メカニズム-乾燥, 透析, アトピー性皮膚炎に伴う痒みについて. 日本皮膚科学会雑誌 118 : 1931-1939, 2008.
11) 斎藤博久, ほか : 慢性アレルギー炎症のメカニズム-好酸球性炎症を導くメカニズムの最新知見. 実験医学 31 (増刊, 病態の理解に向かうアレルギー疾患研究 (椛島健治編)) : 20 (2706) -26 (2712), 2013.
12) 有馬和彦, 出原賢治 : 非免疫系細胞 (上皮細胞・線維芽細胞) によるアレルギー病態形成. 実験医学 31 (増刊, 病態の理解に向かうアレルギー疾患研究 (椛島健治編)) : 86 (2772) -92 (2778), 2013.
P.160 掲載の参考文献
2) 熊谷裕生 : 透析患者のかゆみに対するκ-アゴニストTRK-820. 透析治療における新しい薬物. 臨牀透析 22 : 763-772, 2006.
3) 松田崇史, ほか : かゆみと疾患 肝疾患-内科から. 臨牀と研究 92 : 431-434, 2015.
4) 川島由美 : 原発性胆汁性肝硬変におけるそう痒の原因物質に関する研究-opioid peptideの関与-. 帝京医学雑誌 28 : 89-97, 2005.
9) Botero F : Pruritus as a manifestation of systemic disorders. Cutis 21 : 873-880, 1978.
10) Hiramanek N : Itch : a symptom of occult disease. Aust Fam Physician 33 : 495-499, 2004.
11) 衛藤光 : 知っておきたい皮膚の不定愁訴. Modern Physician 35 : 939-942, 2015.
12) 佐藤貴浩, ほか : 汎発性皮膚癌痒症診療ガイドライン. 日本皮膚科学会雑誌 122 : 267-280, 2012.
P.166 掲載の参考文献
1) Hope-Simpson RE : The Nature of Herpes Zoster : A Long-term Study and A New Hypothesis. Proc R Soc Med 58 : 9-20, 1965.
2) Berger R, et al : Decrease of the lymphoproliferative response to varicella-zoster virus antigen in the aged. Infect Immun 32 : 24-27, 1981.
8) 奥野良信, ほか : 帯状疱疹疫学調査 : 水痘抗原「ピケン」を用いた皮内検査による帯状疱疹および帯状疱疹後神経痛のリスク評価-コミュニティベースの前方視的コホート研究-. 臨床医薬 30 : 905-915, 2014.
15) Cunningham AL, et al : Efficacy of the Herpes Zoster Subunit Vaccine in Adults 70 Years of Age or Older. N Engl J Med 375 : 1019-1032, 2016.
P.172 掲載の参考文献
1) Sei Y : 2006年次皮膚真菌症疫学調査報告. Med Mycol J 53 : 185-192, 2012.
2) 仲弥, ほか : 足白癬・爪白癬の実態と潜在罹患率の大規模疫学調査 (Foot Check 2007). 日本臨床皮膚科医会雑誌 26 : 27-36, 2009.
3) 日本医真菌学会疫学調査委員会 : 1997年次皮膚真菌症疫学調査成績. 日本医真菌学会雑誌 42 : 11-18, 2001.
4) 楠原正洋 : スポロトリコーシスの疫学. 皮膚科臨床アセット4皮膚真菌症を究める (古江増隆, 望月隆編集), 184-186, 中山書店, 2011.
5) 菊地夕子, ほか : 上腕に小型の皮疹を生じたFonsecaea pedrosoiによるクロモミコーシスの1例 : 症例報告及び本邦における黒色真菌感染症報告例のまとめ. 日本医真菌学会雑誌 48 : 85-89, 2007.
8) 牛上敢, ほか : 肝不全に合併したPhaeoacremonium parasiticumによる黒色菌糸症の1例. 皮膚の科学 (印刷中)
9) 竹内明子, ほか : 落葉状天疱瘡に対する免疫抑制療法中に生じたScedosporium apiospermumによる深在性皮膚真菌症の1例. 日本皮膚科学会雑誌 124 : 1135-1140, 2014.
12) 渡辺晋一, ほか : 日本皮膚科学会ガイドライン 皮膚真菌症診断・治療ガイドライン. 日本皮膚科学会雑誌 119 : 851-86, 2009.
13) 南條育子, ほか : 各種外用抗真菌薬のin vitro抗真菌活性の測定. 日本皮膚科学会雑誌 117 : 149-152, 2007.
14) Wood N : Voriconazoleの薬物動態. 日本化学療法学会雑誌 53 (S-2) : 16-23, 2005.
15) 中嶋弘 : いわゆる寝たきり老人 (高齢者) の爪白癬および手足白癬の実態とその特徴. 皮膚病診療 33 : 320-324, 2011.
16) 清佳浩 : 2011年次皮膚真菌症疫学調査報告. Med Mycol J 56 : J129-J135, 2015.
18) 藤田繁, ほか : 新潟県の一特別養護老人ホームにおけるMicrosporum canisによる頭部白癬および体部白癬の集団発生. 臨床皮膚科 46 : 233-237, 1992.
19) 角谷廣幸, ほか : 老人ホーム入居者および職員にみられたTrichophyton violaceum感染症. 日本医真菌学会雑誌 46 : 279-284, 2005.
P.177 掲載の参考文献
1) 厚生労働省. 平成28年国民生活基礎調査の概況. [http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/index.html] (2018年5月閲覧)
3) West SK, et al : How does visual impairment affect performance on tasks of everyday life? The SEE Project. Salisbury Eye Evaluation. Arch Ophthalmol 120 : 774-780, 2002.
9) 森實祐基, ほか : 全都道府県を対象にした視覚障がい認定の疫学調査. 第121回日本眼科学会総会, 2017.
10) 厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業「成人を対象とした眼検診プログラムの臨床疫学, 医療経済学的評価」平成22年度-24年度総合研究報告書 (研究代表者 : 山田昌和), 平成25年, 2013.
P.182 掲載の参考文献
1) 藤沢来人, ほか : 地域住人を対象とした白内障の疫学的調査 (第2報). 日本眼科紀要 40 : 615-620, 1989.
8) Leske MC, et al : Diabetes, hypertension, and central obesity as cataract risk factors in a black population. The Barbados Eye Study. Ophthalmology 106 : 35-41, l999.
9) Kociecki J, et al : [Evaluation of effectiveness of Catalin eyedrops in patients with presenile and senile cataract]. Klin Oczna 106 : 778-782, 2004. [Polish]
11) Age-Related Eye Disease Study 2 (AREDS2) Research Group, et al : Lutein/zeaxanthin for the treatment of age-related cataract : AREDS2 randomized trial report no. 4. JAMA Ophthalmol 131 : 843-850, 2013.
P.186 掲載の参考文献
2) 日本緑内障学会 : 緑内障診療ガイドライン. 日本眼科学会雑誌 107 : 125-127, 2003.
3) 日本緑内障学会 : 緑内障診療ガイドライン (第4版). 日本眼科学会雑誌 122 : 5-53, 2018.
12) 山本哲也 : 緑内障ドラッグデリバリー研究の現況と将来. あたらしい眼科 35 : 19-25, 2018.
13) 日本緑内障学会 : 緑内障診療ガイドライン (第3版) 補遺 緑内障チューブシャント手術に関するガイドライン. 日本眼科学会雑誌 116 : 388-393, 2012.
14) 山本哲也 : MIGS-総論的解説と臨床上の位置. あたらしい眼科 34 : 3-7, 2017.
15) 日本緑内障学会 : 白内障手術併用眼内ドレーン使用要件等基準. 日本眼科学会雑誌 120 : 494-497, 2016.
P.191 掲載の参考文献
P.196 掲載の参考文献
4) Aiello LP, et al : Vascular endothelial growth factor in ocular flしlid of patients with diabetic retinopathy and other retinal disorders. N Engl J Med 331 : 1480-1487, 1994.
5) Kato S, et al : Retinopathy in older patients with diabetes mellitus. Diabetes Res Clin Pract 58 : 187-192, 2002.
7) 岩田健作, ほか : 増殖糖尿病網膜症に対する小切開硝子体手術の視力予後因子の検討. 臨床眼科. (印刷中)
8) 岩田健作, ほか : 眼内レンズの有無によるシリコーンオイルタンポナーデ時の眼圧, 角膜内皮への影響. 日本眼科学会雑誌 117 : 95-101, 2013.
9) Mitchell P, et al : The RESTORE study : ranibizumab monotherapy or combined with laser versus laser monotherapy for diabetic macular edema. Ophthalmology 118 : 615-625, 2011.
10) Brown GC : Vision and quality-of-life. Trans Am Ophthalmol Soc 97 : 473-511, 1999.
P.202 掲載の参考文献
1) The epidemiology of dry eye disease : report of the Epidemiology Subcommittee of the International Dry Eye WorkShop (2007). Ocul Surf 5 : 93-107, 2007.
9) Offord EA, et al : Immortalized human corneal epithelial cells for ocular toxicity and inflammation studies. Invest Ophthalmol Vis Sci 40 : 1091-1101, 1999.
11) Kojima T, et al : Age-related dysfunction of the lacrimal gland and oxidative stress : evidence from the Cu, Zn-superoxide dismutase-1 (Sodl) knockout mice. Am J Pathol 180 : 1879-1896, 2012.
13) Dry Eye Assessment and Management Study Research Group, et al : n-3 Fatty Acid Supplementation for the Treatment of Dry Eye Disease. N Engl J Med 378 : 1681-1690, 2018.
P.206 掲載の参考文献
1) 大前由紀雄, ほか : 超高齢者の嚥下機能-加齢に伴う嚥下機能の変化. 日本気管食道科学会会報 54 : 1-7, 2003.
6) 厚生労働省 : 平成27年人口動態統計月報年計 (概数) の概況. [http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai15/index.html]
7) 花井信広, ほか : 高齢者頭頸部癌手術の治療成績と術後合併症. 頭頸部外科 23 : 285-293, 2013.
8) 別府武, ほか : 後期高齢者頭頸部癌に対する外科治療, 頭頸部癌 42 : 382-389, 2016.
9) 菅澤正 : 高齢者の頭頸部癌治療. 日本気管食道科学会会報 65 : 388-394, 2014.
10) 岡野晋 : 高齢者口腔癌に対するがん薬物療法. 日本口腔腫瘍学会誌 29 : 182-188, 2017.
11) 浅田行紀 : 高齢者の化学療法. MB ENTONI 190 : 32-40, 2016.
12) JCOG高齢者研究ポリシー. [http://www.jcog.jp/basic/org/committee/gsc.html1]
13) 花井信広 : 認知症・せん妄への対応. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 89 : 602-608, 2017.
14) 藤本保志 : 高齢者頭頸部癌患者と嚥下障害. MB ENTONI 196 : 25-30, 2016.
15) 山崎知子 : 高齢者への化学放射線療法. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 89 : 570-576, 2017.
P.211 掲載の参考文献
1) 内田育恵, ほか : ミニシンポジウム「超高齢社会における耳科診療update」疫学的視点-近年の高齢者の難聴・認知機能・社会的孤立などの現況. Otology Japan 26 : 155-160, 2016.
3) 内田育恵, ほか : 補聴器所有に関連する要因および聴力の自他覚評価についての検討. 日本耳鼻咽喉科学会会報 111 : 405-411, 2008.
6) 小寺一興, ほか : 補聴器適合検査の指針 (2010) について. Audiology Japan 53 : 708-726, 2010.
P.215 掲載の参考文献
9) Buchman CA, Hoffman RA : Cochlear implants in the geriatric population : benefits outweigh risks. Ear Nose Throat J 78 : 489-494, 1999.
P.224 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 平成28年歯科疾患実態調査の概要, p22, 2017.
13) 葛谷雅文 : 高齢者の栄養管理-ギアチェンジの考え方. 日本医事新報 4797 : 41-47, 2016.
P.229 掲載の参考文献
12) Ikebe K, et al : Association between oral stereognostic ability and masticatory performance in aged complete denture wearers. Int J Prosthodont 20 : 245-250, 2007.
15) 水口俊介, ほか : 高齢期における口腔機能低下-学会見解論文 2016年度版-. 老年歯学 31 : 81-99, 2016.
P.234 掲載の参考文献
1) 若杉葉子, ほか : 絶食のまま経過している胃瘻患者の嚥下機能評価. 老年歯科医学 28 : 227-228, 2013. (会議録)
2) 戸原玄 : 在宅療養中の胃瘻患者に対する摂食・嚥下リハビリテーションに関する総合的研究. 厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業, 平成23年度~平成25年度総合研究報告書, 平成26年3月 (研究代表者近藤和泉).
P.239 掲載の参考文献
P.245 掲載の参考文献
1) 厚生省 : 成人歯科保健対策検討会中間報告, 1989年.
2) 第259回中央社会保険医療協議会総会 (11月22日開催) 厚労省配布資料「歯科医療 (その2) 」p3-4 「歯科医療の需要の将来予想 (イメージ) 」, 2013.
3) 平成25年度厚生労働省老人保健健康増進等事業「食 (栄養) および口腔機能に着目した加齢症候群の概念の確立と介護予防 (虚弱化予防) から要介護状態に至る口腔ケアの包括的対策の構築に関する研究」報告書, 国立長寿医療研究センター, 2014.
4) 神奈川県健康増進課/一般社団法人神奈川県歯科医師会 : オーラルフレイルハンドブック, 2018. [http://www.pref.kanagawa.jp/docs/cz6/cnt/s001/documents/kanagawahandbook.pdf] (2018年7月閲覧)
6) 口腔機能低下症に関する基本的な考え方. 日本歯科医学会, 平成30年3月.
7) 平野浩彦, ほか (編) : 実践! オーラルフレイル対応マニュアル, 東京都福祉保健財団, 2016.
8) 東京都健康長寿医療センター研究所健康長寿新ガイドライン策定委員会 (監修) : 健康長寿新ガイドラインシリーズ : お口の健康 かむ力と飲み込む力の強化法. 社会保険出版, 2017.
P.250 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 平成30年度診療報酬改定の概要 歯科-厚生労働省. [http://wwwmhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000203139.]
6) Yoneyama T, et al : Oral care and pneumonia. Lancet 354 : 515, 1999.
P.254 掲載の参考文献
3) 長瀬隆英 : 加齢と呼吸機能. 臨床呼吸機能検査, 第7版 (日本呼吸器学会肺生理専門委員会編), p. 289-292, メディカルレビュー社, 2008.
6) 日本呼吸器学会肺生理専門委員会報告 : 日本人のスパイログラムと動脈血ガス分圧基準値. 日本呼吸器学会雑誌 39 : 1-17, 2001
7) 日本呼吸器学会肺生理専門委員会 (編) : 呼吸機能検査ガイドライン-スパイロメトリー, フローボリューム曲線, 肺拡散能力-. メディカルレビュー社, 2004.
10) Puchelle E, et al : Influence of age on bronchial mucociliary transport. Scand J Respir Dis 60 : 307-313, 1979.
P.259 掲載の参考文献
P.264 掲載の参考文献
1) 日本呼吸器学会 (編) : COPD (慢性閉塞性肺疾患) 診断と治療のためのガイドライン, 第5版, 2018. メディカルレビュー社, 2018.
3) 日本老年医学会・国立長寿医療研究センター荒井秀典 (編) : フレイル診療ガイド 2018年版 ライフ・サイエンス社, 2018.
4) 日本老年医学会サルコペニア : 定義と診断に関する欧州関連学会のコンセンサスの監訳とQ&A. [https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/info/topics/pdf/sarcopenia_EWGSOP_jpn-j-geriat2012.pdf] (2018年4月閲覧)
13) 日本呼吸器学会 (編) : 喘息とCOPDのオーバーラップ (Asthma and COPD Overlap ; ACO) 診断と治療の手引き, 2018, メディカルレビュー社, 2018.
P.269 掲載の参考文献
2) 日本呼吸器学会びまん性肺疾患診断・治療ガイドライン作成委員会 (編) : 特発性間質性肺炎診断と治療の手引き, 改訂第3版, 南江堂, 2016.
9) 日本呼吸器学会肺生理専門委員会/日本呼吸管理学会酸素療法ガイドライン作成委員会 (編) : 酸素療法ガイドライン, メディカルレビュー社, 2006.
11) 神津玲, ほか : 間質性肺炎患者に対する呼吸リハビリテーションの現状と課題. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 20 : 14-18, 2010.
12) Raghu G, et al : An official ATS/ERS/JRS/ALAT statement : idiopathic pulmonary fibrosis : evidencebased guidelines for diagnosis and management. Am J Respir Crit Care Med 183 : 788-824, 2011.
13) 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会/日本呼吸器学会/日本リハビリテーション医学会/日本理学療法士協会 (編) : 呼吸リハビリテーションマニュアル-運動療法-第2版, 照林社, 2012.
P.275 掲載の参考文献
1) 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 日本呼吸器学会 (編) : 酸素療法マニュアル, メディカルレビュー社, 2017.
5) 日本呼吸器学会, 在宅呼吸ケア白書作成委員会 : 在宅呼吸ケア白書, 文光堂, 2005.
6) 日本呼吸器学会肺生理専門委員会, 在宅呼吸ケア白書ワーキンググループ : 在宅呼吸ケア白書 2010, メディカルレビュー社, 2010.
7) 長瀬洋之 : 間質性肺炎にみられる呼吸不全. THE LUNG perspectives 19 : 24-27, 2011.
17) Continuous or nocturnal oxygen therapy in hypoxemic chronic obstructive lung disease : a clinical trial. Nocturnal Oxygen Therapy Trial Group. Ann Intern Med 93 : 391-398, 1980.
18) Long term domiciliary oxygen therapy in chronic hypoxic cor pulmonale complicating chronic bronchitis and emphysema. Report of the Medical Research Council Working Party. Lancet 1 : 681-686, 1981.
19) 桂秀樹 : 高齢者の在宅酸素療法. THE LUNG perspectives 20 : 66-73, 2012.
20) Katsura H, et al : Factors determining outcome in elderly patients with severe COPD on long-term domiciliary oxygen therapy. Monaldi Arch Chest Dis 56 : 195-201, 2001.
21) 日本呼吸器学会NPPVガイドライン作成委員会 : NPPV (非侵襲的陽圧換気療法) ガイドライン, 改訂第2版, 南江堂, 2015.
23) 植木純, ほか : 呼吸リハビリテーションに関するステートメント. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌 27 : 95-114, 2018.
25) 桂秀樹 : 非がん性呼吸器疾患の緩和ケア (津田徹, 平原左斗司編), p7-13, 南山堂, 2017.
P.281 掲載の参考文献
1) 政府統計の総合窓口 (e-Stat) [https://www.e-stat.go.jp] (2018年5月5日参照)
5) 永井厚志 : 気道疾患における線毛の超微形態学的研究. 日本胸部疾患学会雑誌 21 : 564-573, 1983.
9) 長置健司 : 肺炎の診断における胸部CTの有用性についての検討. 日本医学放射線学会雑誌 57 : 258-264, 1997.
10) 日本呼吸器学会成人肺炎診療ガイドライン 2017作成委員会 (編) : 成人肺炎診療ガイドライン 2017, 日本呼吸器学, 2017.
15) 厚生労働省 : 人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン (平成19年発表, 平成27年改訂). [http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10802000-Iseikyoku-Shidouka/0000197701.pdf] (2018年6月閲覧)
P.285 掲載の参考文献
8) 山谷睦雄 : 高齢者肺炎の発症に関わる要因と遺伝子. Geriatric Medicine 55 : 1211-1215, 2017.
12) 日本呼吸器学会成人肺炎診療ガイドライン 2017作成委員会 : 成人肺炎診療ガイドライン 2017, 日本呼吸器学会, 2017.
P.290 掲載の参考文献
1) 肺癌診療ガイドライン 2017年度版, IV期非小細胞肺癌薬物療法 (日本肺癌学会編), 金原出版, 2017.
13) 高齢者研究, Japan Clinical Oncology Group. [http://www.jcog.jp/basic/policy/A_020_0010_39.pdf] (2018年7月閲覧)
P.296 掲載の参考文献
1) 平成28年結核登録者情報調査年報集計結果について [http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000175603.pdf] (2018年6月閲覧)
3) Resnick NM, Dosa D : Geriatric medicine. In : Harrison's Principles of Internal Medicine, 16th ed (ed by Kasper DL, et al), p 43-53, McGraw-Hill, New York, 2004.
5) Kahneman D : Norms, surprises, and causes. In : Thinking, Fast and Slow, p71-78, Penguin Books, London, 2011.
7) Ham RM : Clinical intuition and clinical analysis. Expertise and the cognitive continuum. In : Professional Judgment : A Reader in Clinical Decision Making (ed by Dowie J, Elstein A), p78-105, Cambridge University Press, Cambridge, 1988.
8) Schon DA : From technical rationality to reflection-in-action. In Professional Judgment. A Reader in Clinical Decision Making (ed by Dowie J, Elstein A), 60-77, Cambridge University Press, Cambridge, 1988.
9) Bacterial pneumonia. In : Imaging of Pulmonary Infections (ed by Muller NL, et al), p20-55, Lippincott Wiliams & Wilkins, Philadelphia, 2007.
P.301 掲載の参考文献
4) Misiaszek B, et al : Digoxin prescribing for heart failure in elderly residents of long-term care facilities. Can J Cardiol 21 : 281-286, 2005.
6) ACTIVE Writing Group of the ACTIVE Investigators, et al : Clopidogrel plus aspirin versus oral anticoagulation for atrial fibrillation in the Atrial fibrillation Clopidogrel Trial with Irbesartan for prevention of Vascular Events (ACTIVE W) : a randomised controlled trial. Lancet 367 : 1903-1912, 2006.
13) Hart RG, et al : Stroke with intermittent atrial fibrillation : incidence and predictors during aspirin therapy. Stroke Prevention in Atrial Fibrillation Investigators. J Am Coll Cardiol 35 : 183-187, 2000.
P.307 掲載の参考文献
1) Zipes DP, et al : Braunwald's Heart Disease, A Textbook of Cardiovascular Medicine, 11th ed, ELSEVIER, Philadelphia, 2018.
3) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会 (編) : 高血圧治療ガイドライン 2014, 日本高血圧学会, 2014. .
5) 日本動脈硬化学会 : 動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2017, 日本動脈硬化学会, 2017.
6) 日本老年医学会・日本糖尿病学会 : 高齢者糖尿病診療ガイドライン 2017, 南江堂, 2017.
11) Dewilde WJ, et al : Use of clopidogrel with or without aspirin in patients taking oral anticoagulant therapy and undergoing percutaneous coronary intervention : an open-label, randomised, controlled trial. Lancet 381 : 1107-1115, 2013.
14) Tse G, et al : Frailty and Mortality Outcomes After Percutaneous Coronary Intervention : A Systematic Review and Meta-Analysis. J Am Med Dir Assoc 18 : 1097. : e1-e1097. e10, 2017.
P.312 掲載の参考文献
2) Tsuchihashi-Makaya M, et al : Characteristics and outcomes of hospitalized patients with heart failure and reduced vs preserved ejection fraction. Report from the Japanese Cardiac Registry of Heart Failure in Cardiology (JCARE-CARD) : Circ J 73 : 1893-1900, 2009.
10) Abdul-Rahim AH, et al : Risk of Stroke in Chronic Heart Failure Patients Without Atrial Fibrillation : Analysis of the Controlled Rosuvastatin in Multinational Trial Heart Failure (CORONA) and the Gruppo Italiano per lo Studio della Sopravvivenza nelrInsufficienza Cardiaca-Heart Failure (GISSI-HF) Trials. Circulation 131 : 1486-1494 ; discussion 1494, 2015.
P.318 掲載の参考文献
3) d'Arcy JL, et al : Valvular heart disease : the next cardiac epidemic. Heart 97 : 91-93, 2011.
5) Bonow RO, et al : 2008 Focused update incorporated into the ACC/AHA 2006 guidelines for the management of patients with valvular heart disease : a report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines (Writing Committee to Revise the 1998 Guidelines for the Management of Patients With Valvular Heart Disease) : endorsed by the Society of Cardiovascular Anesthesiologists, Society for Cardiovascular Angiography and Interventions, and Society of Thoracic Surgeons. Circulation 118 : e523-661, 2008.
9) 大北裕, ほか : 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告), 弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン (2012年改訂版).
16) Nishimura RA, et al : 2014 AHA/ACC Guideline for the Management of Patients With Valvular Heart Disease. Circulation 129 : e521-643, 2014.
20) [http://riskcalc.sts.org/] (2018年7月閲覧)
P.324 掲載の参考文献
2) 日本循環器学会, ほか : 末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン (2015年改訂版), 2015. [http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2015_miyata_h.pdf] (2018年7月閲覧)
3) 古森公浩 : Peripheral Arterial Diseaseの診断と治療 : 新しいガイドライン TASCII. Coronary Intervention 3 : 15-22, 2007. (メディアルファ)
4) 古森公浩 : 末